にほんブログ村 通販ブログへ
最新記事
(01/22)【アウトレット】キングジム ショットノートが処分価格!
(01/21)レノボの対象トラックポイント・キーボードが55%オフになるクーポン!
(01/20)1/21(土)17時から24時間限定!マカフィー リブセーフ 3年版(2016年版)が3,000円!
(01/20)山善(YAMAZEN) ダイニングこたつ(120×80cm)が送料無料の実質11,400円!
(01/20)山善(YAMAZEN) 電気ひざ掛け毛布(120×62cm)が送料無料の実質2,464円!
(01/19)Synology DiskStation DS916+ クアッドコアPentium N3710 1.6GHz CPU搭載4ベイNAS 8GBメモリモデルが送料無料の59,800円!
(01/19)DiskStation DS116 NASサーバー が送料無料の17,980円!
(01/17)楽しみながら目をリラックスできる「目がホリデー2」が25%オフの2,980円(税込3,218円)!
(01/16)一太郎/ATOKユーザーはお得に買える超小型メディアプレイヤー Media Wave Nano が実質5,748円!
(01/15)Miele(ミーレ)ロボット掃除機 Scout RX1 が送料無料の実質26,232円!
(01/14)HP Directplus 全品送料無料の96時間限定!特別セール!
(01/13)プロダクトキー・ライセンスキー復元ソフト「Recover Keys」が超特価の50%オフ1,980円!
(01/12)一太郎/ATOKユーザーはお得に買えるフルアルミの「USB3.0ハブ付デスクトップシェルフ」11,773円!
(01/12)レンズに合わせてマチが伸びるソフトなカメラケースが302円!
(01/11)ThinkPad Stack モバイルプロジェクター+Stack10000mAh パワーバンクのセットで送料無料の69,800円!
検索
QRコード(当サイトのURL)
スポンサーリンク(ショッピング)


デル株式会社
DELL 法人限定クーポン
NEC Direct(NECダイレクト)

ソニーストア
VAIO

EIZOダイレクト
ひかりTVショッピング







ソフマップ・ドットコム










アスース Shop
ツクモネットショップ
Just MyShop
Caravan YU

vector



ひかりTVショッピング

楽天ブックス

Qoo10
楽天メルマガ登録
JIN's オンラインショップ
クロックス 公式オンラインショップ

スポンサーリンク(旅行)
JAL 航空券予約
JAL 国際線
エイチ・アイ・エス

JTB海外航空券・ホテル

i.JTB(旧トルノス) 
agoda
ホテルトラベル
国内・海外格安航空券のena(イーナ)

スポンサーリンク(その他)

【イラストAC】
【写真AC】
【シルエットAC】
Edyアプリ
お名前.com
ADPRESSO
nend
特価情報ブログ リンク

人気ブログランキングへ
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
toku88さんの画像
toku88
安く旅すること、デジタルモノを安く手に入れること、そして安くても使いこなすことをモットーにブログを書いています。典型的なデフレ対応型なんだなと自覚しつつ、日夜物欲と対峙し断捨離を心がけるも、うまくいかない毎日であります。
mail.png
ファン

2017年01月22日

【アウトレット】キングジム ショットノートが処分価格!


LOHACOにて、【アウトレット】ながら「キングジム ショットノート(在庫処分品)」が特価で処分されています。何をするノート(文具)かといえば、ショットノート(レポート用紙)にペンで描いた文字や図形・絵などをスマホのカメラを使ってデジタル化するというデジタル文具です。ショットノートの四隅にはマーカーが印刷されていて、専用アプリを起動してスマホのカメラを向ければ、画面ピッタリに台形ゆがみも補正してデジタルデータ化してくれるという優れものです。個人的には愛用歴も長い方だと自負していますが、ロディアなどのノートより使いやすいと思います。
例えばノートとして使うなら、ルーズリーフのようなモノに書いて、後でScanSnap等のペーパースキャナで自炊的に処理して良さそうなものではあるのですが、これがちょっとしたメモの場合、案外面倒です。ショットノート以外の普通のメモに書いてスマホのカメラで撮影して誰かに送るような使い方は、誰もが試したことあるのではと思うのですが、一度見てしまえばそれで終わりのメモはともかく、それ以外のノートなどは、台形ゆがみが気になって、そのデジタル化したメモは綺麗に書き直しでもしない限り再度見る可能性は低いのではないかと思います。つまり、デジタル化したから安心という気持ちが先に出て、そのデータの活用はなおざりになりがちです。ショットノートの場合、本ノートはしっかりとしたノートで、紙質も良くて長期保存も可能ですので、デジタル化した後も紙のメモをためておけるというメリットは意外に大きいです。特に、データを取り込んだ後、さらにショットノートに追記したようなケースも、再度スマホカメラからデジタル化するだけで、追記前と追記後のデジタルデータの角の位置がほぼ一致するので、追記部分を一見で認識しやすいのはメリットだと思います。
禁断の使い方とされている裏技としては、ショットノートの枠だけを切り取りとって、ラミネートなどして強度増強し、あらゆるノートやメモにかぶせて、ショットノート化してしまう方法があります。あくまでもショットノートのアプリの方を活用する方法に過ぎませんので、すぐに捨ててしまう走り書き程度のものならこの方法がベストですが、紙のノートの方もしっかり保存して活用するつもりなら、はじめからノートとしてまともなものを使うのがベストです。そう考えれば、ショットノートは躊躇するほど高価なものではなく、アウトレットなら普通のノートより安いのでお得という感じになります。普通のノートとしても上質で使いやすいので、紙媒体からおさらばできない方にはオススメです。
posted by toku88 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文具

