|
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
|
カテゴリーアーカイブ


プライバシーポリシー
<当サイトに掲載されている広告について>
 当サイトでは,第三者配信の広告サービス,Googleアドセンスを利用しています。 このような広告配信事業者はユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため,当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報「Cookie」(氏名,住所,メール アドレス,電話番号は含まれません)を使用することがあります。またGoogleアドセンスに関して,このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。


<当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて>
 当サイトでは,Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており,個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますのでお使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して詳しくはこちら,またはこちらクリックしてください。

2020年06月03日

オークションの説明文を読まない入札者や落札者が多い

auction_sad.jpg

1.はじめに
 以前もなにかの話題のついでに書いたような気がするが,最近,オークションの説明を読まない人が非常に多くなってるように思う,先日ノートパソコンを手に入れようとヤフオクをいろいろ探しまわったところ,程度の良い商品を出品してるショップを見つけたのだが,悪い評価がいくつかある


2.落札者に問題有り
 とにかく商品が気に入ったので,入札する前に悪い評価の内容を覗いてみたのだが,なんとまあ,あきれるような落札者がいることにビックリ,商品説明に「電源が入らないジャンク品です」「部品取り等にご利用ください」「ノークレーム・ノーリターンでお願いします」と書いてあるのだが

 その商品を落札した落札者が「非常に悪い」の評価を付けていて,コメントの内容が「液晶も映らない粗悪品でした,最低の出品者です!」と切れてるわけ,電源が入らないパソコンの液晶画面が映るわけないでしょうに,この落札者は,そもそもジャンクの意味がわかってないのかもしれない

 同じ出品者の別な「非常に悪い」を見たら,落札者が「購入後のサポートが全然ダメです」ってコメントしてるんだが,この出品者の商品説明には,1行目に「購入後の使用方法に関する相談,セットアップやメモリ増設等のサポートは一切行いません」って書いてあるんだよ,でかいフォントで


3.出品者の方も大変だ
 以前は,こういうパソコンとかの扱いがややこしい商品の中古を,オークションで手に入れるような人は,それなりのスキルのある人がほとんどだったのだが,オークションが一般化してから,そういう知識が乏しい人達も,安く手に入れられると言うことで,参加が増えてきてるのが現状だろう

 出品側も防衛のためいろいろ対策してるワケだが,先のノートパソコンを探す段階で他の出品者のページもいろいろ見たけど,みなさん全般的に説明文が長くなってるように思う,とある出品者は商品説明が終わった下段に「注意事項:入札・落札時は以下をご了解したものといたします」

 という注意書きが有るんだが,ちょっと長いのでツールで文字数をカウントしてみたら,これがなんと約3,000文字ちょっと有るわけ,スゴイです,400字詰め原稿用紙8枚分,こんなに長いと逆に読んでもらえないんじゃないかと思うが,トラブル防止というかトラブル時の自衛手段なんだろう


4.私のトラブル体験
 パソコンを自作していたころは,時々,性能を上げるためとか,調子が悪くなってきたとかで,パーツを交換することが多かった,外した古い部品はヤフオクで処分していたが,知識の無い人が落札して面倒なことになったり,こちらにミスは無いのに返金することになったりしたことが数回ある

 BIOSの設定もできないような人がマザーボード落札したり,使ってるパソコンのOSに対応したドライバーをネットからダウンロードしてセットアップできなような人がプリンター落札したりとか,こちらが「使用してるOSは何ですか?」って聞いても「それって,なんですか?」ってな人もいたし

 以前,ノートパソコン譲った人がおじいさんで,いろいろ質問してくるんだが,取引メッセージの往復ではまだるっこしいので,電話でやりとり始めたら,早朝だろうが深夜だろうが電話がかかってくるようになって閉口したことがある,で,最近はその手の商品はほとんど出品しないことにしている
  
 
5.常識のない入札者への対応
 説明文をよく読まない人が増えてきているのは間違いないが,最近はちょっとおかしな要求をしてくる落札者も増えてるように思う,高さが1mを超えるような鉢植え植物を,落札した後で「第4種郵便での発送希望です,その方が送料安くなるので」なんて連絡が来たりする,対応不可能ですって

 まあ,そういう無茶な要求をしてくるような方々は,過去の取引でほとんどの場合トラブルを起こしてるから,マイナス評価を受けてる場合が多い,そういう方が入札してきた場合は,評価のやりとり等から判断して,状況次第では入札の取り消しで対応しているが,それでも万全という訳では無い


6.おわりに
 ということで,以前はよかれと思って商品説明や取引条件等をこと細かに記載していたのだが,読まれない説明は意味が無いと判断して,最近の出品では説明文は要素を絞ってできるだけ少なくするように心がけている,しかし,この問題,取り扱う商品にもよりけりだが,なかなか難しい所がある



2019年09月04日

オークションの「送料無料」は入札増に効果があるか?

