にほんブログ村 通販ブログへ 家電
とくとくまる別館
とくとくまる別館

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
最新記事
(09/22)PDFの申請書に文字入力できる「瞬簡PDF書けまっせ7」が45%オフの3,980円!
(09/12)文字を打つだけ、自然な音声で読み上げてくれる機械ナレーションソフト「かんたん!AITalk3 5話者パック」が86%オフの1,980円!
(08/20)web動画が録画できる Audials One 2018 が半額の3,400円!
(08/17)Corel 1周年記念パックが59%オフの69,800円!
(08/14)4ベイNAS「ReadyNAS 524X 89,980円!」を買えば、2ベイNAS がタダでもらえる!
(08/10)DriveClone 11 Workstation が半額の4,400円!
(08/09)Seagate Guardian Barracudaシリーズ 内蔵HDD 4TB が送料無料の7,980円!
(08/03)Acer Aspire XC (i5-7400/8GB/1TB HDD/Win10)が送料無料の49,980円!
(07/23)スキャナ不要で書類をデジタル化する「ピタリ四角3」が半額の1,980円(税抜)!
(06/02)「本格翻訳9」など、衝撃の最大95%OFF!48時間限定セール!
(05/22)PHILIPS 21.5型 AH-IPS ワイド液晶ディスプレイが送料無料の9,980円!
(05/22)[休憩ネタ] 西友のアンケートで50円引き条件変更になるみたい
(05/15)超オススメなビデオ編集ソフト「VEGAS 全部パック」が音楽ソフトの発売記念キャンペーンの90%割引の19,800円(税込21,384円)!
(05/14)ベンキュー 28型 フルHD LCDワイドモニターが送料無料の15,980円!
(05/10)重複ファイルを一括削除できる「Duplicate Files Fixer」が60%オフの1,980円!
スポンサーリンク(ショッピング)
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


ポイント高還元のクレジットカード



デル株式会社
DELL 法人限定クーポン
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
ソニーストア
ソニーストア

ひかりTVショッピング
EIZOロゴ







ソフマップ・ドットコム











ツクモネットショップ




ひかりTVショッピング
Just MyShop ホームセンターのコメリ・ドットコム




ベルメゾンネット
クロックス オンラインショップ

スポンサーリンク(ゲーム) ドラゴンクエストモンスターパレード
スポンサーリンク(旅行)
海外旅行に最適なクレジットカード


JAL 航空券予約
JAL 国際線
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】




agoda
国内・海外格安航空券のena(イーナ)




Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


スポンサーリンク(その他)










【UQ mobileご契約促進プログラム】格安スマホのUQモバイル






 【AT独占】クラウドモバイル
mixhost

エックスドメイン

【イラストAC】
【写真AC】
【シルエットAC】
Edyアプリ
お名前.com
楽天ブックス
特価情報ブログ リンク

人気ブログランキングへ
カテゴリーアーカイブ
検索


QRコード(当サイトのURL)
プロフィール
toku88さんの画像
toku88
安く旅すること、デジタルモノを安く手に入れること、そして安くても使いこなすことをモットーにブログを書いています。典型的なデフレ対応型なんだなと自覚しつつ、日夜物欲と対峙し断捨離を心がけるも、うまくいかない毎日であります。
mail.png
ファン



CyberBookStore
Hong Kong Hotel 50% OFF(HKEN)
Today's Top Deals
スポンサーリンク(総合)


2018年09月22日

PDFの申請書に文字入力できる「瞬簡PDF書けまっせ7」が45%オフの3,980円!




ソースネクストeSHOPにて、PDFに文字を打ち込める「瞬簡PDF書けまっせ7」が45%オフの3,980円(税込4,298円)で販売されています。

と書いてしまうと、Wordで作ってPDFを作るのに、書き込む必要があるのかと思う人が多いと思うのですが、このソフトはそのような使い方をするのではありません。


いわゆる画像系のドキュメントをスキャン、もしくはデジカメ読み込みしてPDFファイルにしたものに、書き込めるのが特徴です。

具体的な例としては、役所や何かの会員申込書など紙に書いて提出することを求められる場合に活躍します。その申請書、申込書をスキャンして、ソフト上で入力すべき部分にテキストボックスを作成します。そして、そのテキストボックスに、例えば氏名や郵便番号、金額などを打ち込むだけです。

カメラで撮影したような申請書や手書きの申込書は、マニュアルでテキストボックスを作って打ち込む方が早いと思いますが、きちんとした申請書ならソフトが入力枠を自動認識します。

報告書や経費関係の書類で金額を打ち込むことが多い場合は、テキストボックスに計算式を設定することもできます。簡易エクセルの機能ですが、単純な合計金額のみならず、作成年月日や最大値や最小値あたり常用関数は搭載されているので、表計算ソフトを使ったことがある方なら誰でも使いこなせます。
使いたい関数が搭載されていなくても、自分で数式を打ち込めばほぼ対応できますので、日常生活で使う程度の書類であればほぼ対応しているといえると思います。

スキャンしたフォームで使うケースがどれくらいあるのかわからないのですが、差し込み印刷にも対応しています。
一度きりの申請書、申込書の場合は本ソフトの活躍の場はなさそうですが、毎年同じことを金額と日付を変えて提出するだけのような書類なら、一度作ってしまえば後はデータを流し込んでプリントアウトするだけですので便利です
  ブログランキング・にほんブログ村へ 家電 

2018年09月12日

文字を打つだけ、自然な音声で読み上げてくれる機械ナレーションソフト「かんたん!AITalk3 5話者パック」が86%オフの1,980円!


ソースネクストeSHOPにて、入力したテキストを人間がしゃべっているような自然な声で読み上げてくれる、人気ナレーションソフトの最新版「かんたん!AITalk3 5話者パック」が9月18日(火)まで、86%オフの1,980円で販売されています。読み上げるスピードや声の高さを調整できて、イントネーションを細かく修正することもできます。声は5パターンで女性4種、男性1種類あります。

このソフトの特徴である簡単操作は前回のバージョンからそのままで、ほとんど調整なしで普通に聞き取れる音声を合成してくれます。微調整すれば普通の違和感ないナレーションにまで高められるので、簡単解説ビデオなどにナレーションを入れたりする活用ができます。今回のバージョンから「抑揚」の調整ができるようになっているので、ちょっとした感情表現も合成できます(上のリンク画像)。

過去のバージョンでは、文と文、キーワードとキーワードの間のポーズの調整が課題で、必要ならばビデオ編集ソフトや波形編集ソフトなどで自前でポーズを挿入したりと手間でしたが、本バージョンから「記号ポーズ設定」という機能が加わり、5種類の記号に対してポーズ長を割り当てることができるようになっています。つまり、ポーズを入れたい箇所に記号をを入れておけば、音声合成時にポーズを挿入してくれるという、シンプルながらとても重宝する改良点です(上のリンク画像)。音声ファイル形式も、前バージョンまでは16KHzでしたが、22KHz 16bit PCM に向上しています。
本ソフトを利用法ですが、自作ビデオのナレーションのみならず、タイマーの目覚まし音、暗記用の音声ファイル作成など、活用の場は広いです。ただし、個人利用限定ですので、業務利用、商用利用はできない(許されていない)ので注意してください。個人レベルで、動画にナレーションを加えて、YouTube等にアップロードするのはセーフです。
標準の5話者に加えて、関西風話者2種を加えた7話者パック「かんたん!AITalk3 7話者パック(関西風話者付き)」はプラス2,000円ですので、関西風が好みな方は、そちらを選んでも良いかもしれません。個人的には初期のバージョンから使用していますが、バージョンアップしてもインターフェイスは相変わらずシンプルなのに、合成音声だけは毎回アップグレードして自然に聞こえるようになっています。過去バージョンをお持ちの方もアップグレードは考えてみる価値はあると思います。リンク先に「デモンストレーション」で合成音声の体験ができますので、興味ある方は試されてみてはと思います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 家電 

2018年08月20日

web動画が録画できる Audials One 2018 が半額の3,400円!


ソースネクストeSHOPにて、YouTube に代表される WEB 動画が簡単に録画できる「Audials One 2018」が半額の 3,400円(税込3,672円)で販売されています。割引期間は8月26日(日)まで。


個人的には、数年前の Audials One 2016 から利用し続けていて、UI も変化せず対応サイトが増えています。対応サイトは YouTube、ニコニコ動画、Netflix、GYAO!、Amazon、Hulu、DMM.COM、WOWOWメンバーズオンデマンド、スカパー!オンデマンド、NHKオンデマンド、フジテレビオンデマンド、日テレオンデマンド、TBSオンデマンド、TSUTAYA TV、 U-NEXT、DAZN、AbemaTV などになっています。よく使うのは YouTube あたりですが、度重なる YouTube 側の仕様変更にも対応し、安定して録画できます。
録画と書きましたが、対応サイトの場合はサイトの動画ファイルそのものを保存するので、画質劣化などはありません。対応サイトでない場合は、PCの画面をキャプチャして保存することになります。画面キャプチャで保存する場合は、途中でメールを受信したりして雑音が入ると、それも録画されてしまいます。
録画したファイルは、フォーマット変換できるので、スマホなどに転送して閲覧することも可能です。動画のみならず音楽ファイルも同様にできます。
そのほか、インターネットラジオの視聴と録音に対応、DVDの録画機能などの機能も搭載されています。
気になるライセンスですが、インストールはPCに3台まで、しかし同時に使用できるのは1台だけというものになっています。本ライセンスでは3台のPCで同時録画とかはできません。
録画機能は優れていて、PCへの負荷も小さめですので、WEB動画を録画したいという衝動に駆られる方はオススメです。
  ブログランキング・にほんブログ村へ 家電 

2018年08月17日

Corel 1周年記念パックが59%オフの69,800円!


ソースネクストeSHOPにて、Corelの人気ソフト6本とガイド4本を収録された「Corel 1周年記念パック」が59%オフの69,800円(税込75,384円)で販売されています(8月31日(金)まで限定)。
金額から見ると、安いのか一瞬判断が停止する感じですが、6本の収録ソフトが秀逸ですので、そのうちの二つを利用する人であれば、値打ちのある金額です。3本以上利用する方だと、おつりがくる感じです。

収録されている6本は「VideoStudio Pro 2018」、「PaintShop Pro 2018 Ultimate」、「WinDVD Pro 12」、「CorelCAD 2018」、「Painter 2019」、「Roxio Creator NXT Pro 6」、付属するガイドは『すぐわかる!「PaintShop Pro」』『すぐできる! Corel PaintShop Pro 完全リファレンス』『すぐわかる!「VideoStudio」』『Corel Video Studio 2018 PRO/ULTIMATE オフィシャルガイドブック』の4本になります。
最近の流行であるビデオ編集主体の構成なのか「VideoStudio」を推しているようですね。当サイト的にはビデオ編集ソフトとしては「VEGAS」をイチオシなのですが、手軽に初心者でもビデオ編集が行えるので捨てたものではありません。本1周年記念パックに入っているものは正確には「VideoStudio Pro 2018」でノーマルの「VideoStudio」の上位版になります。

ビデオ・DVD編集 VideoStudio Pro 2018


「VideoStudio」の上位版で、GoProに代表されるアクションカメラの広角動画のひずみを補正する「レンズ補正ツール」機能などが加わっています。ドライブレコーダーで録画したビデオのナンバープレートにひたすらモザイクをかけ続ける「モーショントラッキング」も便利な機能でよく使いそうですね。もちろん、HD、4Kビデオに対応しています。

画像編集 PaintShop Pro 2018 Ultimate


基本的には Photoshop を使っている人には、さほど必要なソフトというわけでもないのですが、Adobe 製品はライセンスを毎年更新せねばならず、高くて買うのをためらっている人には、このソフトでほぼ同等のことができます。付属するのは Ultimate 版なのでカメラのRAW現像をする「Corel AfterShot 3」やペインティングソフトの「Painter Essentials 5」が付属してきます。AfterShot は RAW 現像する人にはありがたいものだと思います。アンチ Adobe の方はこのソフトを Photoshop の代用以上の働きをしますので、持っていて損はないと思います。

Blu-ray&DVD再生 WinDVD Pro 12


DVD画質をブルーレイ並みに向上させる機能などが話題のメディア再生ソフトです。 Dolby や DTS のサポート、好きなシーンのキャプチャやプレイリスト作成など、一通りのことは当然できます。再生速度が最大で二倍、二分の一のスローに設定できることなども特徴ですが、フリーの再生ソフトとの大きな違いは、NVDIA、Intel、AMDの新しいCPUとGPUに最適化されている点でしょう。結果的に、重い処理を行っているにもかかわらず、再生品質は安定しています。

CAD ソフト CorelCAD 2018


当サイトのイチオシCADソフト「CorelCAD」です。マニュアルは PDF で提供されますが、まともに使える内容になっていないため、使いこなしたい方は何らかの参考書を入手する必要があります。原則、AutoCAD 互換ですので、AutoCAD の 2D 用の参考書で事足ります。3D で作成して 2D に落とすような使い方はこのソフトでは面倒ですが、2D から 3D の定石は完全にフォローしていますので、2D CAD が使えて AutoCAD になじみがある方は普通に使えるソフトです。

デジタルアート Painter 2019


Photoshop を持っている人でも、このソフトだけは欠かせないという人が多いデジ絵師御用達の「Painter」です。写真をトレースするような使い方より、一から絵を描くような使い方をします。鉛筆、パステル、水彩、油絵、筆、エアブラシなどさまざまな画材や筆致をリアルに再現するというのが、このペイントソフトの最大の特徴で、処理が複雑で重い分、i7クラスの高速CPUと8GB以上のメモリ、そしてペンタブレットは必須になります。

ディスク作成 Roxio Creator NXT Pro 6


当ソフトが Windows95 時代にデビューしたころは、Adaptec 社から EZ CD Creator という名前でしたが、その時代から、変わりゆくメディアに対応して生き残っている名門ソフトといっていいと思います。
メディア作成は当ソフトの本業ですが、「暗号化機能付き Roxio Burn 4」やビデオ編集などの副次的な機能も充実させています。


まとめ


個人的には「CorelCAD 2018」と「Painter 2019」を使うので、この二つ分で十分元は取れるのですが、「Roxio Creator NXT Pro 6」も付属してくるなら使ってみたいと思います。「VideoStudio Pro 2018」はいくつかのフィルターに興味があるので、VEGAS とともに使うと思います。「PaintShop Pro 2018 Ultimate」はかつてのバージョンは高速軽快が売りでしたが、新バージョンはどんな感じなのか興味のあるところですね。使うソフトが2つ以上あれば、手を出してみる価値はあるパッケージですね。
  ブログランキング・にほんブログ村へ 家電 

2018年08月10日

DriveClone 11 Workstation が半額の4,400円!


ベクターPCショップにて、Windows 用の HDD クローン作成ソフト「DriveClone 11 Workstation」が半額の4,400円で販売されています。さらに 1,000円 追加すればバックアップメディアがメーカーより直送されます。

同様のHDDクローンソフトは無償・有償を含めて他社からもいくつかありますが、本ソフトの特徴はクローンの作成速度が速い点に加え、クローン化パターンが複数あり、どれも信頼性が高い点が挙げることができます。
通常の同型HDDへのクローンは、他のソフトと同程度、多少速いというレベルですが、よく使う別サイズのドライブへのクローンなどは、本ソフトのほうが高速です。特にクローンから起動する場合は、あらかじめデフラグされている分、速度向上が体感できます(HDDの場合)。また、馬鹿正直にクローンするのではなく、キャッシュファイルに代表される不要ファイルを除外してクローン作成することもできますので、時間短縮のみならずコピー先のドライブ容量節約にもなり、特にコピー先がSSDの時には重宝します。

一部のクローン作製ソフトやハードウェアでは、コピー先のドライブはコピー元より容量が大きい必要があるのですが、本ソフトはそれにとらわれず「容量の大きな HDD から容量の小さな HDD(SSD) へのクローン作成」が可能です。


ミラードライブはRAID-1とほぼよく似た結果が得られるクローンで、増分バックアップ機能やファイル履歴に対応した差分バックアップ機能と合わせて、別ディスクにを丸ごとミラーリング(コピー)する機能です。RAIDとは違い、リアルタイムのコピーにはなりませんが、それでも障害発生時には、ミラードライブからそのまま起動して復旧できますので、システムリカバリなどの後々設定手間がかかる復旧より高速で、いわゆる RTO 0秒になるのが特徴です。
有償ソフトならではの機能としては、コンピュータシステム全体のクローンを仮想ディスク用フォーマットに変換して、VMware や Hyper-V に直接マウントして中身にアクセスできる「仮想ディスクに変換」は強力です。システムのアップグレード時など、以前のOSにアクセスしてドライバ、ハードウェアの動作などを確かめるなど、人によっては応用範囲の広い機能だと思います。

さらに、「UEFI コンピュータ」対応しているのも特徴です。おかげで、大容量ハードディスクをそのまま起動ドライブにすることや、3TB 以上のHDDも普通に気にせず使えます(クローンできます)。そして、クローン化したハードディスクを「ユニバーサルブータブルフォーマット」として保存すれば、別のコンピュータ上でクローン化したハードディスクを起動することもできてしまいます。


全体的に見て、クローン作製ソフトとしては十分な機能を備えているので、頻繁にクローンを作成する方はもちろん、システムの入れ替え、ドライブの換装を素早く行いたい方、近々新しくPCを購入してHDDの中身を移し替えなどの予定がある方は、特価中にゲットしておくのがおススメです。
  ブログランキング・にほんブログ村へ 家電 

2018年07月23日

スキャナ不要で書類をデジタル化する「ピタリ四角3」が半額の1,980円(税抜)!


ソースネクストeSHOPにて、新発売のスキャナ不要で、絵画や写真をデジタル化するソフト「ピタリ四角3」が7月29日(日)まで標準価格3,990円の50%割引、税抜1,980円で販売されています。
何をするソフトかといえば、デジカメやスマホで撮った写真を遠近補正をかけて四角にするという簡単なソフトです。



例えば、スキャンするにも大きすぎるような絵やポスター、駅の看板などをカメラで撮影して、本ソフトにかけると肝心の絵のデータ部分を四角で遠近・台形歪み補正して書き出してくれます。外出先でスキャナを持っていないときに書類を撮影して、本ソフトで補正というプロセスでデジタルドキュメント化できるというのが売りです。といっても、スマホを活用している方は同様の機能があるスマホアプリがありますので、そちらを使っている方も多いと思います。私自身もいくつかそのようなソフトを iPhone で使っていて、素早くうまく絵を切り抜くことが出来ず、結局写真のまま加工せずに保存したデータが増えつつあります。本ソフトはこの手の写真データをパソコンに転送した後、ドラッグ&ドロップするだけの簡単操作で、マウスで切り取る部分(四角部分)を大画面で調整しながら作業を進められてスマホやタブレットより快適に作業が出来ます。複数の画像をまとめて一括処理できるのも便利な点です。ただコアの部分でやっていることは、前述のスマホのスキャンアプリと同じですので、スマホのアプリで十分使いこなせている方には不必要な感じもします。
前バージョンも同様のことが出来たわけですが、自動認識のレベルが低かったりと、価格相応な感じでしたが、新バージョンではかなり改良され、いくつか機能が追加されています。切り抜き部分の自動認識モードについては、コントラストがしっかりしていないときちんと自動認識しないのはご愛敬というか、あらかじめ切り抜く部分をしっかりと意識して撮影した写真を用意した方がよいようです。また画像がフレームからはみ出ているようなものや、一部のみを接写したような写真の場合は、原則手動で切り抜く方が安全です。新規追加された機能としては、暗く写った画像やフイルムカメラでの撮影当時の色合いを復元する「退色補正機能」や肉眼で見た風景により近い色彩を再現する「HDRエフェクト機能」がありますが、個人的にはオマケに見えてあまり使わない機能です。一方、縦位置の写真を横位置にもどす「画像回転機能」や文字を写真にすると、周辺がぼけてしまって読みづらくなるのを補正する「文字くっきり補正」などは普通に使えるので有益だと思います。

さらに、スマホアプリではあまり対応していない、元の画像をはみ出した位置での頂点指定する「枠外の選択」が可能で、全体としてしっかり四角形を指定して補正できるのは、作業を進める点で助かる機能です。

利用可能なファイル形式は jpg/png/bmp/pdf で、画像保存時には元の解像度を落とさずに補正できます。対応OSはWindows 10/8.1/8/7/Vistaで、3台まで利用可能なライセンスです。
スマホのスキャナアプリでもよく似た機能を持つモノがありますが、複数ファイルをまとめてドラッグ&ドロップするだけで、その複数の画像ファイルをまとめて変換というのは、スマホではできない技ですので(もちろん自動で保存されます)、この点を重視される方はなかなか使えるソフトだと思います。
  ブログランキング・にほんブログ村へ 家電 

2018年06月02日

「本格翻訳9」など、衝撃の最大95%OFF!48時間限定セール!

ソースネクストeSHOPにて、6月3日(日)まで、「ソースネクスト 救出ファイル復元」「ソースネクスト マカセル 自動バックアップ」「本格翻訳9」「いきなりPDF for 自炊」「B’s サウンドレコーダー」「ズバリ画像変換」「高画質素材 MIXA 食材編」「B's DVDビデオ 3」「EzPhoto3」が、大半1,000円未満で買える大幅割引きが行われています。1,000円を超えるものは、「高画質素材 MIXA 食材編」と「B’s DVDビデオ 3」だけです。
すでに多くの人が、何らかの形で所有している可能性の高いソフトですが、お持ちでない方は、必要なものだけ割引きセール中に買ってしまうのもいいかもしれません。


ソースネクスト 救出ファイル復元 消したファイルを強力復元
(86%OFF)500円

ソースネクスト マカセル 自動バックアップ 大切なファイルを自動で守る
(86%OFF)500円

本格翻訳9 NEC翻訳エンジンがさらに強化
(69%OFF)900円

いきなりPDF for 自炊 充実の最適化機能
(83%OFF)800円

B's サウンドレコーダー パソコンで再生できる音声なら、どんな音声も録音できる
(73%OFF)500円

ズバリ画像変換 サイズやファイル名を一発変換
(74%OFF)500円

MIXAの高解像度素材集
(95%OFF)1,200円

B's DVDビデオ3 簡単DVDビデオ作成(オーサリング)
(67%OFF)1,280円

EzPhoto3 カメラ撮影時の色を忠実に再現
(86%OFF)900円
  ブログランキング・にほんブログ村へ 家電 

2018年05月15日

超オススメなビデオ編集ソフト「VEGAS 全部パック」が音楽ソフトの発売記念キャンペーンの90%割引の19,800円(税込21,384円)!


ソースネクストeSHOPにて、当サイトが毎回イチオシしている VEGAS シリーズが新バージョン「VEGAS/The Chance 4 New legends」で5月31日(木)まで限定で「VEGAS 全部パック」が割引率 90%になっています。
ゴールデンウイーク中にも同額でキャンペーンが行われていましたが、すでに「VEGAS 全部パック」を購入した方は、当然無料で新発売の音楽ソフトはバージョンアップできますので、再購入する必要はありません。
今回、新発売とうたっているものは「ACID Pro 8」「SOUND FORGE Pro 12 Suite」「SOUND FORGE Pro 12」「SpectraLayers Pro 5」で、いずれも新バージョンに更新されました。「SOUND FORGE Pro」などは、私が Windows 3.1 を使用していた時代に初めて購入したときは、まだ SonicFoundryブランドで、確か販売代理店経由で10万円近く支払った記憶があります。その時代ですら、使い勝手が抜きん出ていた感じがありますが、バージョンアップを重ねるたびに確実に進化してくる感じはさすがですね。

前バージョンとの違い


今回新発売された音楽ソフトのバージョンアップの目玉は64ビット対応したことです。前バージョンは32ビットで、今バージョンから64ビットOSの機能、特にメモリアクセスがフルに使えるという感じになります。使ってみた感じ、ファイルサイズの少ないソースは32ビットの方が安定する感じがしています。前に無料バージョンアップ版を購入の方は、前バージョンはわざわざ消さずに、追加インストールする方がオススメです。

SOUND FORGE Pro 12 と ACID 8


UIが新しくなり、カスタマイズ性が向上していますが、地道にうれしいのが、ACID の方は「16種類のバーチャル電子楽器(シンセサイザー)、15種類のエフェクト、9GBものループ音源」が収録されている点です。プロでもそのまま使える品質の音源ですので、後は音楽のセンス次第と言うことになりますが、センスが乏しくても聴き劣りしないサウンドが作れてしまうお手軽さは健在です。
SOUND FORGE の方は VST3 のプラグインをサポートしたこと、新しいエフェクトが追加されたこと、ノイズ低減が強化されたこと、DSDなど新形式対応したこと、ハイレゾ品質でマスタリングできるようになったことなど、プロ用としては大きな改善がなされています。
たとえば、ギターやベースアンプから録音した場合に生じる「サー」という高周波の音(ヒスノイズ)除去機能などは、かつても別売の他社製プラグインを使用することで可能でしたが、今回から標準搭載になります。注目は特許取得ノイズ低減技術「POW-rディザリング」で、YouTuber が時折ミスしてしまうインタビュー録画で、音声がノイズだらけになってしまったときなど、本ノイズ処理アルゴリズムが活躍できると思われます。
あと、普及がイマイチなスーパーオーディオCD(SACD)のフォーマットにも対応してきていることにも注目です。


VEGAS Pro 15 Edit


新バージョンが出てしばらく立ちますが、UI を変更してカスタマイズ性を向上させたことに加え、機能面でも「ピクチャー・イン・ピクチャー」や「クロップ」の作成が直感的作業でこなせるようになっているので、2カメラ同時録画データを上手くみせたい方などは、より楽しくなりそうな予感です。その他は「色補正」関係ではルックアップ・テーブルが使えるようになったことや、映像を簡単に静止できる「フリーズフレーム」機能などが搭載されたことが主な変更点です。
ゲーム制作の分野では本ソフトの愛用者は多くて、映像プロの世界やセミプロのYouTuberの方々は、Final Cut や Premiere などを愛用する人に混ざって VEGAS を愛用者も少ないないわけで、プロ用途としても全く遜色ない性能と機能を備えています。実際のところ、本ソフトの方を評価するプロユーザーも少なくありません。印象としては、映像のみならずサウンド編集にも力点を置くデザイナー(クリエイター)は本ソフトの愛用者が多いように感じます。


「全部パック」か単品か


音楽ソフトの発売を記念したキャンペーンなのですが、結論から言えば「全部パック」を購入するのが一番お得です。バンドルされているソフト数のみならず、チュートリアルビデオから素材まで全部ついてくるので、たとえ1本、2本 VEGAS ソフトを所有していたとしても、単品追加して揃えるより、重複させても「全部パック」で入手する方がコストは抑えることができます。

毎度のことながら、この「VEGAS」だけでビデオ編集は完璧、「SOUND FORGE」と「ACID」だけで、音声、バックグラウンドミュージック編集は完璧にこなせますので、余計なソフトに浮気する必要はないように思います(ただし、写真編集ソフトだけは、別途用意した方が良いです。)サウンド編集込みで、結婚式や何某かの式、パーティなどのビデオ作成をプロっぽくやってみたい方には、超オススメです。


  ブログランキング・にほんブログ村へ 家電 

2018年05月10日

重複ファイルを一括削除できる「Duplicate Files Fixer」が60%オフの1,980円!



ソースネクストeSHOPにて、重複ファイル削除ソフト「Duplicate Files Fixer」が60%オフで1,980円(税込2,138円)で販売されています(5月18日(金)まで)。

パソコンのハードディスク内(内蔵・外付・USBメモリも含む)から重複ファイルを、拡張子(ジャンル)別にリストアップし、削除をするためのソフトです。




作業としては、重複を調べたいフォルダやドライブを製品にドラック&ドロップするだけです。



重複調査が終わると、カテゴリー別にファイルがリストアップされますので、削除したいファイルにチェックを入れて、削除を実行します。個別に選択するのが手間な場合は、オートマーク機能を利用して、一括削除をすることも可能です。




ただ、一括削除は必要なファイルを選択してしまっているリスクを考えると少し怖い、かといって手動で逐次ファイルを確認するほど暇でもない場合は、「除外リスト設定」を行い、スキャン対象から除外するフォルダを指定することができます。特に、大切なファイルやフォルダは除外設定して、不意の削除を防止できます。例えば、空のテキストファイルでファイル名のみが異なるファイルは、ファイルの中身が空で皆同じものとみなされるわけですが、テキストファイルを除外、もしくはファイルサイズ0のものを除外しておけばリストアップされることを防ぐことができます。




もちろんですが、デジカメの JPEG ファイルだけとか、対象となるファイルの拡張子を設定して検索することも可能です(通常、速度的にはこの設定が一番有利ですので常用するものだと思います)。ファイルサイズや更新日時でも検索したり、除外対象にすることもできます。

削除に関しては、原則、ごみ箱に移動してから、本削除という感じですが、一旦任意のフォルダを移動させるようなオプションも設定できます。

便利なツールで、HDDの空き容量を稼ぐ時は重宝するだけでなく、バックアップのつもりで至るフォルダに不要なデータをコピーしすぎているようなケースでは、特定ファイルを更新したのに、更新していないバックアップのファイルを提出したり、最終版として確定してしまうような実務上のミスも防ぐことができますので、同様の悩みを抱えている方は試す価値ありです。
  ブログランキング・にほんブログ村へ 家電 

簡単3Dアニメーション作成の「Poser Pro 11」が89%オフの3,900円(税込4,212円)!


ソースネクストeSHOPにて、3DCG を作れなくても、収録素材から簡単に作れてしまう「Poser Pro 11」が85%オフの3,900円(税込4,212円)で割引キャンペーン販売されています(5月20日(日)まで限定)。私も昨年あたりにバージョンアップ(もちろん自腹)して、切磋琢磨してしておりますが奥深いソフトです。



メタクリエイション社が取り扱っていた時代の「Poser」は人型のラフ3Dデータ作成ツールという感じで、ゲームキャラクタなどは、最終的に LightWave などのモデリングソフトで仕上げをする感じ使う印象でしたが、PC の処理能力向上と相まって最近のバージョンはもっぱらアニメーション作成ツールとしてもよく用いられています(上のYouTubeリンク動画はPoserを用いて作成されたものです)。

本ソフトが得意とするものは、主に生物系で、特に人型のキャラクタ作成はてっとり早くできます。もちろん、一からすべて作り始めるだけではなく、テンプレートの人型を少しずつ作り替えながら完成させるのが近道です。また、有料素材を購入して、モデルに動きをつけ、背景と光源をセットしてレンダリングする方法が、おそらく一番行われている活用法かと思います。
一方、本ソフトで景観作成や樹木、置物などを作成するのはあまり得意とするところではありません。リンク先のサンプル画像には作品例として、風景や乗り物があるのですが、別ソフトで作成した方が時間と手間が省けます(最終的に Poser にインポートして使うのはアリです)。本バージョンに関しては、小道具関係や乗り物はフリー素材が付属してきますので、キャラクターを特にこだわりの無い家具や建物、その風景内に置きたい程度であれば、買ったその日から初心者でも実行できます。


下のサンプル(YouTube)動画を見ていただければ感触がつかめると思いますが、リアルな質感を持つモデルからアニメ風の平面的なモデリングまで容易にこなせます。チョットしたゲームキャラクターのモーション程度なら、本ソフトだけでも作れてしまうというすごいソフトですが、超簡単というほど簡単ではありませんが、かつてのバージョンの緩慢な作業に比べれば格段に使いやすくなっています。
性能面では、前バージョンの「FireFly」はドス黒く影を落とすだけで、良く言えば渋い感じに、悪く言えば陰気な感じにレンダリングが仕上がることが多かったのですが、今回の進化した物理ベースレンダリング機能「SuperFly」は明るく影が柔らかく落ちる感じで仕上げてくれます。作成したキャラクターに暗い印象をつけずに、リアルな質感を保ってくれるので仕上がりはよくなった印象を受けます(ただ、前バージョンの仕上がりが必ずしも悪いわけではないと思います)。作業面では「オートセーブ」がようやく搭載されたという感じで、今までは作業中にシステムがフリーズしたり、Poserそのものがハングした場合はあきらめるだけでしたが、この機能のおかげで最低限のデータは保存してくれるようになっています。
また、本Pro版は、つかみにくい位置のボーンを、球などをコントロールハンドルに指定できる「コントロールハンドル」機能がついています。このおかげで、キャラクターの動きの微調整が行いやすくなっています。もちろんコントロールハンドルはレンダリングされませんので、作品に与える影響などはありません。本バージョンでは動画のサポート形式も増えいるので、今後は3Dアニメーション作成ツール方面に強く進化していく予感がしますね。
本 Poser は前回紹介した Moho Pro と連携できて、例えば、キャラクターの正面、斜め45度などのカメラ位置を変えて Moho Pro で作成したアニメーションに参加させることができます(アニメーションそのものは Poser だけでも作成可能です)。

64-bitネイティブ対応、3DCG作成ソフト(Max、Maya、C4D、Lightwave、GoZ)と連携できたりと、プロ向けの機能のみならず、まだアマチュアだけど本格的に3GCGを始めたい方にもやさしい、人間と動物のモデルとポーズ、モーフ、衣服、髪、マテリアルやアクセサリなど、約5GB の素材も付属してくるので、試にアニメを作ってみるなどという方にもオススメです。付属素材を用いてレンダリングした作品を自分のウェブサイトにアップロードしても、著作権的な問題は発生しない点もありがたいところです。
機能と性能面からみても、私が大昔に初期バージョンを入手した価格(実売で8万円代後半のWindows版)を考えれば、シェアウェアなみの格安に感じます。おもちゃソフトではなくてある程度の高レベル3Dキャラいじりに興味のある方は、ぜひ試されるとは面白いと思います。
  ブログランキング・にほんブログ村へ 家電