ファン
検索
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
古賀 眞澄さんの画像
古賀 眞澄
福岡県大牟田市生まれ。三池高校卒、大阪芸術大学文芸学部中退し国際児童演劇研究所を経て沖縄で演出家活動を始める。その後、九州大谷短期大学幼児教育学部卒、幼稚園教諭から社会体育指導員になり、仏教大学社会学部社会福祉学科・熊本県立大学大学院卒業。1999年(株)バルフィットシステムを起業し代表取締役就任。健康なまちづくり全般に関するコンサルタントとなる。疾病・介護予防を目的とした運動療法のソフト開発を中心に地域住民や企業とのネットーワークづくりを支援している。健康運動指導士、アクアセラピスト、上級障害者スポーツ指導員、温泉利用指導者です。つまり、水と陸の運動指導者です。 パル フィットシステム http://palfits.web.fc2.com/ 
プロフィール
日別アーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年10月31日

「圧倒的な3.11のリアルに対峙できるのはフィクションしかなかったんですよ。」  篠崎誠監督は語った

IMG_2418.JPG
IMG_2416.JPG
IMG_2417.JPG
IMG_2415.JPG


2016/10/30

『僕は3.11のドキュメンタリーは、まだ撮れないんですよ。

 だけど、映画監督としては「表現」しなきゃと思ったんです。

 圧倒的な3.11のリアルに対峙できるのは「フィクションの表現」

だと思ったのでを映画を撮りました。』

福岡天神 西鉄ホールでの

爆音映画祭2016を
www.bakuon-bb.net/fukuoka/

見に行きました。

『ストレイト・アウタ・コンプトン』

アイスキューブやDr.ドレーなどを生み出したN.W.Aの
結成から解散まで。バンドの成り上がりと内紛の物語。
ラップが時代の声を代弁していたことが良く分かる

『天使の涙』

転換期の香港の混沌を作り出した歴史と人々のひとコマがここにある。
容赦ない殺し屋の刹那的生き方と女が切ない。


3本目は

篠崎誠監督『SHARING』
http://sharing311.jimdo.com/
予告編→http://youtube.com/watch?v=jYQ4sbXX6fE

現実と悪夢を行き来しながら、その境目が見えなくなってくる恐怖。
絶望と希望が交錯し、死者との過去のやり直しが切ない。二重三重の
綾取りから自分の物語をどう紡ぐのか…一度観ただけじゃ中々、混乱から
出られない。もう一度観たい映画。

爆音の音響ぎゃんすごい。

スクリーン脇に生オケいる感じ

身体ごと揺さぶられる快感。

主演の山田キヌヲさん

宮崎出身、素敵でした。


パル フィットシステム http://palfits.web.fc2.com/ 

2015年09月28日

「体力の無い奴には、映画は作れないんだよ」佐々木昭一郎監督が語る、映画製作三つの条件ともう一つ  2015アジアフォーカス

FullSizeRender.jpg4.jpg
FullSizeRender.jpg3.jpg
FullSizeRender.jpg
FullSizeRender.jpg1.jpg

「体力の無い奴には、映画は作れないんだよ」

佐々木昭一郎監督が語る、

映画製作三つの条件ともう一つ 

2015アジアフォーカス 

2015/9/15-25

http://www.focus-on-asia.com/about/ 

9/21-23 13本の映画に浸りながら

9本のビールを飲みました

恐竜も出てこないし

車も宙を飛ばないし

大掛かりなアクションシーンも

びっくりもドッキリも無い

どちらかというと

地味な映画群

重くリアルな現実

貧困、失業、精神疾患、窃盗、レイプ、騙し

そして

5人の幼稚園の復活物語

王子様と熊本

福岡と不法滞在労働者

モーツァルトと倍音

各映画の出演者、監督、

製作関係者の質疑応答やインタビューが

とても、興味深かったです。

特に佐々木昭一郎監督

http://www.sasaki-shoichiro.com/ 

は強烈でした。

「ミンヨン倍音の法則

ミンヨンはソウルに住む大学生、

亡き祖母が残した1枚の写真にとらわれ、

日本へと旅立つ。

彼女が行く先々にはいつもモーツァルトの調べがあった。

めぐり合う様々な人々の夢や憧れが時空を超えて響きあう。」
(アジアフォーカス 上映映画より)


「主人公のミンオンは
 
 俺の映画の

上映会に来た観客で

 上映後の質疑応答の時

 質問してきた女の子なんだ。

 その声を聞いて

 この娘で映画を撮ろうと

 決めたんだ。

 声の良いやつは

 顔も良い

劇中33曲歌いきっていたけど

普通に

金融関係に勤めている人なんだ

背高いけどな…」


なるほど、なるほど


「 映画を作り上げるのは

人も費用も時間も根気もいる作業の連続

みんな、制作費をどう集めるかという

話ばかりするが

それより大事なことがある

(監督は右鎖骨下を左拳でドンと叩いた)

ここだよ、ここ

熱が無けりゃ

辿り着けねえ

あと

(右上腕を左手のひらで叩いて)

ここと

(右人差し指で頭部を指して)

ここ

金はその後さ

だけど

気持ちだけでは

映画は作れない

体力必要

特に背筋

細川隆も

舞台で歌う時は

腰入れて

120%の力を出すって言うからな

俺は

泳ぎで鍛えた

今でも

週一回は

野球してる。

チャリも

10kmは走る」

佐々木昭一郎監督

武道家の佇まい

ゴツイ身体と

やさしい笑顔でした。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。