ファン
まゆみの英語 勉強法 &おすすめ!英語/英会話 教材
定番!まゆみの おすすめ 英語英会話教材
最新記事
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
写真ギャラリー

2018年12月10日

英語/英会話の勉強のおすすめ。。。

英語/英会話の学習開始に、は年齢とか、学歴などは、関係ないと確信しています。。

人間が言葉を覚えるのに才能や能力が必要であるはずがありません。

福島県いわき市在住の、私の叔母は、初めての海外旅行に備え、50歳を過ぎて英会話の勉強を始めました。

彼女はわずか数か月で、旅行英会話なら、何不自由なく使えるるようになっていました。

彼女に教材をすすめられ、私も半信半疑で勉強を始めました。

そしたら、学生時代には、英語/英会話は生理的に受け付けられず、テキストを開くことさえ嫌だった私が、今は英語/英会話が恋人のように好きになってしまいました。

英検二級をとったら会社では英米語力を活かせる職場に配置転換して頂きお給料もあげてもらったし、叔母とは今でも、電話で英語のガールズトーク。

人生が信じられないくらい楽しくなりました。

この感激を、みなさんにも味わって頂けたら、との思いで、このページをつくりました。

「英語/英会話を学びたい!」 と思った、今この瞬間が、最適なスタートラインなのです。

    
挫折することを考える必要はありません。
なぜなら、当ページで紹介している教材は、そうならないための楽しい工夫がほどこされているからです。

同じ道を歩む多くの方の意見が反映された優れた教材なのです。

当ページへお越しいただいた今、まさに今がチャンスなのです!

(管理人 まゆみ OL)

2018年01月20日

ゲーム感覚で英語を話す訓練 「YCS」




ゲーム感覚で身に付く英語スピーキング習得システム(特許申請中)


『日本語の会話のように、頭の中に瞬時に英文が浮かぶ力を身につけたい方に おすすめ』


英語教材YouCanSpeak (ユーキャンスピーク)は名称どおり、「実際の英会話の中で自分が英語を話す」力を育てる講座です。

ここでは、「パターンプラクティス」のトレーニングが出来る英語教材である、YouCanSpeak (ユーキャンスピーク)の体験評価を書いてみたいと思います。
ネットなどでの評判・口コミでは、上々の評価の「YouCanSpeak」ですが、「本当に効果が有るのかどうか?」は実際に使ってみた人しかわかりませんから。

そういった点でこの記事が参考になれば嬉しいです。



Part 1 YouCanSpeakの学習方法

画面に、ある日本語の文章が表示されます。
そして、その表示された日本語を英語の表現(言い方)に直していきます。
やってみるとわかりますが、一見日本語でみると簡単な文章ですが、正確な英語の文章に直してみると以外と難しい事に気がつきます。
例えば、前置詞が抜けた状態で直してしまったり「s」をつけなかったり「a」や「The」等の冠詞が抜けたり、細かい事ですがそういった事を忘れて英作文してしまう事も多いです。

そして、英会話にも、自然な会話のキャッチボールが必要です。
会話の際に自然と英語が口から出てこないようでは意味がありません。
話す度に「え〜っと」や「あの〜」などと口ごもっていては英会話で最も大切な「会話の流れ」がストップしてしまいます。
その為には頭で考えずとも瞬間的に英語が口から出るようなトレーニングをする必要があります。
「YouCanSpeak」でのトレーニングは、その英会話力が、どんどん身についてくるんです。

また学習レベルは「レベル1〜レベル4」に分かれているので、「ボキャブラリーの知識はあるけど英会話になるとまるっきり駄目」という方にも優しい設計です。
段階を追って学習を進めていけます。
基本的には各レッスンレベル共に使い方や学習の進め方には変わりはないのですが、レベルが高くなるにつれて文章の難易度も増してきます。


そしてこの教材の最も良いポイントとして上げられるのが、フラッシュカード的なランダムシステムがある事です。
つまり「同じ表現が定期的に間隔をあけて繰り返し出てくる」というシステムなので頭に入りやすいのです。
個人的にはこの部分が最も気に入りました。
瞬間的に英作文を作る能力をトレーニングしながら、繰り返し同じ表現に触れていく。
この方法は最も記憶の定着に良い勉強方法です。

それと学習中に流れる音声を男性の声・女性の声に切り替えられるので自分の相性の良い気に言った音声に出来る点は個人的に良いと思っています。



Part 2 学習していく上での継続性について

継続性は高いです。
(1)あえて英語の語彙は中学校レベルにしてあるので、ストレス無しに学習できる。
(2)各レッスンが細かく分かれて入るために1コマをかかる時間は比較的短くので「空いた時間を利用して少しだけ勉強する」ことも可能。
(3)現在の英語力を客観的にデータで見れて、自分の上達、進歩がわかるので、学習意欲(やる気)が増す。



Part 3 YCS (ユーキャンスピーク)のコストパフォーマンス

学習内容は 「表示された日本語を、指定秒数以内に声に出して英語で言う。」これだけです。
でも、着実、に思ったことが瞬間的に英語で言える、本当のスピーキング力が身についてきます。

「You Can Speak」は、「思った事を、頭の中で、瞬時に、英語化する。」この一点に集中して練習する、スピーキングに特化した、日本唯一の教材です。

一括払いの費用をみると少し高く感じますが、月に換算すると約2,500円程度なので一般の大手英会話教室(1レッスン2500円〜でマンツーマンの場合5000円程)に通う事を考えたら、繰り返し何度でも使えるのでコストパフォーマンス的には悪くないと思っています。



Part 4 YCSをおすすめしたい人

(1)中学校くらいまでの英文法やボキャブラリーの知識はあるが英語を話す事が苦手な方
(2)TOEICでハイスコアだが英語を話す事が苦手な方
(3)通訳者・翻訳者を目指しているような方



Part 5 YouCanSpeak の費用と各種お支払い方法です。/span>

一括払い

(購入日から2年間学び放題)
(銀行振り込み、カード決済)
¥59,800(消費税込み)
(月額換算:2,307円/日割換算:76円)


カード決済6回分割

(購入日から2年間学び放題)
¥10,500 × 6回払い(消費税込み)


カード決済12回分割

購入日から2年間学び放題)
¥5,600 × 12回払い(消費税込み)


カード決済24回分割

(購入日から3年間学び放題)
¥3,200 × 24回払い(消費税込み)

※学習成果(YCS1級を取得)があがらなければ、現金返済保証付き。

英語を話すことだけに特化した学習法。
ドクター木下のYouCanSpeak


<<<販売元HPで、無料体験開催中。




続きを読む

2017年11月24日

シン・ゴジラで散々 石原さとみの“英語”本場、外国人の評判は?

シン・ゴジラで散々 石原さとみの“英語”外国人の評判は?

 映画「シン・ゴジラ」は大ヒットしているが、日系アメリカ人役を演じた石原さとみの英語力は酷評されている。
ネットを中心に「英語のセリフは外国人に吹き替えてもらった方がよかったんじゃね」
「聞いていて恥ずかしくなった」
「日本語のセリフにわざとらしく英語を交ぜてくる感じで、ルー大柴みたい」
と散々だ。
英語ネーティブの設定には無理があるということらしい。そこで、都内で英語を母語とする外国人に話を聞くと、意外な答えが返ってきた。
コンサル企業に勤めるカナダ人男性(来日1年)は、「発音がおかしいと思うシーンはありませんでした」として、こう言う。

「そもそも英語の発音に対して『ネーティブ』の基準は曖昧です。
例えば、アメリカ英語とイギリス英語では、発音やイントネーションが異なります。
カナダでは、英語のほかフランス語や中国語を使う人も多く、それぞれの民族で英語のイントネーションが少しずつ違う。
発音がネーティブかどうかではなく、みんな、伝わればいいという感覚です」

“英語弱者”の日本人ほど、英語のネーティブ感にこだわり過ぎているという。
英会話教師の米国人女性(来日5年)も同調する。

「石原さんの英語は自然でした。
『完全に米国人の英語か』といわれると、少し違います。
でもそれは、日本語でいうなら、“標準語と違ってなまりがあるかな”くらいのこと。
日本人は細かい発音を気にし過ぎ。そういうことを気にしなくなれば、本当はもっと話せるはずです」

■ルー大柴的な発音は正解

 では、どうやって発音すればいいか。英会話教師のポイントは3つだ。

@大きな声で単語をつなげて話す

 ネット住民は袋叩きにしたが、これぞ外国人が自然に聞こえたツボ。
「小さな声だと抑揚がなくなり聞きづらいので、大きな声で『聞いてください』とアピールするのです。
単語を切らずに、なるべくつなげて発音すると、相手に伝わりやすくなります」

