カテゴリーアーカイブ
日本全国激安宿マップ


アゴダからの予約がお勧めです



このブログの激安宿を転々としながらこんなスマホアプリ作ってます!↓↓↓

タピタピタピオカ(世界初!タピゲー・無料でタピ活!)
  android用  iOS用 512.png

  Beat Training(精密リズム鍛錬)
  android用  iOS用 512.png

  ひつじさん、かぞえてゲットン!(世界初!スリーピング系コレクションゲーム)
  android用 iOS用 icon_new_512.png

<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
検索
最新コメント
マース北上(Mars北上) by 正規品と同等品質のコピー品 (07/12)
アクティブリゾーツ宮城蔵王(Active Resorts MIYAGI ZAO) by スーパーコピー商品 (07/12)
SEKAI HOTEL・布施 by 正規品と同等品質のコピー品 (07/12)
ホステル銀閣寺 by d&g 時計 スーパーコピー n級 (07/12)
SEKAI HOTEL・布施 by ゼニス 時計 スーパーコピー (07/12)
ファン
タグクラウド
リンク集
プロフィール
netadiさんの画像
netadi
来るモノは拒まず、去るモノは追わず。(netadi語録No.5824)

※実はこう見えて旅行好きです。
【海外】 現在53カ国くらい。6大陸制覇。 総合旅行業務取扱管理者試験、合格しました。

【国内】 47都道府県献血ルーム制覇。 現在、JR全線制覇と全国ローカル温泉巡りの旅の途中です。

Twitter : @netadi
プロフィール
写真ギャラリー

2019年03月29日

Gate80 Nagai park

東京方面から青春18きっぷで関西に戻ってきました。

熱海から姫路まで3本の電車で行けてしまうのにちょっと衝撃を受けました。

めちゃくちゃボーナスステージのようです。


そんなワケで今回は宿泊料金2000円以下の宿を探すのが極めて難しいシーズンなのに、1000円台前半から宿泊出来る日本全国屈指の安宿地帯である大阪の宿に泊まりました。

長居にあるGate80 Nagai parkです。


ちなみにアゴダで調べると大阪に8ヵ所2000円以下の宿がありました。(Agodaで取り扱ってないドヤなど入れると∞)




ここからGATE80が最安で予約できます





Gate80は電動キックボードの旅の途中に寄った京都のGate80 Nijoと同じ系列の宿です。




外観
IMG_1084.jpg



ここは長居公園近くでJR鶴ケ丘駅から歩いて20秒くらいのところにあります。

鶴ヶ丘駅の存在って今回初めて知りました。

長居スタジアムからほん近いので、サッカー観戦で遠征した時は利用価値が高いのではないかと思われます。



玄関&受付
IMG_1085.jpg



韓国人スタッフと思わしきスタッフにチェックイン手続きを受けました。

日本語がかなり流暢で達者なので最初日本人かなと思ってたんですが、ちょっとしたイントネーションの違いで「ん?」てなって宿のインストラクションの紙を受け取った時に「担当:パク」と書かれてあったので分かりました。


チェックインするとロッカーの鍵を渡されます。

玄関の鍵はなくて暗証番号式で夜間は出入りします。



ロッカー
IMG_1094.jpg



ロッカーは広めです。



男女混合ドミトリー
IMG_1091.jpg




今回もドミトリーです。

ちょっと狭いです。

至る所にある監視カメラがちょっと気になります...。


この日はかなり混み合ってました。



ベッド
IMG_1093.jpg



ベッドは上段で、シーツはセルフでメイクするスタイルでした。

ベッドは横置きなんですが、開口部が狭くてカーテンがちゃんとしているので全然プライベート感があります。



ベッド
IMG_1092.jpg



寝心地もフカフカで良かったです。



共用スペース
IMG_1087.jpg



共用スペースは広いんですが、やはりこの日は結構ゲストがいたので共用スペースも賑わっていて座る所がなかったので作業をここでするのは諦めました...。

この混雑具合と全国的な宿泊料金の高さ、日本の観光誘致、インバウンド需要と何か関係あるのかな??



シャワー
IMG_1089.jpg


洗面所
IMG_1090.jpg



男女別のシャワーがあります。

混雑していてもシャワーは混み合ってませんでした。

シャンプー1種類と何故かボディソープが2種類あったんですが、ボディソープはオフィシャルのモノではないような...?個人所有だったモノか置き忘れかと思われます。

ちょっと使わせてもらうとオフィシャルっぽいヤツに比べて高級そうなピーチのフレグランスがありました。


たまにボディソープとかシャンプーとかが大量に置かれているゲストハウスがありますが、高確率でゲストが置き忘れていったモノが宿の備品となってしまっていると思われます。





総評・備考


ちょっと手狭ながらも基本はちゃんと押さえているゲストハウスという感じがしました。

チェックアウト時にシーツ類は回収ボックスに入れて、ロッカーキーはドロップしてチェックアウトします。





総合評価 4.3
 料金   4.4
 快適度  4.5
 設備   4.0
 サービス 4.3
アメニティ シャンプー、ボディソープ
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペース、キッチン、ロッカー
ファシリティ(ベッド) 照明、コンセント
サービス お茶、コーヒー
セキュリティ 暗証番号式玄関ドア、鍵式ロッカー
部屋(ベッド) 男女混合ドミトリー上段ベッド(M-4)
料金 1539円
予約 Agoda
宿泊日 2019/3/27
チェックイン 15:00〜23:00
チェックアウト 11:00
外国人:日本人比率 6:24
男:女比率 14:16
収容人数 
Web https://www.gokurakudo-guesthouse.com/






ここからGATE80が最安で予約できます






アゴダで宿泊先を探してみましょう









アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪

2019年03月28日

カプセルホテルパレス

今回は横浜の伊勢佐木町にあるカプセルホテルのカプセルホテルパレスです。

このシーズンは東京・横浜でも2000円以下の宿がアゴダでは見つからなかったし、トラベルコからでも見つかりませんでした。(バースデー割引、シルバー割引の1円とか除く)

なので前に存在が気になってたカプセルホテルパレスをトラベルコ経由の楽天トラベルから予約しました。


最近楽天トラベル利用率がちょっと高い気がします。(楽天カード1%ポイント上乗せされるんでまあ得した気分ですがアゴダのポイントの方が利用価値がもっと高いです)


そもそもここはなんで今回予約したかと言えば、以前気になってたというのは前述の通りなんですが、2200円とこの季節なりにリーズナブルなのと、グーグルの口コミで批判的な投稿が多くて「どんなカプホやねん... どれ一回この目で見といたろ!」という好奇心が沸いてきた、というのもあります。

こういったポイントの低い宿はブログ的にも労せず面白い記事が書けそうなので食指が伸びます。


ハッテン場(大きなお友達との交流場)のような感じとかいうガチリアルで怖い投稿もあったのも気になったのですが... はてさて。



外観
IMG_1062.jpg



このカプセルホテルは飲み屋街、夜の街の様相を呈した地区にの一角にあります。

周辺にはカプセルホテルやらが多くて安宿街にもなっています。

この一年で3回この周辺の宿に泊まりました自分。



入口
IMG_1065.jpg



入口ドアにドドーン!と料金が書いてあります。

飛び込みで入ると2500円です。

明朗会計です。

今回はWebからの申し込みしたので2200円と300円リーズナブルでした。

それにしても分かりやすく料金が提示されてるホテルって絶対ホテルカーストでは下部にランクされるような...。

インペリアルとかペニンシュラホテルの玄関に「10000円ぽっきり!」とか書かれてあったらそれだけでユーザーエクスペリエンスが低下すると思いますし...。

あと、チェックイン14時、チェックアウト11時で最大21時間滞在というのもウリになってるようです。

確かに時間単価で考えると1時間当たり100円といつも泊っている2000円以下の安宿レベルにはなります。



受付・エントランス
IMG_1066.jpg



グーグルのレビューでは受付の人が終わってる...とか人としてどうか、とかスタッフをディスっている投稿が多かったんですが、そんなコトはなかったです。

チェックアウト時のスタッフの対応はちょっと塩っぽかったですが、まあいうてもそんなに悪い感じはしなかったです。

それに館内は期待していた(?)昭和の場末感もあんまりなく、所々にバブルの頃の面影みたいなのはありますが、最近リニューアルされて生まれ変わって少し綺麗になってるようです。


てか進化系でもない退化系でもないほぼ中間のような佇まいです。

まあ良くも悪くもないような。

クラスカーストで上位・下位を除く約60%の中立層て感じです。



ロッカールーム
IMG_1068.jpg



ロッカールームもリニューアルされたようでグーグルの辛辣なレビューのような感じではなく、フツウに綺麗でした。

「大型ロッカー完備!」とアピールしているだけあって、自分のバックパックも余裕で入るくらいの大きさでしたし。

おそらく以前は細っそい縦長のロッカーだったのが想像に難くない感じです。


ロッカー
IMG_1069.jpg



ロッカーの中にアメニティグッズが入ってます。

歯ブラシも供給されますが、歯ブラシはフロントまで取りに行くシステムとなっています。



リラックスルーム
IMG_1070.jpg


リラックスルーム(5階)
IMG_1067.jpg



各階に共用スペースがありますが、これはさすがに昭和を感じさせました。

何か革張りのソファと切子のようなガラスの灰皿がバブルの象徴、みたいな。

ここは今回利用するコトはありませんでした。



大浴場
IMG_1078.jpg



まあこのカプセルホテルのお楽しみは大浴場の風呂でしょう!

グーグルのレビューによれば誹謗中傷が書き込まれていたのですが、入ってみた感想は...

大浴場は結構広くて立派でした!

そんなにレビューみたいな不潔な感じはありませんでした。(大浴場もリニューアルしたのかな??)


水風呂もありましたが、ここの水風呂の段差がツルツルと滑りやすいので2回コケそうになりました。

足腰弱ってる人とか足滑らせないのか些か心配です。

グーグルのレビューにも書いてあった床がヌルヌルしているとはこのことなのかもしれません。

でもヌルヌルというよりツルツルという表現が的確かと思いますけどね。(忖度)



サウナ
IMG_1077.jpg



サウナも普通に入れましたし、あかんサウナ特有の変な臭いもありませんでしたし。

しいて言うならば、マットが誰かの汗か何らかの汁で湿っていたので、交換の頻度が少ないのかな?という感じはしました。ええ。

あとサウナに置かれていたテレビ(ブラウン管テレビ)は何も映ってませんでした。



カプセルルーム
IMG_1072.jpg



カプセルは昭和の遺構を感じさせる黄ばんだようなアイボリーです。

カーテンもちょっと網目のあるタイプで、昭和系のカプセルホテルによくある感じのヤツでした。



カプセル
IMG_1073.jpg



ベッドはカプセルホテルではちょっと珍しい横から入るタイプでした。

このタイプはカプセルホテラーの異名を取る小生も初めてかもしれません。


布団自体の寝心地は悪くなかったし、ただ隣の人のいびきがスーパーうるさかったのが心残りでした。(超スーパー耳栓でガード)



制御パネル
IMG_1074.jpg



カプセルホテルはテレビが観れるのも評価の高いポイントなんですが...

テレビはブラウン管で暗いし小さいし、何よりテレビのチャンネル切り替えボタンが(−)がなくて(+)一つしかないインクリメンタル方式(自分で名前つけた)なので、今のチャンネルより数字が小さいチャンネルに切り替える時は必ずエロチャンネルを経由します。
(こないだのパークプラザ宇都宮はちゃんとしたリモコンがあったんで良かったんですが)

しかも非情なコトにテレビの音声もブチブチと途切れ途切れで、ボリュームを大きくしてある一定のレベルの音量を超えると安定して音が出るようになるんですが、これだとかなりの音量になるので隣のカプセルの人から「うるさいんじゃ!ボケ!〇すぞ!」とか言われかねません。

それにチャンネルを変えてエロチャンネルを経由する時に色っぽい声がカプセルの外に漏れ出てしまうのでちょっとバツが悪いです。

なので色々と調整してたら、ラジオ/テレビ音声切り替えトグルボタンを指でちょい押し込み気味で止めておくと小さい音量でもちゃんと音声が出るコトが分かりました。

が、難点は自分の指が常時塞がってしまうし、気を緩めて指の圧力が弱くなると壊れてるラジオに切り換わってテレビの音量に比べて30dBくらいデカいノイズが「ズゴゴゴォ!」て響き渡るし...。

なので音量は小さくしてブチブチと途切れながらテレビを観てました...。

フロントに言ったらカプセル変えてくれたかな!?



あと館内で気になったコトとしては、エレベーターが2階のフロントには止まらなくって、3階〜5階の間までしか運用していないという何か中途半端なエレベーターでした。

よく言われる2アップ3ダウンというのに当てはめたらもはやエレベーター要らんですやん、ていうレベルです。

カプセルが4階なので3階のカプセルルームに行くコトはないし、大浴場のある5階に行くのも1階分の移動しかしないので必要ない、というコトでエレベーターは一回も乗ってません。

そもそもロッカー、フロントのある2階から3階まで階段で上がってエレベーターに乗り換えて4階に行く、というユースケースも自分にはありません。

強いて言うなら2階のロッカールームから5階の大浴場に移動するのに3階からエレベーターに乗って5階に行く、というケースはあるかもしれません。

いや、ない。

何故こうなったのか建築士に問い詰めたいところです。



洗面所
IMG_1071.jpg



すっごいシンプルな洗面所がありました。




総合評価 3.7
 料金   3.7
 快適度  4.1
 設備   4.0
 サービス 3.4
アメニティ シャンプー、ボディソープ、歯ブラシ、貸タオル、貸バスタオル、貸ガウン
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、化粧水、ヘアトニック、大浴場(サウナ付)、共用スペース(喫煙所)
ファシリティ(カプセル) 照明、コンセント、アラーム、テレビ、ラジオ(故障中)
サービス 
セキュリティ QRコード式玄関ドア、鍵式ドミトリードア
部屋(カプセル) 下段カプセル(435)
料金 2200円
予約 楽天トラベル
宿泊日 2019/3/26
チェックイン 14:00
チェックアウト 11:00
外国人:日本人比率 0:30
男:女比率 30:0
収容人数 
Web なし






アゴダで宿泊先を探してみましょう









アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 01:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 神奈川

2019年03月25日

ホステルイーストブルー葛西東京(Hostel EastBlue Kasai Tokyo)

宇都宮で献血したあと、東部宇都宮線で東京まで移動しました。

今夜の宿は定番のアゴダで予約したゲストハウス、ホステルイーストブルーです。



ここからホステルイーストブルーが最安で予約できます





この日というかやはり観光シーズンなのか日本全国の安宿全体が価格を強気に設定しています。(アゴダ調べ)

その中で泊まったコトない安宿で最安の宿をアゴダで選ぶとココになりました。

一応目標としている2000円を少し下回りましたが...。

このシーズンはホント、安宿ハンターの小生にとっては鬼門です。


しかしながらぽかぽかと暖かくなって今年も桜の季節がやってきたか... と考えると非常に感慨深いモノがあります。

桜の季節、とふと考えると何故かヤマザキ春のパンまつりを連想してしまうのは自分だけでしょうかね?



外観
IMG_1059.jpg



さて、この宿は東西線の葛西駅が最寄り駅で、駅から歩いて5分くらいのところにあります。


ていうか最近この荒川と江戸川に挟まれた地区、特に葛西近辺によく来ているような気がしますね...。何故か。

http://airwheeltrip.blog.shinobi.jp/



おしゃれな玄関
IMG_1058.jpg



ちょっと宿自体がオシャレです。オシャンティーです。(※The・昭和)

特に1階部分の共用スペース部がなんというか北欧の一般家庭を模したような雰囲気があります。

北欧の一般家庭なんか全然行ったコトないけど。



共用スペース
IMG_1045.jpg


キッチン(共用スペース)
IMG_1047.jpg



でも、居住スペースがある2階以上のフロアに行ってみると...



館内
IMG_1052.jpg



ちょっと気分が萎えるくらい公共施設・公営住宅のようなテイをしています...。


何この落差!?


前菜は凄いオシャレ盛りで皿の縁にソースが掛かっていて、その上からパプリカの粉をフォークのステンシルで意味なく振りかけたような良さげな前菜だったのにメインになったら投げやりな揚げ餃子やった、みたいな。

しかもその揚げ餃子が揚げる途中で爆発して中身飛び出してる、みたいな。



受付・共用スペース
IMG_1046.jpg



受付では説明を受けた後、ドミトリーの鍵を渡されます。

玄関の鍵はQRコード式というコトなので、スマホか何かでQRコードを撮影してそれを電子ロックにかざして夜間は解錠するようです。

このシステム、うまく写真を撮らないままリハーサルしないで出ていって戻ってきた時に開けれない人が絶対出てきそうな...。



男性専用ドミトリー
IMG_1053.jpg



今回もドミトリーです。

安い宿泊料金をチョイスするとドミトリーかカプセルか雑魚寝になります。

逆に極端に安い料金のビジネスホテルのシングルルームを選ぶと惨めなコトになりそうですが。


この日は4ベッドルームで3人泊まってました。



ベッド
IMG_1055.jpg



ベッドは横型で、敷きシーツのみセルフでメイクするタイプで、枕カバーと布団カバーは最初からセットされていました。

チェックアウト時は枕カバーと敷きシーツを回収ボックスに投げ入れるスキームというかシステムです。

ここでちょっと疑問に感じたんですが、布団カバーは回収しなくていいのかな?とか布団カバーと枕カバーはセットしてくれてるならもうちょっと頑張ってシーツも敷いてくれてたらいいのに、とか思いました!

布団カバーをセットしてくれてるだけありがたいんですがね。



ベッド
IMG_1056.jpg



ベッド自体は居住性もよくて寝心地も良かったです。

カーテンは少し閉まり切らないところもあるんですが、それはバスタオルで隠して運用しました。


ベッドは良かったんですが、ドミトリーにトイレと洗面所があるので、夜間とか早朝にトイレとか洗面所の水を使われると非常にノイジーです。

てか実際ノイジーでした。

自分なら面倒でも1階の共用のトイレと洗面所使いますが...。



シャワー・洗面所
IMG_1050.jpg



シャワールームは男女別で、一ヵ所にかたまってます。



シャワー
IMG_1051.jpg



最初熱いくらいのお湯がドバドバ出てたんですが、途中からほぼ水になりました。

ちょっとテンパーなシャワーです。



コインランドリー
IMG_1049.jpg



コインランドリーもあります。

自分はいつも手洗いなので有料のランドリーは利用したコトありませんがね!(※無料なら使う小生)







総評・備考


ここはかの夢の国から近いからか、明らかにディズニー帰りだろうと思われる女子が多かったです。




総合評価 4.1
 料金   4.0
 快適度  4.5
 設備   3.9
 サービス 3.8
アメニティ シャンプー、ボディソープ、貸バスタオル
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペース、キッチン
ファシリティ(ベッド) 照明、コンセント、セキュリティボックス
サービス 
セキュリティ QRコード式玄関ドア、鍵式ドミトリードア
部屋(ベッド) ドミトリー下段ベッド(204)
料金 1980円
予約 Agoda
宿泊日 2019/3/25
チェックイン 15:00〜23:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 6:24
男:女比率 14:16
収容人数 
Web https://www.gokurakudo-guesthouse.com/






ここからホステルイーストブルーが最安で予約できます






アゴダで宿泊先を探してみましょう









アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京

パークプラザ宇都宮

現在、献血旅行(旅血)のため宇都宮にきています。

奈良から青春18きっぷで東海道本線〜東北本線通って15時間かけて来たんですが、先月の東海道・電動キックボードの旅に比べると何と快適なコトか...。

普遍的な毎日を嘆いてる時に、たまに生活水準を落として毎日を過ごしたら当たり前の日常が如何に素晴らしいコトか再確認出来る...そんないい機会でした!

ちなみに途中昼に浜松によって浜松餃子食べて、夜は宇都宮で宇都宮餃子食べたりました。
(これも新幹線では味わえない青春18きっぷのアドヴァンテージ)


そして宇都宮で激安宿と言えばあのウィークリー翔。

しかしウィークリー翔は一度泊まっているので如何に快適で激安と言えど今回はあえて違う宿を選択しました。

パークプラザ宇都宮というカプセルホテルです。
(シングルの部屋もありますが自分は当然カプセル一択です)


今回はいつも使っている激安宿検索エンジンの雄、アゴダではこの宿は取り扱ってなかったので楽天トラベルから予約しました。

楽天のポイントを使ったので200円安くなりました!



外観
IMG_1009.jpg



昔はネオンが光り輝いていたであろう屋上の看板も今は消えています。

この時点で昭和のバブルの頃に建てられた昭和系カプセルホテル(進化系カプセルホテルの前身)だと判断出来ます。

もうすぐ平成も終わるんで、そう考えるとちょっと感慨深いものがあります。ません。



受付
IMG_1012.jpg



シューズをロッカーに入れて(100円リターン式)、受付でシューズのキーを渡してロッカーのキーを受け取ります。

いちいち外出時に受付の人を呼んでロッカーの鍵を渡してシューズロッカーの鍵と交換します。

ちょっと面倒です。っていうかいちいち受付の人を呼ぶのがちょっと気を遣うというか...。

帰ってきた時、逆もまたしかり。

外出してコーヒー買ってすぐに宿に戻ってきたら受付の人に「そんな細かい用事やったらいっぺんに済ませてからチェックインせぇや!おぉ〜!?」とかキレられそうです。

が、受付のスタッフは結構所作と佇まいが何か高貴な感じだったんで絶対そんなコトは言わない感じでした。

丸坊主だったんでどこかの寺の坊さんが俗世を知るために働いている(御勤め)のかな?とも思いましたが考えすぎなのかもしれません。



館内
IMG_1023.jpg



館内はやはりちょっとくたびれています。

でもそんな嫌な感じではありません。



喫煙コーナー
IMG_1014.jpg



喫煙コーナーが各階にありましたが、煙がかなり漏れてきてたのでちょっと改善が望ましいところです。



カプセルルーム
IMG_1018.jpg



カプセルルームは2階にあります。

このホテルはエレベーターらしきモノが見当たらなかったんですが、5階とかの人も階段で昇降するんでしょうか?

