広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年01月02日

ブログをやってみた感想


明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


おこづかい稼ぎの1つにできないかな〜と始めてみた当ブログ。
結果的に、稼げるようになる気は全くしませんが、これからブログを始めようかな?という方に情報をシェアしたいと思います。


ブログを書き始めたのが昨年6月。

いろいろなサイトで言われているSEO対策の鉄則、
@1日1回は記事をアップする。
A3カ月(もしくは100記事)は続けてみる。
を守って、コツコツ書き続けていました。

ですが、日々のアクセス数は、ちょっと話題のネタの日で50件、さぼってしまうと10件以下、という感じで、全く増えて行く感じがしません。

3カ月は続けてみましたが、正直モチベーションも下がってしまい、書きたいことがある時に〜というスタンスになっていました・・・


12月、久しぶりにアクセス数を見てみると、記事をアップしていないのに、毎日コンスタントにアクセスがあるのに気付きました

しかも、よく見ると、アクセスが特定の記事に集中しているんです。

その記事というのが
【ドコモ】 有料コンテンツ解約で失敗・・・

9月まではほとんど読んでもらえなかった記事が、10月からはアクセスの半分以上がこのページ、12月になるとトップページのアクセス数を追い越していました。


急にアクセスされるようになったのは、
「ブログ開設から4〜5カ月経って、検索エンジンでひっかかるようになった」→「もともとよくあるトラブル」→「検索でアクセスしてもらえるようになった」ということなのでしょうか。

試しに「コンテンツ解約 失敗」で検索すると、google、Yahoo、楽天ともにこのサイトがトップに出てきました。


失敗談が人気記事に〜というのも不思議ですが、よく考えれば自分もネットを開くのは何か困った時・・・
「困ったを解決する系」ネタがやはり強いようです。


posted by ゆるり at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年11月24日

新しい洗濯機がやってきた  東芝 ZABOON 6kg


Y電気で購入して、すぐにやってきた新しい洗濯機。


東芝のZABOON6s。

【500円クーポン11/24 9:59迄】(標準設置料込)AW-6D6-T 東芝 6.0kg 全自動洗濯機 ブラウン TOSHIBA ZABOON

価格:63,700円
(2018/11/24 07:31時点)
感想(2件)


2017年型。昨年の型落ち品です。
インバーターの縦型洗濯機では、これが唯一(そしておそらく最後の)6sタイプだそうです。店頭では、これ以外は全て7s以上でした。

最近の洗濯機、特に縦型洗濯機は、スタイリッシュなデザインのものが多いようですが、これはちょっと前の「ザ・白物家電」の雰囲気です。


ちなみに、後継モデルは、今ドキでおしゃれなシンプルデザインになっています。

今年モデルの外観の方が好きですが、「作動中の洗濯槽の様子が見えた方がいい(後継機は蓋に透明部分がない)」「(二つ折れの)蓋の折れる位置が旧タイプの方がなじむ」という理由で、後継機7sは検討しませんでした。
「今ドキの洗濯機の寿命は7-8年ということなので、1〜2万といえども安く済ませたい・・・」というのもありました。


ちなみに、Y電気の店員さんは、今回購入したZABOON7sとあまり価格の変わらないパナソニックの非インバーター7sの2017年型を妙に推していました。その時期によってメーカー毎のノルマ?早く処分した事情?でもあるのでしょうか。
「子どもさんが大きくなると7s以上あった方がいい」「毛布を洗うには7s以上必要」とのことですが・・・



肝心の感想です。
いろいろな意味で、慣れるのに数日かかりました

まず、最近の洗濯機は全て、動作中は蓋がロックされて開かなくなっているそうです。
98年度くんの時は、蓋をあけっぱなしにして、注水しながら、洗濯物を入れて、洗剤を入れて・・・という手順でしたが、新しい洗濯機はそうできません。

衣服と洗剤を全て入れて、スイッチオン。あとは全て自動。蓋は開きません。
「洗濯物、もっと入るかな?追加!」というわけにはいきません。(注:一時停止すれば可能です。)

注水量も自動で選んでくれるのはいいのですが、蓋の窓からのぞいてみると、「ちょっと水少なすぎじゃ?」と思うことも。


それから、今ドキ洗濯機は、風呂水ポンプが標準でついています。
節水のため風呂水利用しているので助かるのですが、最初は勝手がわからずだいぶ戸惑いました。
「風呂水ボタン」を押してあるのに、どうやっても水道水が出てきてしまうんです

すわ初期不良かと思いましたが、動作開始時はまず水道水から注水、それを呼び水にして風呂水を汲み上げるという仕組みになんだそうです。
ちゃんと説明書読めよって話ですが