A動詞の部分を強く発音する

 抑揚のつけ方は、法則がある。

「『I』や『You』などの主語を軽く発音し、次の動詞をしっかり発音すればいいのです。
『don’t)』などの否定の単語が入るときは、動詞より否定の言葉を強くします」

B「○ット」系で言葉をつなげる練習を

 例えば、get、putをカタカナで書くと、「ゲット」「プット」となるが……。
「小さい『ッ』は無視して発音せず、語尾の『t』を弱く発音しながら次の単語へつなげるイメージです」

「get out」なら「ゲダウ」→「ゲラウ」、「put it」なら「プディット」→「プリット」など。ラッパーがチェケラーと歌っていたように軽い気持ちで単語をつなげて話せばいい。

「長い文章を作ろうと考えて間を空けるより、頭に浮かんだ単語を短くつなげて堂々と話した方が手っ取り早く通じます。堂々と勢いよくです」

 ということは、ルー大柴的な発音は正解。
エクスペリエンス(体験)しながらグローイングアップ(成長)していけばいいのだ。

2017年10月23日

本屋さんのCD付きの英会話雑誌で、英語通信教材と同じ事が出来ないか?


本屋さんのCD付きの英語/英会話雑誌で同じ勉強が出来ないか?
   



通信講座の英語の勉強は、料金が結構な金額なので、本屋さんで売っているCD付きの英会話雑誌や、NHKの英会話教育番組で同じ事が出来ないかとお考えのかたも、たくさんいらっしゃいます。

しかし、この勉強方法は、途中リタイヤの危険が大きいです。

いくら、無料とか低額で済んでも、途中で挫折したのでは、それまでに要した時間と労力が、大変もったいないことになります。

それで、アルクの「1000時間ヒアリングマラソン」例にお話しますと、

1000時間ヒアリングマラソンは、さすがに、百万人突破の人気教材だけあって、興味深く、楽しく勉強できるように、さまざまな工夫がされているんです。

学習の進め方も、テキストで親切に案内してくれるので安心です。

いくら低額で済んでも、途中で挫折したのでは、それまでに要した時間と労力が、大変もったいないことになります。

1000時間ヒアリングマラソン、要するに、1000時間分の教材とテキストで聞き込んでリスニングを中心とした英語力を高めるというものですが、質問されているように、他の教材で十分に代替可能です用は、1枚せいぜい1時間20分未満のCDと原稿、それに説明を1000時間分作成するとなると、発行部数の少ないヒアリングマラソンであれば、正規評価額の10倍以上の価格を提示して売らなければビジネスにならないのは確かです

学習法は提示された質問文でほぼ理想的なことを行っています
分からない部分で止めて辞書で確認し、それをリスト化する、そして覚える、それで十分です。

常識的に考えれば一気に1000時間の英語教材を聞き込むことは不可能で、働いている人であれば1日せいぜい1時間か2時間でしょう。
もし、それを行うのであれば、確実に無料で行えるのはNHKのインターネットニュースでしょう。

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/index.html

1日の放送時間総数は1時間もないものの、止めて調べるという作業を繰り返せば1000時間マラソンの1時間分以上に相当します。
これを毎日続けることが出来れば、無料でヒアリングマラソンと同等あるいはそれ以上の効果が得られることでしょう。
むしろ1000時間という莫大な教材を買って途中で辞めれば大金がドブにいくことになり、スピー○ラーニングの購買者のうち、効果が出なかった99%の人の大半がそのケースとなります。

さて、CNNや映画、海外ドラマについては、趣味や娯楽としての楽しみを込めて学ぶというスタンスであれば構いませんが、単純に英語を伸ばすという目的の場合は、あまり推奨でき ません。
特有の言い回しや固有名詞が多すぎて、自然に理解するには効率が悪すぎるからです
またCNNやBBCも日本のニュースではないので、実感が伴わずに、内容がよく呑み込めません。
NHKを推奨するのは日本が出しているニュースであり、話題が身辺のことに関係してくるためです。

なお、映画を使用する場合は、日本語字幕は出さず、英語字幕を出します。
分からないところがあればそこで止めて、調べて次に進めと言うことです。

でも、

やはり、私自身の経験から言っても、途中での挫折の危険性が高くて、あまりお勧めできません

2017年08月01日

快適な、英語/英会話学習ライフのために。。。

 (1)厳しい計画を立てない。ゆとりを持たせる。
 私も経験が有りますが、「英語を勉強しよう!」と思い立った時に、どうしても張り切ってしまって、「早くマスターしちゃおう。」ということで、 スケジュールが厳しくなりがちです。
これが途中リタイヤの大きな原因になってしまうんです。
誰だって、途中に一週間くらいは投げ出してしまう時がきます。それでも対応できる ように、ゆとりを持った (2)最適な教材を選ぶ。
 快適な、英語/英会話学習には、「教材選び」が、とても大切です。
これも私自身 苦い経験があります。
必要以上にハイレベルな教材を購入してしまったり、「安上がりにしよう。」という理由で、テレビの英語/英会話講座に挑戦して、結局は挫折してしまいました。
なるべく、ご自分の目的や、今のレベルに合った英語教材を選ぶべきだと思います。

下に当ページでお取扱いの英語/英会話教材の性格をまとめてみました。


「 最適 」は、そのコンテンツの学習に最高にマッチ
「 OK 」は、教材が、そのコンテンツの学習に対応



スピークナチュラル (英語レベル:::英会話学習計画を立てましょう。

の初心者対応 )

ヒアリング 最適 スピーキング OK



30日間英語脳育成プログラム ( 英語レベル:::ヒアリング学習の初級、中級 選択)
ヒアリング 最適 スピーキング OK


1000時間ヒアリングマラソン ( 英語レベル:::中級から対応)
ヒアリング 最適  スピーキング OK 読み書き OK

YouCanSpeak(英語レベル:::スピーキング学習の初級から中級まで対応)
スピーキング 最適 ヒアリング OK
--------------------------------------------------------------

女 性 限 定 マンツーマン英会話(英語レベル:::初級から対応)
ヒアリング 最適   スピーキング  最適



駅前留学のNOVA(英語レベル:::初級から対応)
ヒアリング 最適   スピーキング  最適
---------------------------------------------------------


ゼロからの英語やり直し教室(英語レベル:::初級)
英語の読み書き、英文法 最適



 

2017年02月14日

スピークナチュラル




英会話教材はスピークナチュラル



『短期間に、英会話力(聴き取る、話す)をアップさせたい英語学習初心者におすすめ』
『英会話学習初心者の方に 最適おすすめ教材』

(1)英語講座スピークナチュラルとは

日本人の英語学習者が最も苦手なのは、「実際の英会話で、英語を話すこと」です。
学校で何年間も英語を勉強して、英文の読み書きは得意な人にもいえます。
スピークナチュラルは日本人の英語学習者が最も苦手としている「英語を話すスキル」=「スピーキング(英作文力含む)」に焦点をあてた英語教材です。

ゆっくりしたスピードの英語を聞いて、自然と口から英語が出てくるようにする為のトレーニングを行います。

流れてきた音声を真似て実際に口から出してみる、会話のレスポンスを出来るだけ早く出来るようにする。そういった事に重点が置かれています。

基本はCDを聞き、それにあわせて発音、英会話のフレーズを覚えていくという内容です。

CDの英語の話ですが、ナレーター(日本人です)の話す英語はとてもゆっくり。

How is your work? →仕事はどうですか?→How / is / your / work?

という具合に、単語を1つ1つ、丁寧に発音してもらえます。
これなら、英語が苦手な方でも、安心して英語を聞き取ることができるので安心。
初心者の方に評判の良い教材ですが、たしかに納得。



(2)実用的な英会話が身につく

スピークナチュラルでは、収録されている英語が、実用的なんです。
自己紹介、食事など、場面ごとの英会話を覚えることができます。
ですので、英語教材 スピーキング部門 「留学経験者満足度」で最優秀賞を受賞したことにも納得です。

CDで英語を聴いてそれを話してみる、そんなシンプルなトレーニングをやり続けていると、ジワジワ、英語が「パ

ッ」と口から出てくるようになってきます。

スピークナチュラルで練習できることはシンプルですが、シンプルだからこそ、使いやすく、練習したことが身につきやすいのかもしれません。

まさに「英語を話す事をメインに作れている教材」なので、難しい文法や文章などはありません。
教材中に使われている例文は実用的ですが、簡単なものが多く、英語学習初級者の方には非常にとっつきやすく作られています。
そして、日本人ナレーターによる、ゆっくりしたスピードの英語。