自分、2階で良かったです。


カプセルルームはやはり昭和感が漂います。



カプセル
IMG_1019.jpg



カプセルも昭和です。The SHOWAです。

年号があと2回変わってもこのカプセルホテルがこのまま存続してたら昭和の遺構を残したコトが評価されて重要文化財に指定されそうな感じです。



カプセル内
IMG_1020.jpg



カプセル内はやはりカプセルホテルだけあってプライベート感が存分に感じられます。

テレビもあるし、WiFiもあるし快適です。

せんべいみたいな布団でしたが寝心地も良かったです。



操作パネル
IMG_1021.jpg



くすんだようなクリーム色の操作パネルも昭和感漂います。

操作パネルのラジオとアラームと照明コントロールはもはや壊れているのかコントロール不能です。アウトオブコントロールです。
(直す気はさらさらないようです)

そして何といっても操作パネルの上部の「アダルト番組が無料」とかいう貼り紙がセクハラとか何とかハラとかいうのがそんなに騒がれてなかった昭和の時代を強く感じさせてくれました...。

一応どんな番組かというのはチェックしときましたけど。(OL3人のレズビアン系でした。モザイク粗め)


ここで気を付けないといけないのは、テレビはヘッドホンではなくてスピーカーなので不意にリモコンの音量ボタンの「大」に触れてしまうと館内に官能な音声がだだ漏れしてしまいます。

ここに泊まる時はお気をつけあそばせ。



ロッカールーム
IMG_1016.jpg


ロッカー
IMG_1017.jpg



ロッカーにアメニティグッズが入っています。

バスタオル、タオル、歯ブラシ、髭剃り、ガウン(貸館内着)とほぼ揃っています。

ガウンはちょっとユルユルなので気を付けないとハミ〇ンしてしまいます。(まあ男しかいないので大丈夫ですけど)



大浴場
IMG_1025.jpg



ここは何といっても風呂があるのがいいです。

3人、がんばったら4人くらい入れるくらいの大きさですが、なかなか良いです。

最初貸し切り状態でゲームの音楽(次回作用)を口ずさんでたら、ちょっとコワモテのお兄さんが入ってきたのでちょっと緊張感が走りました。

そんなに浴場自体が広くないし、立ったままシャワーを浴びててそのお兄さんにケツしぶき(シャワーしてる時にケツから反射したしぶき)を顔面に浴びせてしまうとちょっと生命の危機を感じてしまいそうです。



共用スペース
IMG_1015.jpg



共用スペースもありましたが、この日はチェックインも遅かったし利用しませんでした。

てかちょっと落ち着かない感じです...。



===============================
【備考】
これは後から判明したんですが、このカプセルホテルは1年半前に一度泊まってました。
本っ当に全然記憶がなくって、さも初めての感覚で泊まってしまってました...。ヤバたん!

前回の宿泊レビュー
http://fanblogs.jp/netadi/archive/219/0
===============================




総評・備考


公式Webサイトは探しましたが怪しいパークプラザホテルのWebサイトしか見つかりませんでした。



総合評価 3.7
 料金   3.4
 快適度  3.9
 設備   3.6
 サービス 3.8
アメニティ シャンプー、ボディソープ、貸バスタオル、貸タオル、歯ブラシ、髭剃り、貸ガウン
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、大浴場、喫煙所、駐車場、共用スペース
ファシリティ(ベッド) 照明、コンセントx3、テレビ
サービス 
セキュリティ 24時間対応フロント
部屋(ベッド) 218(カプセル)
料金 2400円
予約 楽天トラベル
宿泊日 2019/3/25
チェックイン 15:00〜27:00
チェックアウト 11:00
外国人:日本人比率 0:20
男:女比率 20:0
収容人数 
Web なし






アゴダで宿泊先を探してみましょう









アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木

2019年03月13日

田中極楽堂ゲストハウス

さて、今回の宿は京都駅の近くにある田中極楽堂ゲストハウスです。


名前からしてとても訝しい感じがプンプンします。

どんな極楽なんでしょうか?

どんな極楽浄土に導いてくださるのでしょうか??




ここから田中極楽堂が最安で予約できます






いつもアゴダで京都の宿を予約する時にこのゲストハウスはよくリストアップされていたので知ってたんですが、何故か今まで泊まってなかったという稀有なゲストハウスです。

ちょっと思い出せませんが、ここは今までは2000円以上していたので避けていたのか、いつも満室か女性用ドミトリーしか空いてなかったからなのか...。

まあ今回2000円も切ってたし予約出来たので泊まってみました。


さあ極楽へGo!!!!!!




外観
IMG_0937.jpg



ここはリド飲食街というディープな雰囲気の飲食街の近くにあります。

ぱっと見はここがゲストハウスというのが分かりません。

一般の古民家か仏具店のような佇まいです。



仏像
IMG_0938.jpg



宿の前に仏像(大日如来?阿弥陀如来?菩薩系?)がディスプレイされているのが何とも極楽へと誘ってくれそうです。

張りぼてとかじゃなくてなんかちゃんとありがたみがあるようなどっしりした感のある仏像でした。

何やったら後光が差し込んでました!

ありがたや〜〜



受付
IMG_0935.jpg



受付でチェックインしようとしたら無人だったのでインストラクション通りにそこにあった電話からスタッフに電話しました。

したら3分くらいでスタッフが「南無大師遍照金剛!」と言って(言ってません)登場しました。

普通のどこにでもいそうな感じのスタッフでした...。

仏の道と関係ある人なのかな?

一通り宿の説明をして頂いた後、「何か質問はありますか?」と言われて色々と悟りの境地とか聞きたかったんですが、飲み会があってツレを待たせているのもあって「調御丈夫、蘇婆訶!」と言っておきました。



共用スペース
IMG_0951.jpg



このゲストハウスはすごくこじんまりとしていて、過去最高に狭かったゲストハウス並みの狭さです。

共用スペースもこじんまりとしているのでゲスト同士の距離が近くて仲良くなれそうです。(自分はすぐには打ち解けられないタイプですが)

今回もドミトリーに泊まったんですが、ドミトリー内も狭くて少し閉塞感があります。

この日は6ベッドのドミトリーに自分を入れて5人泊まってました。



ベッド
IMG_0942.jpg



ベッドは上段の2つしか空いてなかったので端っこの上段を選びました。
(端っこのベッドを選ぶのはオセロと同じでゲストハウスの定石です)

