広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年06月29日

オーストラリアでの家の探し方C〜シェアハウス編〜

一つ前の記事の続きで、具体的なシェアハウスの探し方についてになります!

【3.メッセージのやりとりをする】
いいなと思う家があれば、メッセージのやりとりを行います。
この時に覚えておいてほしいことはひとつ!

家探しは早い者勝ち!

これだけは忘れないでいてください。
部屋を貸す方は、少しでも自分の希望する日程に合わせて入ってくれた方が助かるので、コンタクトをくれた人とどんどんインスペクション(下見)の約束をしていきます。

自分よりも先に、「この家に住みたい!」という人と貸主が出会ってしまえば、その時点でアウト。
「メッセージを送っても連絡が帰ってこない」、「メッセージのやりとりをしていたのに急に返信がなくなった」、「インスペクションの予約をしたのに待ち合わせ場所に誰も来なかった」等が起こります。

気に入った家があれば、すぐにメッセージのやり取りを行い、インスペクションの予約を取り付けましょう。
また、インスペクションに行く前に、もしどうしてもゆずれない条件があればメッセージのやり取り中に確認するようにしましょう。

また、実際にメッセージを送る際には、電話番号を使用したSMSもしくはGmail等フリーメールでのやりとりをおすすめします。
JAMSや日豪プレス等のメッセージ機能を使っても連絡を取ることはできますが、気付かれにくい場合があります。
すぐに連絡を取りたい場合は、メッセージ機能を使用しない方が無難です。

また、広告自体は日本語で記載されていても、メッセージのやりとりは英語で行わなければならない場合が多いです。
自分の聞きたい内容を英語で質問できるように準備しておきましょう。


〜メッセージのやりとりで役立つセンテンス例〜

・Hi, I'm ○○(←自分の名前), Japanese.

・I found your house at ○○(←地域名) on JAMS.TV (nicnigopress).

・Is the room vacant?

・Could I ask anything about the room?

・Could I inspect the room on ○○(←希望の日付)?

・How should I do when I arrive there?

*多少正確ではない表現が含まれている可能性があります*

だいたい雰囲気で伝われば大丈夫なので、こんな感じの文章を組み合わせてメッセージを送ってみてください。
あとは実践あるのみです!


今回も長くなってしまったのでここまでにしたいと思います。


次回こそ、【4.インスペクションに行く】、【5.最終交渉&支払い】更新していきますねーo(^-^)o
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年06月28日

オーストラリアでの家の探し方B〜シェアハウス編〜

今回は、シェアハウスの探し方実践編についてお話していきます。


【1.条件を決める】

まず、シェアハウスを探す前に家の条件を決めていきましょう。
日本で部屋を借りる時も、家賃はいくらくらいか、立地はどうかなど決めますよね?
それと同じように、自分の中で条件を決めていきます。

条件にピッタリ合う部屋はなかなか見つからないので、絶対にゆずれない条件と妥協できる条件を分けて考えておくといいかもしれません。

下に、あらかじめ設定しておいた方がいい条件を書き出しておくので参考にしてみてください。

・レント、ボンドの額
・オウンキーの有無
・Wi-Fiの有無
・部屋の形態(オウンルーム、二人部屋、三人部屋、男女混合or別など)
・リビングシェアの有無
・サバーブ(地域)
・駅までの距離
・学校、職場までの距離と交通手段
・シャワールーム、トイレの数
・シェアメイトの人数
・オーナー同居の有無
・ミニマムの有無

オウンキー:自分一人で持てる鍵。キーシェアをしている所も多い。
オウンルーム:一人部屋
リビングシェア:リビングルームにベッド等を置いて住む人
ミニマム:最低入居期間(ミニマム1ヶ月のところには、最低でも1ヶ月は住まなければならない。早く出た場合はボンドが返却されない。)

条件を決めたら、実際に家を探してみましょう!


【2.インターネットを使って家を探す】
ここで使えるサイトが、以前の記事でお伝えしたJAMS.TV日豪プレスgumtreeになります。

英語に自信のない方にはgumtreeはおすすめしません。
なぜなら、すべて英語で記載されているから!

自分にあったツールで家探しを進めて見てください。

これらのサイトで家を探すときに、あらかじめ準備しておいた条件をもとに絞り込み検索を行うことができます。

Screenshot_2017-06-28-19-59-58.png

例えばこれ↑はJAMS.TVの、「住まいを探す」というページの一部ですが、左端に「キーワード」、「お部屋タイプ」等の欄があります。
ここで絞り込みをかけて検索することができるので、ぜひご活用ください。

ただ、大きな都市以外ではあまり家を選ぶことができないことも多いので、注意してください。

長くなってしまったので、途中ですが今日もここで終了にさせてもらいます。

次回の記事は、【3.メッセージのやりとりをする】【4.インスペクションに行く】【5.最終交渉&支払い】の三本立てでお送りする予定です!


にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年06月26日

オーストラリアでの家の探し方A〜シェアハウス編〜

前回の記事で、オーストラリア留学中の家についてホームステイ編を書いたので、今回はシェアハウスについてご紹介していきます!

私は一年目の時は最初の1ヶ月間ホームステイを行い、2ヶ月目からシェアハウスでの生活を始めました。
最初の1ヶ月は留学会社に手配してもらったところです。

前回ご紹介したような、典型的な「商売でホストファミリーやってます」という家だったのですが、食事がまずい、門限が早い以外は大きく住人トラブル等もなく過ごせました。
(初日に、「あなたは勉強しに来ているのだから、家にいるときは部屋で勉強してなさい」的なことは言われましたが……)

しかしやはりホームステイは高くつくので、シェアハウスを探し始めました。
到着したばかりであまり探し方等よくわかっていなかったのですが、留学会社から聞いたアドバイスをもとに
家探しを始めます。

その時使ったサイトは、JAMS.TVです。
このサイトの、「住まいを探す」というページを使うと、州、地域を絞り込んで家を探すことができます。

試しにニューサウスウェールス州で探してみると、下ように検索結果がでてきます。

Screenshot_2017-06-26-22-27-50.png

ここでいうレントとは、一週間当たりの家賃、ボンドとは最初に支払う敷金のようなものです。
ボンドはデポジットと呼ばれることもありますね。
一般的なボンドの金額は、レント2週間程と言われています。
これ以上の金額を要求された場合は要注意です。

なぜなら、持ち逃げされる可能性があるから!

本当にあることなので、注意してくださいね……!!
私は実際にボンドを持ち逃げされかけて、すんでのところで取り返すことができました。
しかし一度持ち逃げされた後に取り返せる例は少ないので、本当に注意が必要です。

それから、注意しないといけないのは、部屋を借りるときにかかる初期費用についてです。
初日もしくは事前に、ボンドと1週間分のレントが必要となるので、あらかじめ用意しておきましょう。

そして、紹介ページに書かれていないこともあるのですが、
キーデポジット
というものも存在します。
これは、鍵をもらうかわりの保証金みたいなものです。
退去時に鍵を返却すると、自分の手元に返ってきます。

自分で鍵が持てる場合は支払いが必要な場合が多いです。
キーデポジットも、ボンドと一緒に支払いをしなければいけないので、あらかじめ準備しておきましょう。


長くなってしまったので、続きは次回更新でお話していきたいと思います(*^-^*)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年06月25日

オーストラリアでの家の探し方@〜ホームステイ、シェアハウス、バックパッカー〜

留学もしくはワーキングホリデーを考えるときに、気になることはいくつかあると思います。
費用、仕事、家、英語力、語学学校……。

今回はその中でも、家の探し方についてピックアップしてみたいと思います。

まず気をつけたいのが、ホームステイについてです。
オーストラリアでのホームステイは、日本人の考えるホームステイと少し違う場合があります。

なぜなら、オーストラリア人にとってホームステイとは、商売だからです。

ホームステイを受け入れるために大きな家に住み、大勢のホームステイ生を抱えて生計を立てるオーストラリア人は多いです。
こういったホームステイ先の場合、ホストファミリーが留学生たちに無関心なことが多いです。
食事は契約通り出されますが、丼ご飯の上に数枚の葉っぱが乗っただけ……それが毎日続くなんてこともあります(体験談)。
ホームステイ代金は、紹介料と食事代、部屋代が込みになっているので、普通に自分で部屋を探すよりも割高になります。


【一週間当たりの生活費(部屋代+食費)の例】
@ホームステイ
・部屋代+食費:$400

Aルームシェア(自分で探した部屋)
・部屋代:$100〜200
・食費:$20〜50

Bバックパッカー(相部屋のホテル)
・部屋代:$100〜250
・食費:$20〜50


上記はあくまで目安になります。
ホームステイの費用は利用するエージェントによっても違ってくるので、よく比較して選ぶといいと思います。
また、食費は自炊をした場合の目安になります。


もちろん、とてもいいホストファミリーに会えることもあります。
ですが運次第なことも多いので、あまりおすすめはしていません。

もし留学会社を通してホームステイをお願いするような時は特に、どういう家庭に当たる可能性があるのかよく聞いておくといいでしょう。
そこで、私が書いたのと同じような注意事項を言われるようであれば、その留学会社が斡旋してくれるホームステイ先にはあまり期待しない方がいいでしょう。

事前にすごくいい情報をもらい、それを約束してくれる会社なら別です。
その場合、聴いていた話と違うことを伝え、ホームステイ先を変更してもらうこともできるからです。
ホームステイ先の変更が可能かどうかについても、事前に確認しておくとなおいいですね。

以上がオーストラリアでホームステイをする際の注意事項になります。
よければご参考までに(*^-^*)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年06月23日

2年目のワーキングホリデー始めます!オーストラリアへの旅立ち(2回目)

少し更新が空いてしまいましたが、今日ついにオーストラリアへ向けて再渡航します!

今回選んだ飛行機は、ジェットスターのケアンズへの直行便。
私はオーストラリアに行く場合は、低賃金に押さえたいのであればジェットスターをおすすめしています。

その理由はまた今度ゆっくりお伝えしたいと思います!
今日はとにかく出発です!

バッパーからスタートすることも考えましたが、今回はルームシェアを選びました。
現地の情報はまたのちほどお伝えできればいいなと思っています!

とりあえず、行ってきます(*´∇`)ノ
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by たたみ at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年

2017年06月19日

オーストラリア留学の強い見方、gumtree!〜家、仕事、車、生活用品等を探せるサイト〜

前回の記事で、仕事の探し方についてちらりとお話しました。
その時に、日豪プレスJAMS.TVについて書きましたが、今回は別のサイトについて紹介させていただきます。

それは、gumtreeというサイトです。
前回紹介した二つのサイトとは違い、すべて英語表記というのが特徴です。

つまり、このサイトは地元の人や日本人以外の留学生・ワーホリ者等が使用するということです。
これだけでもわかると思うのですが、このサイトの情報量は、前述の二つのサイトの比ではありません。

より多くの情報の中から自分にあったものを選びたいという方はこのサイトを使用するといいでしょう。

それでは、下からgumtreeの基本についてお話していきます。

gumtreeを使用する前に、一つ注意していただきたいことがあります。
それは、gumtreeには、オーストラリア版の他にイギリス版があるということです。

区別するために、「gumtree au」、「gumtree uk」と分けて検索することをおすすめします。
auがオーストラリア版、ukがイギリス版です。

サイトの見た目は全然違うので、デザインを知っていればすぐにどちらのサイトかわかると思います。

↓オーストラリア版
Screenshot_2017-06-19-20-35-17.png

↓イギリス版
Screenshot_2017-06-19-21-09-45.png

黄緑色がオーストラリア版の目印です!

では次に、オーストラリア版gumtreeのサイトに注目していきます。

このサイトでどんな物が探せるのかというと……車、部屋、仕事、不動産、タクシー、電化製品、スポーツ等とてもたくさんの物を探すことができます。

カテゴリーをクリックしていけばそのカテゴリーのページに飛ぶこともできるし、キーワード検索や場所を絞っての検索をすることもできます。

このサイトが使いこなせれば、オーストラリア生活のクオリティーが少しアップするんじゃないでしょうか?

ただし、このサイトで見つけた物を購入、レンタルするためには出品者と直接交渉が必要になります。
電話の場合もメールやショートメールを使用することもありますが、どちらにせよやりとりは基本的にすべて英語になるということを頭においておいてください

最初は手間取ることも多いと思いますが、英語に慣れるという点ではこういったサイトを使い慣れていくことも大切かと思います。

お好みに合わせて3つのサイトを使い分けて見てくださいね!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by たたみ at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | gumtree

2017年06月17日

甥っ子と一緒にオンライン英会話を受講する!〜ネイティブキャンプ〜

今日は甥っ子と一緒にネイティブキャンプを受講しました!

キッズコースを受講するには専用のテキストが必要なのですが、無料体験中はテキストを購入していなくてもキッズコースを受講することが可能です。

ただ、本当に先生の技量次第で授業の質が全然変わって来るなぁというのが正直な感想です。
というのも、2歳半を突破した甥っ子が絶賛イヤイヤ期真っ最中だからです(^^;

今回の先生も、「いやなの!」「恥ずかしいの」と逃げ回る甥っ子を歌やおもちゃで呼び戻しつつがんばりましたが、開始から15分がたった頃、ついに本気の「もうしない」が……!


それでも15分は楽しめているということなので、だいぶいい方だと思います


本気の「もうしない」が出た時点で、すぐに先生に授業を終了したい旨を伝えて授業を終了させました。

回数制限があるとどうしてももったいないと思ってしまいがちですが、回数制限がないことがわかっているため、まったく躊躇うことなく授業を終了させることができました!


ネイティブキャンプさんの、期間中は何回でも受講が可能という最大の利点のおかげですね!

明日も楽しく授業が受けられたらいいなぁ

【今日の成果】
・英語ニュースでリスニング、リーディングの勉強
・甥っ子と一緒にオンライン英会話受講





にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年06月16日

英語でニュースを読む!

私は結構ネットニュースを読むのが好きで、グノシー等のアプリを使って毎日ネットニュースを読んでいます。

たぶん1日30分から長いときで2、3時間はネットニュースを見ているんじゃないかと思います。
この時間を英語の勉強に当てられたら……と考え、探してみましたニュースサイト!

いくつかよさげなところを見つけたのですが、今回はこちらのサイトについてご紹介させてください!

News in Levels

こちらは英語を学ぶ人向けに、世界中から集められたニュースを英語でまとめているサイトになります。

↓トップはこんな感じです。
Screenshot_2017-06-16-23-44-35.png

このサイトのいいところは、1記事あたりの文字数が少なく、記事を読みはじめるのに抵抗が少ないこと。
また、レベル1〜3までに分かれており、初心者から上級者まで、自分のレベルに合わせて記事を読むことができること。
そしてさらに、音声データの再生が可能なので、リスニングの勉強もできること!

こんなサイト求めてた!という要素がぎゅっと凝縮されたサイトになります。

レベル1
Screenshot_2017-06-16-23-48-21.png

レベル2
Screenshot_2017-06-16-23-49-55.png

レベル3
Screenshot_2017-06-16-23-49-33.png

一つの記事がレベル別になっているところもいいですね。
音声も各レベルに合わせて用意されています。

難しい単語が出てきたときには英語での解説もついています。

なんだか至れり尽くせり過ぎて怖いくらいですね笑

かなり気に入ったので、これから活用させてもらおうと思います!
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年06月15日

オーストラリアでの仕事の探し方

今日はあまり勉強できず、書けることがあまりないので、オーストラリアでの仕事の探し方についてまとめてみたいと思います!

オーストラリアで仕事や家を探すとき、日本人向けに便利なサイトがあります。

日豪プレスJAMS.TVです。

こちらのサイトは両方とも日本語で作成されているので、英語がそこまで得意ではない方でも使いやすいと思います。
サイトに飛んでもらえればわかると思うのですが、ここでは仕事以外にも住む場所なども探すことができます!

家の探し方については、また後日まとめていきますね。

話を戻して、仕事の探し方です。
手順は次の通り。

1.上記のサイトを使い、自分の住んでいる周りでの求人情報を調べる
2.好みの求人があれば、電話、メールなど求人情報内で指定された方法で連絡をとる
3.英文の履歴書を持って面接に行く
4.採用または不採用の連絡を受ける(その場で言われる場合もあります)

求人のタイミングと自分が働きたいタイミングが合わないときもあるので、人によっては10件以上不採用になることもありますし、1件目でその場で採用が決まることもあります。

上記の方法で見つかる仕事はだいたいがジャパニーズレストランと呼ばれる日本料理のお店です。
手渡しでの給与の支払いをすることで政府に払う所得税もろもろをごまかしている所が多いですが、それでも手取りAU$12〜18くらいはもらえるはずです。

もし現地のカフェやショップなど完全に英語環境のお店で働きたいのであれば、英語力は必須です!
英文の履歴書を作って直接お店に出向き、「働きたい」と履歴書を配って歩きましょう。

この場合、100件くらいアタックしても採用されないことがざらにあります。
めげない精神でがんばりましょう

もし現地に友達ができて、友達の紹介で働けるのであれば、それに越したことはありません。
それが1番確実な方法です!

現地の友達探しも頑張ってみてくださいね(*^-^*)

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2017年06月14日

オンライン英会話ネイティブキャンプ始めました!

以前もやっていたので、正しくは「再開しました」ですね!

ネイティブキャンプさんは、以前オーストラリア留学をする前にお世話になっていたオンライン英会話です。

他のところと比較すると、違う点が結構多いです。
例えば、予約をせずにその場で講師を選んで授業を行うことができる。
また、回数制限なく、月に何回でも授業を受けることができる。

などなど、他のオンライン英会話にはなかなかないサービスを行ってくれています!
お値段も5000円未満と良心的

なので重宝させていただいていました。
今回もたくさんお世話になる予定です。

今日は久々の授業だったので、緊張しながら発音と日常英会話の授業を受講しました!

明日はフリートークを受講してみます!

【今日の成果】
・オンライン英会話受講
・YouTube動画で文法勉強

↓オンライン英会話受講中爆睡していた甥っ子
IMG_20170611_220819.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by たたみ at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
たたみさんの画像
たたみ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。