|
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
|
カテゴリーアーカイブ


プライバシーポリシー
<当サイトに掲載されている広告について>
 当サイトでは,第三者配信の広告サービス,Googleアドセンスを利用しています。 このような広告配信事業者はユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため,当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報「Cookie」(氏名,住所,メール アドレス,電話番号は含まれません)を使用することがあります。またGoogleアドセンスに関して,このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。


<当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて>
 当サイトでは,Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており,個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますのでお使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して詳しくはこちら,またはこちらクリックしてください。

2019年01月16日

スーパーの安売りタマゴ争奪戦に変化:並ばなくても買える

安売りタマゴ争奪戦.jpg

1.はじめに
 昔はタマゴは貴重品だった,我が家は裕福な家庭じゃなかったので,運動会とかの晴れの日以外に食べた記憶がない,さすがに最近は毎日のように食べているが,これはタマゴの値段が昔から1個10〜20円程度とほとんど変わらなかったため,物価に比して相対的に安い食材になったこともある


2.企業努力の恩恵
 そのようにほとんど値上げをしないでやってこれたのは,生産農家や流通業界等の努力のたまものだと思うが,そのタマゴ,スーパーなどが客寄せ用に,さらに安く10個パックを68円とか78円で販売してることがある,店舗によっては毎週水曜日と日曜日とか,定期的に安売りしてる

 この企業努力に関しては,タマゴ自体の清浄性に関しても世界トップクラスである,生タマゴをご飯にかけて混ぜ混ぜして食べる「タマゴかけご飯」ができるような綺麗なタマゴは,世界的には珍しいらしい,私のばあちゃんなんか,割ったタマゴにちょっと酢を垂らして丸呑みしてるし 


3.当初の安売りタマゴの販売方法
 最近,近場に中規模のスーパーが進出してきた,ここが客寄せにタマゴ10個パックを58円とか,68円とかで安売りする,私も早めに行って開店前に並んで購入してたが,最初の頃は店舗のドアが開くと同時に,みなさんお目当てのタマゴとかに走り込むので危ないったらありゃしない

 入り口付近ではカートをゲットする人,買い物かごをゲットする人,そのまま目当ての安売り品に突進する人でぐちゃぐちゃ状態,足腰の弱いお年寄りなんかちょっと危なかったりする,こういう状況がいやになって利用を控えていたのだが,その後改善されたので,また利用するようになった


4.改善された安売りタマゴの販売方法
 上記のように開店と同時に販売すると,人を押しのけてタマゴをゲットするような状況になるので,これは危ないってことになったんだろう,店舗側が対応策として,販売は10時からとか16時からと時間を決めて,購入したい人は,こちらに列を作ってお並びくださいってことになった

 それで当初は問題なかったのだが,客層が時間に余裕のある高齢者の方々が多いため,販売開始時間のかなり前から並ぶようになってしまった,知り合い同士で並んで延々と世間話をしてるわけ,早い人は30分くらい前から並んでたりするので,通路がふさがれたりして邪魔なんである

 また,その並ぶ場所に,2〜3品購入品を入れたカートだけを早々に置いておくという戦術を取る連中も現れたんである,すぐに「カートだけ置くのはダメです」ってなったのだが,人付きで並んでいてもあとから来た知り合いを,自分の前に割り込ませたりする人とかもいてどうしようもない


5.制御不可能な購買層
 いろんな方法で対策してもトラブルが生じる,日本人のモラルも地に落ちたモノである,まあこのスーパーは,ほかの商品もすごく安いから,外国人の方々の利用も多いのだが,そういう人たちはちゃんとルール守ってる,いちばん行儀が悪いのは,地元のオバちゃんとかオバアちゃんなんである

 もうなんというか,昔「オバタリアン」なんて言葉がはやったことがあったが,もう「オ」抜きのバタリアンである,この一群は制御できない,お店もタマゴを売る場所を変えたり,店員による手渡し方式にしたり,イロイロ工夫はしてたけど,どうにもこうにも制御不能な層が存在するんである


6.売れ残っている安売りタマゴに遭遇
 たかだか数十円タマゴを安く買うために,いやな思いをすることもないやと,最近は別なスーパーやドラッグストアを利用してたのだが,先日ウイスキーとかワインが激安価格の折り込みチラシが入っていたので,午後1時頃にこの店舗に寄ったら,10個パック68円の安売りタマゴが売れ残っていた