このベッドはドミトリーの大きさに比べて意外と居住スペースが広くて快適でした。

ただ、カーテンの両端と上部に隙間が出来て全て隠れないのでソワソワしてしまいます。

案の定、ドミトリーに居た他のゲストと目が合ってちょっとバツが悪い気がしました。



ベッド
IMG_0943.jpg



シーツは自分で敷くセルフサービススタイルです。

が、何故か布団カバーがなくて敷シーツと枕カバーだけでした。

まあ自分にとっては布団カバーは別に要らないっちゃー要らないし、無かったら無いで問題ありませんが、気になる人は気になると思います。



ベッド(ユーティリティ)
IMG_0944.jpg



ベッドに付随しているコンセントですが、ACタップが予め差さっていてUSB給電ポートも増設されているので、コンセントとUSB給電ポートは問題なく使用できます。



ベッド上部
IMG_0948.jpg



上段のベッドは天井部がオープンになっています。

天井が高くて立ったまま着替えるコトが出来るのはメリットですが、立ち上がったままだと隣のベッドの人と目が合う可能性もあるのがデメリットです。


あと、ベッドに登る階段のパイプが細いので、登る時に足の裏が食い込んで痛いのも難点です。



眺め
IMG_0949.jpg



ドミトリーからの眺めです。

ヨドバシカメラと京都タワーが見えます。



シャワー
IMG_0945.jpg



シャワーは2ヵ所あって、そのうち一つは小さいながらも浴槽が付いてます。

ただでさえシャワーの水圧が比較的弱めなのに、更に急に弱くなってちょろちょろっと放物線を描いて水滴が落ちていくようなヤル気のないシャワーになる時があるのがウィークポイントです。

脱衣所には化粧水や美容液か何かよく分からない液体など謎の言語で書かれたアメニティがたくさん置かれてました。

全て顔や身体に塗ると化学反応して煙とか出てきそうです。



美味い棒
IMG_0947.jpg



何故かうまい棒(たこ焼き味)が置かれていました。

これは極楽浄土ですわ!



今回インドネシアから来た3人の女子が同じドミトリーで一緒だったんですが、もう夜中とか朝とかドミトリー内で大声で喋りまくってうるさい、というかまさに姦しかったのが非常に残念なところでした。

でも多分1階の共用スペースで喋ってたとしても壁が薄くて2階のドミトリーまで声が響いてきてたと思いますが...。

こういう時のために自分は耳栓を常時携帯しているのでまあ大丈夫でしたけどね。

ちなみに注意しようにも知ってるインドネシア語は「テリマカシ」「シムケンケン」「ヒータムマニス」というこの使えない3語だけなので勝負出来ないというか。

ていうかもともと勝負には出ないというか。




総評・備考


1階中央部に箱庭みたいなのがあって、その横に洗面所があるので誰かが洗顔してると通路が狭くなって使い勝手が悪そうです。

極楽とは一体何のコトだったのか...。



総合評価 3.8
 料金   4.0
 快適度  3.9
 設備   3.5
 サービス 3.9
アメニティ シャンプー、ボディソープ
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、ユニットバス
ファシリティ(ベッド) 照明x2、コンセントx2(ACタップ)、セキュリティボックス(暗証番号方式)
サービス 水、コーヒー
セキュリティ 暗証番号方式玄関ドア
部屋(ベッド) 男女混合ドミトリー(ドア側上段)
料金 1998円+200円(宿泊税)
予約 Agoda
宿泊日 2019/3/12
チェックイン 16:00
チェックアウト 11:00
外国人:日本人比率 8:1
男:女比率 3:6
収容人数 
Web https://www.gokurakudo-guesthouse.com/






ここから田中極楽堂が最安で予約できます






アゴダで宿泊先を探してみましょう









アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都

2019年03月12日

ホテルエムマツモト








現在長野の松本に滞在中です。


松本と言えばマツモトキヨシ。


ではなくてホテルエムマツモト。

お気に入りの安宿の一つです。

過去に三回宿泊しましたが、今回泊まってみて更にポイントがアップしました。


2000円以下で豊富なアメニティ、サービス、設備。

どれを取っても圧倒的です。


前回宿泊した時のレビューはコチラ。
http://fanblogs.jp/netadi/archive/289/0




宿のレビューは前回のレビューを参考にして頂くとして、今回は特に気になったところ、前回の宿泊と違うところだけをピックアップしようと思います。




ここからホテルエムマツモトが最安で予約できます





↑↑毎回言ってますけどアゴダからの予約がいっちゃん安いのでオススメです。



この日は松本に泊まる必要は実は全然なくって、松本で用事(献血)が終わったのですぐに実家に帰っても良かったんですが、ここで1泊したのはもう一回ココに泊まってみたい、と思ったからなんです。

そう、あえての宿泊です。


「インペリアルスイートとかモアナサーフライダーとか界リゾートに泊まってみたい!」

とかいう例のアレです。目的宿泊です。



そんな感じで今回泊まったんですが、やはりというか結果的に上質でファビュラスな滞在となりました。



ベッド
IMG_0924.jpg



今回のベッドは上段でした。(C19)



枕選び放題
IMG_0923.jpg



前回書き忘れてましたが、枕はデフォルトでベッドに置かれてるんですが、いろんなタイプの枕が追加で使えます。

何というコダワリよう!!



無料アメニティ
IMG_0925.jpg



無料貸出サービスも手厚いです。

デフォルトでアメニティが揃っているのに、追加で色んなサービスがあるのが太っ腹というか全然ケチってません!