送料無料.JPG

1.はじめに
 オークション(ヤフオク)をやってるのだが,最近は発送方法に関しては,ほとんどゆうパック(おてがる版)を利用している,出品物のサイズが100サイズとか120サイズとか大きい物は,送料がかなり高くなってしまうので,多少送料が安くなる送料出品者負担の出品を試してみた


2.送料無料での出品
 私の例だが,送料は落札者負担で,開始価格500円で出品すれば,だいたいいつも3,000円前後で落札される商品がある,梱包サイズは120サイズの場合,東京から大阪に送るとして,おてがる版の通常送料は1,390円かかる,これが出品者負担の送料は1,000円となり,ちょとだけ安くなる  

 普通に考えれば送料無料なら落札者は送料を390円得することになる,ということで通常は500円の開始価格にするところを,出品者負担の場合の送料1,000円を上乗せして,開始価格を1,500円で出品してみた,実質的な商品価格は,同じ500円なのだが,これが落札者には嫌われてしまう


3.送料無料の認識
 オークションやってる人は,よほどの変人でも無い限り,目的の品を安く手に入れたいという人がほとんどだろう,商品を検索したら,価格順でソートして安い出品物から見ていく,この段階で500円なら見てもらえるんだろうが,1,500円ではアクセス自体してもらえない可能性がある

 実際によくわかるのがウォッチの数である,私の場合,訪問者の約10%がウォッチに入れてくれるのだが,送料込みの1,500円にすると,極端にウオッチ登録が少なくなるのである,ほとんど半分以下まで落ちてしまう,1,500円という表示価格を見て,単に「高い!」と敬遠されるのだろう


4.送料無料の勘違い
 目の前に示された数字,つまり500円という価格と,送料込みの価格1,500円を比べると,落札者は500円の方は,後で1,390円の送料を加えることになるわけで,送料込みの1,500円の方が価格的にはお得なのだが,訪問者には,そのような細かな価格構成が見えていないのである

 つまり1,500円という価格がその商品の価格と認識されてしまうのである,そういう風に認識してるから,500円の送料別の方が入札されやすくなる,この場合商品価格はあくまでも500円で,その後必要になる送料は商品価格とは別の,商品を手に入れるための必要経費と認識されてるのである

 とにかく入札しようとしてる人にとっては,目の前に見えている価格が商品の価格なのである。じゃ送料無料で開始価格を500円にすればいいじゃないかという意見が出そうだが,これは,例えばたまたま競合がおきなくて1,000円で落札された場合,出品者は何も利益が無い状態になってしまう


5.送料無料は入札増に繋がらない
 この送料無料の出品と,普通に送料を落札者が払う出品を,いくつかの商品や価格帯の違う商品で試してみたが,私の扱う商品の範囲では,一部の例外を除いて,送料無料が特に有利に作用するようなことはなかった,ウオッチ数が減ることから見れば,逆効果になっている場合も考えられる

 ということで,今後は原則としてだが,送料無料の出品はやめることにした,送料が少々安くなるから,落札者のためによかれと思って送料無料で出品しても,私の出品物の範疇ではあるが,入札参加者の増加や落札価格の向上には,あまり大きな効果はないという結論に達した


6.送料無料が有利な場合もある
 植物の種をオークションで手に入れることも多いが,このような商品は「送料込み」が絶対的に有利である,軽い品物だし,第4種郵便を使えば送料は極めて安いので,送料を負担しても出品者にとってはさほど負担にならない,こういう商品は送料無料でないものは逆に見向きもされないだろう

 この送料無料の効果に関しては,出品物の種類や競合する出品物の数や,またその商品の人気度合いや希少性などにも影響されるだろうから,ものによりけりで一概に「効果有り」とか「効果無し」と断定できない面があることは確かだが,絶対的に有利な設定では無いということだろう


7.おわりに
 まあ,なにが正解ってのは意外と難しい,というか,それが解れば苦労は無いわけで,正解なんてはじめから無いと思ってた方が良いのかもしれない,先週,多人数で競りあって,5,200円で落札された商品と同じ物が,今週は710円だったりするのがオークションの世界である(←私の実例です)







2019年06月17日

ゆうパック(おてがる版)は「郵便局留め」ができる? できない?

