一進一退

2/17(金)の日経平均 19234円 先週比 -112円

2/20(月)の日経平均 19251円

遅れましてすみません。

先週は、日米首脳会談から一段落。アメリカの方はイエレン議長の利上げ前向き発言などで連日のダウ史上最高値。

日本も一時、その影響で円安、株が上がるも続かず。決算も目立って良い結果もないと思われ。株は現状維持、かやや下がっている状態。


アメリカからの好材料が一服。今後どうなるか。
【このカテゴリーの最新記事】

日米首脳会談

2/10(金)の日経平均 19378円 先週比 +471円

木曜までは、日米首脳会談の警戒感から、株価は一進一退。ドル円も112円台。金曜、まだ首脳会談は始まっていないものの、経済政策の期待感等から、アメリカ株が史上最高値、ドル円も113円台と、日本株も影響を受け金曜だけで+471円。

決算も悪くなく、今後どうなるか。

大統領令、18000円台

2/3(金)の日経平均 18918円 先週比 -549円

トランプ大統領が大統領令でイスラム圏7か国入国制限。この影響でアメリカ株下落。日本株も影響を受け下落。

そして、トランプ大統領、日本のドル高けん制もあり円高ドル安。

さらにFOMCの現状維持政策など、気がつくと19000円を割れ18000円台。ただアメリカ株自体は一時急落も戻しました。決算等もありますし、どうなるか。

トランプラリー

1/27(金)の日経平均 19467円 先週比率 +330円

トランプ大統領就任演説。アメリカファーストの発言が多く。経済政策にはあまりふれず、期待外れからドル安、株価が下がりました。

しかし、その後、経済政策の発言があったのか。一時落ち着いていたトランプラリーが復活。NYダウ史上初の2万ドル。ドル安も重なり、日経平均一時18000円台まで下がった株価も19000円台回復、先週よりも高値で終了する事に。

今週はどうなるか。

19000円台

1/20(金)の日経平均 19137円 先週比 -150円

トランプ大統領の就任の様子見や、EU離脱問題等ありましたが、イエレンFRB議長の年内利上げの可能性を受け、113円台まで高くなったドル円も114円台に戻す。

一時18000円台まで下がるも、19000円台に戻す。そしてトランプ大統領就任。どうなるか。

記者会見

1/13(金)の日経平均 19278円 先週比 -167円

アメリカ、トランプ大統領の記者会見前に買い控えで下げ。トランプ大統領記者会見。特に経済対策の内容がなく下落。かつ記者と喧嘩腰の対応に評価を下げる。

しかし、この事自体織り込み済みだったのか、次の日にはアメリカ株高、ドル高で、日経平均もプラスに。

個人的に気になったのが。任天堂新作ゲーム機発表後、任天堂株が急落。何かやらかしたのか(汗)。

何はともあれ、トランプ大統領の記者会見はそこまで影響はありませんでしたが。今後もトランプ大統領は、株価のカギになってくると思います。

年明け

1/6(金)の日経平均 19454円 先週(前年)比+339円

あけましておめでごうございます!今年もよろしくお願い致します。

ここ数年のイメージとしては、年末上げて年始に下がる。という感じだったと思いますが、1/4(水)に+479円。その後はアメリカ長期金利下落からの、ドル安円高で、株価は多少下げるも高い状態をキープ。

ある程度このまま続きそうな予感はしますが。トランプ次期大統領が就任後の状況によって、ドル円、日経平均も大きく変化していくと思います。

19000円台

12/27(水)の日経平均19405円 

ここ3日続落したとはいえ小幅の下落。余裕を持って19000円台をキープしています。

トランプラリーで一気に19000円台に上昇。ドル円も117〜118円台をキープし日経平均の株価上昇をキープしています。

それと日銀、政府とも、緩やかな景気回復。株にとっても好材料。

今年最後の2カ月位で一気に流れが変わりました。この好調が、来年どこまで続くか。まだ今年数日残っておりますが、19000円台はキープできると思います。

FOMC、9日続伸

12/16(金)の日経平均 19401円 先週比 +405円

12/19(月)の日経平均 19391円

今週も一日遅れました。トランプ効果が続く、ドル高円安そして株高。

木曜、FOMCが年内2回の利上げから3回に。長期金利上昇。さらに一日で2円以上のドル高円安。1ドル118円台にまで。

月曜こそ10円下げるも、それまで9日続伸。今年はこのままの勢いで終えそうです。

19000円台

昨日更新できず失礼しました。

12/9(金)の日経平均 18996円 先週比 +570円

12/12(月)の日経平均19155円

偶然更新が一日遅れましたが、なんと今日日経平均19000円台。一年ぶり。2016年では初。イタリアの国民投票否決も、ほぼ株価に影響なく。ドル円も113〜114円台、アメリカ株好調も要因でぐんぐん株価が上昇。

そして月曜19000円台。トランプラリー、効果。はたしていつこの効果が終わるのか。または続くのか。

個人的な話ですが、株価売却致しました。トランプ効果のおかげで今回もプラスで。元の資金が少額なので、購入までは先の話になりそうです。
    >>次へ