2020年09月30日

GO(2001)[邦画]

リスト

『GO(2001)』
[邦画(映画)]

製作年:2001年
製作国:日本
配給:東映
上映時間:122分(2時間2分)

キャッチコピー:国境線なんか俺が消してやる

Prime Video




動画・画像

音楽・サントラ

ストーリー・あらすじ

受賞記録

キャスト

スタッフ

レビュー

ロケ地

その他

関連

サイト更新・追加情報


【動画・画像】

[音楽・動画(サービス)]

[ 商品(楽天) ]

[ 商品(Amazon) ]

『GO』劇場予告編


映画「GO」特報


『GO(2001) 邦画』

》duckduck動画中《

》duckduck画像集《

》Bing動画中《

》Bing画像集《

》youtube動画中《

↑画面TOPへ↑


【音楽・サントラ】


主題歌

The Kaleidoscope(ザ・カレイドスコープ)「幸せのありか -theme of GO」
作詞・作曲:石田匠 編曲:織田哲郎・The Kaleidoscope

↑画面TOPへ↑


【ストーリー・あらすじ】


(文章表現1)

金城一紀の同名小説を窪塚洋介主演で映画化した痛快青春娯楽作品。日本の普通高校3年の杉原。未だ将来の夢も進路も決まらず、元ボクサーの父に仕込まれたボクシングの腕前を武器に喧嘩ばかりしている日々を送っていた。ある日杉原はヤクザの息子の同級生・加藤のバースディパーティで声をかけてきた少女、桜井と突然の恋に落ち今まで経験したことのない時間を共有する。だが、民族学校開校以来の親友、正一が駅で少年に刺される事件が起きた……。

(文章表現2)

高校3年の杉原の国籍は韓国だが、普段はまったく気にしない。桜井という少女とつきあうようになり、いつか自分の国籍を告白しなくてはならないと思っていたある日、同じ国籍をもつ親友に悲劇が起こる。原作は金城一紀の直木賞受賞作「GO」。監督は、昨年の釜山映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した「ひまわり」の行定勲。脚本はTV「池袋ウエストゲートパーク」の宮藤官九郎。同番組に出演した窪塚洋介、「バトル・ロワイアル」の柴咲コウら若手人気俳優が共演。

(文章表現3)

直木賞を受賞した金城一紀の同名ベストセラーを映画化。在日韓国人をテーマにしたこれまでの小説には見られない原作のポップなグルーブ感を損なうことなく巧みに、さりげなく映像化した行定勲の演出は秀逸。スタイリッシュなストーリー構成でユーモア溢れるセリフ満載の脚本も官九郎節が炸裂し「クドカン」ファンの期待を裏切らない。恋に友情に悩み傷つきながらも、国籍や民族といったボーダーに捉われない新たなアイデンティティを徐々に見出していく主人公の青年を窪塚洋介が爽快に演じる。

(文章表現4)

杉原は韓国の国籍を持つ所謂「在日」。中学までは民族学校に通っていたが、広い世界を見たくなり日本の普通高校に入学した。未だに将来の夢も進路も決まらず、バスケ部をやめて以来、喧嘩しかすることがない。ある日、杉原は親友の加藤のバースディパーティーで声をかけてきた少女・桜井と突然の恋に落ちる。しかし、いつかは告白しなきゃならない。自分が「在日」であることを…。そんなある日、親友の正一が、駅で少年に刺されてしまい・・・

(文章表現5)

在日韓国人三世の高校生・杉原は、喧嘩ばかりの日々を送っていた。ある日彼は、同級生・加藤のバースデイパーティーで桜井という少女に出会い恋に落ちる。ふたりはデートを重ねて距離を詰めていくが、杉原が自分が在日であることを彼女に告白すると…。

(文章表現6)

