QRコード
ファン
ページ内検索はこちら
棒人間ニュース
最新記事
【人気記事】
小泉進次郎が年上41才の滝川クリステルとデキ婚!理屈じゃない!
日本医師会の中川会長が昨年夏に知人の女性とすし店で会食を認めた!辞任か?
蒼井優、33歳、妊活のお年頃で妊娠、結婚、休養のパターンだろう
杏の旦那は未成年の唐田えりかと長年不倫関係だった!
大戸屋のポイントカードが切り替え中、有効期限が一年以内になるという少し改悪
総務省の統計だってデタラメなのに厚生労働省を非難できるのか?
坂上忍が毒舌で嫌われてもバイキングで1日にもらうギャラは120万円以上
小保方晴子のグラビアに需要があるのなら、小保方晴子のヨガのパーソナルトレーナーは商売になる
竹内由恵アナ、33歳が結婚
タグクラウド
会員数10万人突破!+【タイムチケット】
京の気になるニュース
Google先生に聞いてみた
BBCニュースで英語を勉強しよう
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
stick human's news

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2022年06月30日

大江順一キャディーは怒っていないと主張!

大江順一キャディーは怒っていないと主張!
これが事実なら、一体、どういう報道がされているのかという話だ。
ComeOn.gif

Yahoo!より、
「僕は怒っていない」大江順一キャディーが“職場放棄”トラブルの真相を激白
6/29(水) 16:12配信
文春オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ad09c76b7c2a762b05ee80d7e1b4339a6d083fa?page=2
記事より、
「大きい声を出したのは、相手に聞こえるようにはっきり言わないと相手に伝わらないからです。コースは広いですし。僕は感情任せで言った言葉は一つもない。大西には『ラウンドが終わったら説明するね』と伝えたにもかかわらず、『ありがとうって言ったら終わりじゃん』と言われた。自分としてどうしたら良かったんですか? という思いがあります」

 途中でバッグを運ぶのをやめ、ラウンド中に立ち去ったことについてはこう説明。

「私はそれでも気持ちを切り替えて、盛り上がって行こうと思っていた。すると、18番ホールのティーグラウンドで大西プロが『いまキャディー代われますか?』と競技委員に問い合わせ、『大丈夫』との確認がされた。そこで大西プロのコーチの石井忍さんがいるのが目に入ったようで、『忍さん、かつげますか?』と。石井さんは『大丈夫だよ』と答えたので、その時点で僕は担当キャディーではなくなったのです。それで、自分の荷物をバッグから出して、立ち去りました」

 食い違う大江氏と大西プロの言い分。JLPGAの調査の行方が注目される。

2022年06月29日

プリマハムが再度値上げ!

プリマハムが再度の値上げ。
これは印象が悪い。
値上げをするなら一度にすることが必要だ。
Prayer.gif
お願いされてもね。買わないだけだね。
Yahoo!より、
プリマハム「香薫」など再値上げへ 前回上回る改定幅、原料高、円安、エネルギー高騰で
6/28(火) 15:52配信
食品新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/96dd7ad02ae077e8a5626ad8f9bce082aef0c33c
記事より、
 プリマハムは、ハム・ソーセージ、家庭用・業務用の加工食品約400品を9月1日から値上げする。

 主力のソーセージ「香薫 あらびきポーク」など2月1日に値上げを実施した200品を含む、ほぼ全品で価格改定や減量による実質値上げを行う。

 値上げ幅は家庭用商品5〜20%、業務用商品5〜30%と、最大12%だった前回よりもさらに広がっている。

2022年06月28日

井上尚弥はボクシングは35歳までと明言

ボクシングは厳しいスポーツだ。
頭を殴るスポーツ。
グローブは拳を守るためであり、頭を殴られることで脳のダメージを弱めるものではない。
逆に強く頭を揺らせることができ、脳のダメージが大きくなる方向だ。
35歳という年齢までにあまりパンチを浴びなければいいがと思う。
あまり撃たれるようだと早期に引退をするのが正解だろう。
Punching.gif

Yahoo!より、
井上尚弥 ボクシング人生は「35歳まで」「理想は無敗でゴール」
6/27(月) 13:21配信
デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b5c05c7e3b0f6d89277326553a071b6fc2022385
記事より、
 ボクシングのバンタム級で日本初の世界3団体統一王者となった井上尚弥(29)=大橋=が27日、日本外国特派員協会で会見した。
 7日にノニト・ドネア=フィリピン=に2回1分24秒で衝撃のTKO勝ち。今後はWBO同級王者ポール・バトラー=英国=との4団体統一戦にも期待がかかる。
 この先を見据えた質問に、井上は「今年の目標は4団体統一。年内、行えたとしたなら、スーパーバンタム級に上げて挑戦したい。その先、自分の体、体重、そういったところも出てくるので慎重に考えていきたい」と語った。
 井上は「プロボクサーとして到着点、最終地点は35歳まで。そこまでの道のり、理想は無敗でゴール。ボクシングはそんなに甘くない。まして階級を上げていけばぶち当たることも出てくる。このボクシングをやって良かったな、と35歳まで思えれば満足できるのかなと思います」

2022年06月27日

青ヶ島生まれ・青ヶ島育ちの佐々木加絵さん38歳が魅力の青ヶ島

青ヶ島生まれ・青ヶ島育ちの佐々木加絵さん38歳が魅力の青ヶ島。
38歳には見えないが、発信している情報はしっかりしている。
写真も魅力的だ。
女性は結婚すると青ヶ島を出ていくというのだが、しっかり男性と結婚して島に定住するという実例ができるといいと思う。
実際、
「青ヶ島ちゃんねる」を観て移住を決めてくださった方も2名いるんですよ! 
ということだ。佐々木加絵さん自身もYouTuberだ。
ネットで暮らせる時代。ユーチューバーは結婚相手としても人気だ。
ただし、青ヶ島がいまから200年前に大噴火を起こしている、300人ほどいた島民の半分は八丈島などへ移住したという歴史があることは覚えておく必要がある。
walk-suitcase.gif

Yahoo!より、
絶海の孤島・青ヶ島在住の38歳女性が明かす、“日本一人口が少ない村”の結婚事情「人口が166人だけだから…」
6/26(日) 11:12配信
文春オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b67eab0cf1042505afebc14b90842fa173e0b90
記事より、
青ヶ島生まれ・青ヶ島育ちの佐々木加絵さん
「青ヶ島には差別や偏見がないけど…」絶海の孤島出身の38歳女性が語る、東京本土で感じた“都会と離島のギャップ” から続く
 東京都心から約360km離れた“絶海の孤島”、青ヶ島。2022年6月1日時点の人口は166人で、「日本一人口の少ない村」としても有名だ。八丈島を経由してヘリコプターか連絡船を利用しないとたどり着けず、それぞれ1日1便しか出ていない。ヘリコプターの席数は9席のみで予約が困難、連絡船の就航率は5割程度とも言われている。
 そんな青ヶ島ではここ数年でネット環境が整い、シェアハウスができるなど、移住者を受け入れる態勢が少しずつ整備されているという。しかし島民の佐々木加絵さん(38)は、「移住者が快適に過ごすには、まだまだ課題がある」と話す。彼女が考える島の課題や、思い描く“青ヶ島の未来”について話を聞いた。
――最近は島外から青ヶ島に来る人が増えているのでしょうか?
佐々木加絵(以下、佐々木) 旅行と仕事をかねて来る方も、移住してくる方も増えていますね。私のYouTubeチャンネル「青ヶ島ちゃんねる」を観て移住を決めてくださった方も2名いるんですよ! 最近はシェアハウスもできたので、パソコン1台で仕事ができるWeb関係の方に注目され始めているようです。

2022年06月26日

K-1最強を示したKANA、次の相手はONE?

K-1初の女子だけの大会が行われた。
メインイベントはKANAの初防衛戦。
タイからフランス人を招聘して真向打ち合い。
最後はKOで決めた。ハイキック一発。
もっとも1RからKANAは2度のダウンを奪っていたのだから実力差はあった。
ただし、外国人はよくあるように、極めて打たれ強かった。
次の試合が楽しみな選手だ。
Cracker.gif

Yahoo!より、
KANA 女子フライ級王座初防衛!3R終了間際KO勝ち 重圧から解放「ホッとしている」
6/26(日) 5:25配信
スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe174ce3deeaf2b096eb603333a94f30bba05321
 ◇スポニチ後援 K―1 WORLD GP 2022 JAPAN〜RING OF VENUS〜(2022年6月25日 代々木第2体育館 )
 K―1初の女子大会で、メインを務めたKANA(29=三軒茶屋シルバーウルフ)が女子フライ級王座の初防衛に成功した。挑戦者のスーリ・マンフレディ(34=フランス)から1Rに2度ダウンを奪い、3R2分26秒、左ハイキックでKO勝ち。K―1女子の第一人者として迫力のファイトを見せた。初代女子アトム級王座決定トーナメントはパヤーフォン・アユタヤファイトジム(19=タイ)が制した。
 「大会が決まってから不安の方が大きかった」。内容次第では女子だけのイベントは最後になるかもしれないと覚悟していた。19日の大会ではK―1の武尊が那須川天心に敗れ「エネルギーを奪われた」という。だが「反動でやってやろうとも思った」と負の要素をプラスに替え、結果を出した。
 「世界にはまだ強い選手がいる。アニッサ・メクセン選手とやりたい」。女子最強キックボクサーとうたわれるフランス人選手との対戦を熱望した。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。