2017年01月21日

レノボの対象トラックポイント・キーボードが55%オフになるクーポン!


レノボ・ショッピングにて対象のキーボード3商品が2017年1月21日(土)・22日(日)の2日間限定で55%オフになるクーポン「JPAF0122」が出ています。
個人的に今回の対象商品3つのうち2商品(英語キーボード以外)を所有していてサブのデスクトップで愛用しています。オススメは上のリンクの ThinkPad トラックポイント・キーボード - 日本語 (0B47208)で、ノートPCの ThinkPad 的キータッチが好きな方には、快適に入力できるサイズにまとまっています。キータッチは心持ち重めで、軽やかと言うより少しばかりピアノの鍵盤をたたくときの感覚を覚えます。しっかり入力できてストレスがかかるようなこともなく、人間工学に基づいた心地良いと感じるキーを押した時の反発などの感覚を維持しているというのはまんざら嘘ではありません。このキーボードをわざわざ愛用する理由はトラックポイントが搭載されているという点でく、キーボードのホームポジションから手を動かさずに、指先でなでるだけで、ちょっとしたカーソル操作がストレスなしにできるのは、トラックポイントを使う醍醐味だと思います。一方、大画面モニタ(高解像度)で使用する場合には、長距離のポインタのコントロールが必ずしも快適とはいえないので、その場合はマウスとセットで利用(併用)するのがいいと思います。(ただし、カーソルの加速等を微調整すればある程度慣れます。)このモデルには、Bluetoothモデルもあって、私はそちらも使用しているのですが、スリープ状態からの復帰の際に入力がもたついたり遅れたりしてストレスになりますので、無線モデルにこだわらないのであればUSBケーブル有線モデルがオススメです。

ThinkPad トラックポイント・キーボード - 日本語 (0B47208)
  ・ThinkPad及びWindows8のFunctionキー対応
  ・Fn+EscでFunctionキーへの切り替えが可能
  ・ThinkPadやThinkCentreのボリュームや輝度などの機能の調整が行えます
  ・USBケーブルの長さ : 1.5m
  ・キーボードの角度を調整するチルト機能付き
  販売価格:9,720円
  ⇒期間限定特別クーポンでさらに《55%OFF》:4,374円

残りの対象2商品は以下の通りです。

 ■ThinkPad トラックポイント・キーボード - 英語 (0B47190)
  ・ThinkPad及びWindows 8のFunctionキー対応
  ・Fn+EscでFunctionキーへの切り替えが可能
  ・ThinkPadやThinkCentreのボリュームや輝度などの機能の調整が行えます
  ・USBケーブルの長さ : 1.5m
  ・キーボードの角度を調整するチルト機能付き
  -------------------------------------------
  販売価格:\9,720円
  ⇒期間限定特別クーポンでさらに《55%OFF》:4,374円

本製品は上の「ThinkPad トラックポイント・キーボード - 日本語 (0B47208)」の英語版ですので、仮名入力そのものを全くしない方には、こちらのキーボードの方が主要キーが広くて大きく配置されている分、使いやすいと思います。


 ■Lenovo ウルトラスリム プラス ワイヤレス キーボード&マウス - 日本語 (0A34053)
  <キーボード>
  ・ワンタッチでオーディオ・ビデオ再生、調整、ミュートが可能
  ・Fn キー操作によりアプリケーションを簡単起動
  ・使用電池 : 単4乾電池×2 (出荷時に同梱)
  <マウス>
  ・3ボタンマウス
  ・右手も左手も使いやすい設計
  ・レシーバーは未使用時にはマウス本体に収納が可能で持ち運びにも便利
  ・バッテリー・ライフ・インジケーター
  ・使用電池 : 単3乾電池×2 (出荷時に同梱)
  ------------------------------------------------
  販売価格:7,560円
   ⇒期間限定特別クーポンでさらに《55%OFF》:3,402円
タッチ感が優れた本キーボードは、サイズはコンパクトというほどではありませんが、タイプミスも少なく抑えられる絶妙なサイズだと思います。2.4 GHz帯ワイヤレス方式で、単4乾電池×2で駆動するタイプです。充電式ではありませんが、電池の消耗は頻繁に起こるわけでもないので、値段を考えると妥当な設計だと思います。個人的な感想でいえば、かつてのマイクロソフトの同価格帯のキーボードと似た感じがありますが、打鍵感はかなり違っていて、ことラマキーボードの方が重め、おそらく、他のThinkPadキーボードと比べても重めに感じます。打鍵音も静かではないのですが、キーボードとして悪いものではありませんので、価格を考えるとお得であることには間違いないと思います。
posted by toku88 at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC周辺機器

2017年01月20日

1/21(土)17時から24時間限定!マカフィー リブセーフ 3年版(2016年版)が3,000円!


ベクターPCショップにて、21(土)17時から24時間22(日)17時まで「マカフィー リブセーフ 3年版」が3,000円で販売されます。本日でも74%オフの3,900円で販売されていて、これでもお買い得感はありますが、どうせなら21日の17時まで待って3,000円でゲットするのがオススメです。本バージョンは2016年版、つまり旧版になりまして、昨年10月14日に発売された「Real Protect」を新搭載した新バージョンに「無償アップグレード」して使用するのが前提のソフトになります。もし、はじめから「2017年版 マカフィー リブセーフ シリーズ」をインストールしたいという方の場合は、下の参考リンク先にあるタイプを購入する必要が出てきますが、1年版で8,208円、3年版15,408円とあまりお買い得感はありません。ここは、一旦、本バージョン(旧版)を購入して最新版アップグレードが一番お得な買い方だと思います。
家族内では台数無制限に使えて、3年間のライセンス付ですので安いと思います。

2017年版にアップグレードして使用する場合、上のリンク画像の次世代マルウェア検索エンジン「Real Protect(リアルプロテクト)」が搭載されます。感染する度に形を変えるタイプ(進化型)
にも対応できるようになったのが、最大の特徴です。個人的に、この手のタイプのマルウェアに初めて感染したのは5年以上前のことですが、円高時代に海外通販にのめり込んでいまして、同時に英語版 WindowsXP を常用する環境で、海外のウェブサイト、特にいかがわしい販売系のウェブサイト、ブログを読んでいると、InternetExplorerを含めブラウザ等にツールバーなどを次々とインストールされ、デフォルトページを書き換えられ、通常手段で回復(設定を元に戻すなど)しても数度再起動すれば、再び不要なブラウザツールバーからスティッカーから起動してしまうという、困ったものでした。詳細は別の機会に譲りますが、この手のマルウェアは起動する度に姿を変えて、別の実行ファイルを植え付けてきますので、駆除がやっかいです。日本語版のOS使用者の感染は多くなかったようですが(どうやら日本語フォルダ名に対応していなかったようです)、英語版のOSは普通に感染いたしますので注意が必要でした。新バージョンでこのタイプのマルウェアに強くなったのは頼もしい限りです。
トップの画像リンクのように、台数無制限というのはWindowsマシンのみならず、Windowsタブレットやスマホ、はたまたMacに対しても本人と同居家族のデバイスの台数分インストールできますので、ホントにユーザーの現実を見据えたライセンス形態だと思います。同居していない家族の場合はインストールはできますが、後々ライセンス違反の警告をもらうことがあります(後々、ライセンス無効にされますのでやらないようにしてください)。何度もスマホやタブレットを衝動買いしたりして、台数が増えてしまうタイプの方(管理人のことですが)には、このライセンス形態は助かると思います(助かっています)。
本ソフトについては説明するまでもないと思うのですが、ウイルス検知・駆除ソフトでこのソフトの優れた点は未知のウイルス対処に強いという点です。個人的にはWindowsXPの時代に某社のウイルス検知ソフトから乗り換えて以来、ずっとマカフィーを利用しています。特徴的な「マルウェアの阻止率の高さ」がよく言われますが、マシンの負荷率が低いという点もも逃せません。「ウェブアドバイザー」など危険なサイトへのアクセスにたいして警告を発する機能も初心者にはありがたいと思うのですが、やはり本ソフトのコアである「ウイルス検出」が軽快に強力であるという点が、オススメできる一番の理由です。
AndroidやiOSに対しても、基本機能はしっかりしているので、会社などでPC用のウイルスソフトのライセンスを供与されている方であっても、自分のスマホ用のライセンスとしてゲットしておくのもオススメですよ。
(参考)

posted by toku88 at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

山善(YAMAZEN) ダイニングこたつ(120×80cm)が送料無料の実質11,400円!