ですので、英語講座スピークナチュラルは、継続して学習を続ける事が出来るし、「シンプルだけど確実に効果があがる教材」です。

(3)こんな方に、おすすめ

「英会話学習の初心者」
「英語の読み書きはできるが、他の英語CDを聞いても全く聴き取れない」
「留学や海外旅行で、急遽、日常英会話を学びたい」



 

2017年01月22日

30日間英語脳育成プログラム




30日間英語脳育成プログラム


『短期間で、ヒアリングと、スピーキング力のアップを目指す英語初級、中級の方に おすすめ』

30日間で実力が伸びるとウワサの英会話教材を体験。その効果は・・・!?


Part 1「30日間英語脳育成プログラム」とは
今回 体験したのは30日間英語脳プログラムの「中級脱出セット」です。
英語レベルで言えば英検4級から準2級ほどの内容です。

1日1話ずつ、リスニング&シャドウイング(声に出して復唱)の学習で、勉強時間はそれほど多くないです。
30分もあれば、2〜3回は通してできるのではないでしょうか。

英語の流れるスピードは、容赦ない(?)ナチュラルスピードです。
サクサク英語が流れるので、初心者の方の場合、最初は何を言っているのか分からないでしょう。
そこは気にせず、プログラムの指示の通り、何度も英語を聞いていると、自然にキャッチできるようになります。
インストラクションでは何度も聞くように指示が出ますのでそれにしたがって練習、カリキュラムをこなしていきます。
30日間英語脳育成プログラムに収録されている英文は比較的かんたんなものや会話が中心。

英語のスピードはとても速く感じますが、日常会話で使う表現が多いし、単語や語彙も易しいものが使われているので、聴いていてストレスは、あまり感じません。

1回英文を聞く時間は2分あるかないかの内容が多かったので、英語が苦手な初心者の方でも、楽しく続けられる教材です。


Part 2 プログラムの効果

プログラムの指定どおり、30日間英語脳育成プログラムで何度もナチュラルスピードの高速英会話を聴いていると、不思議ですが聴けば聴くほど英語に慣れてきます。
最初は、頭の中で会話を追っかけるのがやっとですが、次第に、単語の1つ1つを、スムーズに聞き取れるようになりました。
確かに効果はあったと思います。

30日間英語脳育成プログラムのスピードに慣れておくと、外国映画や、英語のニュースなどを使ってのさらなる訓練も可能になりそうです。。



Part 3 30日間英語脳育成プログラムのカリキュラム

以下、レッスンの流れをご紹介します。

STEP1:大まかなストーリーを確認。

STEP2:音声を聴きます。
何を言っているのか分かりませんが、指示通り、何度もリスニングします。

STEP3:英語のテキストが出てくるので、聴き取れない部分を確認します。

STEP4:テキストに日本語訳が出てきます。このとき、返り読みせず、語順のまま理解していくことを意識します。
ポイントは、語順のまま理解することです。

STEP5:テキストを見ながらリスニング。
今度は会話の内容がおおよそ理解できていると思うので、前より会話の聞き取りがラクになっているはずです。

STEP6:何も見ずにリスニング。

STEP7:テキストを見ながら自分で音読します

STEP8:シャドウイング(テキストを見ないでの復唱)


Part 4 プログラムの進め方

練習は、各STEPごとに、アドバイスが表示されます。この指示に従って、プログラムを進めていきます。
30日間英語脳育成プログラムでは、各STEPごとに、同じ英文を、方法を変えて何度も聞くことができます。これは、かなり効果的なリピート学習です。
ここまで同じ英文を何度も繰り返し聴く&話すを繰り返していれば、だんだんと耳と口が慣れてきます。
30日間英語脳育成プログラムを使う場合は、1日1回1時間以上、集中して取り組むことで、より質の高い学習効果が期待できると思いました。
注目したいのは、STEP4にある聴順直脳訳。これは、英文の下に日本語訳が表示されているパートです。例えば、こんな具合です。

Getting up late is not good for health.
起きること→遅く→ 〜ないです(否定)→良い→健康に


これは、英語を聴いた順番に理解する方法で、外国人なら、みんな自然にやっていることなんです。
英会話はもちろん、リーディングでも役に立つ方法です。
最初は違和感があるかもしれませんが、この方法で英語を理解していくうちに、英語を和訳せずとも英語のまま理解できるようになります。
こうなれば、面白いようにヒアリング力がアップしていきます。