ゆうパック(おてがる版の郵便局留め).jpg

1.はじめに
 ゆうパック(おてがる版)は,通常のゆうパックより配送料金が多少安いし,また匿名配送という点が評価されているのか,利用してる人も多いようだが,このおてがる版と通常のゆうパックの違いをよく解ってない落札者から,たまに無理難題の注文が寄せられることがある


2.ゆうパック(おてがる版)無理な注文No.1
 最も多いのが「今度の日曜日の到着を指定してください」とか,「○月○日配達でお願いします」というような,配達日を指定をしてくる人たち,出品物の説明文にもおてがる版は配達日の指定はできませんと記載してあるのだが,こういう人たちはそもそも説明文をちゃんと読んでないのである

 別に落札者に悪気がある訳じゃないし,気持ちはわかるのだが,できないものはできないとお断りするするしかない,ただ私の都合がつけば,郵便のホームページで相手の都道府県への,ゆうパックの所用日数を調べて,こちら側で発送日を調整して,可能な範囲で対応しているのが現状である


3.ゆうパック(おてがる版)無理な注文No.2
 次に多いのが,当初「午前中」を指定していたが,仕事の都合で「19:00〜21:00」に変更して欲しいというような配達時間の変更の依頼である,これに関しては別記事にまとめてあるので,詳しくはそちらを参照して欲しいのだが,(詳細は→こちら),基本的にはこれはできません

 この配達時間の変更はできるようにした方がいいと思う,最近は単身世帯が多いから,配達時の不在が多く,再配達が大きな負担になってるとも聞く,通常のゆうパックの場合は,受け取る側で配達日も時間も変更できるんだが,利用料金が安い分は差をつけましたということだろうか


4.ゆうパック(おてがる版)無理な注文への対応策
 そういう提供されていないサービスの依頼がたびたびあるので,最近は取引ナビで最初にコチラから落札のお礼をするとともに,おてがる版は配達日の指定はできないこと,配達時間の指定は落札者側で行う必要があり,また時間変更はできないことを,まず連絡するようにしている

 それでも配達日を指定してくる人がいる,取引ナビの連絡文さえ読んでないんだろうか,以前,照明器具を出品した時,掲載写真にも電球は付いてないし,説明文にも電球は無いですと記載してあるにもかかわらず,落札者から「電球が付いてないぞ」と苦情の電話をもらったことがある


5.最近多いのが郵便局留めの依頼
 これまで郵便局留めにして欲しいという依頼はまったく無かったのだが,最近立て続けに3件もそのような依頼があった,まあ,たまたまなのだと思うが,いずれの人も,まだ取引件数が少ない初心者のようだったので,ゆうパック(おてがる版)の仕組みをよく理解してなかったんだろう

 この郵便局留めに関しては,出品者側で指定するのは無理だが,落札者が手続きすれば,郵便局留めと同様のことが可能である,これ意外と落札者だけでなく,出品者も知らない人が多いのではないだろうか,単に「郵便局留めはできません」ではなくて,以下の情報を落札者に提供すればいい


6.郵便局留めにする方法
 郵便局留めという指定では無いのだが,ゆうパック(おてがる版)が提供してる機能を使って,落札者は商品を郵便局で受け取ることができる,以下の下線部分がヤフオクのヘルプの関係部分の抜粋なので参考にしていただきたい,かなり端折っているので,詳細はヤフオクヘルプを読んでほしい

 郵便局や店舗で荷物を受け取りたい場合は,取引ナビで,ゆうパック(おてがる版)を選択したあとに「店舗で受け取る」を選択します,表示される地図上から受け取りたい郵便局やコンビニエンスストアなど店舗を選択してください,「郵便局留」としての受け取りはできません

 取引ナビでお届け先に郵便局やコンビニエンスストアの住所を入力すると,荷物を受け取れませんのでご注意ください,郵便局やコンビニエンスストアで受け取りたい場合は、必ず「店舗で受け取る」を選択してください,なお受け取り場所については郵便局の場合は簡易郵便局は除きます


7.郵便局で受け取り手続き時の注意事項
 まず,認証キー(お問い合わせ番号と認証番号)が必要である,また,届いた商品は郵便局に到着の翌日から7日以内に受け取る必要が有る,例えば,4月1日に郵便局に到着した商品は,4月8日までが受け取り可能である,もしその受け取り期間を過ぎた場合は,商品は出品者に返送されてしまう

 実際の受け取りには,郵便窓口でスマホの取引ナビ画面で,問い合わせ番号と認証番号を示して,窓口での荷物の受け取り希望を伝えるか,もしくは郵便窓口に備え付けてある「郵便局窓口受け取り確認書」に問い合わせ番号,認証番号,受け取り人の名前を記入して受け取る方法があるとのこと


8.おわりに
 直接郵便局留めが指定ができるわけではないが,落札者側が受け取り場所として郵便局を指定すれば郵便局留めと同等のことが可能と言うことである,タイトルの「ゆうパック(おてがる版)は郵便局留めができる?できない?」の問いに関しては,同等の機能が提供されているというのが答えである



2019年06月14日

ゆうパック(おてがる版)が郵便局にてサイズ間違い

ゆうパック(おてがる版)でサイズ間違い (1).JPG

1.はじめに
 ヤフオクの商品発送は,我が町の中央郵便局の郵便窓口はいつも混んでるので,ちょっと離れた所にある小さな郵便局からほとんど発送していた,最近この中央郵便局にもようやく「ゆうプリタッチ」が設置されたので,最近利用を始めたのだが,サイズ間違いに遭遇してしまった


2.郵便局にてゆうプリタッチを利用する
 この中央郵便局は,町中にあるから利用しやすいということだろうが,とにかく利用者が多くいつも混雑してる,それにも関わらず駐車場は狭い上に駐車スペースの数も少ないため,みなさん路上駐車である,しかし市内でゆうプリタッチが設置されてるのはこの郵便局だけである

 まあそういう混雑はしょうがないとして,今回は午前11時頃に,ヤフオクの商品発送に出向いた,駐車場も空いていてラッキー,荷物を持ってゆうプリタッチが設置してある場所まで行って,コードリーダーにスマホのQRコードをかざす,通常なら「ピッ」と反応音がするんだが,なんにも反応なし 


3.ゆうプリタッチのスイッチが入ってない
 コードが認識されたらすぐさまプリンターから印刷された送り状のラベルが出てくるんだが,何回やっても反応が無くダメである,装置の電源コードを見るとちゃんとコンセントに差し込んである,郵便窓口の人を呼ぼうにも,別な人の対応とかで忙しそうだし,はてどうしたものかとしばし悩む

ゆうパック(おてがる版)でサイズ間違い (2).jpg

 印刷用の装置をよくよく眺めると「通信」と「エラー」と書かれてる窓の上の方に電源マークが書かれてる四角いボタンのようなものがある(上の写真の矢印部分),さてはこれって電源スイッチがオンになってないんじゃないかと,勝手にそのボタンを押してみたら装置の起動音が鳴った


4.手続き終了後にサイズ間違いに気づく
 つまり装置本体の電源がオンになってなかったのである,いつもは電源は入ってて,スマホかざすだけだったのに,これって電源の入れ忘れ? それとも前の人が電源切っちゃったのかな? スマホをかざしたら,ピッと読み込んでくれて一安心,ラベルを取って窓口に荷物と一緒に持っていく

 窓口でお姉さんが大きさを測って操作パネルをチョンチョンとやって終了,控え伝票をもらい駐車場に向かいながら荷物サイズの部分を確認したら,実際のサイズは140のはずなのに,伝票上は160になってる,この商品は送料出品者負担で出品した物なので,このままでは300円の大損である


5.サイズ間違いを修正してもらう
 とって返したら,郵便窓口はまた別な人でふさがっていたので待つことしばし,私の番になったので「さっきの荷物のサイズ140のはずなのに160になってます」って主張したら,お姉さんはなんか怪訝な顔をして,再度計測し直して140ということになった,ここでなんらお詫びの言葉無し

 その後サイズ間違いを修正する必要が有るんだが,これが結構時間がかかるんである,ゆうパック(おてがる版)は,なにかを間違ったような場合,修正するのが非常に面倒なのである,もともとがお役所の郵便局だから,職員が間違うという概念がシステム内に組み込まれてないんだろう

 面倒ではあるが修正できるんだから,お姉さんが端末パネルを操作したり伝票を修正してるのを待ってるだけでいいんだが,混雑する郵便局なので,後ろに客がどんどん並ぶ,後ろの人は「このおっさん何を窓口に面倒かけてるんだよ」と思ってたことだろう,そういう視線を背中に感じるわけ


6.間違いやすいシステムが問題
 とりあえず140サイズになったから一安心,しかしほんとこの計測ミスは困ったモンである,私は必ず箱の大きさは自分で計測してから郵便局に持ち込むようにしているが,自分で計測せずに適当な箱に入れて持ち込んだら,100サイズなのに120サイズで料金請求されても解らないだろう

 以前も書いたがローソンから発送したら,箱の計測は郵便局に着いてから行われる,その段階で郵便局の人が,間違えたらアウトである,マイオクの配送サービス利用料詳細で確認すればいいが,ここの情報は即日反映では無いので,後日確認になり差額を取り戻すのは結構面倒な作業になると思う


7.サイズ間違いに気づいていない人もいるかも
 上記の確認作業に関しては,毎日のように複数個の商品を発送するような利用者は,それぞれ,出品した商品,箱のサイズ,利用料金等を確認するのは,相当な労力になり,失う額と確認のための手間を天秤にかけて,たぶんやらない人が多いだろう,で,私はローソンからは絶対に発送しない

 郵便局の窓口なら,今回のように渡された伝票を見て,その場でサイズ確認できるから,もし間違いがあったら,すぐに修正してもらうことができる,これまでサイズ間違いされたのは,今回含めて3回である,ほんとなんかもっと簡便で確実な利用料金の決定方法を構築して欲しいものである


8.おわりに
 ゆうプリタッチの電源の件はスイッチ入れればすむ話だが,今回のように大きなサイズに間違えられた場合,そのままだと実際に金銭的な被害を被るわけで,看過できるようなことでは無い,しかしですよ,箱の3辺の長さをメジャーで測るという極めて単純な作業を,なんでミスってしまうのだ?



2018年06月17日

苗や種子を第四種郵便で発送する場合の手順や注意点

第四種郵便(種).jpg

1.はじめに
 ヤフオクで植物の苗や種子などを出品してると,第四種郵便に対応してほしいという依頼が来たりするのだが,私は不着や紛失時のトラブルを避けるために,これまでほとんどの場合,商品の追跡が可能なレターパックなどの発送方法しか利用してこなかった


2.第四種郵便の希望が増えてきた
 厚みのある球根を1個とか2個とか落札したような場合,第4種郵便なら送料は72円とか110円なのに,レターパックプラスの場合は510円という送料になる,落札者としてはそこまでの送料は出したくないと思うだろうから,第四種郵便で発送してほしいという要望がくるのは当然だろう


3.定形外郵便が使いにくくなった
 追跡とかは不要なので,とにかく安い発送方法を希望するという人には,定形外郵便で送ったりしてきたのだが,定形外郵便の料金体系が変わって,厚さ3cmを超えると規格外ということになり,その場合,最低料金でも200円と,定形外郵便が利用しにくくなってしまった


4.送料が高くなってオークションが低迷
 おまけに,最近,宅配業者がどこもかしこも配送料金を値上げしてからというもの,送料が高くなるものはあきらかに入札件数が減ってるし,その分,競り合いも起こらず,落札金額は低下傾向にある,ここは少しでも入札増が期待できるなら,第四種郵便にも対応するしかない


5.第四種郵便の発送に関して調べる
 ということで,これまで第四種郵便に関しては,私はまったく利用したことのない発送方法なので,ネットでイロイロ情報をあさってみたんだが,この発送方法に関しては,あちこちの質問コーナーにたくさん質問が上がっていて,みなさん試行錯誤しながら利用してるようである

 なかには,どうも利用者はちゃんとしてるのに,郵便局側の対応に問題が有る例も散見され,これはちょっと心して利用しないとイケナイのではないかと身構えてしまう,そもそもこの第四種郵便をよくわかってない郵便局の職員がいるというような投稿も見かけたが,本当だろうか?


6.第四種郵便の発送に関しての注意事項
 郵便のサイトで確認すると,植物関係で利用できるのは「植物種子,苗,苗木,茎もしくは根で栽植の用に供するもの」と記載されている,この「栽植の用に供する」というのが重要で,植物の種子でも食用や動物のエサ用はダメ,またドライフラワー,切り花,手芸工作用の材料などもダメである

 つまりその送る植物の種をまいたり,苗を植え付けたりして栽培するということが条件なわけだが,これが意外とややこしく混乱の一因でもある,例えばヒマワリの種をハムスターのエサとしては送ることはできないが,花として観賞するヒマワリを育てるためと言うことにすれば送れることになる

 ほかにも注意点として「第四種郵便」とオモテに朱書きすること,また中身が見える状態で窓口に提出する必要がある,この中身が見える方法というのが,これまた難しいのだが,現物を郵便局まで持って行って,送るものを確認してもらってから封をするという方法もあるようだ

 さらに総重量は1kg以内でなければならない,なお,大きさに関しては,定形外郵便などよりかなり融通が利く,最大の長辺が60cm以下で,3辺の合計は90cm以下であること,最小の規定もあるが,こちらは「特例」もあるので,詳細は郵便のホームページ→(こちら)を参照してほしい


7.第四種郵便について郵便局で相談する
 今回初めて第四種郵便で送ろうとしてるのは,直径が4cmくらいの花の球根が8球である,第四種郵便での発送は初めてなので,いきなり窓口に持って行って,不備があって受付してもらえないとかのトラブルはゴメンだから,事前に品物や包装資材をもって直接郵便局に聞きに行った

 いつものかわいいおねえさんが2人でやってる簡易郵便局に行って「これこれしかじかの球根をこれこれしかじかの梱包で第四種郵便で発送したいのだけど」と質問したら,詳細は省くが,中が見える梱包方法や注意すべき事項について,ものすごく丁寧にアドバイスしてもらい大助かり

 この簡易郵便局のおねえさんたち,いつもにこにこ愛想がいいし,実は距離的には集荷を担当してる中央郵便局がずっと近いのだが,この中央郵便局の郵便窓口は愛想が無いこと甚だしく,無愛想に単に事務的に処理するだけ,料金同じなら愛想いい方に行くのは必然だろう,あっ,話がそれた!


8.第四種郵便の実際の発送手順
 実際にクッション封筒に球根を入れて発送する手順を以下に示すが,今回は球根なので大きめのクッション封筒を使用しているが,送るものによりけりだから,梱包方法等は,それぞれで工夫すればいいと思う,先の郵便局の話では条件さえ満たしてればかなり柔軟に対応可能とのことだった

◆発送する球根

第四種郵便− (2).jpg

◆クッション封筒の準備

第四種郵便− (3).jpg

◆第四種郵便のラベルを準備

第四種郵便− (1).jpg

◆チャック付きポリ袋に入れる

第四種郵便− (4).jpg

◆封筒に入れて一部を開けて封をする

第四種郵便− (6).jpg

◆発送用の完成した荷姿

第四種郵便− (5).jpg


9.第四種郵便を実際に郵便局に持ち込む
 第四種郵便に関しては郵便局側と内容物のことでトラブったり,持ち込んだ荷物が第四種郵便に該当するか,その解釈について延々と上部機関とやりとりしてて大変だったとかのブログ記事等をいくつも見たので,内心ヒヤヒヤだったが写真の梱包状態のものを持って行ったらすんなりOKだった

 これは,数日前に実際送る品物(球根)を持ち込んで,あれこれ相談してたから,すんなりOKだったんだろうが,中でも「中が見える梱包方法」という部分は,郵便局によって解釈に違いがあるようである,私は封筒の一部を開けて中が確認できさえすればいいと言われたので,写真の方法を取った

 なお,ちょっと裏技的な梱包方法として,球根類なんかは,ペットボトルを加工した容器に入れて,外側に宛先シール貼ったような状態でもOKですよってアドバイスされたけど,なるほどね〜,クッション封筒は100円くらいするけど,ペットボトルなら家に困るくらい溜まっててタダだしね


10.おわりに
 掘り取ったばかりの苗や球根等を送る場合,水分や泥が付着してるだろうから,それなりに配慮した梱包方法を採用するか,泥は洗い落として水気は乾燥してから発送するなど,この点は特に気を付けた方がいい,郵便局の方で「他の郵便物を汚すかもしれない」と判断されたらアウトである