ファン
検索
プロフィール
chopin98さんの画像
chopin98
投資歴10年超。大勝ちも大負けも経験しながら何とか生き残っています。テクニカル、マクロ経済、需給バランスを組み合わせて日々投資をしています。
プロフィール
少しでもためになったら
下記のいずれかをクリックお願いします。 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
最新記事
最新コメント
悲観ムード、下落トレンド by fx-on寺崎 (10/02)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ

2018年02月18日

米債STRIPS債について

インタラクティブブローカーズ証券で米国債をみているが、通常の国債(NOTE)と割引債(SRTRIPS)を比較すると、日々変動はするものの、現在はSTRIPS債のほうがお得に買える状態。STRIPS債の割引率は、現時点の10年国債金利をもとに、10年後を100としてその現在価値はいくらかという計算を行い値付けをしている。しかし、これから明らかに金利が上がると思われる中、単純に現在価値をそのまま計算されハイわかりましたと買う人は少ない。とはいうもののいつまでも買わないのは機会損失なので、これらの思惑が拮抗して値が決まる。重要なのはSTRIPS債は途中で金利が変わることがないので購入時の重要性が非常に高くなるということ。一方、通常の国債(NOTE)に関しては、半年ごとに金利がもらえる。つまりもらった金利でその時点の新たな国債を買うことができる。これから金利が上がると見込んだ場合、STRIPS債のように再投資できない(ゼロックーポンなので)ものより、再投資できるほうが優位性が高いと考えられる。つまり、そうなった時、今買うとなればどちらが安く買えるか?言うまでもなくSTRIPS債である。先週金曜日に実際の場中で取引されている値を見ると、償還まで約10年のSTRIPS債で単利で3.26%というものがあった。投資をする上での一つの基準を測るには非常に重要な指標の一つであるので今後も定期的にはチェックしていく予定。
@私がアトピーを克服した ブログ
A私はスマホと自宅PCの通信費を とくとくBB に統一しコスト削減しています。
B私が使っている DMMのFX はスワップポイントが買い・売りが同じですので、戦略の変更に迷いが生じません。
Cハピタス経由で買い物すれば、ネットの買い物1%キャッシュバック。
D眉間のしわ。これ試す価値あると思います。 『ミケンディープパッチ』
EFXTF。MT4対応で国内FX業者の中では最もスプレッドが狭くていいと思います。私も使ってます
posted by chopin98 at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資・株
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7330652
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック