2017年06月25日

浮き気味のシュウ

近頃、どうも、丹頂のシュウが浮き気味なんですよね。
朝は普通に泳いでいるにも関わらず、昼ごはんを食べ終わって、しばらくしたら、体が浮かんで来てしまうという……。

恐らく原因は、昼食後に水面付近をうろうろし、ちゅぱちゅぱと空気を取り込んでいること。
同じようにしているリョウのエラからは、空気の泡が次々と出てくるのに、シュウのエラからはほとんど出てこないんですよね。
なので、この違いに、転覆気味になるかならないかの、何かがあるのでは?と踏んでいる私です。

いや、そもそも、食後に水面をうろうろして空気を取り込むのを止めさせたい〜!

これが、巷で良く噂されている、所謂「エア食い」という奴なのでしょうか???

もしかして、酸素が足りなかったりするのか?
そう思って、酸素を出すタブレットを水槽に入れてみたのですが、現状は変わらないまま……。
ここ毎日、夜にフンと一緒に溜まっていた空気が出てしまうまでは、ふがふがと泳いでいるシュウなんです。

本当に転覆してしまう前に、何か、対策を取らなければ……!
そう思っている所なんですけどね〜(汗々)。

2017年06月23日

人馴れしてきたキャリコちゃん♪

先日、我が家にお迎えしたキャリコちゃん。
現在、0.5パーセント塩水でトリートメント中なのですが、
この子がまた、エサをあげ始めたら、ものの二日ぐらいで、随分と人に馴れてくれるようになったんですよね〜。

頭上に指を出すと、ご飯がもらえるのかと思って寄って来る!
口を大きく、パクパク開けて、可愛くおねだりする!
エサを一粒、一生懸命食べて。食べ終わった頃に、また、おねだりをしてくれる!
恐がりという程じゃないけど、大人しい!

金魚飼育にハマってからこれまで、らんちゅう、出目金、丹頂と飼ってきておりますが、
こんなに早く、私の指に寄って来てくれるようになったのは、この子が初めてなんじゃないかと、感激している次第です(笑)。

こういう懐きやすさって、金魚それぞれの性格によるものなのでしょうかね〜。

2017年06月20日

シン子カラーで貰いました♪

最近、身内が趣味で「つまみ細工」なるものを始めたんですよね。
布をピンセットで折り畳んで、接着剤を付けて……。
その様子を近くで眺めていても、私には、何が何だか分からない(汗)。
でも、そんな完成品の内の1つを、身内がプレゼントしてくれたので、この喜びを今日の記事に記してみた次第です。

itadakimono_tsu_shinko.jpg
おおっ、この色は……紛れも無く、ぎょぴ子(シン子)カラー!

しかも、桜の形をしているなんて……!
流石は、サムトルファン仲間の身内です(笑)。

有難う、身内
大切に飾らせてもらいますわ〜

そんな訳で。
早速、金魚水槽の傍らにある金属製のラックに、ボールチェーンで付けてみた私。
白出目金シン子と、この桜のつまみ細工を見比べながら、1人、ニヤニヤしている本日です。

2017年06月19日

またしても、新入り君をお迎えしました♪

恐るべし、ホームセンターの観賞魚コーナー……。

先日、いつも何かとお世話になっているホームセンターに寄ってみた所、
またしても、運命の出会いを果たしてしまった私です(汗)。

ああ〜!
だって、丹頂に引き続き、ずっと飼ってみたかったキャリコ柄(赤・黒・浅葱の3色模様)の金魚ちゃんが売り出しになっていたんですよ〜!

すっごく安くなっている訳じゃないけれど、
でも、これは、買い時なんじゃないか?!

そんな訳で、小振りのキャリコ(琉金)ちゃんを、新たにお迎え。
0.5パーセント塩水浴、エサ抜きで、トリートメント中の現在です。

何だかもう、自分の机の上が、金魚水槽やら、メダカのプラケースやらで埋まっているけれど、
親には、もうこれ以上は飼ったら(買ったら)アカンで!
と、注意されてしまったけれど、
そんな「ひらりと金魚生活」が、やっぱり楽しい♪
そう感じている次第です。

2017年06月17日

出目金と丹頂の組み合わせ

インターネットを閲覧していた際に見掛けた情報だったのか。
それとも、本屋で立ち読みして、得てきた情報だったのか。
記憶があやふやな状態なのですが、出目金と丹頂の組み合わせが良しとされていなかったのが、興味深くて印象に残っている私です。

その情報というのが、確か、

丹頂がエサを独占してしまうために、出目金がエサにありつけなくなってしまう可能性がある。
それ故に、出目金と丹頂の混泳は、推奨出来ない。


というものだったんですよね。

その内容に、見事に出目金と丹頂を一緒に飼っている私はドキッ!
そして、この指摘は確かに当たっていると、納得した次第なんですよ(汗)。


ウチのリョウ・シン子・シュウ。
出目金組であるリョウとシン子は、エサの粒を探して、必死にあばあばしている。
それに比べて、シュウは、粒を見付けると、スッと寄って来てサッとさらって行く。
取り合うと、大抵シュウが丸呑みにしてしまう……。

この間、酷い時なんて、追尾と思しき行動でシュウがシン子にスリスリ。
丁度、エサを食べようとしていたシン子は、シュウに押されながら泳ぐ……いや、自分の意志とは関係なく、押し出されて行くので、エサが食べられない。
「ちょっと、ちょっと、何処行くねんな〜!」
で、水面に取り残されたエサがあるのですが、それを発見したシュウが、一匹だけサッと上がってきてパクッ!
そしてまた、シン子を押し出すために戻って行ったという……

しかしながら、そんなことがあっても(といっても、シン子はエサを取られたことすら気付いていない訳ですが)、シン子とシュウは、結構仲良しなんですよね。
ピンク系(?)のもの同士、気が合うのか。
シュウのスリスリ攻撃にあっても、シン子は、かわそうとするだけで大して怒ったりしない。
それ所か、一緒に並んで、投げ込み式フィルターの綿をいじめる仲だったりして。
主にくれくれダンス時ですが、シン子にツンツン小突かれるのは、何故か、リョウばっかりなんですよね〜。


――えっと、話を戻しましょう(汗)。

そんな訳で、出目金と丹頂の組み合わせですが。
情報としては推奨されておらず、そんなこんなな状態ではあるものの。
出目金2匹の中に、一回り小さな丹頂1匹という我が家では、それなりに上手くやれていると思っている私です。

エサの独占に関しては、
フレーク状の場合は、さほど気にならず。
粒の場合も、一気にばら撒くのではなく、タイミングを計りながら、それぞれの口の前に1粒ずつ落として行くので、出目金だけが全然食べられなかったということはない模様。

まあ、我が家の場合は、シュウが割と大人しいタイプであることと、リョウとシン子の食に対する根性が凄いということが、あるのかも知れないのですがね〜

2017年06月15日

メダカのケンカ

メダカ親魚4匹のケンカが続いている昨今。
どうも、ヒメダカより、黒メダカの方が優勢で、ヒメダカ2匹が疲れているように見えたため、
ヒメダカと黒メダカで分離することに致しました。

ヒメダカ2匹を、どんぶり金魚用にしていたボウルにお引越しです。


メダカのケンカは、縄張り争い。
容器に対して飼育数が少ないと、メダカ達に縄張り意識が生まれてしまってケンカになってしまう。
それ故に、そのケンカを止めるためには、飼育数を容器や濾過能力に合わせて増やすと良い。
(キョーリンのサイトでは、飼育水1リットルに対して2匹が目安と記載されていました)。


ということなので、子メダカ達が成長して、親魚と一緒に飼えるようになるまで、
しばらくこのままの状態が続きそうです(汗)。

2017年06月13日

クラフトチャームで作ってみました♪

またしても、百円均一で買い物をしている……。
でも、これは、無駄遣いではないはずだ〜!

という訳で、百円均一で見付けてしまった、可愛いガラス製のクラフトチャーム。
それを使用して、このような物を作ってみました。↓↓

kingyonoha_craft.jpg

まあ、作ったといっても、大した作業ではなく(汗)。

ガラス製のボトル(?)の中に、好きなパーツを入れて。
付属のフタを、市販の接着剤(ガラス製品等に利用出来る物)でくっつけて、接着剤を乾かすだけ。

後は、自分好みに、ストラップにしてみたり、アクセサリーにしてみたり……。
中々お手軽作業で完成するチャームなんですよ。


さてさて。
そんな所で、私がガラスの中に入れた物が、上の写真に写っている白い物体です。

おおっ?!
果たしてこれは、一体、何なのか?!

――なんて、勿体付ける程のことでもないので申しますと、
実は、この小さな白い物体は、

金魚の歯

なんですよね。

そうなんです。
実は私、水槽の底に落ちている金魚達の歯を、気が向くのに任せて集めていたんですよね。
何かの記念になるだろう、何処かで使い道があるだろう、と。

ピペットで取り出して、水道水で洗って、乾かして……。

そうして溜めていた、どれが誰のかは分からない、リョウ、シン子、シュウの歯。
今こそ、その使い時だ!
と百円ショップの店頭で不意に思い立ち、こうして、チャームの中身にしてみたという次第なのです。

ふふふっ。
これでいつでも、愛しい金魚達と一緒にいるような。そんな気になれますね。
それに、「金魚」というだけあって、金運アップの効果がありそうじゃないですか〜(笑)。


ちなみに、この金魚の歯入りチャーム。
密かに、紐と小さな鈴を付けて、根付仕様になっております。
いつも、リョウ・シン子・シュウを可愛がってくれている母にプレゼントする予定です

2017年06月11日

ちょっと、ちょっと、葉っぱが1枚無いんですけど……!

実は先日、金魚水槽に入れていた分のアナカリスが、とうとう無くなってしまったんですよね。
なので、その代わりに、ベランダで育成中のアマゾンフロッグピットを一株。
葉っぱが3枚出ている小さな株を、金魚水槽に浮かべておりました。

しかしながら、このアマゾンフロッグピットが中々の強者で。

入れてすぐに、シュウ達の攻撃に合って、根っこが見事に無くなってしまったものの、
ほぼ蛍光灯の光のみで、オマケに水槽に蓋がしてある状態で、頑張って生き延びてくれているんですよ。
小さいながらも、鮮やかな黄緑色が綺麗で、ウキウキしていた私。

が、しかし……!

そんな喜びも束の間だったのか。
本日、昼過ぎに金魚達の様子を覗いてみると、葉っぱが1枚無くなっておりました。

水槽全体を見回しても、
投げ込み式フィルターの影を覗いてみても、
どうにもその1枚は見付からない。

これはやっぱり、金魚達が食べてしまったのか?!

う〜む……。
葉っぱ自体には興味がなさそうだったので、安心していたんですけどね。
それに、葉っぱは厚みと硬さがあったので、簡単に食べることは出来ないだろうと。
もしかして、丸呑みだったんでしょうか???
いや、そもそも、食べてもお腹は大丈夫なのか???

そんな次第で、
中々悩ましい(?)出来事もあった本日の金魚事情でした〜

ピックアップ!
  1. 1. 【金魚いきいき計画】金魚のツヤ肌に効果ありだと思います!
  2. 2. no img グリーンFゴールド顆粒の薬液の作り方・使い方(補足)
  3. 3. no img こぢんまりと出目金飼育
オススメです♪

20160713_hb101_1_side.jpg
ウチの金魚達にも使っている「HB‐101」。
その様子は【金魚いきいき計画】からどうぞ。

そもそも、「HB‐101」って何?
気になる方はこちらを御覧下さい~。↓↓


【アマゾン】で安い場合がある?!
「HB‐101」


プロフィール
水守伸之進さんの画像
水守伸之進
ブログ
プロフィール
水守への御連絡は、下記よりお願い致します。

メールフォーム

いつも有難うございます
拍手で頂いたメッセージへのお返事は、
記事の中で書いております。


○【ひらりと金魚】は、水守伸之進(みずもり しんのしん)の個人サイトです。
記事内で取り上げた作品の原作とは一切関係ございません。

当サイトは、アフィリエイトを行っております。
広告リンクの御利用は、水守に報酬が発生しても良いと思って下さる方のみ、お願い致します。


○サイト内の文章・画像等の無断転載、荒らし行為は固く禁止しております。
何卒、御了承下さい。



<ひらりと金魚達>

pro_ryo.png
リョウ
黒出目金。オス。2014年10月飼育開始。
現在1番の古株でリーダー格……のはずが、この所はシン子に押され気味に。
基本的にはマイペースな性格をしている。

pro_shinko.png
シン子
白出目金。メス。2014年11月飼育開始。
愛嬌を振りまきつつ、おすましも忘れない。
近頃「かかあ天下」に。

pro_syu.png
シュウ
丹頂。恐らくオス。2017年2月飼育開始。
恐がりだけど好奇心も強い。
大きな口で上手にご飯を食べる。

pro_ran.png
シン(2014年9月〜2016年6月)
大・中・小サイズ(2016年7月〜12月)
今は亡きらんちゅう達。

pro_ana.png
アナカリス(仮名)
アナカリス。2016年9月飼育開始。
金魚達のおやつになる運命から逃れて生息中。
水槽に彩を添えてくれる有り難い存在だ。

pro_marimo.png
マリモ(仮名)
マリモ。2016年8月飼育開始。
当サイト「ひっそりマリモ事情」で活躍中。


カテゴリーアーカイブ
検索

こちらも運営中◎
身内サイト☆

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

よろしければ、ぽちり、と。


QRコード
ひらりとギャラリー
ケアプロスト