ディアボーイズを語る部屋(コメント待ってます)
過去リンク(カテゴリーの最初の一話)
最新記事
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
スポンサーサイト
最新コメント
ファン
検索
カテゴリー
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年05月11日

ディアボーイズの続きが見てみたい66話  〜試合後の挨拶〜

藤原「ありがとうございました」


巻中「ああ、お前すごいな。大学卒業したらうちに来いや」


藤原「あ、あ、はい。ありがとうございます。考えときます。でも、俺NBA目指してますから」


巻中「・・・はははは。お前ならいけるかもしれんな。期待してるぞ。たまに練習こいや」


藤原「はい。勉強なります。次は勝ちます」


そこに現れる平本
「高階トーヤか?」


哀川・藤原「??」


平本「高階トーヤがいれば、違った展開になってたか?自分達はもっと違うプレーができた。ってとこか?」


藤原「あっ、いや、その」


巻中「お前、試合以外ではポーカーフェイスちゃうんやな。高階トーヤ君か。今日彼がいれば、お前等勝ってたかもしれんな。今年のうちのドラフトナンバーワンやねけど、既にフラれてるしなぁ。」


哀川「え?そうなんですか?」


巻中「ああ、高階くんの評価はリーグの中でかなり高いぞ。本人は大学に行く。といっているようで、プロリーグにとっては、けっこう・・・」


本田監督「おい、巻中その辺にしとけ。今日はあくまで練習や。球団内の秘密をあんまりいうもんやない」


巻中「あっ。すんません」


本田監督「哀川君。藤原君、今日はありがとう。保科と薬師丸だけじゃなくて、うちのメンバーにもよい刺激になったよ」


哀川「いえ、こちらこそ」


藤原「貴重な時間を作ってもらってありがとうございます」


本田監督「まさか、保科までああなるとは思てなかったわ。こっちが儲けもんやったな」


保科「俺、どんな位置付けなんすか」


本田監督「まだまだ、甘いってとこか」


保科「・・・」


薬師丸「今日の試合で俺もそう思いました。まだまだ頑張ります」


保科「お、俺だって。このチームのエースになって、さとみちゃんを迎えにいくんだ!」


巻中「あ〜〜?お前がエースゥ??」


保科「あ、いや、すんません」(こえぇぇぇぇ〜)


巻中「まぁ、今日は認めたるわ。今日は俺の負けやいうたからな。負けの証拠として坊主頭にしたるわ。んで、俺も今日から仕切りなおしや」


保科「いや、何も坊主にしなくてもいいじゃないっすか」


巻中「何言うてんねん。次お前が負けたら、お前が坊主にすんねんぞ。そのうっとおしい髪を俺がバリカンで刈り上げたるわ!!ははははは」


保科「う・・・く・・・」

※これをきっかけに西宮キングスのエース 巻中 憲は坊主頭がトレードマークとなる。後の日本代表の名コーチとして、名がしれるのはまだまだ先であるが、後輩の面倒見のよさが、このゴールデン世代を支えるのであった。



帰り道


保科「なぁ、哀川。バスケって面白いよな」


哀川「うん!!」


保科「まだまだ上が目指せるよな。俺、今のチームでリーグ制覇してえよ。まだまだ弱くて、その中でスタメンも取れないけど、もっともっと練習して。お前にはぜってぇ〜負けね〜からな」


人差し指で哀川をさす保科唯人。いつかの決勝のよう目は真剣だった。


哀川「俺も負けないよ」


藤原「俺等もインカレ制覇してやるよ。チームはまだまだだけどよ。なぁ、哀川」


哀川「うん。俺も頑張るよ。また目標ができたし」


藤原「ああ。NBAにいく為の第一歩だ。プロの連中を越えて、大学にいる間に日本代表になってやるさ!!」


目標を大きく持つことで、練習にも力が入る。
高校時代に急成長したポイントガード藤原拓弥であったが、それ以上の成長を大学界で見せることとなる。


沢登聖人との因縁の対決では、テレビ放送で異例の高視聴率を取れるようになるのは、あとちょっと先の話。


DEARBOYS NEXT



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。