プロフィール
24歳の一人旅さんの画像
24歳の一人旅
都内で働いてるサラリーマンです(笑)。 休日はとにかく外に出ています。 BBQしたり釣りしたり、スノーボードしたりと・・・ ホームページはスキー場についてです。 いろんなお得情報を紹介できればと思っております。
プロフィール
最新記事
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
写真ギャラリー
検索
カテゴリーアーカイブ

広告

posted by fanblog

2016年03月03日

「移住」を希望する方必見 

最近「移住」という言葉をよく耳にします。
政府も地方に力を入れており「町起こし隊」や「地域起こし隊」などやっている人も多いのではないでしょうか?

私も「移住」について考えてみてある本を買ってみました。

その題名は
「まだ東京で消耗してるの?環境を変えるだけで人生はうまういく」という本です。
作者はイケダハヤトさん。

まずこの「イケダハヤト」さんについて説明したいと思います。
最近では注目されることが多いと思いますが、「プロブロガー」です。
なんとブログだけで生計を建てているいわば「天才」でしょうか。

私もブログを作る際、参考書をよく読んだのですが
よく「イケダハヤト」さんが登場していました。

早速この本の特徴ですが
元々は東京でコンサルタントを仕事とし暮らしていたものの、「満員電車」「社畜社会」「子育て」「食事」など嫌気がさし、高知の限界集落に移住するというお話です。
結局高知の限界集落の方が仕事がはかどり「年収アップ」「美味しい料理」「子育てのしやすさ
など沢山のメリットが地方には隠されていることを知りました。


移住」を考えている方には必須ですよ!!!!




まだ東京で消耗してるの? [ イケダハヤト ]

価格:864円
(2016/3/3 16:16時点)
感想(0件)







ではここからは
具体的にどのような内容を語っているか目次だけ紹介したいと思います。


第一部  東京はもう終わっている
  1. なぜ東京は終わっているのか
  2. 東京に住み続ける限り、どんどん貧しくなる
  3. 東京では移動時間という人生の無駄遣いから逃げられない
  4. 東京に住み続けるために35年ローンを背負うリスク
  5. 東京はコミニケーションのためのコミニケーションが多すぎる
  6. 「事前の打ち合わせ」という東京的儀式
  7. 東京にいると無意味な出会いが増え続ける
  8. 「東京には面白い人が多い」というのは全くの幻想
  9. 東京では、なぜみんな「忙しぶる」のか?
  10. 「社畜」という言葉に逃げる東京人
  11. 東京のシステムに洗脳されるとスーツすら脱げなくなる
  12. 東京は食が貧しいという圧倒的現実
  13. スタバに行列する東京砂漠
  14. 東京ではトイレですら順番待ち
  15. 東京の子育ては親に罪悪感を抱かせる
  16. 「自己責任」という言葉で弱者を見殺しにする東京人の冷酷
  17. 東京は包摂性を獲得せよ


第二部 田舎の方が圧倒的に稼ぎやすい


  1. 田舎に移住したら収入が3倍になった
  2. 「田舎には仕事がない」というウソ
  3. イノベーションは地方から始まる
  4. 地方は資本主義のフロンティアだ
  5. 地方のビジネスはスピード感が抜群
  6. 限界集落に移住して収入が800万円から2000万円に上った
  7. 地方では静かな環境で集中して仕事ができる
  8. 時代に取り残されたくなけらば地方に行け
  9. 国を挙げた移住推進は大きな追い風
  10. 東京の受動的なサラリーマンはこの先食えなくなる



第三部 限界集落に移住して、こんな幸せになりました


  1. 地方で豊かな人生を生きなおす
  2. 月3万円で駐車場、庭、畑付き一軒家に暮らす
  3. 空き家の可能性はすさまじい
  4. 「地方では車が必須だ」という真っ赤な嘘
  5. 知っていましたか?最近の田舎は便利です
  6. 心から美味しいと思えるものが、地方では信じられない安さで手に入る
  7. 地方に行けば「行列」「人混み」のストレスから解放される
  8. 地元の特産品を買って地元にお金を落とすよ喜び
  9. 高価な会食より断然喜ばれる「家飲みバーベキュー」
  10. 東京では味わえない「季節感を感じる」幸福感
  11. 「悪い人の絶対数」が少ないという地方の安心感
  12. 助け合い飲むんかが根付いている地方の心地よさ
  13. 皆が口をそろえる「田舎は閉鎖的」といううそ
  14. 何があっても「食うには困らない」という地方の優しさ
  15. 山奥では水道代、ガス代がかからない
  16. 地方移住で過酷な子育てから解放される
  17. 地方に行くとレジャーに革命が起こる
  18. 「生きる力」を育む地方の未来型教育法
  19. 心が豊かになるおすそ分け文化
  20. オクラでタイを釣った話
21.山奥に住んでから健康になった
22. 移住してから夫婦関係が良くなった
23. 人間としての「正常」な状態を地方で取り戻す


第四部 「ないものだらけ」だからこそ地方はチャンス
ーイケダハヤト式ビジネス紹介

  1. 地方では次々とやりたいことが沸き起こる
  2. 東京で「やりたいことが見つからない」のは当たり前
  3. 「イケダハヤト商店」はじめました
  4. 「どぶろくドットコム」で年商1億円
  5. 「ブログ書性」になりませんか?
  6. 「うつ病村」を作ります
  7. 空き家のリノベーションと「民泊」で外国人観光客を呼び込む
  8. 山を買い取ってキャンプ場経営
  9. 「イケダハヤト温泉」を経営したい
  10. 「バイオトイレ村」を作って、有機ワイン製造
  11. 「イケダハヤト太陽光パネル」を販売
  12. 障害者の方々を雇用して、自伐型林業で稼いでもらう
  13. 特製「こおろぎパン」を販売
  14. 土地を使ってあなただけの自己表現ができる
  15. 「ないものだらけの」だから、ビジネスのアイディアが生まれる
  16. 住民税を納めることが喜びに変わる
  17. 自分の手で「国」を作りませんか?


第五部 移住で失敗しない5つのステップと知っておくべき制度


  • 移住の事前知識はひとまずこれでok
  • 移住で失敗する黄金パターン
  • 移住地には難易度がある
  • 「やりたくないことリスト」を作る
  • 生の声を聞く
  • 田舎に行きたいなら「二段階移住」が大前提
  • 移住前に旅行して、知り合いを作っておく
  • 物件を探す
  • 仕事を探す
  • 「地域起こし隊の」の落とし穴
  • 「お試し移住」でプチ移住体験
  • 「他地域移住」という未来的な選択枠
  • 東京にいながら「移住コンシェルジュ」の知恵を借りられる
  • 移住支援は自治体よりもNPOがおすすめ
  • 今腰を抜かすほどの補助金が出ている
  • 「空き家バンク」でお宝物件探し
  • お得なシェアフェスで地方に拠点を作ろう
  • 妻へのインタビュー
  • 妻の本音
  • 移住のデメリットは?
  • 移住して良かったこと
  • 今後の生き方
  • 移住にする価値観の変化




おまけ
移住に関する「よくある質問」



目次はこんな感じです。


















posted by 24歳の一人旅 at 15:56 | 旅行
英会話
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。