広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年07月26日

ワンダーフェスティバル2016夏 に3Dプリンター試作機を出展致しました。

ご来場の皆様には厚く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
お陰様で盛況のうちに出展を終えることができました。

ご不明な点、至らぬところの残る解説であったかと思います。
コメントなどいただけましたら、できる限りお答え致しますのでよろしくお願い致します。

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、発表をさせていただきます。
弊社3Dプリンターの名前が Qholia に決定いたしました。

弊社のブランドである Q-ho と感覚のみなもとを意味する quolia という英単語が由来の造語です。
感覚、感触の表現と共有を目指した3Dプリンターを目指し、名づけました。

旧仮名遣いで日本製であることを主張する意味を込めて、ふりがなは クホリア です。
よろしくお願い致します。

ワンフェス前日の朝に、Qholiaの名前と特徴の箇条書きを浅井真紀氏に送信したところ、
その日の午後一にはこんな素敵なパネルのデータを送っていただきました!

13819585_1194539650609848_89452495_nのコピー.jpg

おおおおお! 仕事早い! 感謝感激です! 準備の疲れも吹っ飛び興奮してしまいました。
のぞみ号の中で夢の国ツアーのご家族さんに囲まれて、スマホ片手にニヤニヤする変なおじさん、それが私です。

さておき、Qholiaの特徴はパネルに書かれた通りです。

Z軸が強固かつ超微細!

新発想の斜回転式エクストルーダー!
 
主要部材を本体そのもので位置決め固定。 

軽量強固な本体

詰まらないノズル

仕組みが分かるホワイトボックス

他にもたくさんの工夫をぎゅっと詰め込んだマシンなのですが、紹介するなら多すぎない方がしつこくなくて良いかな? というわけで7つです。

基本的なコンセプトは今までに私が開発してきた製品と同じです。
インテリア棚受レールシェルフ非電化もみすり機Pet&Eco(ペタンコ)

シンプルで、使ううちに仕組みが分かる、仕組みやコツが分かると出来栄えや仕事の質がグッとあがる。
自分好みの造形に近づくお手伝いができる。 凄いのはマシンではなく使い手であるお客様。 
黒子としてプロの仕事を支える道具となることを目指しております。 そのための 「ソフト、材料、縛り無し」 です。

すべてお任せ、クリックするだけというマシンはすでに良いものがありますので、
私は ないものづくりエージェント として隙間を埋める役目を果たしたいと思います。

特徴の説明は項目ごとにすこしづつ進めますので、今しばらくお待ちくださいませ。
プロフィール
ないものづくりエージェント 多夢さんの画像
ないものづくりエージェント 多夢
今までになかったものや、他にないものをつくる ないものづくりエージェント です。 「工夫」が私のテーマです。 「工夫」とは生きる力であり、奪われることのない自由。 価値を生むプロセスであり、価値のあるプロセス。 できると信じて、想像と創造、思考と試行を続けること。 そんな「工夫」の楽しさや価値を伝える仕事をしたいと思っています。
ブログ
プロフィール
ファン
最新記事
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。