 おう,ラッキーと購入したんだが,午後までこんなに安いタマゴが売れ残ってるなんてなんでだろうと,ちょっと疑問に思ったのである,後日また安売りチラシが入ったので行ってみたら,今回も午後1時過ぎなのに,10個パック68円の安売りタマゴが売れ残ってる,えっ,なんでだろう,


7.安売りタマゴによる集客方針に変化あり
 以前は並んだりしてようやく手に入れることができる,場合によっては手に入らない安売りタマゴがなんでこんなに苦労なく手に入るのだろうう,なんかお店の販売方法が変わったのだろうか,なんかおかしいよなぁ,と疑問に思いつつ,家に帰って当日の折り込みチラシをよ〜く見てみた

 そこで解ったというか疑問が解けた,お店のタマゴによる集客方針にちょっと変化があったようなのである,このスーパー,安売りタマゴは通常先着50パック,多くても100パックだったのだが,チラシで確認したら,この数を大幅に増やして,先着300パックにしたようなんである


8.安売りタマゴ争奪戦に終止符
 通常の6倍,多い時と比べても3倍以上の量を投入したわけだから,とにかく今日はタマゴを買うぞという早々に並ぶ方々も,そんなに焦らなくても安売りタマゴがゲットできるという認識になったんだと思う,かくして,このスーパーの安売りタマゴ争奪戦には終止符が打たれたわけである

 このスーパー自体の努力もあるかもしれないが,ほかの競合するスーパーやドラッグストアなどが客寄せ商品として,同じような値段で安売りタマゴを提供するようになったため,私の住む地域において安売りタマゴが量的にだぶついてきてたというのもあるだろう

 実際,よく利用してるドラッグストアは,通常10個パックが145円,売り出しの時が122円とか119円になるんだが,最近は通常日でも110〜120円,売り出し日は78円とか82円とかになったりしてる,昨今,タマゴの生産量・流通量が増えて市場価格が低迷してることも関係してるとは思うが


9.おわりに
 タマゴは物価の優等生とよく言われる,しかしこんなに安くて養鶏農家とか大丈夫なんだろうか,超安売りの時は10個パック48円である,消費者からすれば,安価に供給してもらうのは大歓迎だが,販売側の安売り攻勢にかき回されて,養鶏農家に過剰な負担がかかってるとしたら困りものである



2018年04月04日

はこBOONのサービス再開を断念−完全終了のお知らせ(泣き

1キャプチャ.PNG

1.はじめに
 さきほど「はこBOON」のページを見たら,なんとトップのタイトルが,「はこBOONサービス終了のお知らせ」になってる,これ以前は「終了」ではなくて,「休止」という言葉だったと思うが,ついに再開を断念したとの表現で完全終了を宣言してる,(詳細は→こちら)

2キャプチャのコピー.jpg


2.「はこBOON」のサービス再開は絶望的
 下の方の文章を読むと,サービスを再開してほしいとの要望に応えようと,関係各所と交渉や調整をしてきてたようだけど,これまでのようなサービス体制を構築するのは無理という結論に達したようである,う〜ん,そこまで物流業界は厳しいのだろうか


3.ヤフオクでお世話になった「はこBOON」
 ヤフオクでよく利用してたのに,完全に終了ってなると寂しいね,私の出品物は軽いけどかさばるモノが多かったので,非常に助かってたんだけど,もう従量制の配送方式は無理なんだろうね,かさばって容積は食うのに,軽いと料金は安くなるから,やってられないんだろう


4.さよなら「はこBOON」
 実際の終了日時は,2018年5月2日(水)に完全終了ということらしいが,それにしても文章の中に「苦渋の決断ではありますが」って言う表現があるんだけど,この言葉に担当者の無念というか悔しさみたいなのが感じられるんだが,あちらとしてもなんとか再開したかったんだろう


5.「はこBOON」からゆうパックへ
 また再開するだろうと期待して「はこBOON」で利用してた,取引ナビ用のいろんな文章テンプレートなんかはファイル削除だな,こうなると私の場合は,「ゆうパック・おてがる版」がメインになると思うが,ゆうパックは逆さま禁止のラベル貼り忘れたり,時間指定忘れたりミスが多いんだよなぁ


6.おわりに
 ヤフオクとも連携した神のように便利なシステムだったのに,今後永久に再開することはないのだろうか,どこかが従量制で運んでくれるシステムつくらないかなぁ,伊藤忠商事が佐川と組んで突然始めたりとかないかな,ないだろうなぁ,再開を期待してた人も多かっただろうに残念である



2018年03月25日

電力会社と電気小売り窓口カスタマーセンターから詐欺電話

勧誘電話.jpg

1.はじめに
 2016年の4月に電力自由化が始まったわけだが,これまでは地域ごとに担当する電力会社は決まっていたから,その電力会社としか契約できなかった,これが新たに参入してきた電力会社からも電気を購入できることになった,昨今この状況に乗じた詐欺があるようだ 

 
2.最初に電力会社を名乗る電話があった
 最初女性からの電話で,○○電力からのお知らせです,お客様の契約内容次第で電気料金が安くなるかもしれないご案内です,電力使用量等が解る領収証を準備してくださいと言われた,もうこれだけで怪しさバツグンだが,ちょっと雰囲気のいい女性の声だったので,のってあげることにした

 すると契約種別や契約アンペア数,その月の使用量や金額等を聞いてくる,テキトーに答えると,安くなる契約とそうで無い契約があるが,私の場合は運良く安くなる方に該当するらしい,少なくても年間1万円は安くなると言う,どうしたらそんだけの情報で電気料金の低減額が解るのか不思議

 いろいろな契約形態があって安くならない人も多く居る中で,あなたは料金が安なる方に該当するから,是非この機会に契約を見直した方がいいですよ,つきましては,こちらでは,その安くなる契約の手続きはできないので,後ほど担当部署から電話連絡します,って言うわけ


3.次に担当部署なるところから電話があった
 で,15分ほどしてからその担当部署なるところから電話きました,電話にでると男性が立て板に水を流すようなセールストーク,早すぎて聞き取れない,ちょっと待って今なんて言ったのと何度も聞き返す,おまとめするから料金が下がるとか言うが,何をまとめるの?と聞いても曖昧な答え

 むちゃくちゃ疑問点だらけなので,そのことを1つずつ問いただすと,お客様のご理解が〜とか,解釈の違いで〜とか,まったく意味のない回答しか返ってこない,とにかく自分たちのセールストークをごり押ししてるだけ,コミュニケーションになってない,何を聞いても定型文を読むだけ


4.会社名を聞いてみた
 だんだん飽きてきたので,○○電力ではないみたいだけど,おたくはなんて言う会社なのって質問したら「電気小売り窓口カスタマーセンター」ですって言う,ネットでちゃちゃっと検索すると,何もヒットしないんで,そんな名称の組織はネットで調べても出てこないよと相手に伝えたら

 電気小売り窓口カスタマーセンターというのは正式な会社名じゃないですからって答えるわけ(これは笑える),この辺でだいぶレベルの低い詐欺集団だと解る,じゃ正式な会社名教えてください,って言ったら,まだ契約してない人には教えられません,って言うわけ,もう超爆笑状態です


5.電気小売り窓口カスタマーセンターは詐欺確定
 で,言ってやった,生活インフラの大事な部分である電気に関して,今の大手○○電力から契約を変更したほうがお得ですって言ってるけど,自分の会社名も明かせないようなところと契約しなさいって言ってること自体,自分で言ってておかしいと思わないんですか?と聞いてやった

 この辺で相手がガチャ切りするだろうと思ったんだが,なんとまあ,まだ性懲りも無く,電力自由化で〜,有利な契約が〜,ご理解を頂ければ〜とか延々とまくし立ててる,はっきり言ってアホである,勧誘用の例文を読んでるだけなんだろうけど,もっと工夫しないとダメだろう

 今回来た電気料金がお安くなりますという案内は,完全に詐欺電話である,最初の○○電力の女性役や次に電話する電気小売り窓口カスタマーセンター役とか,何名か1つの部屋に人を集めてやってるんだろうか,電話の向こうでガヤガヤと雑談してるような声が聞こえてた


6.おわりに
 各電力会社は料金安くなりますって案内を電話ですることは無いということを,もっと周知徹底した方がいいと思うね,広報紙やネットでも注意喚起はしてるようだけど,こういう公共的な組織からの連絡は,むげに無視しにくいし,相手もそういう心理につけ込むわけで,ほんとたちが悪い



2018年03月03日

迷惑メール「支援金詐欺メール」の最新事例・実例紹介

支援金詐欺.jpg

1.はじめに
 メールアドレスは4つ利用してて,ヤフーメールも利用してる,ただこのヤフーメールにはやたらに迷惑メールが届く,ほとんどが詐欺メールの類なんだが,だいたい1日に10通ほど届く,あまりにすごくなって来たらメアド変更するんだが,すぐに元の黙阿弥になってしまうという,いたちごっこ


2.詐欺メールの実態
 怪しいメールは迷惑メールのフォルダーに自動で振り分けられるから,特に実害があるわけでは無いが,この迷惑メールのフォルダーをたまに覗いてみると意外に面白くて暇つぶしになる,詐欺を働く方々の苦労が忍ばれて,あちらさんも大変だねぇ,な〜んて思ってしまう


3.実際の詐欺メールの全文
 最近来た詐欺メールの中で気になったのは以下のメール(メール原文そのまま)
-------------------以下引用----------------
 吉田涼子です

 1億8500万円を受け取りませんか?

 突然このような事を言われても困りますよね。
 詳細をご説明します。
 実は私、とある支援サイトで複数の支援手続きを行っており、その一つである2億5000万円を本日
 受け取りました。
 ただその支援サイトでは一人が受け取れる支援は1件のみとなっており、もう一つ支援手続きが完了 して振込待ちとなっている1億8500万円の支援案件があります。
 私はすでに一件の支援を受け取っており、規 + 約により受け取れないのでこの1億8500万の支援あ
 なたへ無償で譲渡します。
 私なりの支援者への恩返し、せっかく手続き終えてるのですからこのまま無効にするのも、もったい ないですからね。
 費用は全て私の方で支払い済みなので負担なく受け取りが可能です。
 信頼の為にも直アド記載して送りますので、受け取り希望なら下記アドレス宛に返信ください。

 アドレス dqmu49v2e038b2c@i.softbank.jp



4.詐欺メールの内容を吟味してみた
 見ず知らずの吉田さんが私に1億8500万をくれると言うんだから,超ビックリ,なんて親切な人なんだろう,世の中捨てたもんじゃない,必要費用も全て吉田さんが支払ってて私の負担は無いと言ってるし,いい人ってほんとに居るんだねぇ,1億8500万ゲットだぜ〜,早速,吉田さんに返信しなきゃ

 な〜んて思うヤツが居るんだろうか,昔からこういう詐欺メールはあったが,文章がおかしくて,ちょっと読んだだけでヤバいメールだと解ったが,最近はそういう点は改善されていて,上記の吉田さんのメールも,特に日本語の文章として大きく破綻してる部分は無い

 ただ落ち着いてよく読めば気づくが,そもそも「支援サイト」って表現がおかしい,ネット上のやり取りだから,サイトという表現を使ってるんだろうけど,「婚活サイト」とか「出会いサイト」のノリじゃあるまいし,余計に怪しさを増してしまってる

 この辺は,少なくとも「支援センター」とかの表現にすべき,それよりなにより「とある支援サイト」なんて表記じゃなく,ちゃんとした組織名を出さなきゃいけない,例の架空請求詐欺の「法務省 民事訴訟管理センター」みたいに,「経産省 個別支援資金管理センター」とかでっちあげなきゃ


5.詐欺メールの内容をさらに吟味してみた
 また規約によって2つは受けれないって言ってるモノ(この場合は高額な現金)を,他人に勝手に譲渡可能になってるという,その規約自体が根本的におかしい,そのことをこの文章を作成してる人は理解できてない,そういう程度の輩ということが解る

 さらに,「一人が受け取れる支援は1件のみとなっており」と言いながら,2件目が「支援手続きが完了して振込待ちとなっている」と,一人で1件しか受け取れなといいながら,2件目の支援手続きが完了してるって意味不明な上に,億のお金を支援する組織としては管理が杜撰すぎ

 そんな杜撰なサイト(組織)なんだから規約無視して,吉田さんが受け取り申請したら,2件目もとくにお咎めもなく受領できるんじゃないですか,ってアドバイスのメールを返信したくてウズウズになってしまったが,心を鬼にしてそれはやめておいた,吉田さんは1億8500万ロストである


6.詐欺メールに反応してはいけない
 相変わらず,こういうメール送ってくる輩が居ると言うことは,それなりに返信したり電話したりする人が居ると言うことだろう,先日ニュースで,わたしの県におけるこの手の特殊詐欺の発生件数が,対前年比1.5倍に,被害額が2倍になってるという報道があった

 世の中には,騙すヤツも悪いが騙されるヤツも悪いって言う人もいるが,なんでこんな詐欺がなかなか無くならないんだろう,これだけ毎日のように,どこそこのナントかさんが,これこれの方法でお金だまし取られたとか,報道とか広報してるのに,マジで騙される方もどうかと思う


7.詐欺メールの超高額バージョン
 1億8500万上げますのメールが来て,そんな高額もらえるわけね〜じゃんと無視してたら,今度は某有名タレントの主治医とか関係者の方からメールが来た,最初主治医からのメールで,それとなくあなた(つまり私)と,そのタレントさんはコレコレの関係があるので連絡しましたとかなんとか

 次に,そのタレントさんの関係者という方から,その方が亡くなったんだけど,あなたは4億2750万円の受取人になってます,っていうメールが来た,うひゃ〜,さっきの吉田さんの1億8500万の2倍以上である,これに心動かないヤツはどうかしてるぞ〜,っていう作戦だろうか

 なんでその有名タレントさんの関係者が私のメアド知ってるわけ,なんで4億も私に恵んでくれるんだろう,そりゃ私の方は,相手は有名なタレントさんだから知ってはいるけど,4億もらえるような間柄じゃないしねぇ,相手のメアドさえ知らないのに,いきなり4億ですよ


8.詐欺メールのさらなる超超高額バージョン
 この手の詐欺メールのことをイロイロ検索して調べてたら,こういう支援金詐欺で数億円なんて金額はかわいい方で,私が見かけた中でもっともスゴイのが32億円あげますの詐欺,32億円!,そんだけあれば,一生働かずに暮らせるでしょうが,こういうレベルになると騙される方がどうかしてる


9.おわりに
 この手のお金あげます詐欺は,最初の頃の金額は数千万円だったと思うが,今は数十億の世界になってるし,メールの文章なども洗練されてきてるし,騙しのテクニックが向上してるのがわかる,こういう騙しのプロに騙されないように,こちらとしては騙されないプロを目指すことにしよう



2018年02月16日

「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」のハガキは架空請求詐欺

総合消費料金未納分訴訟最終通知書.jpg

1.はじめに
 裏面のトップ1行目に「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」と書かれた上記のようなハガキが届いた,見るからに怪しげなハガキなんだが,読むと記載の電話番号に連絡してすぐに対応しないと,裁判所から呼び出し受けたり,無視すると給料や財産差し押さえになりますとか書いて有る,なにそれ?


2.そもそも総合消費料金未納分訴訟ってなに?
 総合消費料金ってのが何を意味してるのかわからない上に,その未納分訴訟ってのが益々意味不明,逆に具体的に書いてしまうと,相手がそんなもの消費してないとか間違いだと気づくから,あえてわけのわからない,あなたが消費したけど料金未納のものですよと曖昧な表現にしてるんだろうか


3.総合消費料金未納分訴訟最終通知書のハガキが精度向上
 この手の詐欺メールとか詐欺ハガキは,以前からあるんだが,フォントがなんか変だったり,いかにも日本語が不自由な方が翻訳ソフト使って書いたような,絶対日本人なら間違わない言い回しや,誤変換や,変な改行や段組があったりとかが普通だった

 ただ,最近はそういう点はだいぶ改良されてるからタチが悪い,上に掲載したハガキにしたってほぼ日本語としては完璧だと言っていいだろう,段落先頭の頭を1文字明ければさらに完成度は高いと思うが,まあ頭1個空けは,横書きの場合は好みもあるみたいだから間違いとは言えないが


4.総合消費料金未納分訴訟最終通知書は役所の文書ではない
 それよりなにより,この文章は相手方に送る公文書としての体裁を有してない,そもそも公的機関が個人に文書でもなんでも送る場合は,様式ってものがあって,それに従って文書が作成される,こんな1行目に「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」なんて書く様式はあり得ない

