広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年11月15日

最も求められる高速表示の高機能レンタルサーバー

ネット探索をする人の気持ちと行動


PC写真.jpg

ブログやサイトを見ていると、趣味を生かしたお小遣い稼ぎのサイトから本格的なサイトまで、さまざまなサイトがあります。

私も、最初は、webを見るだけで十分でしたが、そのうちに自分で運用したくなって、やめたものも含めて6つのサイトを作っていました。

サイト作りを始めた頃は、インターネットの世界を全く知らない素人でしたが、今では、自分のサイトに多くの人が来て欲しいと思うようになりました。

そして、ネットサーフィンをしている人の気持ちが判るようになりました。ネットを見て楽しんでいる人は、何か面白そうな情報はないかとか、気軽な調べ事のために検索サイトなどを使ってタイトルを確認します。

web訪問者は、タイトルを見て内容を確認しようとしますが、サイトを開く待ち時間が長ければ、直ぐに別のところに行ってしまうでしょう。検索サイトには山のように記事が投稿されているからです。

つまり、自分のサイトに多くの来訪者を期待するには、サーバーの速度が速くなければなりません。


尚、この記事は無料のfanブログに投稿しています。サーバーの速度を追求するのなら、なぜ速度の速いレンタルサーバーを使って運用しないのかと言われるかもしれません。

それは、現在運用しているワードプレスの2サイトが、「自然観察」や「掃除体験」などに特化していて、この記事とは内容がそぐわないためです。


高性能なレンタルサーバーを推奨する理由


私は、webのことはまるで知りませんでしたが、A8 netのfanブログを楽しむ中でさまざまな経験をしました。

そして、今だから言えることは、趣味の世界を全うするなら無料ブログで十分だと思います。ただし、webで稼ぎたいとか、訪問者を増やしたいと希望するのなら、必要なところには費用を使って、しっかり成果を出すことだと思います。

必要なところというのは、サイトを高速化する高性能なレンタルサーバーです。

   
なお、補足するとA8 netのfanブログを否定しているわけではありません。fanブログは、私をwebの世界に導いてくれた師匠のような存在です。これからも継続したいと考えています。


レンタルサーバーに求められることとは?


レンタルサーバーが必要な理由は次のようなものです。

レンタルサーバーは本当に必要なの?


インターネット上にブログ等を公開して他の人が見られるようにするには、特定のサーバーを用意してその中に記事を保存しなければなりません。

閲覧者は、記事を読むためにサーバーにアクセスしますが、一人だけではありません、しかも24時間いつでも訪問します。

サイトやブログを公開するには、24時間サーバーを稼働させなければなりません。電気代はかかるし、強固なセキュリティーと、不特定多数の訪問者が快適に使える容量の確保が必要です。

そんなことを考えると、個人でサーバーを用意するのは無理でしょう。

レンタルサーバー会社と契約すれば、機器の準備と運用をお任せして、直ぐにWebサイトを公開することができます。

レンタルサーバーの選びかた


レンタルサーバーの運用形態には、個人利用から会社が使う高機能のものまであります。そのため、初心者がいきなり高機能のサーバーと契約するのはもったいないでしょう。

しかし、高機能サーバーも、使用する容量で値段は細分化されています。初心者はコンテンツ容量も少ないでしょうから、容量の少ないプランからはじめて必要に応じて変更するのが良いでしょう。

レンタルサーバーを選ぶ時に重視するポイントを紹介します。


ポイント



  • 高速性
    何と言っても、サイトを開く時の速度は一番に重視すべきでしょう。

  • 安定性
    どんなに閲覧速度が速くても、不安定なサイトでは閲覧者は訪問してくれません。実績があって、会社の規模が大きければ安心できます。

  • 操作性
    操作が簡単にできれば、サイト運用者はコンテンツ作成に時間を費やすことが出来ます。

  •      

    まとめ


    レンタルサーバーの選び方などを紹介してきました。これで、高性能のレンタルサーバーの重要性は理解して頂けたことでしょう。

    貴方のサイトを素晴らしいものにする大切なツールを揃えた後は、サイトの中身の充実です。お互いにコンテンツの作成に注力して成果を獲得しましょう。

2018年01月31日

ホームページ作りに最適なWP専用レンタルサーバー

 ホームページを作ろうと考え始めた時は、やりたいことが次々に浮かんできて、とても楽しいものです。

ところが実際にホームページを作っても、使い勝手が悪く、訪問してくれる人が少ないと、直ぐにモチベーションは下がってしまいます。

逆に、ホームページを作る時に、面倒なことが省けて、自分の構想どおりに進むと、やる気に火がつきます。

ホームページは、WP(ワードプレス)が主流ですが、WPを自分好みに作成するためには、それに適したレンタルサーバーとの契約が必須です。
0a3dae3989031cc2168cfcfafb123b96_s.jpg


私が考えている理想的なWPのレンタルサーバーをまとめてみました。



理想的なレンタルサーバー


 レンタルサーバーは、ホームページを始めて作る人や、webの世界に慣れ親しんだ人にも、快適に・簡単に・安全に、操作できるものがあると便利です。

そして、ホームページを開設すると、どうしても気になるのが、表示速度などの待ち時間です。これは、ホームページ作成者も閲覧者も使い勝手に影響する重要なポイントです。

理想を考えるときりがありませんが、必須環境と便利な機能を揃えているだけではなく、価格が適正であることも重要なファクターです。

以上の要素を考慮して、レンタルサーバーを探したところ、ホームページの作成と運用に快適さを追求した専用設計を施したWPレンタルサーバーが見つかりました。

次に、そのレンタルサーバーについて紹介します。
  


ホームページ作りと運用に快適設計を施したレンタルサーバー


WPに最適化した専用設計


 普通のレンタルサーバーでは、WPをインスツールしてから、表示速度を考慮した設定、安全性を高める設定などの面倒な対応が必要になります。

ところが、WPに特化した専用設計のため、面倒な設定はサーバー側で行っています。そのため、ホームページの作成や運用での支障がありません。

レンタルサーバーに申し込むと、自動でWPの設定をはじめてくれます。もちろん、バージョンアップも自動で行われますので、安心して任せられます。

そのため、ホームページ運用者は、そのコンテンツ作りに専念できます。

良いホームページが運用できると、突発的にアクセス数が増加するケースもありますが、そんな時でもレンタルサーバーは常に稼働状況を確認していて、リソースを自動的に制御するため、ホームページは安定稼働しています。(エントリープランは対象外)

また、WPに最適化して専用設計しているため、使い勝手を追求していて、現在公開しているWPサイトを別のドメインにコピーするのも、1クリックでできるようになっていて、サイトの量産化対応も可能です。

しかし、他のレンタルサーバーが良いと思っても、他サイトからの引っ越しは大変です。様々な作業(データのバックアップやインポート・エクスポート等)もしなければなりませんし、万一失敗したらどうしようと考えてしまいます。

ところが、このWPに最適化したレンタルサーバーは、引っ越しをするワードプレスサイトのURLやユーザー名等を入力するだけでプラグインがインストールされ、自動で全てやってくれます。


高速化のための機能


 このレンタルサーバーは、高速化のための施策として
@ データの保管のため、HDD(磁性体を用いた記憶装置)の2倍以上の処理速度をもつSSD(フラッシュメモリーを用いた記憶装置)を採用

A 一度表示したデータをすばやく表示するための独自のキャッシュシステムを搭載して、サイト表示の高速化を実現しています。

B 毎秒100臆ビット(10Gbps)のデータを送信できる高速ネットワークを用いていて、突発的なデータ量の増加にも対処できます。

セキュリティ機能


@ 情報の送受信はデータを暗号化(SSL)してやりとりするため、安心感は抜群ですが、独自のSSLも100円/月で利用することもできます。

A ファイルをアップロード、ダウンロードする時に、通常のFTPでは内容を読み取られてしまう心配がありますが、暗号化された通信経路を用いる方式(SFTP)を採用しているため、安全にファイルを転送することができます。

B WPの管理画面に不審なログインがあると、直ちに検知してアクセスを制限してしまいます。そのため、不正ログインに対して強力にセキュリティをサポートしています。




これ程使い勝手が良いレンタルサーバーですが、1日1回決まった時間にWPサイトを自動でバックアップするため、何らかのトラブルに対しても安心できます。

さらに、モリサワwebフォントを無料で使うことができるため、PCだけでなく、スマホやタブレットでも美しく表示させることができます。

気になるスペックと料金については、次のようになっています。


WP専用設計レンタルサーバーの機能と料金


 


 

■主な機能と料金


          エントリー   ベーシック   ビジネス
WPインストール数  5        10      30
ディスク容量    10GB       30GB    100GB
MySQL容量    512MB×5     1GB×10   2GB×30
データ転送量    15GB/日     50GB/日   200GB/日

 現在、初期費用や、一括払い(6ヶ月分、12ヶ月分、24ヶ月)のお得な料金設定のキャンペーン中です。尚、キャンペーンは本日(2018.1.31 17時まで)ですが、もともと、WP専用設計の機能は充実しているためリーズナブルな料金になっています。
また、14日間の無料お試しもできます。

このWP専用設計のレンタルサーバーの公式HPは次に示すスポンサーサイトから入れます。

 
ファン
検索
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

私は定年退職して自由な時間を過ごしています。妻からは、細かいことを言い過ぎと言われます。このためできるだけ趣味を増やして、これからの人生を夫婦仲良く過ごせるように努力している最中です。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。