2017年08月16日

空気取り込み防止策にスーパーボールを試すも、今一つ。

以前の記事で、キャリコの空気取り込み防止策を思案中だと書いた私。

現在、アヒルのおもちゃを止めて、ゴム製のスーパーボールを試している所なのですが、
どうにも、思ったような効果は得られていないんですよね〜。
オマケに、水に浸かりっぱなしで数日経過したスーパーボール達が、白く曇ってしまうという始末(汗)。

この白い曇り。
汚れなのかと思って、水で洗ったりもしているのですが、全然取れないんですよね。
汚れではないなら、素材のゴムによる物なのか。
こうなると、もう、このボール達は回収した方が良いのかも知れない……。

そんな金魚達の空気取り込み防止策。
中々、良い方法が見付からないものだな〜と、頭を抱えている次第です

2017年08月14日

たまには、気分転換に乾燥糸ミミズでも…

近頃の金魚達。
昨日は、換水前の朝ごはんに、乾燥糸ミミズのブロックをあげてみたんですよね。

キョーリン 乾燥イトミミズ 15g (カメ、熱帯魚、金魚、イモリのエサ)

新品価格
¥250から
(2017/8/14 15:29時点)


一塊だと量が多い気がしたので、リョウ、シュウ、キャリコそれぞれに半ブロックずつ。手で切ってあげてみたのですが、これでもまだ多かったようで。
しまった?!あげ過ぎてしまった!
そう思って、わたわたと慌てている内に、

キャリコがパクッ!!

そのブロックを咥えてブンブンと頭を振りながら、すっかり口の中に収めてしまいました。
この食い付きには、本気でびっくり!
3匹中、一番小さなキャリコ。その逞しさに、思わず感心してしまった私です。

そして、そして、残りの2匹。リョウとシュウの反応はといいますと、

リョウの方は、乾燥糸ミミズが水を吸って柔らかくなるのを待ってから、パクリ。
食い付きはあまり良ろしくない感じでしたが、食べ始めてからは、吐き出しては食べを繰り返し。
それなりに満足したかのように、モグモグと頬張ってくれていたのでした。

そして、問題のシュウちゃん。
この乾燥糸ミミズのブロックが恐いのか、ちっとも寄って来てくれない。食べてくれないという……。
しかしながら、すぐ傍らで、口の中を一杯にしてご満悦そうなキャリコの様子に感化されたのか、
はたまた、朝ごはんがこれだけだということに気付いて観念したのか、
そろり、そろり、と口に入れ始め……。
最終的には、皆と同じ半ブロックを平らげてくれたんですよね。

良かった、良かった……いや、あげ過ぎてしまったのだから良くないのか?!

そんな所の、乾燥糸ミミズ。

難点は、必ずしも食い付きが良いとは言えないことと、
与えると糸ミミズが散らばって飼育容器内が汚れるということでしょうか。

まあ、汚れに関しては、どのみち日課の全換水が待っている私ですので、大した問題ではないような気もしている次第です

2017年08月09日

キャリコの空気取り込み防止策を思案中……。

黒出目金リョウのヒレのギザギザも気になるのですが、
それと同じくらい気になっているのが、浮き気味のキャリコなんですよね(汗)。

朝は大丈夫なのですが、
昼ごはんを食べてからの怒涛の空気取り込みで、
午後からはフラフラ泳いだり、ひっくり返ったりしてしまうんですよ。

なので、この、水面で空気を取り込んでいるように見える行動を、何とか止めさせたい〜!

そこで思い付いた私。

キャリコが口をパクパクあけて、水面をウロウロする。
これがいけないのだったら、何か、障害物になるような物を水面に浮かせてみれば良いんじゃないか?
そうしたら、その障害物に邪魔されて、水面をウロウロ出来なくなる。
仕方なくでも、潜らざるを得なくなって、取り込む空気の量が減る。
その結果、転覆状態にならずに済むんじゃないか?

――という訳で、早速、百円均一ショップに行って手に入れてきたのが、お風呂に浮かべて遊ぶアヒルのおもちゃだったりして……

しかしながら、このアヒルちゃん。
少々バランスが悪いようで、何かの拍子にひっくり返ってしまうんですよね。
おまけに、投げ込み式フィルターの水流の加減か、プラケースの隅で固まったきり、ゆらゆらと漂ってくれない……。

これでは、キャリコの空気の取り込みを妨げてくれない……!