楽天市場にて、23日の09時59分までですが、楽天スーパーDEALの「山善(YAMAZEN) ダイニング高脚こたつ WSD-L120(WB2)」が45%のポイントバックで、実質11,400円で購入できます。サイズは天板120×80cm、机の高さが70cmある高脚タイプで、色はウォールナットブラウン、布団不要タイプのホコリが立たないクリーンこたつです。カーボンロングヒーター採用で遠赤外線が多め、しかも、スイッチONですぐに暖かくなる速暖式ですので、ちょっと寒いなと感じる日なら、普通にすぐ使えます(氷点下まで冷え込む日は、このこたつでは役不足です)。電気代は「弱」モードだと1時間あたり約2.2円、「強」モードで約5.1円です。コード収納BOXもついているので、寒くない日はコードを納めて、普通にテーブルとして使えます。
実物の本こたつは、写真より高脚感が高めという感じです。こたつというより、テーブル・机という感じが強いですので、机として使用するのが前提なら、かなり使えるものだと思います(特に冬場は)。布団がないのと高脚タイプということで、行儀悪く寝転がるようなことはできないのと、机としてまともに使えるサイズ(天板の厚さも3センチばかりあります)ですので、一人暮らし、単身赴任の方には特にオススメのアイテムです。
タグ:楽天市場
posted by toku88 at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活家電

山善(YAMAZEN) 電気ひざ掛け毛布(120×62cm)が送料無料の実質2,464円!


楽天市場にて、21日の09時59分までですが、楽天スーパーDEALの「山善(YAMAZEN) 電気ひざ掛け毛布 YHK-551」が45%のポイントバックで、実質2,464円で購入できます。サイズはタテ120×ヨコ62cmの標準的サイズです。気になる消費電力も一時間あたり1.17円と経済的で、最近の電気ひざ掛け毛布には当然となった感のある「本体丸洗い(コントローラー以外)」と「ダニ退治」に対応です。パソコンに向かいながら、あるいはソファに座りながらの膝掛けのみならず、寒いときは布団の足下に、布団の上から乗っけておくとかなり暖かくて気持ちよく眠れます。個人的にはこのサイズが最も活用しやすく思います。
タグ:楽天市場
posted by toku88 at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活雑貨

2017年01月19日

Synology DiskStation DS916+ クアッドコアPentium N3710 1.6GHz CPU搭載4ベイNAS 8GBメモリモデルが送料無料の59,800円!




NTT-Xにて、Synology DiskStation DS916+ クアッドコアPentium N3710 1.6GHz CPU搭載4ベイNAS 8GBメモリモデル DS916+(8GB)が20日17:00までのタイムセール割引きで59,800円で販売されています。昨年の8月半ばに69,800円でナイトセールになったことがあったと思うのですが、その価格でも本機のNASとしての実力を考えれば安くて、今回の6万円切りはホントに安いと思います。本機は建前上はHDD別売のNASケースなのですが、実際は小型サーバーというべきもので、低価格帯のNASとは性能が段違いです。まず、搭載しているCPUがPentium N3710 1.6GHzかつ搭載メモリが8GB(一般的なモデルだとだいたい1GB未満)と、一昔前のデスクトップ以上のスペックを誇ります。(2GBメモリで十分という方は、2GBメモリ搭載モデルのDiskStation DS916+ クアッドコアPentium N3710 1.6GHz CPU搭載4ベイNAS 2GBメモリモデル DS916+(2GB)を選べば5,000円ほど安く買えますが、この価格差だと、OS・アプリをよりスムーズに動かせる8GBモデルの方がオススメです。)4ベイの内臓ドライブベイは10TBのHDDを最大で4台内臓でき、外部ポートにはUSB 3.0を3ポート、eSATAを1ポート、リンクアグリゲーションとフェイルオーバー対応したRJ-45 Gigabit LANを2ポート搭載しているので、小型サーバーと認識したほうがわかりやすいと思います。さらにHDDについては外部増設(拡張ユニット使用)にはなりますが、5台追加できて最大で9台のドライブ構成を組むことができるというプロ仕様です。通常のNASの場合、本体のベイを使い果たすと、次はベイのドライブそのものを大容量モデルに換装して、容量を増やすわけですが、本機の場合はベイを実質上増設できるわけで、使い始めに予測したデータ量が、思いのほか大容量だった場合の対応は極めて簡単です。ちなみに、最大5ベイを増設可能なオプション「DX513」は8万円近くするので、本機より高価になってしまいます(ので、本機を二台購入した方が楽しめるのではと考えてしまいますね)。この拡張オプションは本機とはeSATAケーブルで接続することになります(電源等も連動します)。
本機の特徴としてハードウェア暗号化エンジン(AES-NI)を搭載していて、暗号化をオンにした状態でも読み書きのパフォーマンスへの影響を最小限にしている点が挙げられます。通常で、読込225.91MB/s、書込221.04MB/sのものが、AES 256-bitの暗号化オンにしても読込225.83MB/s、書込209.35MB/s(データは公式サイトのスペックシートから)とパフォーマンスが低下しないのは、ハードウェア処理の利点です(ハードウェア処理しないモデルは実際パフォーマンスは半減します)。ビジネス用NASとしては必須のデータ暗号化が、意識することなく通常使用できてしまうのは、やはり入門用NASとは 一線を画すモデルだと思います。
本機のOSは Synology 社独自の「DSM」(DiskStation Manager)で、Linux ベースのものです。GUI操作に力点を置いてチューニングされており、ブラウザ上でさまざまな操作が行えるだけでは無く、サードパーティ製を含めた数多くのアプリを組み込むことで機能を自由に追加することが出来ます。メニュー類の日本語化も完成度が高く、わざわざ英語表記にして使わなくても日本語メニューのまま全部使い切れるほどです。
データ保護機能としては、DSMにスナップショットレプリケーション機能が(パッケージセンターから「Snapshot Replication」をインストールする必要あり )使えて、共有フォルダから仮想マシン上のデータに至るまで、高度なデータ保護を実現しているのも特徴です。最短5分間隔でデータの複製を作成し、複数の宛先に複数のバックアップを保存できるので、人為的にデータが書き換えられた場合や、喪失した場合でも5分前の状態にまで戻せる可能性があります。複数の宛先に対してバックアップできるというのもプロ仕様で、支点のデータを本社と別支店のデータセンターに保管できるというような使い方が出来ます。そして、スナップショットおよび複製の状況はタイムラインで確認できます。
データ共有機能についても、他のLinuxベースのOS搭載機より本機は少しばかり上を行っていて、Windows環境との親和性が高く、Windows ACL(Access Control List)に対応しているのが特徴です。例えば、共有フォルダに対して「読書可」「読取」「アクセスなし」などのアクセス制限では無くて、例えば、技術部に属するユーザーは「読書可」、さらに技術サポート部はそれらに加えてフォルダの作成も許可など、さらに詳細に制限することが可能です。
マルチメディア関連の機能としては、本機に搭載されているCPUには、グラフィック機能が内蔵されていて、動画のハードウェアエンコードが可能です。4K動画のトランスコードにも対応し、DSMで動作する Video Station(ビデオ管理機能) を使えば、スマートフォン向けの低品質の動画にオフライントランスコードすることも現実的な速度で可能です。
同じデータが、PCやスマートフォンでいつでもどこでも使えて、バッアップとしてデータを二重化するという機能はほとんど一般的になってきたところからして、NASはいままで、ファイルサーバー的なイメージが主でしたが、最近はクラウドストレージと同じような感覚で使うものに性格が移行してきている気がします。NASなら自前で用意できるので、第三者にデータを預けることなく、直接、相手とデータ共有できる点も便利です。
値段も安くなっているとはいえ、約7万円に加え、搭載するHDDは自前で別途用意しなくてはならないので、一般的なNASと比べれば、絶対的な金額は決して低くは無いのですが、低価格帯のNASとは別格の設定の柔軟性とファイル転送のパフォーマンスと全体的な完成度は保証されますので、興味がある方は(家庭用・個人用としても)使ってみていいんじゃないでしょうか。
尚、本機には「DiskStation DS916+(8GB) 20TB(Ironwolf 10TB HDD 2台搭載)DS916+(8GB)10TBSW23YSBKIT」という、Seagate(シーゲイト)社の10TB HDDを2台あらかじめ搭載したモデルがあって、同様のタイムセールで159,800円になっています。同様のHDDだけを入手したとしても、約50,000円前後で入手可能ですので、10TBのHDD2台を搭載して、50,000円ずつの合計10万という計算をすると、無難な価格だと思います。その他のSynology社のNASでタイムセールになっているものは「Synology(シノロジー) タイムセール」にありますので、狙っている方はチェックしてみてください。

タグ:NTT-X
posted by toku88 at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC周辺機器

DiskStation DS116 NASサーバー が送料無料の17,980円!




