EU離脱問題、円安

6/17(金)の日経平均15599円、先週比-1002円

今週はEU離脱問題から、円安以上の影響で下落。他国に比べても、日本株の下落率が高く。

そして、日銀決定会合で、追加金融緩和見送りから失望売り。と同時に急な円高に。106円台から一時103円台。

現在ドル円104円台。どうなるか。

【このカテゴリーの最新記事】

雇用統計

6/10(金)の日経平均 16601円 先週比 -41円

アメリカの、非農業雇用統計が予想以上に低く。16万予想が3万8千。

これにより、FRBイエレン議長の利上げ示さず。6、7月に利上げがないと予測され、ドル売り円買い。ドル/円先週末108円台から106円台に。

それでも、思ったより日本さほど株下落せず。Mナビの方が、商い薄と何度も。それにより、円高以上の影響、売り買いが少なかったのかも知れません。今後どうなるか。

失望売り

6/3(金)の日経平均 16642円 先週比 -192円

月、火、ドル円が111円台と円安もあり続伸。

しかし安倍総理の消費税10%延期発言後の経済対策。特に対策案も出てこず。ここから失望売り、さらには円高で水木で大幅に下落。

現在ドル/円が106円台と、円高の状態と、株価にとっては厳しい状況か。どうなるか。

円安、G7

5/27(金)の日経平均 16834円 先週比 +98円

G7、伊勢志摩サミット。安倍総理がリーマンショック前のような状況と、不安内容を伝えるも、ドル/円が110円前後と安定し株価も先週を維持しました。

ただ、安倍総理が消費税10%先送りを示唆。この影響が出るか、出ないか。

円安、安定

5/20(月)の日経平均 16736円 先週比 +324円

消費税10%の行方や、G7の様子見などありましたが。

ドル/円が109〜110円台と円安キープ。多少売買の消極もあったと思いますが、安定しています。

今後、消費税、選挙等も絡んでくる思うので、どうなるか。

安定

5/13(金)の日経平均 16412円 先週比 +306円

先週に引き続き、麻生大臣が、状況によって円売り介入の用意があると発言。

これが効いたか分かりませんが、ドル円が106円台から、108円台と安定。

アメリカ株の安定もあり、決算でトヨタ減益等もありましたが、4日続伸と安定。今後決算の内容等で、株価の影響があるかも知れません。どうなるか。

牽制

5/6(金)の日経平均 16106円 先週比 -650円

先週末、麻生財務大臣が、円高介入を示唆。それに対しアメリカが牽制。さらに連休が入り、今度はヨーロッパ訪問中の安倍総理が急激な円高を牽制。

実質月曜大幅下落も、金曜何とか踏みとどまるといった感じでしょうか。一時ドル/円105円台も、現在107円台と。多少安定。この影響が来週どうなるか。

急落

4/28(木)の日経平均 16666円 先週比 -906円

4日続落も木曜に-624円。

日銀決定会合で、追加金融緩和が期待されると、月曜からこの話題。様子見も含め徐々に下落。

そして木曜、日銀決定会合、追加金融緩和なし、現状維持。

失望売りと、ドル高が重なり、恐ろしい下げに。さらに、ビジネスクリックで先物が16000円と。月曜ふたを開けなければ分かりませんが・・(汗)。

ドル/円も現時点で106円台。月曜111円台と5円も下落。麻生大臣が介入示唆という事で。このナイトメアが終わるかどうか。

上昇

4/22(金)の日経平均 17572円 先週比 +724円

月曜に熊本地震の影響で、トヨタやソニー等、工場の部品調達が出来ない等の影響で、572円下げるも、その4日続伸。4日で1300円近く上昇。

アメリカ株が好調だったり、原油高ったり、円安要素があり、110円台と高くはないものの、月曜の108円台から2円も上がったのも要因と思われます。

現在、ドル/円111円台。今後どうなるか。

回復

4/15(金)の日経平均 16848円 先週比 +1027円

ドル/円自体、108〜109円台とそこまで変化はありませんでした。

それでここまでの株高。具体的な理由はみつかりませんでしたが。これまで下がった買い戻し、世界経済の安定、金融株の回復等、マイナス要素がありませんでした。

熊本地震がありました。今後、株価にどう影響するか。現状国の対応等には大きな問題はなさそうですが、余震、建物倒壊等、まだ、先が見えない状況でもありますので。
    >>次へ