お、おかしいぞ。
自分のイメージでは、上手くいくはずだったというのに

ついつい、可愛さに負けてアヒルのおもちゃを選んでしまった私が浅はかだったのか。
それなら、隣に並んでいたスーパーボールを購入して、スーパーボール掬いの如くばら撒けば良かったのか。

そんなこんななキャリコの空気取り込み防止策。
まだまだ、思案は続きそうです。

2017年08月08日

今日は、リョウにイソジン浴を実施しました。

カラムナリスが原因だと思われる、黒出目金リョウのヒレのギザギザ。
0.5パーセント塩水浴とグリーンFゴールド顆粒浴の併用で様子を見ているのですが、
これが、中々治まってくれないんですよね(汗)。

8月5日に薬浴を開始してから、4日目の本日ですが、
じわりとヒレが減っているように感じたので、一応、イソジン浴を行ってみました。
これで、どうにか、症状が治まってくれると良いんですけどね〜。

とりあえず、リョウ自身は体力があるはずだ。
食欲があって、くれくれダンスも踊ってくれている。
なので、何とか、この体力を維持したままで、カラムナリスを退治しなくては……!

本当に、しつこいカラムナリスから、一刻も早く解放されたい。
そう願って止まない今日この頃です。

2017年08月04日

新メンバー・キャリコの名前がまだ決まらない〜!

20170803_kyari.jpg

6月に我が家にお迎えしたキャリコなのですが、実は未だに名前が決まっていないんですよね。
それというのも、雌雄の判断が出来ないため、お気に入りの名前を付けられないからなのですが(笑)。
とりあえず、今の段階では、「キャリ」や「キャリちゃん」と呼んで、日々を過ごしている状態です。

しかしながら。
一緒に金魚達を可愛がってくれている家族(母)に言わせれば、
このキャリコの黒い模様が、丁度、「ちょび髭」みたいに見えるとのこと。
(た、確かに…)。
なので、母からは「ヒゲちゃん」や「おっちゃん」と呼ばれていたりしております。

う〜む……。
「ヒゲちゃん」「おっちゃん」が、キャリコの中で定着してしまう前に、何か良い名前を考えなければ……!
まあ、「ヒゲちゃん」「おっちゃん」でも、可愛いのは可愛いんですけどね〜。

2017年08月03日

メダカとグッピーの徒然

前回の記事で書いていたグッピー達。
ピンボケ写真ですが、グッピーのシン子を写すことが出来たので、記事にアップしてみました。

20170803_grsk.jpg
赤い尾のリョウと、黒メダカ(メス)も一緒です。

ちなみに、この外国産のグッピー2匹ですが、
白出目金のシン子を「ぎょぴ子」と呼んでいたのに対し、こちらは「ぐぴ子」と「ぐぴ男」という愛称が付いていたりもしております(笑)。

また、メダカ達の方はといいますと、

現在、親魚は、黒メダカ(メス)1匹、ヒメダカ(メス)1匹を飼育中。
ヒメダカは調子を崩してしまっているので、別容器に隔離しています。
このヒメダカなのですが、何だか急に痩せて、体の形が変わってきてしまったんですよね。
病気なのか、それとも老化現象なのか。
食欲はあるので、そのままそっと様子を見ている所です。

そして、子メダカ。
一時期は、30匹近くまでになったものの、その全員を無事に育成するというのは、やはり難しいですね。
じわりじわりと数が減って、いつの間にやら、11匹に……!
その内の2匹は、身内が育ててくれているので、私の元では9匹が頑張ってくれております。
何とか、もう一回りか二回り大きくなってくれたら、親魚の黒メダカとグッピーがいる水槽に合流して貰おう!
そう予定を立てている、のんびりメダカとグッピー事情です。

2017年08月01日

外国産グッピーの1ペアも、仲間入りしております♪

実は私、少し前から、外国産グッピーの1ペアも飼育しているんですよね。
赤い尾びれのオスと、水色の尾びれのメス。
付けた名前は、案の定、リョウとシン子だったりして……(笑)。

20170718_gr.jpg
写真はグッピーのリョウ。シン子の方も撮ろうとしたのですが、その素早さに力及ばず……近い内に再挑戦です。

そうなんですよ。
どうも、白出目金シン子がいなくなってしまったのが寂しくて。
また、「シン子」という名前の子を飼い始めたら、調子が戻ってくるかなぁ、と。
そう思ったんですよね。

でも、今は、2代目金魚のシン子を飼う気にはなれないし……。
飼育中のメダカ達、親魚と子メダカは、どの子をシン子にすれば良いのか判断が付かないし……。
それなら、他の魚にしてみてはどうか?という訳で、お迎えしたのがこのグッピー達だったりしております。

現在、この子達は、トリートメント期間を経て黒メダカ(メス)の1匹と同居中。
元金魚水槽で、気ままに泳いでくれています。
結構人懐こい感じで、くれくれダンスも見せてくれるんですよね。
愛嬌があって、これまた、可愛いものです

2017年07月30日

ここ最近は落ち着いているような、そうでもないような、でも、大丈夫だと思いたい!

連日暑い日が続いていますね……。
どうにか、夏バテしないように過ごしたいものなのですが、なんせ、規則正しい生活というのが出来ていない私。ついつい夜更かししてしまうんですよね〜。
これはもう、趣味を持ったオタクの宿命なのかも知れない。
しかしながら、本当に、今の内に改善しておかなければ、8月、9月が応えてきそうだなぁと思っているこの頃だったりしております(汗)。

さてさて、我が家の金魚達。
ここ最近は、落ち着いているような、そうでもないような、でも、何とかなっていると思いたい……。
そんな感じの状態が続いております。

それというのも、今一番、不安に感じているのは、黒出目金リョウの尾ヒレ、腹ビレの縁がギザギザになってしまっていることなんですよね。
一応、0.5パーセント塩水浴を継続し、そこに合わせてイソジン浴を行ったりはしているのですが、
改善されているのかどうかが、もう一つはっきりしないという。
当のリョウ自体は食欲もあったりするので、このまま換水と塩水浴で何とかなるだろう。
そう考えているのですが、なんせ、シン子のことがあったために、どうにも不安は拭い切れないんですよね。

ああ、早く、ヒレのギザギザが治って欲しい〜!

我が家のひらりと金魚達。
何とか元気に、この夏のうだうだを乗り切って欲しいものです

ピックアップ!
  1. 1. 【金魚いきいき計画】金魚のツヤ肌に効果ありだと思います!
  2. 2. no img グリーンFゴールド顆粒の薬液の作り方・使い方(補足)
  3. 3. ウオジラミ、ぎょえええ〜!!
オススメです♪

20160713_hb101_1_side.jpg
ウチの金魚達にも使っている「HB‐101」。
その様子は【金魚いきいき計画】からどうぞ。

そもそも、「HB‐101」って何?
気になる方はこちらを御覧下さい~。↓↓


【アマゾン】で安い場合がある?!
「HB‐101」


プロフィール
水守伸之進さんの画像
水守伸之進
ブログ
プロフィール
水守への御連絡は、下記よりお願い致します。

メールフォーム

いつも有難うございます
拍手で頂いたメッセージへのお返事は、
記事の中で書いております。


○【ひらりと金魚】は、水守伸之進(みずもり しんのしん)の個人サイトです。
記事内で取り上げた作品の原作とは一切関係ございません。

当サイトは、アフィリエイトを行っております。
広告リンクの御利用は、水守に報酬が発生しても良いと思って下さる方のみ、お願い致します。


○サイト内の文章・画像等の無断転載、荒らし行為は固く禁止しております。
何卒、御了承下さい。



<ひらりと金魚達>

pro_ryo.png
リョウ
黒出目金。オス。2014年10月飼育開始。
現在1番の古株でリーダー格……のはずが、この所はシン子に押され気味に。
シン子亡き現在、初期メンバー唯一の生き残りとなる。
基本的にはマイペースな性格をしている。

pro_shinko.png
シン子
白出目金。メス。2014年11月飼育開始。
愛嬌を振りまきつつ、おすましも忘れない。
近頃「かかあ天下」に。
2017年7月9日に亡くなる。享年4歳。

pro_syu.png
シュウ
丹頂。恐らくオス。2017年2月飼育開始。
恐がりだけど好奇心も強い。
大きな口で上手にご飯を食べる。

pro_ran.png
シン(2014年9月〜2016年6月)
大・中・小サイズ(2016年7月〜12月)
今は亡きらんちゅう達。

pro_ana.png
アナカリス(仮名)
アナカリス。2016年9月〜2017年7月。
金魚達のおやつになる運命から逃れて生息中だったが、遂に枯れてしまう。

pro_marimo.png
マリモ(仮名)
マリモ。2016年8月飼育開始。
当サイト「ひっそりマリモ事情」で活躍中。


カテゴリーアーカイブ
検索

こちらも運営中◎
身内サイト☆

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

よろしければ、ぽちり、と。


QRコード
ひらりとギャラリー
ケアプロスト