<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2021年06月(2)
2021年05月(8)
2021年04月(3)
2021年03月(3)
2021年02月(2)
2021年01月(2)
2020年06月(9)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)

2017年03月15日

ポン太のドッグラン・その2つむじ風


ぽん太の行った方向へ歩いてみたが、ちっとも姿が見えないので、
車に戻り、エンジンをかけ走り出したら、曲がり角から現れて、
こっちにむかってくるポン太・・・とすれ違った。
Uターンして元の場所に戻ると、すでにポン太の姿はない。
しばらくそこで待って、車のエンジンをかけると、
ひょっこり顔を出したので、
ファミマで買ったトリツクネで釣ってみた。
袋からおもむろに取り出していると、寄ってきたものの、
いざトリツクネを鼻の前に近ずけると
匂いを嗅いだだけで「なんだこんなもの・・・」って顔して
ぷいっと横を向いて・・・行ってしまった。
「・・・やっぱり、ささみか・・・」自分の選択の甘さを呪った。

IMG_4820.JPG


山の一軒家に一人ぼっちでつながれていたポン太とは言え、
春から秋にかけては、飼い主も時折家に戻ることもあり、
そんな時は、鎖を外してもらって、山の中を一人駆け回っていた。
大雪の時は、私も行った。

yamaponnta.PNG


追いかければ逃げる、これは動物の習性だ。
取り合えず、車を走らせると顔を見せるということが分かったので、
まあ半日覚悟すれば、戻るだろう・・・と腹をくくって待つことにした。

一人、ゴルフコースを歩いてベンチで休んでいた時、
ふと動物と話せる女性ハイジを思い出した。



私はポン太に意識を集中してみた・・・
「・・・僕、もうちょっと遊んだら一緒に帰るつもりだよ!」
なんて気持ちが具体的に感じられられたわけじゃなかったが、
なんだか、信頼感がわいてきて、ゆっくり遊ばせようと思いながら、
立ち上がり、轍の道に出た時だった。
小さな小さなつむじ風が轍に起こり、私の横を通り過ぎると
フワーッと空に舞い上がり、真っ白な輪を作って消えていった。
「カメラ持ってくればよかったなあ・・・」小さな小さなつむじ風。

↓これはビニールシートが舞い上がったものだが、空に舞い上がった小さなつむじ風は
丁度こんな風に舞い上がって、先端に奇麗なまあるい輪を描いて消えていったのだ。

tumujikazeビニールシート.jpg

旋風(つむじ風)とビニールシート


空に向けた顔を下すと、50mほど先にポン太がいるのが見えた。
ゆっくりと車からリードを取り出し、しゃがんでいると、
ポン太が近ずいてきてじっとしている。
「満足したよ・・・」とでも言ってるように。
難なくリードをつけて、暫く散歩して車に乗った。
どうやら、ポン太は1時間程好きにさせてやれば、満足してくれるようだ。
これなら、雌犬のいない山の中でもリードなしで遊ばせることができそうだ。



posted by ケメ at 00:00 | Comment(0) | ペット
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント