台風19号被害

令和元年10月12日に日本に上陸した台風19号による大雨で、長野県内の千曲川が氾濫、決壊しました。
長野市穂保地区では大きな浸水被害が出て鉄道関係ではJR東日本の新幹線基地が水没、E7系新幹線車両10編成120両が水に浸りました。
しな鉄もその付近の線路が水没、変電所も一ヶ所水没して送電ができなくなりました。
千曲川のような大きい河川の、しかも長野県という上流で決壊するなど、にわかには信じられませんでした。
さらに上流の佐久地域で前日から非常に強い雨が降り続いたことが原因でしょうか。
先の穂保地区の地元の方達はむしろ支流の浅川の水位に注目していたようです。

変電所浸水の第一報は13日の朝
変電所遠隔監視装置が誤動作でおかしな警報が出始め、無応答の状態に
現地に確認に行くと変電所とその周辺はすっかり水没していました。

完全復旧はいつになるのか...
20CE37D8-85E3-4E10-A676-886E30656C4D.jpeg
これでも30cmほど水が引いた状態です。

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
プロフィール

デンマニ
鉄道会社に転職しました。 鉄道って独特の世界だなぁ... こんなに危険が伴うお仕事とは思わなかった。


通販ランキング



参加ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集

北海道物産



RCカー・模型

その他