これで上質なカプセルホテルライフが保証されます。





総評・備考


ここは大浴場もあるし共用スペースの設備も整っているし、アメニティも多くて快適だし、同じビルに大型の書店とか居心地のいいカフェもあったりと、2019年度全国の激安宿ランキングをまとめると今のところ10位以内、いや5位以内かな?には確実に入ると思います。




総合評価 4.7
 料金   4.0
 快適度  4.8
 設備   4.9
 サービス 4.8
アメニティ シャンプー、ボディソープ、コンディショナー、貸バスタオル、貸タオル、貸館内着、髭剃り、歯ブラシ、スキンローション、ヘアリキッド、耳栓
ファシリティ WiFi、シャワールーム、ロッカー、トイレ、ドライヤー、浴場、テレビ、貸自転車(3時間無料)
ファシリティ(ベッド) コンセント、照明x2、アラーム、USB給電ポート
サービス コーヒー、お湯、お茶いろいろ、水、コーヒー
セキュリティ 暗証番号式カプセルルームドア、鍵式ロッカー、24時間対応フロント
部屋 カプセル下段(C19・上段)
料金 1980円
予約 Agoda
宿泊日 2019/1/2
チェックイン 14:00
チェックアウト 11:00
外国人:日本人比率 5:20
男:女比率 4:1
収容人数 
Web https://www.hotelm-matsumoto.com/






ここからホテルエムマツモトが最安で予約できます







アゴダで宿泊先を探してみましょう









アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長野

2019年03月10日

ホステル&スパ ファン!松本(HOSTEL&SPA FAN!MATSUMOTO)

「東京〜奈良・電動キックボードの旅」が終わりました。
衝撃のラストを知りたい方は旅の様子はコチラのブログで綴ってるのでどうぞ。
http://airwheeltrip.blog.shinobi.jp/




今回、地元の連中とスノーボードしに白馬の栂池に来た帰りに、自分だけ松本で献血するために別れて別行動を取りました。

ギネス記録を虎視眈々と狙う全国献血ルーム制覇の旅ブログはコチラ。
http://netadi.blog.fc2.com/




松本で宿を予約しようとしたんですが、松本と言えばホテルエムマツモト(HOTEL M MATSUMOTO)というカプセルホテルが超絶オススメなんですが、同じところばかりじゃアレなんで新規の宿(ゲストハウス)を予約しました。

ホステル&スパ ファン!松本です。




ここからファン!松本が最安で予約できます。





ホテルエムマツモト(HOTEL M MATSUMOTO)アゴダで1980円と2000円を切ってたんですが、ここホステル&スパ ファン!松本は2130円と2000円を少々オーバーしました。

しかしながら松本市からほど近い浅間温泉にあって、温泉が引かれているというコトもあって温泉好きの小生としては「ちょっと行ってみるか!」と息巻いて予約しました。



外観
IMG_0899.jpg



温泉旅館みたいな外観で、横に居酒屋(いろりかこむ)が併設されています。

この日は居酒屋は貸切だったようで利用出来ませんでした。
(この居酒屋には囲炉裏があって、イワナを囲炉裏で焼いたりする、ちょっとUXに秀でた定食とかメニューにあって超美味そうでしたが...)



受付
IMG_0901.jpg



受付では一切鍵の類は渡されなくって、夜間の外出時はスタッフに言って玄関の鍵をもらうシステムのようです。

今回も宿泊はドミトリーでしたが、ドミトリーの鍵もありません。

ちょっとセキュリティ的にユルいです。
(ていうか温泉旅館とかセキュリティが些かユルい気がするのと同じレベルです)


ロッカー
IMG_0916.jpg



受付の横にあるロッカーは人数分のキャパがないらしいので先着順となっています。

この日は宿泊者が自分を入れて5人だったようなんで余裕でしたが。

ていうか自分、ロッカーは使わない人ですけどね。




館内
IMG_0904.jpg



館内は温泉旅館を改造してゲストハウスにリノベーションしたっぽいです。

至る所で温泉旅館の面影が感じられます。



前世のスリッパ(よしの湯)
IMG_0908.jpg



館内用のスリッパに前世の旅館だったであろう名前が書かれてありました。

まさに居抜き物件の様相を呈しています。

ちなみに写真で靴下に穴が開いているのはスノーボードやってて破れたんです。

決して穴の開いた靴下を履いて来たワケじゃありません!(と言い訳)



キューブ
IMG_0917.jpg



館内にルービックキューブの亜種がたくさんディスプレイされています。

どんだけキューブ多いねん!ルービックさんもビックリやん!ていうキューブもありました。

これだけで1ヶ月くらいは暇つぶし出来そうです。(もしくは5分で飽きるか)



男女混合ドミトリー
IMG_0903.jpg



今回泊まったドミトリーは6ベッドでした。

この日は自分以外に1人ゲストがいました。(イビキの音で存在が分かりましたw)

2人しかいないのにベッドは上段ベッドがアサインされました...。



ベッド
IMG_0906.jpg



ベッドは自分でシーツを敷くスタイルです。

ちょっと面倒です。

しかも掛布団カバーが包み込むタイプなんで尚更。


目隠しのカーテンは入口の半分だけが隠れて、あとの半分はのれんとなっているので、斜めから見ると隙間が出来るのが気になりました。

天井部も隣のベッドと繋がっているので完全なプライベート空間とはなっていません。

が、自分的にはまぁ問題のないレベルかな、と思います。



ベッド
IMG_0907.jpg



ベッドの剛性が低くて、もう一人いたゲストが寝返りを打つたびにベッドが揺れます。

ちゃんとベッドが壁に固定されていないようです。



温泉入口
IMG_0909.jpg



ここの楽しみは何といっても温泉でしょう!

脱衣所前にはへんな春画みたいなイラストが描かれてあってレトロな体重計が置かれてました。

ちょっとシュールです。



脱衣所のドア
IMG_0911.jpg



何と男性の脱衣所のドアは閉まりません!

剥がれたベニヤ板が柱に引っ掛かって閉まらず、しかも張力?が働いて少しドアが開き気味になります。

なんかソワソワしてしまいます。
(この日は宿泊客が少なかったので無問題でしたが...)



