<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2021年06月(3)
2021年05月(8)
2021年04月(3)
2021年03月(3)
2021年02月(2)
2021年01月(2)
2020年06月(9)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)

2012年04月05日

人が放射能を運んでる現実


3/28飯山一郎翁のブログで、安曇野市の講演会場の
放射線量が、0.23μSv/hもあったと言うのでびっくりしていたら、
翌日のブログで更に驚くべき
事実が判明した。

人間が放射能を運ぶ…

「飯山先生は、講演会場の線量が 0.23μSv/h
だと書いてましたが…」
と、安曇野市の職員が見せてくれたデータは、
低線量だった。

鷲も“現場”に行って再確認したが、
たしかに線量は低かった。

これは、どうしたことなのか?
じつは、原因は “人間” にあったのである。

鷲の講演会には、関東・東北からも
15人からの聞き手が来てくれた。
このうち9人の方々と、講演会のあと
ホテルの一室で座談会をしたのだが、
その一室の線量は 0.3μSv/h 以上もあったのだ。

何回も測ったのだが、0.3μSv/h 以下には
下がらなかったのだ。

座談会のあと、鷲の部屋で計測すると
0.15μSv/h 以下だった。

2日後、富山へ帰った聴衆の一人から電話があった。
「関東・東北の人達を乗せたので
0.3μSv/h 以上になってました!」というのである。

「富山を出るときの車内の線量は
0.05μSv/h くらいだったのに…」
だから、これから徹底的に水拭きをして除染をします!
という嘆きの電話だったのだ。

おなじような経験を、鷲は鹿児島空港で
3〜4回ほどしたことがある。
羽田空港から飛んできた人達のまわりは、
線量が 0.3μSv/h 以上に、はねあがるのだ。

鷲の九州の事務所も東京からの客が多いが、
やはり線量は上がる。

人間が衣服に放射性物質をつけて運んでくるのだ。

空気、水、食料、列車、飛行機、
人間が運んでくる放射性物質。

そのうえガレキでの全国拡散。

これは故意による犯罪的な拡散である。

とにかく、日本は恐ろしい国になった!

もう、この国は駄目だろう。

末尾ながら、謝罪をします。
安曇野の線量は、高くても 0.15μSv/h ぐらいです。
ごめんなさい! m(__)m >安曇野の皆さん



posted by ケメ at 18:07 | Comment(0) | 放射能測定
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント