広告

posted by fanblog

2021年01月09日

「ダメジン」

ササキ
「宇宙かぁ。俺さあ、昔、ブルー・スリーってウチューっているって思っててさあ。
なんか、さすがスケールでかいなぁなんて思ってたんだよ。アチョーじゃなくてウチュー
のほうが良かったのにな。」




「時効警察」の三木聡監督の劇場初監督作品。
2002年の制作であるが、プロデューサーの降板で公開が遅れ、
公開順では「イン・ザ・プール」、「亀は意外と速く泳ぐ」
に次ぐ第3作目となった。



川崎に住むリョウスケ(佐藤隆太)、ヒラジ(緋田康人)、カホル(温水洋一)
の三人組は働きもせずに遊んで暮らしていた。運が良いのか、なんとか食うには
困っていない。(冒頭、猫を捕まえて焼いている)

三人は、猫じじいの家に遊びに行った際、インドに行けば働かずに暮らせると
勧められ、インドへのあこがれを持つ。そして中盤、宇宙人から「インドに行
って世界を救え」と言われたと信じ、非合法な方法で金儲けを企み、インドに
行こうとするが...。




後に時効警察に出演する、緋田康人、ふせえり、岩松了が出演。そして初期の
ワハハ本舗に所属していた村松利史、元プロレス団体パンクラス所属の謙吾と
脇役がバラエティに富んでいます。

ヒロインは、やくざのササキ(篠井英介)の情婦でトルエン常習者のチエミ(市川実日子)。
3年ぶりに出所してきたササキと同棲を始めますが、振り回されっぱなしで気持ちが離れ、
リョウスケに想いを抱くようになります。

ササキは、遊んで暮らしている三人組に感化されたのか、組へのしのぎもそっちのけで子供
の頃に亡くなった母と行くはずだった鍾乳洞へ三人組と連れ立って旅行したり、憎めない感
じでした。(チエミと喧嘩して、みんなを乗せずにひとり車で帰ってしまいますが。)

大人になっても働きたくない、子供のままでいたいという方にお勧めです。

※温水洋一は当時42歳で25歳設定って(笑)。緋田康人は後に「半沢直樹」で人事部次長
 小木曽役で話題になりました。

ダメジン

新品価格
¥407から
(2021/1/9 09:52時点)





U-NEXTで定額見放題中。(2021/1/9時点で、1年以内に配信終了の予定はありません)



【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10458445
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
Akioさんの画像
Akio
はじめまして。 映画が大好きで、現在も続いている午前十時の映画祭の第一回と第二回では上映作品100本全ての映画を鑑賞しました。 映画やテレビはたとえ架空設定のSFであっても、制作当時の時代を映しています。50歳を超えた今、特に邦画と日本のドラマは、過去の世相と風俗を振り返りながら観ていきたいと思っています。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。