NTT-X Storeにて、Synology DiskStation デュアルコアMarvell ARMADA 385 1.8GHz搭載1ベイNASサーバー DS116 が20日17:00までのタイムセールで17,980円になっています。昨年の10月半ばのセールでは19,980円でしたので、スペックなどを考えるとかなりお買い得感があります。
CPU に Marvell Armada 385 88F6820 の デュアルコア 1.8 GHz を採用し、ハードウェア暗号化エンジンを搭載しているのが特徴です。モデルそのものはほぼワンボックスPCで、メモリは 1GB DDR3、USB 3.0 2×ポート、Wake on LAN/WAN 搭載の 1GbE LAN ポートを備えています。大きさは、166mm×71mm×224mm(高さ×幅×深さ)の700グラムしかありません。ドライブは搭載されていなくて、3.5インチ/2.5インチのSATA HDD/SSDを1台自分で取り付けます(使用できるHDDの最大容量は8TBです)。
最大の特徴は、通常で転送速度はリード 112.53MB/秒、ライト 111.41MB/秒ありますが、暗号化データの読み取り速度も 112MB/秒、書き込み速度 93MB/秒と、専用のハードウェア暗号化エンジンのおかげでパフォーマンスが低下しない点です。このパフォーマンスだと、常時暗号化して本機を運用することに抵抗がありません。USB3.0 ポートを利用すれば、外付けHDDにも高速転送できますので、高い拡張性も備えています。
ソフト面も充実していて、データを本機に保存して共有するというような使い方のみならず、「Cloud Station」 を使用して、Windows、Mac、Linux、iOS、Android、Windows モバイルデバイスなど、複数のデバイスの間でファイルを同期することができます。複数の DiskStation 間でファイルの双方向同期も可能でて。さらに、「Cloud Sync」を使えば Amazon Cloud Drive、Google Drive、Microsoft OneDrive、Dropbox、Box、Baidu Cloud との同期もサポートしています。有料クラウドストレージを利用していてある程度の容量がある方は、「Cloud Sync」はかなり価値のある機能で、データの喪失リスクを激減できます。さらに、DDNS サービス(無料)を利用して、本機そのものをクラウドサーバーにしてしまうことも可能です。
TV ストリーミングなど、最近は当たり前に思える機能もサポートされていて、SMART TV、Roku プレーヤー、Apple TV、Google Chromecast に対応しています。個人的には、Apple TV と Android TV と Chromecast ぐらいしか使ったことが無いのですが、海外製の NAS だけあって、話題のサービスには積極的に対応しているみたいです。写真を保存し、活用する「Photo Station」、音楽ファイルを保存する「Audio Station」など充実していて、iTunes を介して本機に保管されている音楽を聴くことも可能です。
意外に便利なのは、365日24時間無休で稼働するダウンロードセンターとしても、本機を活用できて、よくある画像に書かれた文字をタイプして、人間がアクセスしていることを確認なする CAPTCHA 認証にも対応しているので、むやみやたらにトラフィックが増えるような使い方にはならないのがいいところです。
いわゆる「NASキット」としては手を出しやすく、容量的には1ベイという限界はありますが、スペックとソフトも充実しているので、そこそこの実用的な NAS を探している方なら本機はかなり満足できる NAS だと思います。
タグ:NTT-X
posted by toku88 at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC周辺機器

2017年01月17日

楽しみながら目をリラックスできる「目がホリデー2」が25%オフの2,980円(税込3,218円)!


ソースネクストeSHOPにて、新発売の楽しみながら目をリラックスできる「目がホリデー2」が1月31日(火)まで25%オフの2,980円(税込3,218円)で割引販売されています。最近の高解像度高性能でディスプレイに、昔流行った3Dアート(サンプルは本文一番下の画像リンク)、紙面に印刷された模様を眼のフォーカスをずらすことによって、立体に紙面から浮かび上がって見えるという、立体視用の画像を表示してくれるソフトです。最大3台のパソコンにインストールすることが可能です。

この立体視が眼の筋肉(上のリンク画像参照)をストレッチすることが出来るということで、眼球のリラックス作用、視力回復効果などが期待できるというものです。個人的には、書籍の3D立体視アートを数冊所有していて、かなり昔に楽しんだ記憶があります。この立体視をするという作業が慣れないうちは難しく、初めての方は出来るようになるまでにしばらく時間を要すると思います。