インバーターだけあって、音がホントに静かです。そばにいても、ほぼ水音しか聞こえません。
洗面所のドアを閉めていると全く音が聞こえず、ちゃんと動いてるかいな?と何度も見に行ってしまいました。
(98年度くんはかなり存在を主張しながら働いてたので・・・特に壊れかけてからはすごい音を発してました。)


さんざん迷った容量、6s。98年度くん(4.5s)とあまり変わらないような気が・・・
シングル毛布は何とか洗える感じです。
衣類はいずれにせよ数回に分けて洗うので、7sなくても今のところ困らなそう。


それから、一番気になるのが節水効果ですね。
次回の検針日が楽しみです。


必要にかられての大きな出費となりましたが、新しい家電はやっぱり気分がいいです。

posted by ゆるり at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年09月12日

ママ向けの無料マネーセミナーに行ってみた話A


ママ向けの無料マネーセミナー、保険の代理店主催だと保険の見直しや個人年金、証券会社の代理店だと投信にセミナーの重点が置かれる〜という違いはありますが、内容的には大体同じです。

@「子どもの教育費」&「老後の費用」→思っている以上に必要ですよ。
A貯蓄では増やせないので投資を。
B節約の面では、保険の見直しを。
という流れ。

A「投資」で説明されるのは、いかにリスクを減らすか〜という話。
*購入時期の分散と長期運用
*購入商品の分散
*税金の優遇制度を利用する
そして、投資信託の積み立てを勧められます。



同じと分かっているのに、保険入る気もないのに、なぜ参加するの?と思われそうですが
もちろん、無料ドリンクやスイーツにつられて〜というのは大きいですが、主催者によって得意分野が違ったり、時期によって新しい制度の話があったりして、情報のアップデートができるんですよね。

それに、こういう機会でもないと、家計の見直しも忘れちゃってるし・・・



最近参加したセミナーでは、iDeco(個人型確定拠出年金)のデメリットを詳しく説明してもらえました。

デメリット1 
所得控除の効果がない場合もある
納税していない専業主婦や、他の控除で目いっぱい還元されている場合

デメリット2 
毎年管理費がかかる
管理費より利回りの悪い商品(定期預金など)を選んでしまうと、毎年目減りすることになる。

デメリット3 
受け取り時は、退職金等と合わせて課税対象とされる。
退職金を多くもらえる人の場合は、仮にiDecoで損をしていてもiDeco分にも課税されてしまう。

イデコ、少し気にはなっていましたが、今のところ手を出さない方がよさそう。
何より、あくまで年金なので60歳まで引き出せないっていうのは、子育て世代にはアウトな気が。



マネーセミナー、企業主催なので最終的には保険や投信の話になってしまうのは分かりますが、ママ向け〜をうたうなら、雑談程度にでも日々の節約方法やおトク情報を教えてくれたらいいのになぁ〜と思います。

(どのFPさんも、スマホ代節約(格安SIM)の話はしますが、節電や新電力の話はあまり詳しくなさそうですし。
一度、男性のFPさんに家計簿のつけ方の相談をしたところ、「えっ?」という顔をされました・・・)



posted by ゆるり at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年09月11日

ママ向けの無料マネーセミナーに行ってみた話@


フリーペーパーなどでよく見かける「子育てママ向けマネーセミナー」の広告。
参加費は無料、さらに「ドリンク付」「スイーツ付」なんていうことも。

なにせ「無料」に弱いので、都合が合えば、参加してみることにしています。



こういうセミナー人気あるんだろうなぁ〜と思いきや、満員になることは意外と少なくて、たいがい参加できます。
「無料ということは、何かセールスされるんでしょ?」と敬遠されるのでしょうか。
はたまた、地方なので、興味をもつママさんが少ないのか。

確かに、基本的に「保険代理店」が主催されていることが多いので、「セミナー後に個別相談を→保険の見直し」という流れにはなります。

でも、個別相談はあくまで希望者だけなので、アンケート用紙の「希望しない」にマルをしておけば何も聞かれませんし、その後電話がかかってくることもありません。



一度だけ、「全員個別相談」の時間が設けられているセミナーがありました。

参加者は15名近くいたので、「どうやって待ち時間なしで相談するのかな?」思いきや・・・
講座終了後、会場後方にあった衝立が取り除かれると、FPさんたちがずらりと座っていました。

この時はさすがにちょっと 


いつもの断り文句、「身内に保険関係者がいるもので・・・」と話すと、営業はされずに済みました。
(身近に短期間ですが保険のセールスをやっていた人がいるので、半分ホントです。)



posted by ゆるり at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
最新記事
プロフィール
ゆるりさんの画像
ゆるり
地方在住のアラフォー主婦。まる(小学生)、みー(幼稚園)の2人の女の子のママです。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
検索
ファン
最新コメント
タグクラウド
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。