広告

posted by fanblog

2021年02月01日

紅の翼

1958年12月28日公開(日活)

石原裕次郎主演。
航空会社のパイロット石田康二(石原裕次郎)は、クリスマスイブに
同僚の並木敬子とデートの約束があったが、田舎から父親が突然出て
くることになったため予定が空いてしまう。八丈島で破傷風にかかった
子供がいて、血清の在庫が尽きていたため、ちょうど島までのチャーター
機に便乗させてもらうことになった。しかし予定されていた双発機が
不調のため、セスナ機で行くことになり、石田が操縦することになる。
たまたま働く女性の取材のため航空会社を訪れていた新聞記者、長沼弓江
(中原早苗)が美談の記事になると強引に乗り込んでくる。しかし、チャ
ーター主の大橋一夫(二谷英明)は高跳びしようとしていた殺人犯だった。






この映画の裕次郎は女に翻弄された感じがあります。予定通りデートをして
いたらセスナに搭乗せずに済んだはずですが、敬子は別の男とデートしてい
ました。また、記者の弓江が持ち込んだコーラを大橋にぶちまけなければ、
高跳びはされてしまったかもしれませんが、裕次郎はピストルで撃たれる
ことはなかったと思います。

フライト前のチェックなどセスナの操縦がかなり細かく描写されるのでメカ
好きな人にはお勧めかも。

amazonプライムで視聴

石原裕次郎シアター DVDコレクション 14号 『紅の翼』 [分冊百科]

新品価格
¥2,980から
(2021/1/31 16:15時点)











【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10508638
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
Akioさんの画像
Akio
はじめまして。 映画が大好きで、現在も続いている午前十時の映画祭の第一回と第二回では上映作品100本全ての映画を鑑賞しました。 映画やテレビはたとえ架空設定のSFであっても、制作当時の時代を映しています。50歳を超えた今、特に邦画と日本のドラマは、過去の世相と風俗を振り返りながら観ていきたいと思っています。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。