2017年12月06日

秋を探して イバライド


ここに秋はあるか。

今回はイバライドにやって来た。

ここは以前、「ポテロンの森」と呼ばれていた。

今は「こもれび森のイバライド」と

呼ばれている。

ここは、「さわる。つくる。あそぶ。たべる。」を

基本としているので、

ただ観光としてだけ訪れると、

何か物足らない。

訪れた日は平日だったので、

駐車場はガラガラである。

その前に、

駐車場の入り口が分からず、

通り過ぎてしまった。

道路から中を見ると人影もなく、

建物の中にも人がいない。

はて今日は休みか

と思ったほどである。

来た道をゆっくり戻ってゆくと

入り口ゲート付近に車が

何台か止まっている。

これで定休日ではないことが分かった。

しばらく道を戻ると

入り口の看板に気が付いた。


IMG_7041b.JPG



入り口ゲート付近は、

こんな感じである。

誰も、

いない。


IMG_6975b.JPG



ここはゲートをくぐって奥の方面。

紅葉は、してるようだ。


IMG_6976b.JPG


IMG_6977b.JPG


IMG_6978b.JPG


IMG_6979b.JPG



とにかく、

人がいない。

右手の方にバーベキュー広場があって、

どこかの団体が賑やかに

楽しんでいた。

どこかで子供の歓声が響いている。


IMG_6981b.JPG



牧舎にはフクロウがいた。

賑やかなのは梁に停まった山鳩の声。


IMG_6984b.JPG


IMG_6985b.JPG


IMG_6987b.JPG


IMG_6994b.JPG


IMG_6995b.JPG


IMG_7002b.JPG


IMG_7003b.JPG


IMG_7007b.JPG


IMG_7008b.JPG


IMG_7009b.JPG


IMG_7013b.JPG


IMG_7016b.JPG


IMG_7018b.JPG


IMG_7020b.JPG


IMG_7021b.JPG


IMG_7022b.JPG



紅葉は見れたが、

今日は寒くて、

やはり人が少ないと、

寂しいな〜


IMG_7029b.JPG



秋咲きの薔薇が咲いている。


IMG_7035b.JPG


IMG_7038b.JPG



ここで紅葉は見れたけど、

これで終わりにするには、

ちょっと寂しい。

今年は直近に来た台風のせいで

木々がだいぶ被害を受け、

紅葉する前に枯れてしまっていた。

もう少し秋を感じる場所を

見つけることにしよう。














※画像をクリックすると拡大表示します








タグ:紅葉
【このカテゴリーの最新記事】
posted by kaz at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紅葉

2017年11月16日

静寂を求めて


最近、

頭の中がぐるぐると回っている。

頭の中が平和ではない。

考え事が多すぎるのか、

余計な気を使いすぎるのか、

それともうまく回転していないのか。

静寂を求め旅に出る。

その旅は片道40分ではあるのだが。


岩井の不動にやって来た。

昔からそう呼ばれていたが、

正式には、岩井の龍福寺である。

深い木々に囲まれ静かに佇む龍福寺は、

不動明王とその使いである制多迦、

コンガラを本尊とする寺だ。

弘法大師がここで不動明王を彫り

そしてそれはここに安置されている。

だから岩井の不動なのだ。


もうだいぶ昔の話になるが、

母が亡くなった時に

ここに初めてやって来た。

この場所から魂が昇っていくんだ、

と聞かされたことを思い出す。

あれから20年たち、

再び訪れてみると、

ここには静けさがあった。

本堂を左に見て小道を進むと、

別世界に入り込んだような気分になる。

心地よいせせらぎが聞こえてくる。

ここには静けさがあった。

水の音に誘われているかのように、

一歩一歩ゆっくり前に進んで行く。

心の中に清らかな風が入り込み、

そして、それは抜けてゆく。


IMG_6911b.JPG



小高いところに洞窟があった。

覗いてみたが

ちょっと怖いので、

入るのは止めた。


IMG_6900b.JPG



小道を進みぐるっと山を回ってみたら、

先ほどの洞窟の出口にたどり着いた。

なんだ、

近道用のトンネルだったのか。


IMG_6899b.JPG



トンネルの出口には祠がある。

何が祭られているのだろうか。

何かが出てきそうな、

そんな気配がする。


IMG_6901b.JPG



ここは人気もなくひっそりとしていた。

やはり何か怪しいものが出てきそうな

そんな空気が漂っている。

ひとりでいると少し怖くなってきた。

静けさを求めてやってきたのだが、

それも過ぎると返って怖い。

ここは後にすることにしよう。


IMG_6896b.JPG



湧水が流れる。

このせせらぎに魅了され、

しばらく佇ずみ、

そして目を閉じる。

そうだ、

後で録音機を持って来よう。


IMG_6903b.JPG



コンクリートの側溝では情緒がないが、

目をつぶると、

清らかな水の音が、

頭の中に広がってゆく。


IMG_6893b.JPG



小道の奥の方に滝がある。

流れの下には仏像が置かれ、

滝つぼの前には何かが祭られている。

ここも何か、空気が違う。


IMG_6894b.JPG


IMG_6909b.JPG


IMG_6913b.JPG


IMG_6905b.JPG



竹林の奥にはタイの仏像が

祭られている。

それはカメラの後ろに位置する。


IMG_6906b.JPG


IMG_6908b.JPG


IMG_6914b.JPG


IMG_6917b.JPG


IMG_6916b.JPG


IMG_6922b.JPG



この僧は多分、

弘法大師であろう。


IMG_6918b.JPG


IMG_6920b.JPG


IMG_6927b.JPG


IMG_6929b.JPG


IMG_6915b.JPG


IMG_6930b.JPG


IMG_6934b.JPG


IMG_6932b.JPG



入り口の掲示板の言葉。


「もったいない」

足ることを知る人は

幸わせ者だ


今の世の中を象徴するような、

お言葉である。


IMG_6928b.JPG



このお寺の森を開設する立て看板。














※画像をクリックすると拡大表示します





posted by kaz at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | なごみ
リンク
access:
online:
ファン
検索
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール