スポンサードリンク


検索
スポンサードリンク
プロフィール
ピノまっちゃさんの画像
ピノまっちゃ
どうも、ピノまっちゃ(PinoMatcha)です!
ゲーム開発をちょこまか頑張ってます!
僕はまだ高校生で、プログラミングも独学です。
ですので実力は全然ですが、最善を尽くして頑張っております!

勉強や部活で忙しいので更新は不定期ですが、時間があるときに更新しようと思っているので、1日に2記事更新したりあるかもです。

名前の由来はピノ抹茶が好きだからじゃなくて、ピノと抹茶が好きだからです!


定期更新 : 月曜日と金曜日
(もちろん他の日も書く!)
プロフィール
うちの子
IMG_-5rr9p5.jpg
フィリアナ
名前は、由来らしい由来は無いですね…。
なんとなくのフィーリングで付けました
ちゃんと意味を込めて改名するかも知れないです。
多分します。
公開済みアプリ

中々にくだらないアプリたち

Cubefalls
Icon (512x512).png
Google Play で手に入れよう


Shoot through the target
icon high.png
Google Play で手に入れよう
最新の記事
最新のコメント
更新事項
2018/8/2 定期更新への変更の報告に追記しました。

2018/5/10 「続きを読む」機能の使い方がやっと分かりました。

2017/9/14 プレイヤーを動かす:関数の解説の一部を書き直しました。

2017/8/1 【unity5】カメラ移動・回転させる方法に多数の画像を追加しました。
カテゴリーアーカイブ
ファン
YouTubeチャンネル
Pixivアカウント
現在、調整中です…


プログラミングを仕事に

2018年11月25日

【Unityメモ 解説あり】現在シーンを再読み込み(リロード)する方法

アプリ制作時に調べたのでメモメモ。

using UnityEngine.SceneManagement; // ※← 必須!


private void () {
 SceneManager.LoadScene(SceneManager.GetActiveScene().name); // 現在シーンのリロード
}





解説


まず、一行目の

using UnityEngine.SceneManagement;


ですが、

これはUnityに

「こういう機能を使いますよ」

という呼びかけです。



これを行っていることで、

関連した機能が使えるようになります。

ここでは、「シーンマネージャー」という機能を

使用するようにしているので、

様々なシーンの管理がスクリプトから出来るようになります。



private void () {

}



↑これは関数ですね。

まぁ、これは分かると思うので吹っ飛ばします。


解説が欲しい方は↓





次は関数の中身を説明していきます。

SceneManager.LoadScene();


というのは......。

まぁ、その名の通り、

「シーンを読み込む」

と言う機能です。


( ) の中にはString型で名前を指定すれば、

その名前のシーンがロードされます。



しかし、ここで注意して欲しいのが、

「Biuld Settings」の「Scenes In Build」の中に

読み込みたいシーンが入っていないといけません。



何の話か分からなければ気軽にコメント下さい!



......ここでは、そのくらいですかね?



SceneManager.GetActiveScene().name


では、その括弧の中の↑これ。


これは、

ドット( . )ごとに区切って考えると、

シーンマネージャーの.
 現在のシーンを取得().
 そのシーンの名前


って感じです。


これが括弧の中に入っているので、

「現在のシーンのリロード」

が出来る訳です!



スポンサードリンク







投稿コメント
* 気軽にコメントくださいー *

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8328871
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック