FOMC、日銀決定会合

9/23(金)の日経平均 16754円 先週比 +235円

まずは、日銀決定会合で追加緩和の内容が変更。その影響で水曜+315円。その後のFOMCで9月利上げ見送り。見送りにより、ドル安円高が進む。

そして、日銀の金融緩和政策も懐疑的な見方も出てきており。現時点でドル円も100円台と、株にはプラス要素が少ない状況ではありますが、どうなるか。
【このカテゴリーの最新記事】

アメリカ株

9/16(金)の日経平均 16519円 先週比-446円

週明けに、アメリカ株の下落の影響で、日経平均も大きく下げる。その後は一進一退。ドル円自体さほど円高にはふれてはおりませんが、アメリカの9月利上げ見送りの混乱で微妙な展開。

アイフォン7の発売でアップル株も悪くなくも、特に日経平均には影響されず。現在ドル円101円台と、若干円高。どうなるか。

利上げ、ドル円

9/9(金)の日経平均 16965円 先週比 +40円

今週はアメリカで利上げが遅れるのではという観測から、ドル安円高に。101円台になるも、今度は早期利上げもあるかもという事でドル高円安に。

今週はドル円が日経平均株価の上下にあまり反応しなかったといいますか。地味に株価は安定していました。現在ドル円102円台。どうなるか。

円安、雇用統計

9/2(金)の日経平均 16925円 先週比+565円

8/26(金)から8/29(月)の間にドル円が2円以上円安になり、株価が+377円。その後もドル円が103円台が続き、アメリカ株の低調とは、関係なく日経平均は安定していました。

金曜の、アメリカ雇用統計が予想を下回るも、9月の利上げ予想が後退。アメリカ株も上昇。日本株、ドル円にどう影響なるかは分かりませんが。現在ドル円が103円台。どうなるか。

GPIF

8/26(金)の日経平均 16360円 先週比 -185円

イエレンFRB議長発言、ドル円が100円台が続く、ETF買いの影響等ありましたが、株価に大きく影響したものはなく。一進一退も金曜に‐195円。

直接的な原因になったかは定かではありませんが、GPIF5兆円損失。ここまでは以前の情報と同じでしたが、先日発表されたのに加え「トータルでも1兆円赤字」。

もはややってしまった・・。と言っても過言ではありませんが。でも株に、絶対はない。という事だと思います。今、国民年金、厚生年金を支払っている方の・・・1兆円か(汗)。ドル円は現在101円台。どうなるか。

FOMC、円安

8/19(金)の日経平均16545円 先週比-374円

今週はドル円が100円台が続き、株も売られている展開に。17日のFOMCで早期利上げが遠のき、一時ドル円が99円台に。その後、財務大臣からの牽制で、現在も100円台をキープ。

ただ、16000円台は普通にキープできている状況。どうなるか。

海外株

8/12(金)の日経平均 16919円 先週比 +665円

今週は、株関連の番組は録画できない日もあり、情報が少なくて恐縮です。

お盆という事で、取引自体はそこまで多くなかったと思いますが。

まず、海外株、アメリカ株、ダウ、ナスダック、s&p500の指数が最高値。アメリカ株好調につき、日本株も良い影響を受けてのプラス推移。ただ円安だったとはいえ、現在ドル円101円台。どうなるか。

円高

8/5(金)の日経平均16254円 先週比 -315円

先週の103〜105円台から、101円台にドル安円高。この影響から、火水と下落も、その後多少戻す。

アメリカの雇用統計が良好も、今の所ドル/円は101台とドル円には影響がなく。今週はどうなるか。

金融緩和

7/29(金)の日経平均 16569円 先週比 -58円

ポケモンGOの影響は一服。その後、日銀決定会合待ち、経済対策、円高等、一進一退。

日銀決定会合で、追加緩和を発表。ここ最近の日銀の対策はマイナス金利等、株価にマイナス影響が多かったように思います。

しかし、今ドル円が、102円台。徐々に円高傾向にあります。この影響がどう出るか。

ポケモンGO、経済対策

7/22(金)の日経平均 16627円 先週比 +130円

先週はポケモンGOで任天堂株や、関連株上昇がありましたが、日経平均を大きく左右するまでではありませんでした。

しかし、ここ二週間は株が安定していました。後は8月に発表される政府の20兆円規模の経済対策。選挙で自公が勝ち株価が戻りましたので、今度は経済対策でどうなるか。

その前に、東京都知事選も、再来週にはなりますが、何かしら影響があるかも知れません。
    >>次へ