日米首脳会談

4/20(金)の日経平均 22162円 先週比 +384円

先週取引後に、アメリカシリア攻撃。限定的という事で株価に大きな影響はなく。

その後日米首脳会談が行われるも、こちらも可も不可もなく。日経平均は安定していました。

今週はどうなるか。
【このカテゴリーの最新記事】

トランプ政権

4/20(金)の日経平均 21778円 先週比 +211円

先週の貿易戦争の件は緩和。そのトランプ大統領がツイッターでシリア攻撃示唆で株価が下がるも、シリア攻撃はいつするかは発表していない。から緊張緩和。そしてアメリカ株も順調。

日経平均も、トランプ政権の影響を受けながらも、可も不可もなく。ドル円も安定。現在ドル円103円台。どうなるか。

貿易戦争

4/7(金)の日経平均 21567円 先週比 +113円

今週は、アメリカと中国の貿易戦争の危機で上がれば株価もあがり、下がれば下がる展開。


ドル円は円安方向。金曜は107円。現在106円台後半。どうなるか。

買戻し

3/30(金)の日経平均 21454円 先週比+837円

先週、アメリカが中国との貿易戦争に発展が懸念され、アメリカ株も下がりその影響で、日経平均を下げておりました。

今週は、水面下でアメリカと中国が貿易交渉に入ったという情報を得てから、アメリカ株の上昇、円安もあり日経平均が回復。下げた分の買戻し。

どうなるか。

貿易戦争

3/23(金)の日経平均 20617円 先週比 -1059円

月曜に、アメリカ、フェイスブックの個人情報不正使用の疑いで、アメリカ株下落の影響で日経平均も下落。

その後は持ち直すも、トランプ大統領が、中国に関税をかける発言で、中国も報復措置をとると、貿易戦争。

その影響で円高。アメリカ、日経平均も急落。21000円を割る。

そして日曜の時点でドル円104円台。どうなるか。

アメリカ株

3/16(金)の日経平均 21676円 先週比+207円

先週末からのアメリカ株上昇の影響を受け、月曜に日経平均+354円。

火曜もプラスでしたが、トランプ大統領の、国務長官の解雇や、大統領補佐官の解任の方針などの影響を受け、アメリカ株下落。

その影響を受け、日経平均も下落。来週はどうなるか。

貿易戦争

2/9(金)の日経平均 21469円 先週比 +288円

月曜は、トランプ大統領の鉄鋼アルミ輸入制限発言から、貿易戦争が起こるのではと、アメリカ株も下落、日経平均今年最安値を付ける。

しかし、その後一進一退も、輸入制限が一部国解除の可能性が出て、アメリカ株も日経平均も一服。

現在ドル円116円台。どうなるか。

ジェットコースター

3/2(金)の日経平均 21181円 先週比 -711円

月火とアメリカの長期金利が安定。アメリカ株上昇に伴い、日経平均も上昇。

しかし水曜、FRBパウエル議長の発言から、利上げペース加速か、で下落。日経平均も下げる。

利上げの件は落ち着くも、今度はトランプ大統領の、鉄鋼、アルミニウム輸入制限発言から、一気にアメリカ株の下落。に伴い日経平均も下落、ドル円も上昇。

水木金で1200円以上も下げる。急上昇から急下落。ジェットコースター。

アメリカの影響を受ける日経平均。この後どうなるか。

アメリカ株

2/23(金)の日経平均 21892円 先週比 +172円

アメリカ株の影響で、日経平均の上下の幅が大きかったものの、結果プラスで、日経平均安定。ドル円も106−107円台とこちらも安定でした。

オリンピックがあり、大きく上下する材料が少なかったかも知れません。

現在ドル円106円台。どうなるか。

アメリカ株

2/23(金)の日経平均 21892円 先週比 +172円

今週はドル円が106-107円台と安定。アメリカ株の影響で上下したものの基本的には日経平均は安定。

オリンピックという事もあり、特に動く材料も少なかったのではと思います。

現在ドル円106円台。どうなるか。
    >>次へ