ファン
検索
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
古賀 眞澄さんの画像
古賀 眞澄
福岡県大牟田市生まれ。三池高校卒、大阪芸術大学文芸学部中退し国際児童演劇研究所を経て沖縄で演出家活動を始める。その後、九州大谷短期大学幼児教育学部卒、幼稚園教諭から社会体育指導員になり、仏教大学社会学部社会福祉学科・熊本県立大学大学院卒業。1999年(株)バルフィットシステムを起業し代表取締役就任。健康なまちづくり全般に関するコンサルタントとなる。疾病・介護予防を目的とした運動療法のソフト開発を中心に地域住民や企業とのネットーワークづくりを支援している。健康運動指導士、アクアセラピスト、上級障害者スポーツ指導員、温泉利用指導者です。つまり、水と陸の運動指導者です。 パル フィットシステム http://palfits.web.fc2.com/ 
プロフィール
日別アーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年12月29日

世界最高峰のクアオルト施設、ビタ・クラシカ存続の秘密

IMG_5508.jpg
図3.jpg
図5.jpg
図4.jpg
図7.jpg
IMG_5514.jpg


2018/010/08の

全国炭酸泉シンポジウムで

ドイツ・バートクロツィンゲン

ビタ・クラシカの社長

ルプサーメンさんと再会しました。

私は2002年と2008年の二度

ビタ・クラシカで

クアオルトについて学びました。

クアオルト(Kurort)とはドイツ語で、

クア(Kur)「治療・療養、保養のための滞在」と

オルト(Ort)「場所・地域」という言葉が合わさった言葉で、

「療養地」という意味です。




ルプサーメンさんはマーケティングの専門家で

ビタ・クラシカの経営は

トップが社長

直下にマーケティング部があり

そこで

市場分析、課題分析

ニーズの洗い出し

対象者の絞込みと組み合わせ

課題解決の仮説分析

商品・サービス開発

販売促進と展開しています。


独自の「健康パック」という

アクアセラピーの商品化は

運動を必要とする方達に

どういう方法で

運動を届けるかの

仕組みづくりを

学びました。

それが

長湯温泉ドイツ村の

「湯の花体操」

補助運動から生まれた

「お茶の間筋トレ」と

私の事業の柱を

生み出すきっかけとなりました。


ビタ・クラシカのマーケティングコンセプト

@ リハビリ利用者だけではなく、三世代が集う施設とし、保険に頼らない個人の多様な利用者を確保し、黒字経営を行う。

A 施設側が必要と考える施設ではなく、利用者個人の好みに応えた新しいコンセプトを実現する施設でなければならない。

ビタ・クラシカの変遷

右矢印1 1994年 スパ設立
右矢印1 1998年 サウナパラダイス設立
右矢印1 2001年 ウェルネス設立
右矢印1 2005〜2006年 
     スポーツ・ウェルネスプログラム開発


市場も時代も顧客のニーズも変化しています

その変化に

施設として如何に変化・進化していけるかが

施設存続の必要条件です

ハードとソフト

車輪の両輪

来年に向けて

私のアクアセラピーも

振り返りと分析をしています。

新たな時代に必要とされる

価値を目指して…


パル フィットシステム http://palfits.web.fc2.com/

2018年12月08日

竹田クアハウスの湯の花  総合インストラクター養成講座の湯中運動療法の講師をしています。

2018120610434610830[1].jpg
2018120610442116276[1].jpg
2018120610444024134[1].jpg
2018120610445927568[1].jpg
2018112813413154745[1].jpg
2018120610451415449[1].jpg



2018/12/05

竹田市総合インストラクター養成講座

湯中運動療法の部を担当しています。

全9回の8回目でした。

会場は初めて

クアハウスの運動浴槽を使って

行いました。

外観も内装も素敵です。

デザインはしゃれていますが

機能性は別問題

より機能的に使う為の

色々とアクアファノロジーの

実験を幾つかしてみました。

特別に濃い炭酸泉なので

足元見えないし

スケールはゴジラの背中のように

発生します。

竹田市民にとって

無くなったら困る

「私たちのクアハウス」と

呼ばれる施設になるかは

「なんでこんなもん作った…」

といわれるかは

対象別のプログラムと

それを伝える人が

アクアセラピーの力を

示せるかどうかにかかっています。

12/12はアクアの最終回

精一杯

これから

湯の花が咲くように

私のアクアセラピー全ての集約を

伝えたいと思います。


※写真は竹田市役所HPからの引用


パル フィットシステム http://palfits.web.fc2.com/ 
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。