広告

posted by fanblog

same one please

僕がアメリカで通っていた大学のカフェテリアは、サンドウィッチセクション、

ランチプレートセクション、グリル系セクション等、各メニューの種類ごとに

ブースが分かれていて、そこで食べたいものを頼み、

最後にレジで清算するというシステムだった。

例えるなら、「ショッピングモールのフードコート、でもレジは共通」見たいな感じだ。

フードコートと違うところと言えば、メニューが頻繁に変わるということだ。

これは毎日そこで食べる学生にとってはありがたいことなのだが、

僕ら非ネイティブにとっては厄介なのだ。だいたいの場合、ブースの横の黒板に

手書きでその日のメニューが書かれているのだが、字が汚い。そのメニューを知ってる

人は、読み取れるのだろうけど、知らない人にとっては検討もつかない。そして、

そのメニューの書かれた黒板はブースの横にあるが為、注文する直前にしか目に入らない。

なので、頼む直前に、瞬時に解読しなければならない。昼時のカフェテリアは大混雑なので

ウシロには長蛇の列。読めない、読めない、どうする、どうする。。。

そんなときに使える英語が、これだ。

「same one please」

意味はというと、「同じもの頂戴」だ。

どういうことかというと、前に並んでいた人が頼んだものと同じものを

くれということだ。これを言うことにより、注文時にまわりに迷惑をかけずに

スムーズに食べ物をゲットできるのだ。自分とおなじようなものを食べそうな人の

後ろに並ぶことが一番のキーになる。前の人がチップスのみしか頼まなかったら、

自分もチップスしかたべれないので、要注意だ。


でもまあ、これはオシャレ系なバーでカクテル何飲む?と、聞かれた時なんかにも、

応用できるので、ビールしか知らない、非オシャレボーイも偽オシャレボーイとして、

その場を誤魔化せたりと、なにかと便利なので覚えといて損はないと思う。


おしまい。


戻る <英語術> 進む

<英語術>  の目次へ
 
総目次へ  最新記事へ


人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

   
プロフィール

kai-robot
http://fanblogs.jp/y9fm2om9/index1_0.rdf
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット! 海外支援センター 総合案内 にほんブログ村 海外生活ブログへ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。