広告

posted by fanblog

堂島物語(1(曙光篇)) [ 富樫倫太郎 ]

価格:700円
(2012/12/14 22:14時点)
感想(0件)




今は上の堂島物語を読んでいる。
江戸時代。貧しい家に生まれた少年が、その類まれなる才能で
相場師として出世していく、爽快な物語。
文庫本で1〜6巻まででている。
刻一刻と変わる米の値動きを読んで、米を売り買いして儲けていく。
儲けるか損をするか。ドキドキしながら、どんどん物語に引き込まれていく。
単純に面白くて、時間を忘れて読みふけってしまう。
この物語の主人公は、とても苦労して育って、
いよいよ追い詰められて自殺未遂までする。
だがそこから、大逆転の人生を歩んでいく。
その様が爽快で気持ちいい。
経済小説だけど、
友情、家族、恋愛、など主人公の人生を丁寧に書いてあって、堅苦しくない。
図書館で、表紙の絵が気に入って借りてよかった。
表紙絵って重要だと思う。

堂島物語(2(青雲篇)) [ 富樫倫太郎 ]


堂島物語(3(立志篇)) [ 富樫倫太郎 ]

価格:680円
(2012/12/14 23:29時点)
感想(1件)


堂島物語 4/富樫倫太郎【RCP】

価格:680円
(2012/12/14 23:31時点)
感想(0件)




堂島物語 5/富樫倫太郎【RCP】

価格:760円
(2012/12/14 23:32時点)
感想(0件)


堂島物語 6 出世篇 中公文庫 / 富樫倫太郎 【文庫】

価格:760円
(2012/12/14 23:32時点)
感想(0件)







この記事へのコメント



    << 前の記事へ 次の記事へ >>

          四コマ日記へ>>

<<目次(サイトマップ)へ                ブログトップページへ>>

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。