30日間英語脳育成プログラムは下記公式ホームページで無料試聴できます。
ぜひ一度、お試しされることをおすすめします。

30日間英語脳育成プログラム






続きを読む

エブリデイイングリッシュ(EE)

セイン カミューさんのCMでお馴染みの「エブリデイイングリッシュ」は、6年連続売り上げNo.1の英会話教材です。

でも,私個人的には、おすすめ出来ません。 

「エブリデイイングリッシュ」は、聞き流すだけで、「英語が聞き取れるようになる。」「英会話ができるようになる。」と宣伝されています。

でも、「聞き流すだけで」効果はでません。それだけで英語堪能になれば、とっくに文科省が学校教育に導入しています。
この商品で、英語力がついた人は「聞き流し」ではなく、文の構造を理解し、意味を理解し、解らないところを勉強し、かつ声に出して練習した人です。
商法違反となって裁判おこされてもおかしくないです。「聞き流すだけ」と宣伝しているのが問題です。
私はエブリデイイングリッシュ1の方を購入したことがあるのですが、CDを3回聞きました。
私個人に関しては、話せるようにはなりませんでした。
ちなみに、私は、ある程度有名大学も出ていますので、文法とか語彙は、普通の人よりはスタートラインは高い方だと思っています。



 

2017年01月20日

120万人が学習の英語教材「1000時間ヒアリングマラソン」


『1ランク上のヒアリング力を目指す方に おすすめ』

 
学習対象者: 中級者〜  
学習の内容: リスニング
費用    : 一般価格 53,784円
無料体験 : 公式ホームページ上で可能



Part 1 千時間ヒアリングマラソンとは?

(1)毎日リスニングのトレーニングに3時間を費やします。
それを1年間続けるのです。そうすると1年間で 1000時間 に到達します。
1000時間英語を聞き続けて、はじめてリスニング力の上達について語ることができます。

ほとんどの英語学習者が目標を成し遂げることなく挫折していく理由は、英語能力の問題では無くて、必要な英語量を聞く前に諦めてしまうからです。


この教材は、あなたに1000時間英語を聞くことを課してきます。
そして、そこまでやりきって、リスニング力アップが実感できます。
はっきり申し上げて、かなり大変でしょうが、その代わり、1年後のあなたに、大きな成長をもたらせてくれる教材であることは間違いありません。


(2)英語のリスニング力をつけるには、最低限の「量」を聞く必要があります
あなたが生まれ持っての、言語を聞き取ることができる余程の特別な才能がない限り、英語を大量に聞くという行為は、英語学習者にとって、英語リスニングを上達させるための必要最低限の条件となります。
別の言い方をすれば、 リスニングを真剣に上達させたければ、「量」をこなすことは絶対に避けて通れないということです。

英語を沢山聞くこと。これを「多聴」といいます。
とにかく沢山の量の英語を聞いて「英語の音に慣れる」ことと、「英語のリズム感を体に染み込ませる」ことが大事です。
しかし大事だといっても、内容がつまらなかったら、沢山聞くなんていっても、苦痛を通り越して地獄です。そうですよね? 
その結果どうなってしまうか?
学習が継続が出来なくなって英語の勉強をを止めてしまいます。
それでは、何の意味もありません。英語は継続しなければ、ものにはなりません。
特にリスニングはそうです。

アルク・ヒアリングマラソンの優れている点は、 学習者のモチベーションを落とさないように、常に最新のニュースや映画情報、著名人のインタビューなど興味深い内容の英語を毎月提供してくれるところです。
これであれば、途中で飽きたり、モチベーションが下がったりを避けることが可能です。
もちろん、最後は本人次第ですが、こういった配慮により学習の継続がしやすくなっています。




(3)そして、英語の内容の詳細を聞き取る「清聴」

はじめは、「多聴」とう方法で、話されている英語の概要を理解できるようにする。
次に、「清聴」によって話の具体的な内容まで理解する。

この2つのリスニング・トレーニングを組み合わせることにより、あなたの聞き取り能力をどんどんと上達させていくのです。
最初は「多聴」に重点をおいていいと思います。
そして、段々と「清聴」のウエイトも増していく。
そいうった流れでリスニング力を鍛えていってください。

私の経験からいっても、特に「清聴」によって、リスニングは間違いなく上達します。



(4)120万人突破の人気教材〜楽しく勉強できるように、さまざまな工夫が。

本教材の歴史は約30年、受講生の累計は120万人を超えています。
日本で最も支持を受け続けている英語通信講座といっていいでしょう。
毎月の新鮮な情報と、受講者をあきさせないように考えられた質の高い内容が、これだけの実績と評判を作っているんだと思います。
そうでなければ誰が1000時間も聴き続けることができるでしょうか。
教材は、かなりのボリュームなので、案内通り、一日3時間の勉強時間は必要になります。
最初は心配でしたが、今は、通勤電車でも聞いたり、ゲームの時間を減らすことで、確保できています。

もう一つの心配は、内容の難しさだったんですが、この点も取り越し苦労でした。
さすがに、120万人突破の人気教材だけあって、興味深く、楽しく勉強できるように、さまざまな工夫がされていたんです。

学習の進め方も、テキストで親切に案内してくれるので安心です。




Part 2 比較教材

(1)広く知られている「エブリデイイングリッシュ」、「スピークナチュラル」は、1つ、2つの英語センテンスを聞くだけですので、本当の意味での英語リスニング力を鍛える内容ではありません。

ここで「本当の意味での」というのは、2つ以上の英文を聞いて理解する力や、長い英語を聞き続けるスタミナ力、といったことを指します。
そういった力は残念ながらこれらの教材からは期待はできません。

YouCanSpeak 」も、短文のセンテンスに対する反応力を鍛えていく教材なので、ちょっと違います。

最高のライバル教材は、「30日間英語脳育成プログラム」です。
こちらも、なかなかの工夫がされていますし、初級コースと中級コースから選べるうえに、スピーキングの練習もできます。
ただし、長い英語を聞き続けるスタミナ力や、あらゆるジャンルの英語への対応力では、千時間ヒアリングマラソンが優っています。

(2)アルクのほかの通信講座との比較です。

アルクには様々な種類の通信講座がありますが、リスニング専用の教材としては他に2つのヒアリングマラソンシリーズがあります。
ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo!<キクゾー!>」と「ヒアリングマラソン 中級コース
」です。
ベーシックkikuzo!は、TOEIC300〜500点位のレベルの人、ヒアリングマラソン中級コースは、TOEIC450〜700点位の人が対象となります(1000時間ヒアリングマラソンは、TOEIC550点〜800点台位迄が対象です)。

また、英語上級レベルに達していて、でもリスニングは実は苦手、という人こそは、1000時間ヒアリングマラソンに是非ともチャレンジして欲しいと思います。


まずは、1000時間ヒアリングマラソンがどんな教材が確認してみる、

⇒ アルク・1000時間ヒアリングマラソンの公式ホームページ

千時間ヒアリングマラソンは上記の公式HP上で無料体験が可能です。
実際に体験して、あなたに合った教材かを是非確かめてみてください。




Part 3 教材情報


アルクより毎月リスニング教材が届きます。学習量は1年間で1000時間のヒアリング。
教材の内容は以下の【教材構成】参照下さい。


【教材構成】

 ●コースガイド(1冊)
 ●マンスリーテキスト(12冊=毎月1冊)
 ●マンスリーCD(12枚=毎月1枚)
 ●English Journal本誌(12冊=毎月1冊)
 ●English Journal CD(12枚=毎月1枚)
 ●ヒアリングテストHEMHET
   (12回=毎月1回)
 ●終了証


【費用】

 ●一般価格 53784円 (12ヶ月)
 ●会員価格 48406円 (同上)
 

【お支払い方法】

 ●クレジットカード ●郵便振込 ●コンビニ振込 ●分割ローン





 
検索
タグクラウド
最新コメント
まゆみの英語英会話(Q15)I'm finding a place to eat. は「食事する場所を探しています」で通じますか? by van cleef arpels alhambra collana cuore imitazione (11/15)
本当の優良英語/英会話教材LIST by シャネル時計 限定 iphone (09/23)
ソニー、リストラの実態 取引先まで使い社員を退職へ(まゆみの英語教材) by montre femme pas cher (10/10)
プロフィール
英会話教材おすすめまゆみさんの画像
英会話教材おすすめまゆみ
ブログ
プロフィール
RDF Site Summary