カテゴリーアーカイブ
日本全国激安宿マップ


アゴダからの予約がお勧めです



このブログの激安宿を転々としながらスマホアプリ作ってます!

タピタピタピオカ(世界初!タピゲー)
  android用  iOS用 512.png

  Beat Training(精密リズム鍛錬)
  android用  iOS用 512.png

  ひつじさん、かぞえてゲットン!(世界初!スリーピング系コレクションゲーム)
  android用 iOS用 icon_new_512.png

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
検索
最新コメント
大阪ゲストハウスHIVE by スーパーコピー (10/17)
インターネットカフェOWL by ブランドスーパーコピー (10/16)
大阪ゲストハウスHIVE by ブランド通販,時計コピー (10/12)
ワンモアハート奈良 衣(KOROMO) by スーパーコピーブランド (10/12)
ナインアワーズ蒲田(9h nine hours Kamata) by スーパーコピーブランド (10/12)
ファン
タグクラウド
リンク集
プロフィール
netadiさんの画像
netadi
来るモノは拒まず、去るモノは追わず。(netadi語録No.5824)

※実はこう見えて旅行好きです。
【海外】 現在53カ国くらい。6大陸制覇。 総合旅行業務取扱管理者試験、合格しました。

【国内】 47都道府県献血ルーム制覇。 現在、JR全線制覇と全国ローカル温泉巡りの旅の途中です。

Twitter : @netadi
プロフィール
写真ギャラリー

2017年12月09日

草津温泉 花栞(はなしおり)

今回から群馬編が始まりました。

献血するために群馬の前橋市まで来たんですが、群馬に2000円以下の宿がなくて、検索して唯一2000円以下の宿でヒットしたのが草津温泉のこちらの宿でした。

わざわざ前橋駅からJR吾妻線とバスを乗り継いで草津温泉まで行ってまた戻ってくるという往復の運賃を考えると前橋か高崎で6000円台のビジホに泊まれていたのは確実なんですがね。

このブログの「2000円以下の宿に泊まる」という趣旨を貫徹するためだけにあえてそれ以上の交通費を出して行ってきましたよ。草津温泉。

ま、草津温泉はよいとこなんで行ったら行ったで満喫しますけどね。そりゃあもう。


でもここで言っておきたいコトは2000円以下の宿に泊まろうとしたらその宿の所在地が草津温泉なだけだった、というコトです。




外観
IMG_4225.jpg



この宿はAirBnBのような民泊感があります。

一部屋まるごとをまさに間貸しする感じで、花栞というカフェに併設した民泊風の宿です。(民泊呼ばわりするとここのオーナーが怪訝そうな顔をします)



カフェでチェックインすると部屋の鍵を渡されます。

この部屋はオーナー家族が住んでいる家の一部屋なんですが、入口が2ヵ所あって、裏口から出入りする感じです。

一部屋貸しなので当然プライベート感は満点です。

が、部屋とオーナー家族の居住スペースはふすまで繋がっているのですが、つっかえ棒でふすまが開けられないようにしています。

なにぶん、ふすま一枚で遮断されているだけなので家族団らんの声がたまに聞こえてきます。


なんか凄いホームステイ感です。



部屋
IMG_4227.jpg



部屋は今年の7月にオーナー自ら人に貸せるようにDIYで改装したとのコトで、ところどころ手作り感があります。

オーナー家族とスペースをアイソレーションするためにゲスト用だけのトイレが部屋の横に設置されています。


ゲスト用の風呂はありません。
風呂は周辺が草津温泉地区なので近くの公衆浴場に入りに行く感じです。

ほんの250mくらい先に「喜美の湯」という無料の公衆浴場があります。(もちろん温泉です)


温泉地ならではのシステムです。

このシステムは凄い理にかなっていると思いました。




テレビ
IMG_4229.jpg


部屋にはコタツがあって、ファンヒーターもあるので暖かいし快適です。

テレビ(大画面)もあります。

冷蔵庫もあるし、電子レンジもあるので一通りは揃っているので何かあった際に長期間潜伏するのにもってこいです。

何といってもコタツは嬉しいですね。コタツラブです。

この日はコタツに入りながら寝落ちして(確信犯的)、コタツで寝ました。

あとコタツの上にみかんが置いてあれば最高だったんですけどね。(食べないけど)


コタツに入りながらテレビ観て、一般的な日本の家庭のような感じで過ごしました。

何か懐かしくていい感じです。



次の日、チェックアウト時にオーナーと色々話してたんですが、オーナーもいじると面白いしカフェには人が居なくて暇そうだったんで(前の日から客が入っているのを見ていない)、長々と喋りこんでしましました。

そして「またカフェに食べに来ます!」という社交辞令(大人の対応)で宿を後にしました。

※これが社交辞令でなかったのは次回の記事で。



お茶うけのサービス(かどうかは知らないが食べてもうた)
IMG_4228.jpg


トイレ(電気のスイッチの接触が悪い)
IMG_4237.jpg



IMG_4239.jpg




総評


オーナーの人柄が面白いです。(生態学的に)

料金が2000円だったのは当日割引によるもので、通常は1人当たり3500円、週末は4000円です。

宿の近くにある公衆浴場が「喜美の湯」「千歳の湯」の2ヵ所です。
夜11時に入ったんですが、貸し切り状態でした。

近くにコンビニもあって便利です。

2000円であれば再訪は十分アリです。



総合評価 4.1
アメニティ タオル
ファシリティ WiFi、コンセント、トイレ、電子レンジ、冷蔵庫、コタツ
サービス お茶、お湯、おつまみセット
部屋 
料金 2000円
予約 Agoda
宿泊日 2017/12/8
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
外国人:日本人比率 0:1
Web http://hanashiori2017.business.site/




Agoda ← このブログで予約した宿のほとんどはここから予約してます


国内の旅館・ホテルの予約なら




海外旅行・安く宿泊したいなら




複数サイトから最安価格が検索出来る




高速バス予約、ここなら安心




ツアー、宿、予約なら




【Expedia Japan】旅行予約のエクスペディア


ゆこゆこネット

posted by netadi at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7070358

この記事へのトラックバック