立体視の方法は2種類で「平行法」と「交差法」がありますが、両者の違いは紙面(画面)より遠くに視点を撮るか手前に視点を取るかの違いですが、片方しかマスターしていない方はもう片方の方法もマスターするのがオススメです。眼のピント調節にかかわる筋肉(毛様体)が柔らかい人は、両方法とも案外すぐに出来るのかもしれませんが、普通の方は30分ばかりトレーニングして、出来なかったら次の日また30分という感じで、慣らしていくのがいいかと思います。いったん出来るようになると、まるで子供時代の逆上がりのように、筋肉がコツを覚えてしまいますので、次からは簡単にできるようになります。初めて3Dアートが見えたときは、自分はこんな見方が出きるのかと、爽快感に包まれると思いますよ。個人的には交差法はすぐにできるのですが、平行法はなかなか難しく感じます。平行法のコツは画面と眼の間隔を40センチ程度に保ち、頭は傾けず、画面を見ようとせずに(ピントを合わせようとせずに)、画面を突き抜けた裏に何かがある、見えるという感じで、ピントをその裏あたりに意識します。ピントを合わせようとする意識ではなくて、ぼんやりと眺めて自然にあっていく感じでできれば、3D視が出来るようになります。うまく出来ない場合は、画面の裏にあるもの(例えばモニター裏の壁)をずっと眺めつつ、ピントはそのままで視線を徐々にモニターに移すようにしてみるとうまくいくことがあります。交差法の方は比較的簡単で、画面と眼の間隔を40センチばかりとすれば、画面から15センチばかりのところをぼんやりと眺めていれば、ふと爽快な3Dアートが飛び出てくると思います。
久しぶりに、懐かしくなって、かつて購入した3D立体視アートの書籍を探し出して眺めてみましたが、紙媒体だと色が退化してしまって、飛び出る画像も色あせたものになっていました。この手の3Dアートは紙媒体で所有すると、いったん購入して立体視をマスターした後は、あるいはすべてのページの立体画像を確認した後は、そのまま本棚の飾りになりがちなので、電子媒体、出来れば本ソフトのようなアプリとして所有する方が実用的だと思います。特に、眼の筋肉のトレーニング用、リラックス効果を目的とする場合は、紙媒体より電子媒体の方がオススメです。本ソフトは50種類以上の画像が収録されていて、トレーニング用に3つの表示モードを備えています。「静止」モードは紙媒体のように、アートを普通に表示するだけで、まずはこのモードで眼の筋肉を慣らします。立体視がまだ出来ない方は、このモードで練習をすることになります。次に「拡大・縮小」モードで、画像がゆっくりと拡大縮小して、それにあわせて目の焦点を動かすトレーニング、そして「大きさを段階的に切替」モード、段階的に変化する画像の大きさにあわせて目の焦点を切り替えるトレーニングが可能です。また指定した時間に本ソフトが起動するタイマーも搭載しているので、長時間パソコンを使う人はありがたい機能だと思います。ただ、ゲーム中などでも自動起動するので、ゲームユーザーはゲームの種類にもよりますが、中断が致命的になるゲームの場合は要注意です。
個人的体感でも、普段動かし慣れていない目の筋肉を少なからず刺激するわけで、トレーニング後はある種の筋肉疲労でぐっすり眠れます。単純なソフトですが、だまされたと思ってやってみても、リラックス、肩こり解消などの効果は体感できると思いますので、オススメです。
3Dアートのサンプル

posted by toku88 at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2017年01月16日

一太郎/ATOKユーザーはお得に買える超小型メディアプレイヤー Media Wave Nano が実質5,748円!

icon
icon
ジャストマイショップ(Just Myshop)にて、「JUSTロゴ入 超小型メディアプレイヤー Media Wave Nanoicon」が一太郎/ATOKユーザーは5,998円のポイント5倍(250ポイント)、ジャストシステム製品ユーザは6,458円のポイント2倍(100ポイント)で予約販売しています(出荷は1月31日から)。一太郎もしくはATOKをお持ちの方がお得なのですが、それぞれ過去のバージョンのソフト(スマホ版などでもOKです)であってもユーザー登録さえしていれば、この割引価格で購入出来ます。ジャストマイショップは1,000ポイント以上ためないとポイントが使えないので、この点は注意してください。一太郎カラーのレッドですが、個人的にはフェラーリのロゴに置き換えたくなるようなレッドです。
icon
icon
上の画像リンクのような感じで、本製品は小型(69×78×16mm)のメディアプレーヤーで、本体にはHDDやメモリは一切搭載されておらず、USB接続したメモリやHDD、SDカードから動画データを読み込み、本機のHDMI端子から大型テレビなどに映し出す機能があるのみです。HDMIケーブルや車載用のシガーアダプターなどは標準で添付されていてすぐ使えるセットです。この手のメディアプレーヤーはシンプルにしすぎてしまって、リモコンまで省かれてしまうと使い勝手が著しく劣ってしまいがちですが、しっかりと31キーのリモコンが付属してくるのはうれしいところです。
本体中身は小型のPCというか、タブレットの集積回路部分を詰め込んだものという感じで、Linux OSとREALTEK製SOC RTD1185を採用しているのが特徴です。本機はネットワーク接続に全く対応していないので、この点は注意です。テレビなどと本機を接続すれば、アイコン表示でセットアップ画面が表れますので、普通のテレビの設定と比べて何ら難しいことはありません。
毎秒60フレームのフルハイビジョン映像が再生できるのはもちろんで、写真のスライドショーや音楽再生なども可能です。本機が使いやすいのは、XvidやWMV9、MPEG4の再生が出来るだけではなく、リッピング等で作成されたDVD-ISOやBD-ISOが直接再生できる点です(著作権保護されたものはもちろん再生できないことになっています)。しかも、レジューム機能も搭載しているので、前回の続きから再生できるのも便利です。
外付HDDをUSB接続して使うのもいいわけですが、最近はSDカードやUSBメモリが安く買えるご時世ですので、メモリメディアで本機を利用するのが、スマートで使い勝手が良いように思います。SDカードに使いは128GBまで動作確認されていますが、256GBでも動作するみたいです。ちなみにUSB端子はUSB2.0ですので、最近のUSB3.0の機器を接続してもUSB2.0の最大速度に制限されます。
本機の効果的使用法ですが、メディアに保存したflvやmp4のファイルを再生するのがメインではありますが、以外に語学学習や資格試験用のビデオ再生に、レジューム機能が便利な気がします。映画や音楽ビデオのみならず、学習メディアも本機と持ち歩いて活用すると、かなり効果的に活用できそうに思います。

