<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2020年06月(1)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)
2011年05月(11)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(3)
2011年01月(4)
2010年12月(13)

2020年03月29日

質問の質で選ぶ、今後残すべきメディア







誰が、この国の真っ当な道を塞いできたのかが、
良~くわかる、空気を読めない既成メディア
金融ロボットのボロ。

経済社会の沈黙の中で、
人々が目覚めています。

虫の声を聴き
空気を読む日本人

像の歌

沈黙の春に張り巡らされた守護のネット



・・・ちょっとうるさい




・・・筆を鼻にくわえて、じっとキャンパスを見つめる
何ら人と変わりない、絵の才能を持つ像に感服する

posted by ケメ at 10:24 | Comment(0) | 新しい世界

2020年03月28日

正しく恐れる事が重要




商品券を配るってのはマスコミが流したデマでした!





生放送で実態暴露!大阪知事の心意気


諸悪の根源はテレビ新聞マスゴミ

posted by ケメ at 12:04 | Comment(0) | 革命

2020年03月27日

全世界規模の金融リセットそして量子金融システムへの移行

おかしなおかしなコロナパンデミック、
実際に何が起こっているかはわからないにしても、
アメリカでエリートやスター達の大量逮捕が始まっているのは確かなようです。



テロリストは人間が集まるところを好みます。
騒動の間は、なるべく静かに過ごしましょう。
人間たちが立ち止まった世界の静けさが、
何かを思い出させてくれています。

2019/04/10  一年前にアップされたものです。
全世界規模の金融リセットが差し迫っています。








世界は、人間だけのものではない。



posted by ケメ at 10:45 | Comment(0) | 革命

2020年03月24日

寝たきり、尿漏れ回避のための簡単な運動




尿漏れ対策運動
posted by ケメ at 22:42 | Comment(0) | 健康・美容

ヴァン・ナチュールワイン





[赤]ペドレス・ブランケス/Pedres Blanques 2018

ぺドレスブランケス・価格: 4,909円 (税込 5,400円)ハート2(われている)売り切れ

・ぺドレスブランケス.jpg





https://rocks-off.ocnk.net/page/7

ワインは、ぶどうから造られる醸造酒です。

そのワインは、工業的に造られているものが、大半で 

よく見かけるワインは、ほとんどがそういったものです。


自然派ワインというジャンルは、そうした中 

本来の素朴なワインの姿に戻す運動であり じわじわと広まっています。



かのや酒遊館
ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン
ハート2(われている)こちらも売り切れで買えませんが、名前だけ覚えておいて、
今年は早めに予約を入れといたほうがいいかな・・・。

農家の農薬による負担と低アルコール嗜好に関連した軽やかなワインへの偏向、

ナチュラルなワインを造る原点回帰が、

時代のニーズにあった飲み物として現在から未来へと

発展していくのは間違いないと思われます。


自然派ワインの定義


天然酵母(野生酵母)にて醗酵させ 

亜流酸塩(SO2)の添加を極少量、もしくは 無添加で造りきられたワイン。
(目安として 50mg/リッター以下)

本当の意味で 100%ブドウのアルコール飲料を目指す事であり

健康の為ではありません。

(結果 頭が痛くならないという事が、起きる場合もあるだけで それが、目的ではないです。)


畑が、オーガニック(ビオロジック)、ビオディナミのぶどうで

醸造行程が、一般的なワイン造りと変わらないものは

それぞれ オーガニックワイン、ビオディナミワインと呼び

自然派ワインと呼称分けするべき違いがあります。

培養酵母を使って醗酵させ 補酸や補糖をしている
オーガニックのワインは、ナチュラルとはいえません。

自然農法

何もせず 地球の治癒力だけに頼る

まさに 自然農法。 この農法をやる方は、大抵 有機肥料に懐疑的です。

知っておきたい自然派ワインの基礎知識!ヴァン・ナチュールって?ビオって?

posted by ケメ at 09:02 | Comment(0) | 農業

備蓄にマグネシウム食品

ミネラル



海藻類、種子に多く含まれる

わかめ、青さ、昆布、ゴマ、アーモンド、玄米、全粒粉、等


https://note.com/shimasho_work/n/n6725ac4f5997


人間の身体には37兆個の細胞があるという見込みだそうだ。
60兆個から37兆個に減っていた通説?





