2017年11月07日

水虫に打ち勝つために頼りにしている草津温泉の湯の花

 もうとっくに夏は終わったのに、足の指の間がむずがゆくなってきました。私は、足の爪が白くなる水虫の白癬菌(はくせんきん)を持っています。

もう水虫の白癬菌(はくせんきん)とは長い付き合いになります。あまり酷い症状ではないため、対処の仕方も知っています。

それにしてもかなり気候の良い今頃になって、足の指がかゆいのはちょっと腹が立ちます。

私はこれから寒くなると、湯たんぽを使うようになります。そうすると、白癬菌(はくせんきん)の症状は悪くなると思います。

今のうちに何とか退治してしまいたいと思います。但し、私の場合は退治といっても完全に治ることは期待していません。普段やっているようにメンターム等を足指周辺に塗ることで、悪化しなければ良いと考えています。

しかし、私の白癬菌(はくせんきん)との長い付き合いの中で、一度だけ完全退治に成功したことがあります。(その後、1年程で復活してしまいましたが、確かにあの時は撲滅させました)


水虫(白癬菌)の撲滅に成功した方法


 まだ、若い頃のことですが、群馬県の草津温泉に仲間と1泊旅行に行ったことがあります。(その頃は酷い水虫に悩まされていました)

草津温泉は硫黄の匂いが漂うところで、本当に温泉らしいところです。効能は、皮膚病や擦り傷に効くということが書かれていたため、ひょっとしたら水虫にも効くのではと思い、熱湯のように熱い温泉にじっと我慢して入浴しました。

その頃の私の指間は、水虫菌によってひび割れを起こすほど酷い状態でしたが、温泉に入った翌日にはジュクジュクしていた指の間の皮膚は、乾燥していて痛さも痒(かゆ)さもなくなっていました。

この温泉に暫く入れば、水虫はきっと治ると思いましたが、それは出来ないため、湯の花を買って帰りました。

買ってきた湯の花は黄色い粉末でした。これを湯船に入れると、硫黄の影響でお風呂がさびると思い、洗面器に入れてお湯を注ぐことにしました。

お風呂に入った時に、この湯の花湯を作り、足を1〜2分入れて、水虫の様子をみることにしました。(風呂から出てからは、薬類はつけていません)

その後、暫く続けましたが、水虫の症状が出なくなったため、いつの間にか止めてしまいました。

この後は、1年ぐらいは、水虫の白癬菌(はくせんきん)から、おさらばできました。


一度完治したのに再発してしまった理由


 せっかく水虫の白癬菌(はくせんきん)を撲滅(個人的にはそう思っています)したのに、再発してしまった理由は、家族が白癬菌(はくせんきん)を持っていたからだと思います。

しかし、私の足指の症状は、以前のように酷くはなりません。時々、指の周りが熱っぽくなって、むずがゆくなる程度で治まるようになっていました。

このように私の白癬菌(はくせんきん)は、草津温泉の湯の花で治ったことがあります。

あくまで個人的な感想ですが、私には市販薬よりも草津温泉の湯の花は効きました。もちろん効き目には個人差はあると思いますが、私には市販薬よりも草津温泉の湯の花は頼りになります。

スポンサーリンク

湯けむり草津の湯 群馬県草津町産の「湯の花」配合 500g【DM便不可】

価格:3,065円
(2017/11/7 12:47時点)
感想(6件)




【このカテゴリーの最新記事】
posted by iyasaretaihito at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6942096
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

私は定年退職して自由な時間を過ごしています。妻からは、細かいことを言い過ぎと言われます。このためできるだけ趣味を増やして、これからの人生を夫婦仲良く過ごせるように努力している最中です。
プロフィール