“クルパー”こと在日韓国人の高校3年生・杉原(窪塚洋介)は、将来の夢もなく、喧嘩に明け暮れる毎日。そんなある日、彼は不思議な魅力をもった少女・桜井(柴咲コウ)と出会い、つきあうことになるが、ついに自分が在日であることを彼女に告白すると…。
金城一紀の第123回直木賞受賞小説を原作に、新鋭・行定勲監督がポップ感覚に満ちた演出で描き上げた、切なくも痛快な青春映画の傑作。従来の在日問題を扱った映画から幾歩も前進した、まさに歴史の未来に新しい風を吹き込むかのような前向きでエネルギッシュなさわやかさが全編に満ちあふれている。
主人公と両親(山崎努&大竹しのぶ)との、時に殴り合いも辞さないヴァイタリティあふれる大らかな交流と家族愛も、また魅力的。

(文章表現7)
杉原(窪塚洋介)は日本で生まれ育ったが、国籍は韓国だ。父親で元ボクサーの秀吉(山崎努)に触発され、中学まで民族学校にかよっていたが、高校からは日本人の学校へ通い始める。悪友達とケンカに明け暮れる日々が続くが、ある日、パーティで出会った桜井(柴咲コウ)と恋に落ちる。

(文章表現8)
在日韓国人三世の杉原は、日本の普通高校に通う3年生。あだ名はクルパー。ハワイ旅行をきっかけに朝鮮から韓国に国籍を変えた父親・秀吉に叩き込まれたボクシングで、喧嘩や悪さに明け暮れる日々を送っている。友だちは、ヤクザの息子・加藤や民族中学校で杉原と共に教師から目の敵にされていた同級生の元秀や先輩のタワケ。だが、杉原にもリスペクトする男がいた。民族中学校開校以来の秀才と言われた正一だ。ある日、杉原は加藤のバースデイ・パーティで桜井という少女と恋に落ちる。ちょっと風変わりな彼女とぎこちないデートを重ね、気持ちを近づけていく杉原。しかし、自分が在日であることは告白しかねていた。そんな中、正一が駅のホームで少年に刺されて死んだ。誤解が原因で起こった悲劇だ。親友を失ったショックに愕然となった杉原は、その夜、桜井と一夜を共にし、自分が在日であることを彼女に告白する。ところがそれを聞いた途端、桜井の態度が急変した。打ちひしがれた杉原は、やり場のない思いを父親にぶつけるが、反対にのされてしまう。だがその時、彼は国籍や民族にとらわれない世の中を作ってやろうと心に誓うのであった。それから半年後のクリスマス・イヴ。大学受験に向けて勉強中の杉原。夜、桜井からの電話で呼び出された彼は、偏見を払拭した彼女とよりを戻す。

(文章表現9)

金城一紀の同名小説を窪塚洋介主演で映画化した痛快青春娯楽作品。日本の普通高校3年の杉原。未だ将来の夢も進路も決まらず、元ボクサーの父に仕込まれたボクシングの腕前を武器に喧嘩ばかりしている日々を送っていた。ある日杉原はヤクザの息子の同級生・加藤のバースディパーティで声をかけてきた少女、桜井と突然の恋に落ち今まで経験したことのない時間を共有する。だが、民族学校開校以来の親友、正一が駅で少年に刺される事件が起きた……。

(文章表現10)
「GO」─体の中からカーッとエネルギーが湧いて元気になる映画

「GO」は、在日韓国人の高校生杉原が、日本の女の子と恋愛して自分のアイデンティティーに悩む話だ。今、この1行を読んで、「あッダメ、ジメッと落ち込む映画でしょう、パスパス」って思わなかった? 嬉しいことにその予測は大ハズレ。落ち込むどころか、体の中からカーッとエネルギーが湧いて元気になる映画なのだ。それに全然暗くない。哀しくて泣くシーンも、感動で涙がじわーッと出るシーンもあるけど、大方はおかしくてゲラゲラ笑っちゃうエピソードが詰まっている。