posted by ケメ at 07:51 | Comment(0) | マグネシウム

2020年03月23日

夢と想像力と少しのお金







夢と想像力と少しのお金ならある。



自然農法とは、
大地に戻さざるを得ない老廃物ならば、
その為に、最高の土壌を創りあげるための食事を
心掛けることに尽きる。

この調和と循環の下に平けく安らけく
あっけらかんとした
単純で分かりやすい、嘘をつく必要のない社会を
取り戻す時は到来した。

先に生まれて、上・かみさまなり
子孫を慈しむ親心に手を合わせて感謝する
それが道祖神であり、天を拝み日を見て
しらす親を祀る、
縄文神道の興りだろう。

この世には、
食事をとらなくても、平気で生きている聖者がいる。
生きるのは気合いだ!
空腹は健康だと喜んでいるものに餓死は来ないだろう。
餓死への恐怖が餓死を招く、
大禊として有難く現実を受け入れて、
破壊しつくしてきた大地と共に、
復活せよ!
世界中に散った緑成す民達
天津神の子孫よ・・・




今なら、夢と想像力と少しのお金で、

アナスタシアの世界を実現することが出来る。

取り合えず、自給自足の精神を
取り戻し、難局を乗り越える覚悟をしつつ、
果樹でも種でも植えてみよう。
極力雑草も抜かず、耕さず、
美味しく食べれそうな物を植えて置こう。

確かなものは、健康な大地
これさえあれば、子孫たちは生きられる

これ程迄空や大地を破壊し汚染しておいて、
この期に及んでもなお、他人や政治家のせいにして、
公園に除草剤を撒き、野菜に農薬を撒きながら、
自分の老後があると思うな、日本を駄目にした爺婆たち。

・・・と叫ぶのは、ここだけにしよう。
日々車を乗り回し、PCを使う、
私もその婆のひとりだ。



posted by ケメ at 09:08 | Comment(0) | 革命

2020年03月22日

感染が拡大した地域から輸入された製品はヒトへの感染源になり得るか?

関東に住む娘たちにマスクを送ろうと思い、
何件も探したがどこも売り切れで、入荷予定がないという。
そこで見つけたのが、紫外線(UV-C)光線を利用した消毒・殺菌・滅菌・除菌機器
マスクもハンカチも、入るものなら何でも除菌できるようだ。
これはいい!・・・とさっそくAmazonで購入。

到着に時間が掛かることで気付いた・・・中国からの輸入品だということに。




それで慌てて調べてみた。

新型コロナウイルス(COVID-19)は食品や玩具を介して伝播し得るか?

感染が拡大した地域から輸入された製品はヒトへの感染源になり得るか?
 現時点で得られている知見によると、これまでに報告された伝播経路および環境中でのコロナウイルスの安定性の低さから、食品、消費財、玩具、工具、コンピューター、衣類、靴などの輸入製品が新型コロナウイルスの感染源となる可能性は低い。



物体の表面で数時間生存する可能性がある。
温度湿度の条件が整えば、数日生存も可能。
最大5日間

発送完了となっていたので、
取り合えず、巷の混乱をよそに、
Amazonでフツーに購入できた。

イタリアや中国その他大変な国々の話は、
一体どこまで信用したらいいのか、
アメリカは戒厳令下で実は裏で社会的システムの大変革が行われている
という噂がまんざらでもない予感を誘う。

マスコミだろうとネットだろうと、何処だろうと、
自分が嫌なことを人にしない人を信用することにしている。

コロナウィルス、日本の実態



posted by ケメ at 17:03 | Comment(0) | 心と身体

2020年03月20日

安倍首相!ついに国会で『静かなる侵略』を示唆!

「なぜか報道されない!」【静かなる侵略】



世論統制を当然と考える中国とマスコミ
習近平に、日中マスコミ、野党
彼らはいったい誰に従っているのか?






マスコミが誰かさんたちから独立して、本気の報道をする日を待つより、
ネットニュースが、こうしてじわじわとマスコミを飲み込んでいく。



プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント