現状キープ

11/17(金)の日経平均 22396円 先週比 -285円

アメリカの法人税引き下げ1年先送りの影響かアメリカ株下落、日経平均も月曜300円下落。円高の影響もあり水曜にも351円下落も、次の日には買戻しが入り+322円。

ドル円が113円台から112円台と円高も、株価は現状キープ、22000円台を維持しました。現在もギリギリ112円台。どう影響するか。
【このカテゴリーの最新記事】

25年10カ月ぶり

10/10(金)の日経平均 22681円 先週比 +142円

10/8(火)に25年10か月ぶりの高値、22937円の終値を付ける。ドル円も114円台。

その後は利益確定売り、ドル円113円台、アメリカ株高も一服、トランプ大統領の米税制改革が1年延期予定で、法人税引き下げも遅れる見込み等、徐々に日経平均株価を下げる。

現在ドル円113円台。どうなるか。

決算、円安

11/2(木)の日経平均 22539円 先週比 +531円

今週も決算好調、ドル円も一時114円台をつけ、日経平均が火曜以外は上昇。

下がる気配が全くしません。FRB議長がパウエル氏に交代、現在ドル円113円台後半。来週はどうなるか。

16日続伸

10/27(金)の日経平均 22008円 先週比+551円

選挙、自民党勝利、より前から株価が常に上昇。16日続伸、史上最長で途切れる。もその後も二日連続続伸と。

アメリカ株も一時利益確定売りで一服も、日経平均は一服もない位上昇。ドル円は、FRB次期議長が一部報道でハト派(利上げ慎重)のパウエル氏有力という事で円高ドル安、一時114円台をつけ。これも日経平均上昇の要因に。

現在は113円台中盤。このまま上昇していくのか、一服し下がるのか。注目です。

14日続伸

10/20(金)の日経平均 21457円 先週比 +302円

59年9カ月ぶりの14日続伸。アメリカではダウ、ナスダックも連日史上最高値更新。

アメリカ株が好調が要因かと思いますが、それに加えドル円も112円台が続いていましたが、113円台に。

実際の状況と株価が合っていないような気がしますが、日曜選挙の結果もありますし、来週はどうなるか。

9日続伸、21年ぶり

10/13(金)の日経平均 21155円 先週比 +465円

9日続伸、21年ぶりに21000円台突破。もちろん21年ぶりですので、初めて見るような数字です。

アメリカ株の連日最高値、衆院選挙で自民党優勢、等あります。しかし、決算は現状良さそうですが、景気が良いという感じではありませんので、違和感を少し感じます。

ドル円に関しては112円台を推移、現在は111円台。どうなるか。

5日続伸

10/6(金)の日経平均 20690円 先週比 +334円

連日のアメリカ株、ダウの史上最高値更新。そして安定した円安一時ドル円113円台を付ける。

日経平均もその影響を受け、5日続伸。年初来高値を更新。現在のドル円112円台。今週はどうなるか。

20000円台

9/29日(金)の日経平均 20356円 先週比+60円

北朝鮮、トランプ問題。配当権利落ち日、等ありましたが、小幅な下落。ドル円も安定して112円台をキープ。

選挙で、各党のごたごたが現在も続いてますが、今の所影響はなく。

日経平均、先週2万円台に戻し今週もキープ。今現在もドル円112円台。どうなるか。

衆議院解散、円安

9/228(金)の日経平均 20296円 先週比+387円

9/19(月)に日経平均が+389円と急上昇。一体何があったのか。可能性としては、月曜に衆院解散の報道があった事。選挙対策で、経済対策が打ち出されるのではという期待感からかも知れません。

その後は、ドル円が先週110円台から112円台と、円安が続き、日経平均が上昇後もキープ。現在は111円台後半。今後どうなるか。

円安

9/15(金)の日経平均19909円 先週比+635円

北朝鮮の9/9建国記念日が無事何事もなく終え。株価の不安要素が一段落。アメリカ株の好調もあり日経平均が上昇。

9/15早朝、北朝鮮がミサイル発射も、ドル円が一時111円台。さらにNYダウも最高値更新。この勢いで日経平均も上昇。2万円も視野に入ってきそうな状況。現在ドル円110円台後半。今週はどうなるか。
    >>次へ