大浴場
IMG_0912.jpg



風呂は5人くらいは余裕で入れそうな大きさでした。

内風呂だけで造りが素朴な感じだったんで風呂には身体を洗うだけのような事務的な感覚でした。

ただ、源泉かけ流しなのでそう考えると途端に贅沢な気分になります!



温泉分析表
IMG_0913.jpg



ここの温泉(浅間温泉)はアルカリ性単純泉です。

無色透明で少し匂いがありました。(何というかすえた匂い!?)



共用スペース(湯上り処)
IMG_0910.jpg



一応湯上り処のような共用スペースがありました。

小ぢんまりとしていて、窓のない地下の密室になっているので誰かが居ると自分はもはや入れません。

変な草を紙で巻いて燃やして吸っているような大きなお友達がたくさんいそうなスペースとなっています。(というイメージ)



共用スペース
IMG_0900.jpg



受付の横にも共用スペースがありますが、これはこれでオープン過ぎて落ち着けなさそうです。

なので落ち着ける場所はベッドの中だけでした。

てゆうてこの日は誰も共用スペースを使ってなかったので、この共用スペースに置いてあったスーファミで夜中ピコピコとゲームしてましたけど。(スターフォックス)




雪!!
IMG_0918.jpg



夜、雨降ってたのは知ってたんですが、朝チェックアウト(フリーチェックアウト)して外に出たらめっちゃ雪積もってました!



前日の外観
IMG_0899.jpg



一晩でこれだけ雪が積もる松本すげぇ!やべぇ!!ぱねぇ!!!





総評・備考


貸バスタオルは無料ですが、貸タオルは有料(50円)です。





総合評価 4.4
 料金   3.7
 快適度  4.6
 設備   4.6
 サービス 4.3
アメニティ シャンプー、ボディソープ、コンディショナー、貸バスタオル
ファシリティ WiFi、トイレ、風呂(温泉)、レストラン、ドライヤー、スーパーファミコン、居酒屋
ファシリティ(ベッド) 照明、コンセントx2
サービス 水、お茶、コーヒー
セキュリティ 鍵式玄関ドア、ロッカーキー
部屋(ベッド) 二藍(ふたあい)(11番)
料金 2130円
予約 Agoda
宿泊日 2019/3/10
チェックイン 16:00
チェックアウト 11:00
外国人:日本人比率 0:5
男:女比率 4:1
収容人数 
Web http://fan-matsumoto.com/






ここからファン!松本が最安で予約できます。






アゴダで宿泊先を探してみましょう









アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長野

2019年03月08日

2018年度泊まった全宿の宿泊料金合計

ちょっとタイトルが意味深なんですが、昨日、確定申告のためにこのブログで2018年に宿泊した宿の合計金額を出さないといけなかったんで計算してみたんですよ。

全てアフィリエイトでの経費で計上するんでアフィリエイトでの利益から控除が受けられる、と。


で、2018年度に泊まった宿の合計金額は...



261972円



年間宿泊日数が139日だったんで1泊当たりのアベレージは1884円でした。




何かね... 何というんですかね... 


微妙な金額というか。


2000円以下で宿泊するというポリシー的にはクリアしてるんですが、もっと安く泊まれるちゃー泊まれたんですが... という反省もあるというか。



以下は1泊当たりの宿泊料金の羅列です。(12月31日からさかのぼって泊まった宿の逆順です)

1737
2200
1597
2217
1821
1577
1525
1406
1724
1694
1795
1923
1896
1221
1001
1804
1805
2370
1763
1383
1580
1967
2058
1873
1886
1485
1542
2023
1972
1766
1434
1988
1525
2136
1919
1539
2895
1925
2040
1044
1498
1588
1761
1191
1488
1742
1296
1803
1821
1568
1913
1964
1511
2414
1968
2512
2752
2981
2144
1249
1759
1743
1715
1952
1377
2400
1480
2403
1042
1414
2298
2161
2178
1983
2266
1704
2342
3060
2211
1308
1601
1966
1480
1857
1950
1763
1783
1944
1761
1451
2401
1645
1368
1705
2695
1882
2720
2464
2187
1915
1129
1129
1316
1730
1973
1323
2268
1105
1005
3437
1881
1548
3361
2426
2210
1250
1269
1895
1652
1119
2062
1817
11492(5日間)
1703
1703
8512(4日間)
1797
2543
1017
1759
5208(3日間)
1779





そして、肝心のアフィリエイトの金額なんですが...



一体いくらくらいあると思います??



このブログもいよいよ1ヶ月のPV数が3万PVに到達しようとしているんで、世間一般ではまあまあちょいウハかな?みたいな感じかと思うんですがね。


実際のところは....



なんと0円です。



まあちょくちょくアゴダを利用して頂いてる方がいるんで利益は積みあがっていってるんですが、アゴダから払い出せる最低金額が200USドルからとなっているんで引き出せない状態です。

そう、まだ日本円で2万円にも到達していません。

経費を差っ引いたら超絶赤字です。

なので確定申告的には税金は払わなくてよくて、むしろ必要経費で他の雑所得と通算したら源泉徴収分の税金が返ってくる手はずなので吉報です。


いや、吉報で喜んでる場合じゃなくて高額納税するくらい(ボロ儲け)じゃないとアカン!


ちょっと今までの反省点を鑑みると宿とかブログの内容とか自分の趣味とか嗜好を優先してしまってる感があるし、このブログをもっと色んなアフィリエイトサイトを参考にしてSEOも考えて商業的にしてソシャゲの課金みたいにユーザーの射幸心を煽るようにしないといかんのかな、とか考えてます。



というワケでもっとアゴダを利用してください!!



本当に他のサイトより絶対絶対安いし!
↓↓↓↓




ここからGATE80が最安で予約できます







アゴダで宿泊先を探してみましょう









アゴダで宿泊先を探してみましょう