2019年03月21日

coffee break

◇みんなの自習会にて(本日の読書感想文)
 孫武の現実主義による兵法書「孫武/全13編」はスパイによる情報収集により相手の実力を見極めた上で上策・下策を示した。すなわち、相手が自分より優秀な場合には戦闘での戦による勝負は避けて、外交による戦術で相手を利する手段を選択するということ。彼のリアリズムによる理論は、後の指導者に少なからず影響を及ぼしている。孫武の兵法書はナポレオンの愛読書であったし、戦国大名の武田信玄が軍旗に記した「風林火山」は孫武の兵法書からの引用によるものであった。

 孫武が暮らした世界は紀元前、今から2000年以上も前の時代。当時は、「戦(いくさ)」においての優勝劣敗は「時の運」であり、兵士の数が多い方が勝つと信じられていた。そんな時代背景がある中で、全体的な方針を示した「戦略」は当時の人に取っては衝撃だったかもしれない。孫武に示された兵法書は編集が重ねられ、曹操により整理されている。孫武による全体的なストラテジーを基にして、個別の「戦術」が展開されている。情報収集の結果、戦わずして勝つことができるのであれば、勝利するための戦術を合理的な判断のもとに選択をする。極めて無駄のない理論である。

 しかし、無駄のない「上策」が果たして今後も上策であり続けるという保障は何処にも無いだろう。人は時として、誰も想像しないような人物が、想像できない偉業を成し遂げることがあるという事実を、現代に生きる私たちは幾度となく目撃しているはずだ。下策から成功を収めたのなら、上策で成功を収めるより数段優れた偉業である事実を軽視しているとさえ感じる。

 2000年に出版、ベストセラー本として今では多くの企業研修用のテキストにアレンジしている「チーズはどこへ消えた?」の小人の言葉に現代を賢く生きるヒントがある。そのキーワードは「変化」。変化は必然であり、予知すること、探知することが個人の意識で可能で対応できる。そこには進んで変わることができた者にしか見えない風景が広がっている。現代に生きる私たちがかつての賢人が系統立てた兵法書から学ぶことはたくさんある一方で、常に変化にさらされている社会において、上策・下策だけの二者択一の判断基準だけでは、物事の本質を見失いかねないと、私ふまんだらけは考えています。
ファン
クリックをお願いします(* ̄▽ ̄)ノヨロシク

プロフィール
ふまんだらけさんの画像
ふまんだらけ
中野の「まんだらけ」によく出没。ソーシャルレンディングで2300万円分運用。その他に株式投資、NISA、iDeCoをメインに運用中。 趣味は、草むしり、食べ歩き、アニメ(fateシリーズ、物語シリーズ)、読書です( `・ω・´)ノ
プロフィール
問い合わせ先は各記事のコメント欄までどうぞ。
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
ふまんだらけも100万円投資中 ふまんだらけも250万円投資中 ふまんだらけも100万円投資中 クラウドバンク ふまんだらけも15万円投資中 ふまんだらけも投資実績がある業者 ふまんだらけの投資先注目業者 LENDEX
最新コメント