広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年01月26日

英語をスマートに話すための文法書「英文法使いこなしルールブック」がちょっと普通じゃない件

1905eb1b45ef85dd3fca835d2be77d51_s.jpg

こんにちは、不安をFunに変える、英会話向上隊、はなりです。
英語が出来る女性の収入は約4割高いと言われています。
正社員を目指すより、英語で収入アップを目指しませんか?
ここでは英会話力を身に着けるための、勉強法や、おすすめ参考書を紹介しています。

ワンランク上の英語をスマートに話すための文法書

今日は、ワンランク上の、話すための文法書です。

基本から実践まで英文法使いこなしルールブック / 四軒家忍 【本】




位置付けとしては、「2回目に読む文法書」
一通り英文法を学習した人が、 より英会話の中で文法を使いこなすための文法書 です。


ある程度英語が話せるが、単一な文ばかり繰り返してしまう。
複雑な内容を話そうとすると、文章が崩れてしまう。



そういった人がより精度の高い英語を話すための文法書です。


徹底的に会話(もしくはライティング)を意識した文法書のため、構成や、内容も普通の
文法書とはちょっと違います。

20170125_194626A.jpg


構成

CHAPTER 1 語順を意識して文を作る

CHAPTER 2 時制を意識して文を作る

CHAPTER 3 名詞表現を使って文の種類を増やす

CHAPTER 4 句を節にして詳しい説明にする

CHAPTER 5 前の文を受けて、新しい文を作る

CHAPTER 6 「比喩や条件・仮定・回想」で深い話をする

CHAPTER 7 節から句に転換して、短く締まった表現にする

CHAPTER 8 さまざまな否定の方法でニュアンスを細かく変える

CHAPTER 9 さまざまな形式で質問をする

CHAPTER 10 数字を使って具体的に表現する


各項目、文法説明のほかに、英会話のための、文章組み立てトレーニングもあります。
ちょっと難しいなと感じるレベルの問題です。
中級〜上級者向けという印象です。

20170125_194551A.jpg
↑厚さ約1.8cm。じっくり時間をかけて。


感想

文法を根本から理解するための文法書なので、例えば時制や分詞構文といった、ちょっと苦手としているポイントも、使いこなし方、使い分けルールがはっきりします。


今まで曖昧に覚えていたところまで突っ込んで明確にしていくので、正直、若干難しいです。
しかし、分かっているのと分かっていないのでは、英語の完成度が大きく違ってくると思います。


私は通訳訓練を受けているのですが、普段訳す文章がやや固く、難解なものも多いので、
今の文法レベルでは限界を感じていました。
まだ、使いこなせるほどにはなっていないので、もう少しこの文法書とも付き合って
いこうと思っています。


日常英会話向けというより、ビジネス英語向けな文法書です。

既に仕事で英語を使っているけれど、ちょっと幼稚な英語から脱却したい、そんな時に
活用してみてはいかがでしょうか。


【送料無料】 基本から実践まで英文法使いこなしルールブック / 四軒家忍 【本】








検索
記事ランキング
  1. 1. オンライン英会話の実態!良い先生、イマイチ先生とは?
  2. 2. 無料なのにここまで使える!おすすめ英語翻訳ツール「ヤラクゼン」を使い倒す方法☆
  3. 3. もうカンに頼らない!4か月でTOEIC700点突破!アルクの「完全攻略700点コース」
  4. 4. 初めてのオンライン英会話なら日本人講師による安心のレッスン「スモールワールド」がおススメなワケ
  5. 5. 【オンライン英会話比較】4分の1の時間で英語を学べる方法?カランメソッドとは??
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
はなりさんの画像
はなり
そもそも始まりは先生の一言でした。 英語で大学行くのは無理。 そう、高校時代、私の英語の成績は学年ビリ。 無理宣告から数年後、私はあるメーカーの海外営業として、年10回ほど海外出張へ行く生活に。 行先はヨーロッパやアジアなどさまざまでした。 しかし、3年前、国内営業へと異動となり、英語を全く使わない生活に。 やっぱり英語で仕事がしたい! その思いを胸に、2016年起業し、また、プロ通訳目指して勉強しています。 英語を武器に世界と勝負する! はなりの挑戦はまだまだ続く。
ブログ
プロフィール
人気ブログランキングへ にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログへ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。