この前向きのエネルギーは、金城一紀の原作から引き継いだもの。朝鮮半島と差別が絡んだ話を、パワフルなコメディで語るセンスが、まず素晴しい。勉強もしないで万引きや補導スレスレの悪さに明け暮れていた中学時代の杉原。北朝鮮から韓国へ、突然国籍を変えた父親から、広い世界を見ろとハッパをかけられる杉原。ひとつひとつのエピソードから、「俺って何なんだ!」という杉原の疑問、モヤモヤした怒りが、ビンビン伝わってくる。

ボンバーヘッドに切れた恐い目で、喧嘩に勝ちまくる窪塚洋介が魅力。父親が息子に伝え残していくものを、ブッキラボーな愛情で表現する父親役の山崎努も最高だ。(森山京子)

10月20日より、丸の内東映ほか東映系にてロードショー


↑画面TOPへ↑


【受賞記録】


2001年 第14回 日刊スポーツ映画大賞 石原裕次郎新人賞
2001年 第14回 日刊スポーツ映画大賞 助演男優賞
2001年 第14回 日刊スポーツ映画大賞 監督賞
2001年 第26回 報知映画賞 助演女優賞
2001年 第26回 報知映画賞 主演男優賞
2001年 第26回 報知映画賞 作品賞
2002年 第16回 高崎映画祭 新人女優賞
2002年 第16回 高崎映画祭 主演男優賞
2002年 第16回 高崎映画祭 若手監督賞
2002年 第25回 日本アカデミー賞 助演男優賞
2002年 第25回 日本アカデミー賞 助演女優賞
2002年 第25回 日本アカデミー賞 主演男優賞

---

キネマ旬報賞 日本映画ベストテン

 日本映画ベストワン
 監督賞:行定勲
 主演男優賞:窪塚洋介
 助演男優賞:山崎努
 助演女優賞:柴咲コウ

第25回日本アカデミー賞

 優秀作品賞
 最優秀主演男優賞:窪塚洋介
 最優秀助演女優賞:柴咲コウ
 最優秀助演男優賞:山崎努
 優秀助演女優賞:大竹しのぶ
 最優秀監督賞:行定勲
 最優秀脚本賞:宮藤官九郎
 優秀音楽賞:めいなCo.
 最優秀撮影賞:柳島克己
 最優秀照明賞:高屋斎
 優秀美術賞:和田洋
 優秀録音賞:柴山申広
 最優秀編集賞:今井剛
 新人俳優賞:窪塚洋介・柴咲コウ

第44回ブルーリボン賞

 助演男優賞:山崎努
 監督賞:行定勲
 新人賞:柴咲コウ

第56回毎日映画コンクール

 日本映画優秀賞
 脚本賞:宮藤官九郎
 スポニチグランプリ新人賞:窪塚洋介・柴咲コウ

第26回報知映画賞

 作品賞
 主演男優賞:窪塚洋介
 助演男優賞:山崎努
 助演女優賞:柴咲コウ

第14回日刊スポーツ映画大賞

 助演男優賞:山崎努
 監督賞:行定勲
 新人女優賞:柴咲コウ
 石原裕次郎新人賞:窪塚洋介

第14回日本映画批評家大賞

 主演男優賞:窪塚洋介
 助演男優賞:山本太郎
 監督賞:行定勲
 新人賞:柴咲コウ

第23回ヨコハマ映画祭

 ベスト10第1位
 作品賞
 監督賞:行定勲
 脚本賞:宮藤官九郎
 主演男優賞:窪塚洋介
 助演男優賞:山崎努
 助演女優賞:柴咲コウ
 最優秀新人賞:細山田隆人

第16回高崎映画祭

 若手監督グランプリ:行定勲
 最優秀主演男優賞:窪塚洋介
 最優秀新人女優賞:柴咲コウ

(海外)

第52回ベルリン国際映画祭
 パノラマ部門出品

↑画面TOPへ↑


【キャスト】

[登場人物:声優]

杉原:窪塚洋介
桜井:柴咲コウ
秀吉:山崎努
道子:大竹しのぶ
正一:細山田隆人
タワケ:山本太郎
元秀:新井浩文
加藤:村田充
巡査:萩原聖人
タクシーの運転手:大杉漣
チマチョゴリの少女:水川あさみ
里香:伴杏里
桜井の姉:高木りな
金先生:塩見三省
平田満:平田満
加藤の父:上田耕一
ナオミ:キム・ミン
大使館員:ミョン・ケナム
桜井の父:見敏之
若い落語家:温水洋一
久子:姿晴香
桜井の母:銀粉蝶
組員:津田寛治
組員:田中要次
組員:ボブ鈴木
民族中学の教師:吉原建五
民族中学の教師:岡村洋一
原チャリの配達員:森下能幸
原チャリの配達員:皆川猿時
警官:田中哲司
警官:皆川猿時
地下鉄の駅員:戸田昌宏
少年A:椿隆之
ロンゲの生徒:石田隆三
元秀の手下:秦昌寛
元秀の手下:サイ・ホージン
元秀の手下:野村貴志
バスケの選手:斎藤秀康
バスケの選手:江藤大我
バスケの監督:松田直樹
バスケの審判:二家本辰巳
挑戦者:井田篤
挑戦者:胡賢之輔
挑戦者:井坂俊哉
ナイフで転ぶ挑戦者:新田亮
本を殴る挑戦者:小坂徳利
電話前の挑戦者:仲島武士
民族中の男子生徒:朴大守
民族中の女子生徒:李京美
少年Aの友人:吉永雄紀
少年Aの友人:三原伸之
少年Aの友人:小谷嘉一
杉原の少年時代:島村祐成
クラブのDJ:柳田英輝
後輩の女教師:チュン・リントゥオ
ハワイのテレビのレポーター:梶山妙子
ハワイのテレビのレポーター:北沢まりあ
シカのおばちゃん:松本じゅん
クラブの客:坂本弥生
クラブの客:石川友子
加藤の女:飯田れな
加藤の女:森高千春
100円を賭ける生徒:高橋慎二
101円を賭ける生徒:西村豪起
102円を賭ける生徒:西島正和
103円を賭ける生徒:川原田樹
佐藤爾ハワイロコガール:リンダ
佐藤爾ハワイロコガール:リビー
パトカー助手席:菊池隆志
パトカー助手席:明石きぶし

↑画面TOPへ↑


【スタッフ】


監督:行定勲
製作:佐藤雅夫 、 黒澤満
プロデューサー:天野和人 、 國松達也 、 出目宏
原作:金城一紀
脚色:宮藤官九郎
企画:遠藤茂行
撮影:柳島克己
撮影効果:釜田友也 、 月村恒宣
視覚効果:道木伸隆
音楽:めいなCo.
音楽プロデューサー:津島玄一
主題歌:ザ・カレイドスコープ
選曲:薄井洋明
美術:和田洋
編集:今井剛
録音:柴山申広
スクリプター:工藤みずほ
スチール:加藤義一
音響効果:中村佳央
助監督:中村隆彦
照明:高屋齋
装飾:大庭信正
CG:辻野南
衣裳:野中美貴 、 高山良昭
スタイリスト:宮本まさ江
製作担当:望月政雄 、 岩下真司
擬斗:二家本辰巳
「GO」製作委員会製作委員:金民基 、 木綿克己 、 青山悌三
「GO」製作委員会プロデューサー

↑画面TOPへ↑


【レビュー】


調査中

↑画面TOPへ↑


【ロケ地】


撮影場所:神戸市営地下鉄山手線 上沢駅

調査中

↑画面TOPへ↑


『その他』


調査中

↑画面TOPへ↑


『関連』


調査中

↑画面TOPへ↑


『サイト更新・追加情報』

このページ内を書き換えや更新・追加したときの為のサイト更新履歴情報です。

なし

↑画面TOPへ↑



---以上
【このカテゴリーの最新記事】
posted by listgame at 01:07| 邦画「か行」
ファン
検索

他ジャンル

⇒ 情報!一覧中(集)

⇒ 音楽!一覧中(集)

カテゴリー
最新記事
》サービス一覧《
最新コメント