2017年01月15日

Miele(ミーレ)ロボット掃除機 Scout RX1 が送料無料の実質26,232円!


LOHACOにて、ドイツの家電ブランドの「Miele(ミーレ)のロボット掃除機 Scout RX1」が58%オフの35,800円、ポイント26倍還元で実質価格26,232円で購入できます。iRobotの模倣的アイテムですが、方向転換を測定するジャイロセンサー、1分間に数回天井をスキャンする内蔵デジタルカメラ搭載、ルートに沿って正確に室内を進んで壁際や手の届かない場所も隙間なく掃除してくれる仕様は当然として、フル充電で約120分間の連続運転ができますので、部屋数の多い家にも対応します。充電が残り少なくなると自律的に充電ステーションに戻るので、スタートボタンを押して出かけるだけで、ほぼ何もしなくていいカシコイロボット掃除機ということでしょうか。
iRobot Roomba(ルンバ) は少し高いので、本機はそのほぼ半額程で手に入るわけですが、実は発売当初は、後発の本掃除機の方が売価が高いことがよくありました。後発ゆえか、清掃能力は思ったよりも高く、しかも静かなので少し驚きました。あちこちサーチしながら掃除を進めてくれるわけです(ぶつかりにくい掃除機ということですが、時折ぶつかることもあります)が、衝撃吸収材パンパーのおかげで、ぶつかった場合でも家具に傷がつくというようなことはありません。ペットが本機の障害物になってもぶつかるようなことはありませんでした。動作用の車輪も柔らかくてフローリング材の床にも傷はつかないようになっています。絨毯、畳、フローリングと部屋をまたがる動作も良くできていて、エラーになることもなさそうですが、標準設定(HI)のままだと、床に物干し竿程度の物体(2センチ程度の高さのもの)を置いておくと、ここはまだ十分な知能が備わっていないのか、乗り越えようとしてエラーになります。設定を(LO)にすると、乗り越えようとする無茶はしなくなります。それでも、5ミリ程度の段差(ハンガーなどを床に置いていた場合など)ならチャレンジしてしまいますので、あくまで、シンプルな障害物が少ない部屋用と考えた方が良いかもしれません。ちなみに、本機の動線は一筆書きで周回するので、さすがロボットと思う見事さです。
個人的に思うのは、フローリング材に関しては、ロボットごときのお世話にならなくても自分で掃除できますが、絨毯の部屋は正直なところ掃除機がけが億劫で、こまめに掃除してやらないとゴミや埃が絨毯の奥に入り込んでますます掃除が難しくなります。そんなときに、毎日、出来れば12時間おきぐらいに絨毯の部屋だけ、本機に担当させてみたいわけですが、絨毯の縁がポイントで、例えば装飾が来られたフリル状の縁になっているものは、ローラーブラシが、そのフリルを巻き込んでしまいエラーになることがあります。この点は、絨毯のデザインを選ぶと考えておくのがいいと思います。一般的なオフィスで用いられるようなシンプルな絨毯なら問題はありません。
購入前にチェックが必要なのは、なんといってもランニングコストかと思います。ローラーブラシは定価4,860円で、が約2年に一度は交換、サイドブラシは定価3,780円で、部屋の壁際や隅を掃除してくれるもので、一年に一度の交換とあるのですが、絨毯メインならローラーブラシはやむを得ないにしても、サイドブラシはメンテナンスをこまめに行えばもう少し長く使えそうです。あと、エアクリーンフィルタの4枚セットがが定価2,916円で、これは室内の空気に汚さないためにも、絨毯メインで使用する方は計算に入れておく必要があります。全体的に、ロボット掃除機はランニングコストが高めですが、サードパーティ製の廉価版オプション使うなどして、コストをどう下げるかも考えてみるのが良いかと思います。用途を絞ってまがいなく便利で掃除を助けてくれますので、お手頃価格で入手したい方には、安くなっている本機が狙い目だと思いますよ。「5のつく日、エントリーで最大T-POINT26倍」のエントリーをお忘れなく。
タグ:LOHACO
posted by toku88 at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活家電