2020年06月17日

消費者の潜在的ニーズ「開封の儀」を考える

ネット通販をした際のシーンを想像してみてください。買物をした消費者がその品物の封を開ける体験がひとつのイベントになっているそうです。


現代版#開封の儀 とも呼ばれているほど販売者は意識する行動となります。


その中でも、消費者がネット通販の梱包に期待することを考えてみます。今回は5点挙げますが、注意したいのは、輸送のための梱包については、消費者側は「無意識」の内に期待していることが多いことです。


まず、1つ目は誰しもが期待しており最も重要なことです。それは、「商品が正しく、破損のない状態で届くこと」です。当たり前ではありますが、多少の不安があったりする部分ではないでしょうか。


特に日本の消費者は「パッケージも商品の一部」と考えている人が多くおられます。中の商品が無事であっても、その商品のパッケージ(個装)に擦れや凹みなどがあると、クレームに繋がるケースもあります。


2つ目のポイントは、「開けやすさ」です。例えば、強力なテープで頑丈に封をされていると、ネイルをしている女性からすれば大変開けづらいです。個人的には、はさみやカッターを使用しないと開けられないくらいのテープの貼り方って開ける時いやですね。


最近は、ミシン目に沿って開封用テープが貼られていたり、押すと簡単にテープが剥がれるようにな仕組みになっていたり、様々な方法で開けやすくなっていますね。


3つ目は、意外かもしれませんが「ゴミの捨てやすさ」も場合によっては消費者のストレスになります。
エアークッション、プチプチなど緩衝材は、かさばり易く、また資源ごみとしての仕分けなど処分するのに手間がかかります。できるだけ、ゴミや資源として処分しやすい梱包、包装材が望まれます。


その次4つ目は、商品の大きさに依存するものの、「受け取りやすさ」も大事な要素です。ポストに入る、宅配ボックスに入る、など、出来る限り受取りやすいサイズが喜ばれます。


最後、5つ目は、「#開封の儀」に繋がることですが、「わくわく感」も期待される要素のひとつと言えます。ラッピングや、ひと手間加えた梱包は、開けた瞬間、プレゼントを受け取ったような嬉しさ、楽しさを味わえ、特に女性は喜ぶのではないでしょうか。


また、反対に送料を抑えるため最低限の梱包の場合も、そのシンプルさに満足される消費者もおられることでしょう。


今回は、消費者がネット通販の梱包に期待することを考えて整理しました。


いくつうなずけるところはありましたでしょうか。ご意見ありましたらコメントいただけると参考になります!



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス: 必須項目

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9940987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ご師匠たち

ランキングページにリンクします
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村 応援よろしくお願いいたします
ファン
カテゴリアーカイブ
気になるブログ
最新記事
最新コメント
最新記事
検索
同僚の組んでいるバンドです。地元をメインに活動中です。イベントがあると地方ですがお声がけ頂けるようになったそうです。仕事もプライベートもモチベが大事! FOUR RAT FAMILY「サクラサク」 LIVE