円高も

2/16(金)の日経平均 21720円 先週比 +338円

先週までドル円109円台も、週明け107円台、火水と日経平均を下げる。

しかし、麻生大臣の発言か、ダウ連日上昇の流れか。木金で+500円以上上昇。

とはいえ、ドル円が現在106円台と円高。どうなるか。
【このカテゴリーの最新記事】

連鎖、ジェットコースター

2/10の日経平均 21382円 先週比 -1892円

週始め、アメリカ、ダウが急落。それに連鎖し日経平均も急落。月火で1600円以上下げる。

水木と落ち着くも、木曜ダウが1000ドル以上の下落で金曜に-508円。

この連鎖でジェットコースター下落、日経平均今年最安値。と言ってもまだ高い水準ではあります。

ドル円も109円台とやや円高が続く。現在108円台後半。このまま続くのか。どうなるか。

6日続落

2/2(金)の日経平均 23274円 先週比 -357円

円高が続き、徐々に日経平均が下がり、火曜、アメリカ株続落を受け日経平均-337円。水曜も下落で6日続落。アメリカ株も落ち着き、円高も一服した為、木曜は反動含め+387円も、金曜‐211円と。

アメリカ株の影響も受けるも=とまではいかず。ただ、これまでかなり日経平均が高い状況が続いてますので、一服、利益確定売り、という見方もありますが。

現在ドル円110円台と、円安方向。どうなるか。

円高

1/26(金)の日経平均 23631円 先週比 -177円

火曜、日銀決定会合で、金融緩和縮小を否定、一時的に円安もあり、+307円。

しかし、ダボス会議でアメリカの、トランプ大統領も、ドル安容認姿勢、発言からドル円が円高。110円台から109円台へ。日経平均も3日で500円近く下げる。決算は現状可も不可もなく。

現在ドル円108円台。どうなるか。

利益確定、円高

1/19(金)の日経平均 23808円 先週比 +153円

火曜に決算の好調もあり+236円。終値24000円に近づき。一時24000円を超えるも。利益確定売り、円高が重なり。その後は一進一退。

アメリカ株も一時下げたり。現在もドル円110円台。どうなるか。

円高

1/12(金)の日経平均 23653円 先週比-61円

火曜は日経平均プラスでしたが、日銀が金融緩和を修正するかも知れないという事で、円高。その影響で日経平均が徐々に下げるも、大幅な下落無し。アメリカ株は継続して好調。

現在ドル円111円台。どうなるか。

高値

1/5(金)の日経平均 23714円 先週比+950円

あけましておめでとうございます。昨年末、若干値を下げるも、年始アメリカ株好調につき、日経平均1/3、4の2日で千円近く値を上げる。

年末年始等の経済のテレビで大体は、アメリカ、海外株の好調が要因で、日経平均も高い。しかし実際の経済は・・。という感じです。それは誰もが思っている事なので、このまま上がり続けるかは、何とも言えません。

しかし、これから東京オリンピックも近づいてきてますし。何かがない限りはという気もします。今年はどうなるか。

クリスマス等

12/27(水)の日経平均 22911円 先週比+9円

個人的事情により、本日で今年ラストの更新となります。

アメリカがクリスマスという事で、株の取引は閑散。配当権利落ち日等ありましたが、日経平均は手堅い状況。よほどの事がなければ、今の水準で日経平均は今年は推移していくと思います。

年明けがどうなるか。というのはありますが、昨年の年始から比べると3000円以上上がっています。実質景気とのギャップがあると思いますが、株は2017年景気が良かったと思います。と言ってもアメリカ株、情勢の影響が大きかったと思います。ではまた来年。

アメリカ税制改革

12/22(金)の日経平均 22902円 先週比 +349円

月曜、アメリカ税制改革の法案が可決される見通しがつき、+348円。その後は小幅な値動きで一進一退。

やはり年末というのと、23000円手前で利益確定売りが出るといった感じでしょうか。このまま年末は推移していくか。現在ドル円113円台前半。どうなるか。 

年初来高値も

12/15(金)の日経平均 22553円 先週比 ‐258円。

月曜に年初来高値を付けるも、そこから4日続落。アメリカ株は依然好調。徐々に円高と、楽天が携帯参入で関連株もよくなく。後は年初来高値もあったので利益確定売りもあり。

今年も残りわずか。現在ドル円112円台。どうなるか。
    >>次へ