a 変形性膝関節症|女将日記

広告

posted by fanblog

変形性膝関節症


今年母が 変形性膝関節症で 長いこと
入院しましたが

退院後も 痛みが酷くなるばかりで治らず
病院を 変わりました

そこの整形外科に手術を勧められ 評判の 
先生がいらっしゃる病院を紹介して頂きました


今日は 手術の説明と診断をして頂くために
北区の 病院へ


家に迎えに行くというと 一人で来れるというので
病院玄関で 9時15分に待ち合わせすることに

几帳面な 母が 時間を過ぎても来ません




心配になって バス停へ・・・・いない・・・
バス停から 正面玄関は 一直線 
こんな 迷うわけがない場所で 迷う?

思わず りょうちゃんの京都迷子事件が 頭をかすめる

うーん
もしや 受付へ行ったかもと思い ダッシュで2階の受付へ
・・・いない・・・

も一度 バス停へ・・・いない・・・
もう こんな事なら 迎えに行けばよかったと激しく後悔です

私は 自転車で来たのですが
まさか 絶対そんなことはないだろうと思いつつも

自転車置き場に行ってみると・・

いました
母上 ここはショウメイゲンカンデハナイ (ーー;)
 
とにもかくにも 無事見つかり
エライながいこと 待って 先生に診断して頂きました


やはり 母の膝はもう使い物にならないらしく
人工膝関節全置換術 という手術を勧められました

脛側の骨と 太もも側の骨を削って 金属やプラスチックで出来た
関節を埋め込む手術です

エライ先生にありがちな 老人に対しての 上から目線ではなく 
わかりやすく 身振り手振りも交えて 丁寧に 説明して下さいましたので

最初は嫌がっていた母も 納得 1月に手術の運びとなりました

3年間で 1000名の オペをしたこと
高齢者を 大勢 手がけていること
人気で 順番待ちなこと
なかなかイケメンだったこと  (^_^;)

なども 決め手でしたが 何より先生のお人柄に感激しました

後で聞いたのですが
評判の先生らしく 紹介状がなければ診て頂けないくらいの人気みたいです

いい先生に 巡り会えたと思いました


病院は 新しくなったばかりで ホテルのロビーのようでした

吹き抜けのホールや オブジェや カフェや 図書室も オシャレです

病院臭さが なくていいですね


帰りに
次に 病院に一人で来た時の 予行演習

診察券を機会に入れる練習
整形外科へ 行く道順
機械で 支払をする練習
わからなくなった時 誰に効けばいいか

などを しっかり教えて 本日の授業終了 いたしました
仕事の前に どっと疲れた一日でした・・












最後までお付き合い下さり 感謝(^◇^)v感激
にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。