 お役所の文書は必ず文書1行目の右端に日付が入る,次の段落は相手の名称,その次の段落は文書の差し出し元の機関名と部署名,さらにその下に2〜3行空けた中央に文書名とその後ろに括弧書きで,通知,送付,依頼,報告,回答などと,その文書の性質を現す語句を入れる

 このハガキをよくよく見るとトップに「通知」の文字が有り,次の段落で「報告」しますの文字が有り,さらにその下の内容は「通知」に戻って,最後の方はお願いの「依頼」になってる,これは公的機関が外部に送る文書としては完璧に破綻してて,文書の体を為してない

 まだほかにも,日本語としてはおかしくないが,公的機関が書いてる文書としては,表現とか言葉の使い方なんかが,ちょっとおかしい点があるんだが,ここであまり細かなこと書いちゃうと,この手の悪いことやってる方々への情報提供になるので,ここらで止めとく


5.総合消費料金未納分訴訟最終通知書で検索
 ネットで検索すると,法務省のホームぺージなどがヒットして,こういう内容のハガキ等は無視しなさいとか注意喚起がなされている,また「法務省管轄支局 民事訴訟管理センター」とか「法務省管轄支局 訟務管理事務局センター」などと法務省は一切関係ないって書いて有る

 電話番号の「03-6384-4253」と「03-6384-4253」には電話しないようにとの記載もある,今回我が家に来たハガキは,連絡先から「法務省〜」の部分は削除されて,単に「民事訴訟管理センター」だけ,電話番号も上記の2つではなく「03-6741-7354」と変わってる,敵もさる者である

 しかし次々にいろいろ考えつくものである,このハガキによる詐欺,以前「お役所がこんな重要な個人情報が丸見えのハガキを送るとかあり得ない」とかの指摘を見たことがあるんだが,今回私に来たハガキは,ご丁寧に裏面は情報保護シール付きだからね(下の写真),ちゃんと対処してる

総合消費料金未納分訴訟最終通知書2.jpg


6.総合消費料金未納分訴訟最終通知書の日付けがスゴイ
 ハガキの消印は2月14日の午前,私がポストから取り出して目にしたのが2月15日の午後7時,ハガキには最終期日が2月16日(金)と記載されてる,つまり猶予は1日しかない,これで受信者を「とにかく急いで連絡しないとヤバイ!」と焦らして,混乱状況におとしいれるわけだ

 なかなかよく考えられてるし,うまいことやるモンだとは思うが,そもそもこの通知書「最終通知」といいながら,これまでなんら連絡をよこしてないし,その請求してる内容さえ定かでないという,冷静に文章読んだらおかしいと気づけるはずなんだが

 人は時間が無いとかで焦ったり,自分になんらかの落ち度があってヤバイ状況になったのかもと思い込むと,理性的な判断ができなくなってしまう,この手のいわゆる特殊詐欺の類は手を変え品を変え,そういう正常な判断能力を奪うように巧妙に仕組まれてる,さらにその手口が進化してるから恐い


7.ネットで検索する場合も注意が必要
 最近は結構高齢な方々でもネットで調べたりする人は多いと思うが,ここにもさらに罠が仕掛けられてるから注意が必要である,ネットで検索して現れたページ自体が,それらしき公的機関の名称や日本弁護士協会等を語った詐欺サイトへの誘導ページとかいう場合がある

 例えば今回の「総合消費料金未納分訴訟」のハガキの例やSMSを使った詐欺メールの例をいくつか挙げて,こういうのが来たらコチラへご相談くださいと,警察庁サイバー犯罪対策課とか日本弁護士協会特殊詐欺相談コーナーとかの嘘のバナーがあって,クリックすると詐欺サイトが現れる

 その詐欺サイトに無料電話相談とかの電話番号が書いてあったり,ネットから相談したい内容を投稿したら返事がもらえるとか,イロイロ手の込んだ罠が仕掛けられている,最近こういう特殊詐欺の被害額は拡大傾向に有るようだが,騙しの方法がどんどん巧妙になっているのも理由の1つだろう


8.おわりに
 このような身に覚えのない請求のハガキとかメールとか,とにかく無視することが一番である,もし心配ならこういうことに詳しそうな身内や知人に相談するなり,最寄りの公的機関(警察署や役所の市民課)や国民生活センターとかに連絡すれば,適切なアドバイスをもらえるはずである

スポンサーリンク