広告

posted by fanblog

2021年01月31日

点と線

1958年11月11日公開(東映)

松本清張の推理小説を映画化。
推理小説はあまり読んでいないので、トラベルミステリーといったら西村京太郎
が流行っていたなとしか思い出せない。ストーリーよりも昭和33年の街並みや
国鉄の駅や列車、青函連絡船が郷愁を誘う。2007年のテレビドラマ版の制作の際
は、当時の街並みや東京駅のプラットホームのセットの再現性が凄かったらしい
ので、比べて観てみたい。

松本清張の小説や映画は食わず嫌いで今まで観ていなかったが、面白かった。
本作の登場人物である三原と鳥飼が登場する続編の「時間の習俗」は、映画化
はされずに3回程テレビドラマとして制作されている。

主役の三原を演じた南廣は、ウルトラセブンの倉田隊長、マイティジャック
の天田副長を演じた人だった。高峰三枝子と並んで表示されたテロップには
(新人)との記載が。また、東宝からの客演として志村喬が出演。仮面ライ
ダーの地獄大使で有名な潮健児は、函館駅の駅員で出演、遠くから主人公に
電話を取り次ぐ役で、最初に観た時は気づかず、見直してやっとみつけられた
くらいのチョイ役であったが、ちゃんとテロップには名前があった。

U-NEXTで視聴。(視聴時点の見放題期限は2021年12月24日まで)

点と線 [DVD]

新品価格
¥2,519から
(2021/1/31 09:11時点)













【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10507830
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
Akioさんの画像
Akio
はじめまして。 映画が大好きで、現在も続いている午前十時の映画祭の第一回と第二回では上映作品100本全ての映画を鑑賞しました。 映画やテレビはたとえ架空設定のSFであっても、制作当時の時代を映しています。50歳を超えた今、特に邦画と日本のドラマは、過去の世相と風俗を振り返りながら観ていきたいと思っています。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。