最新記事
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2017年12月13日

【重要!】ティップの種類と性能について




tippu.jpg


※フライトの種類と性能についてはこちら

※バレルの種類と性能についてはこちら

※シャフトの種類と性能についてはこちら


これまで、
「フライト」、「バレル」、「シャフト」についてご説明させて頂きましたが、
今回は最後のパーツ、「ティップ」について説明していきます。


ダーツボードに刺さる部分であり、
種類も意外と豊富にあります。
長さも変わってきますので、是非自分に合ったものを見つけて下さいね。



名称はティップ?、チップ?

dd77b67eb88a6a498d14e326b8bdbcb9_s.jpg

名称に関しては、
ティップでもチップでも当たっています。


また「ポイント」と呼ばれることもあります。


ややこしいようですが、
自分の呼びやすいように呼ばれて大丈夫ですよ。


ダーツショップやダーツバーの店員等は、
チップ、ティップ、ポイント
どの名称で呼ばれても通用すると思います。



ティップの役割とは?


ティップは単純にダーツボードに刺さる部分です。


だからといって、
ただ刺さるだけのパーツと馬鹿にせず、
種類や長さが変わるだけで刺さりも変わるという事を念頭に置き、
自分に合ったものを選ぶようにしましょう。


※ハードダーツ用のチップでソフトダーツ用のボードに投げると、
ボードを傷める原因になりますので、絶対に止めましょう。




ティップの種類について


ティップの種類は主に5種類存在します。
「2BA」、「4BA」、「No.5」、「1/4」、「コンバーションポイント」


ではそれぞれ説明していきます。


2BA

2BA.png

ダーツティップの中では一番使用率が高い種類です。


構造として、
ティップからネジ部分が出ており、
バレルに差し込むタイプになっております。


殆どのティップがこの種類であり、
ダーツプレイヤーであれば一度は必ず使用した事があるティップではないでしょうか。


4BA

4BA.png

こちらは2BAとは逆の構造となっており、
ティップにネジ穴が開いており、
4BA専用のバレル(ネジ山がついているバレル)に装着して使用します。


このティップのメリットは、
バレルにかぶせるようにティップを装着するので、
重心が前部分になりやすいというところです。


人によっては、こちらのティップが使いやすいという方も居ます。


前重心にしたい方にはオススメと言えるのではないでしょうか。


No.5

No.5.jpg

こちらは新しくできた種類、規格になります。


構造自体は2BAに似ていますが、
2BAと比べると、ネジ山が1.6mm細くなっています。


ティップ自体を細くする事で、
ダーツ同士で弾かれる事を防止し、
グルーピングの際に有利になりやすい構造のティップに仕上がりました。


ハウスティップ(1/4)

ハウスティップ.jpg

※ハウスダーツとは?
ハウスダーツとは、ダーツバーやダーツショップに置かれてある、
誰でも自由に使用していい専用のダーツの事です。



主にハウスダーツで使用されるティップになります。


他のティップと比べると太めなデザインになります。


理由としては、ハウスダーツ自体が軽い為、
ティップ部分の比重を重くし、
少しでも投げやすくする為、太めに出来ていると言われています。


コンバーションポイント

コンバーションポイント.png

コンバーションポイントは他のティップと比べると少し異なっています。


こちらのティップは、
ソフトダーツのバレルに取り付ける事で、
ハードダーツにする事が出来るティップになります。


どういうことかと言うと、
ソフトダーツ



ハードダーツとして使用したい



コンバーションポイントをソフトダーツに装着



ハードダーツとして利用できる



素材はアルミニウムやステンレスで出来ているものが多い為、
他のティップに比べると、強度はかなり高いです。


※冒頭でも少々説明しましたが、
ハードダーツ用のチップ(コンバーションポイントもハード用です)でソフトダーツ用のボードに投げると、
ボードを傷める原因になりますので、絶対に止めましょう。




ティップのサイズについて


ティップの長さは主に3種類あります。
「ショート」、「通常」、「ロング」


ではそれぞれのメリット・デメリットを説明していきます。


ショート


・メリット
通常、ロングと比べ、短い為、折れにくい。


・デメリット
短い為、グルーピングの際に不利になりやすい。


通常


・メリット
ショート、ロングの中間であることから、特筆するメリットは無し。

・デメリット
ショート、ロングの中間であることから、特筆するデメリットは無し。


ロング


・メリット
長い為、グルーピングの際に有利になりやすい。

・デメリット
ショート、通常に比べ、長い為、折れやすい。



最期に


今回は「ティップ」にスポットライトを当てましたが、
いかがでしたでしょうか?


ティップはダーツパーツの中でも、
あまり重要と思われず、比較的適当に選ぶ方も結構いらっしゃるのですが、
ティップも刺さりやバランスに関わる重要なパーツですので、
自分に合ったティップを見つけて選ぶようにしてください。


ティップに関する記事


【必見!】使えるティップランキング



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7085677
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
ファン
プロフィール
もっぷんさんの画像
もっぷん
初めまして!当サイト管理人のもっぷんと申します! 簡単ではありますが自己紹介させていただきますね! @ダーツ歴はまだ1年と浅く、腕前も初心者と変わりないです 笑 A練習頻度は週3〜4回ほどで、1回の練習時間は2〜3時間ほどです B沖縄在住の26歳です! 皆様のお役に立てるように色々な情報を発信していきますので、宜しくお願いします!
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。