広告

posted by fanblog
ドライブ中車、いきなり運転している男性から、

「次どっち曲がる?」

と聞かれても

なかなかとっさに

答えられないことはありませんか。
   私は無理です…ne(;^ω^A




便利なカーナビの使用が珍しくなくなった現代では

男性自身が判断してくれることも多いですが



一般的に女性は地図を読むのが

苦手なようです。。。(ノω・、)   




どっち?って言われても…




しかし

jezebel.com』で紹介された研究によると、


女性も自信さえつければ、

男性と同じように

地図が読めるようになるというのです。ノ´▽`)ノ





ベストセラー著書

『話を聞かない男、地図が読めない女』

などの本には、



性別によって得意不得意があるのは

「男性は狩りに出て女性は家庭を守る」

という古代の役割分担が

脳の進化に影響したからと書かれています。




そのため、

女性は地図の理解や車の駐車などの

空間能力が劣る

と考えられているそうです。   まぁ。。ね…





その考え方に疑問を持った

英国ウォーリック大学の学者らの研究チームは、

自信」が大きな鍵を握るのではないか

と考え調査をしました。




まずは3次元の空間テストを大学生に受けてもらい、

自分の回答にどのくらい自信があるかを聴取しました。




その結果、

性別ではなく、

「自信の有無」がテスト結果を大きく左右する

ということが分かったのです。




自信が大きく関係…




次の調査では、

難易度が高い別のテストを受けてもらったあと、

学生を2つのグループに分けました。



それは本当のテスト結果が良い悪いに関わらず、

テストの結果が「平均以上だった」と伝えるグループと、

「平均以下だった」と伝える2つのグループです。




このように意図的に

彼らの自信をコントロールしたあと、

もう一度

3次元の空間テストを受けてもらうことにしたそうです。




すると、

やはり性別に関係なく

「結果が平均以下だった」

と伝えられたグループの

テスト結果が非常に悪かった

ことが分かりました。





一方、

平均以上と伝えられた女性の

空間テストの結果は良くなりました。




この調査結果から、

女性は空間能力に劣るのではなくて、

空間的なことに関して

自信がないのではないか

と研究者は考えています。




「女性は地図を読むのが苦手だ」

という思い込みが


女性の自信に影響して、

地図を読む能力を変えてしまっているのかもしれません。




ですが、

自信をつけてあげることで


空間能力が改善するのだそうです。




え〜わかんない!と言わずに…




自信や思い込みは思わぬところにも影響するのですね





これからは女性も苦手意識を持たずに

自信を持って地図を読んでみるといいのかもしれないですクローバー






そうすれば

案外男性を予想以上にサポートできるかもしれませんyo(。・∀・)y─





頭っから無理!と決めつけているところがあるので…私。。。  反省…






今日も最後まで読んでくださって本当にありがとうございます(*>∀<*)
自信を持って思い込みを克服できる一日でありますように
With loveハート矢




この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。