広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

ぴっぴこ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
リンク集
マクロミルへ登録

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2011年08月14日
乗鞍高原へ 1
8月13日、酷暑の埼玉を抜け出し長野県は乗鞍高原まで遊びに行ってきました。
今回も、もちろん!?日帰り弾丸旅行です。
時間は22時(日帰りと言っても出発は前日なんです)
愛車プジョー207のトリップメーターをリセット
長野へ向けて出発です車
プジョー君、今回も日帰り500km越えちゃいそうだけど
頑張ってね!!

午前3時、乗鞍高原まで40kmの距離を残し道の駅で仮眠をとりました。
午前6時にセットした時計で目を覚ますと・・・
お猿さんだ!!
驚かせちゃいけないと思い車のフロントガラス越しに撮影です。
写真左側の建物の屋根に注目です。
汚いフロントガラスを通しての撮影の為
写真がちょっと濁っちゃったのが残念。

ここは長野と言ってもまだ松本市内からそんなに離れていない場所。
長野って自然の残る良いところだなぁ〜
そう思いながら外にでると今度は鷹を発見。
すぐにフィールドスコープを用意しましたが、
撮影はうまくできませんでした。

まずは善五郎の滝を目指して車を走らせます。
途中綺麗な花を見付けたので写真撮影クローバー
これはコオニユリですね。

辺りにはこんな花が咲き乱れています。
見ているだけで癒されるな〜

鈴蘭橋近くの駐車場に車を停め善五郎の滝まで歩きます。
時間は10分位だったかな?
広葉樹の雑木林を歩くと滝見台に到着。
下の写真は滝見台から撮影したもの。

昔善五郎さんとという人が、釣針にかかった大きな岩魚によって
滝壺に引き込まれ、命からがら逃げ帰ったことから
善五郎の滝と名付けられたそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年08月14日
乗鞍高原へ 2(三本滝)
次に目指すのは標高1800m日本100名瀑の一つ三本滝。
三本滝レストハウスに車を停め、片道約25分歩いて滝を目指します。
後で気付いたのですが一本滝レストハウスになっています。
たぶん二本の線が消えちゃったのでしょうね(笑)

ちなみにこれより先は環境保護の為、一般車通年乗入れ禁止になっています。
さらに進みたい場合は、ここで観光バスに乗り換え移動することになります。

レストハウスの横には整備された道があります。
ほとんど分岐はなく、分岐があるところにも看板があるので
迷うことなく三本滝まで歩けると思います。
ただ、ところどころ滑りやすい場所があるので、
歩きやすい靴で行きましょう。

あの吊り橋を渡った先に三本滝があります。
歩く場所は川の脇が多いので空気はひんやり、
心地よいトレッキング。

三本滝に到着。
水源も趣も異なる3本の滝が一箇所に合流していることから
この名前が付いたのでしょう。
三本の滝を同時に撮影したくてCOOLPIX P300をパノラマ撮影モードに切り替え撮影。
上手く撮れたと思いましたが、ブログにアップしてみると・・・
ずいぶん小さくなっちゃいました汗
一番左の滝がわかりづらいのが残念。

ここで15分程休憩。
マイナスイオンをたっぷり浴びてきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年08月14日
乗鞍高原へ 3(一の瀬園地)
三本滝見学の次は一の瀬園地に向かいます。
下の看板から右に進むとネイチャープラザ一の瀬の駐車場があります。
今回はここで自転車をレンタルしサイクリングで一の瀬園地をエンジョイ。
自転車は一時間500円でレンタルすることができます。

一の瀬園地からは乗鞍岳を一望でき、白樺、小梨、唐松の林には
山野草がけなげに咲いています。

ぴょこさんは気持ちいい〜と自転車をビュンビュン飛ばし
ご機嫌のようです笑顔
ちょっと待ってくれ〜!!

途中で自転車を降り、まいめの池で休憩。
池の向こうに見える乗鞍岳には8月にもかかわらず
うっすら雪が残っています。
どれだけ涼しいんだろう??

到着したときは晴天だったけど、
急に曇ってきちゃいました。
山の天気は変わりやすいっていうけど
本当ですね。

今回は一の瀬園地一周に70分位かかってしまいましたが、
自転車屋さんの好意により60分の料金でレンタルOKでした。
自転車屋さんありがとう星
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年08月14日
乗鞍高原へ 4(中之屋)
お昼ごはんは水車挽き番所そば中之屋さんで食べることに。

敷地の中には水車があり、隣の部屋はガラス張りになっており
蕎麦挽きの様子を見学できます。
中之屋で使う蕎麦粉はすべてこの水車と、
近くにあるもう一台の水車を使って挽いているそうです。

ここ中之屋さんは地元でも人気店らしく
50分程待ってようやく席につくことができました。

今回は蕎麦定食(松)2000円を注文。
蕎麦、漬物、ごはん、岩魚か山女の笹焼き

とろろ蕎麦もついてきます。
普通の蕎麦定食1800円もありますが、
たくさん食べれる人ならプラス200円でとろろ蕎麦が付いてくる
蕎麦定食(松)がいいと思います。

盛りから食べての言葉に従い蕎麦を食べてみると
10割にも関わらずざらざらした感じがなくのどごしがいい。
全体的に薄い味付けで上品な感じです。
自分で蕎麦を栽培して蕎麦打ちにもチャレンジしたことのある私の感想は、
この値段でこの味とボリュームはバーゲンプライスです。
(蕎麦栽培の様子はこちらから)http://kozakura71.blog91.fc2.com/blog-category-8.html

ただワサビが家で使ってる100円ワサビみたいだったのは残念。
ここまでの料理だったので、本ワサビまではいかなくても、
もう少し気の利いたワサビがあれば最高だったと思います。

おなかも満たされ大満足の後向かった先は
日帰り温泉湯けむり館。

温泉は内湯と露天があり、建物の外からでも硫黄の匂いがぷんぷん。
お湯は真っ白でこれぞ温泉!!って感じでした。
お湯はph3.12と強めの酸性でレジオネラ菌は生息できないそうです。

家で待っているぴっぴこがかわいそうだから、もう帰らなきゃ汗
そう思ったけれど、正直温泉で体が温まると帰るのが嫌になってしまいました。

さよなら乗鞍高原・・・
現地を17時に出発し、食事や仮眠で埼玉の自宅に着いたのは
翌14日の24時過ぎでした。
往復の高速料金5400円、走行距離570km

ちょっと遠いけどやっぱり夏は高原だ!!
来年は上高地まで足をのばしてみたいなぁ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。