2019年11月04日

大学病院への予約


 もう一度 O先生の病院に戻る


 洗濯物を取り込みながら 考えていたことを
 O先生に聞いてみようかとも思ったが
 
 大学病院のこれからの担当医に聞くべきだろうと
 冷静に考え直して 診察室に入った



 「ニャンままさん 大学病院の予約が無事取れましたよ!

  来週木曜日の9時に 泌尿器科副腎内分泌外科に行って下さい」


 何だか えらく長い名前のところだな・・・とぼんやり思った
 正直 一度では聞き取れなかった(笑)


 「診療データと紹介状はこれから作成しますので
  来週水曜日 大学病院に行く前日に取りに来てください

  担当医とチームが判断して治療方針を決めますが
  ニャンままさんは おそらく手術になると思われます

  今からでも 
  食事のバランスに気をつけて体力つけておいて下さいね」

 

 O先生も かつてはその大学病院の医師だったので
 先生方とのパイプも強い

 電話でおおよその事を伝えたときの判断だろうが
 やはり 手術が濃厚という結論になったのだろう



 何となく 自分の周りが勝手に回転し始めたような
 そんな感覚に陥った

 よくテレビドラマで見る ぐるぐる回るカメラワークそのもの


 ガンマナイフと違い また本当のメスを身体に刺すのか・・・

 転移しているから手術なんだろうけれど
 きれいに取りきれるのだろうか?

 術式は 開腹になってしまうんだろうか?

 そうなったら 肺のときの傷と同じに
 お腹に大きな傷ができてしまうんだろうな・・・などと
 とりとめなく考えてしまった



 「ニャンままさん! 

  転移といっても まだ早い段階だと思われますから
  大学病院の担当医と 最善・最良の治療をしていけますよ
 
  あまり 考えすぎないで プロに任せてください!」



 O先生からのこの言葉で いつもの自分を取り戻した

 
 そうだ!!
 自分が考えたからといって 治療方法が決まるわけではないし
 もちろん執刀するわけでもない!


 今まで通り先生方を信頼し 全てお任せすればいいだけだ!!!



 余計な力が入っていた肩が フッと軽くなったような気がした


 「先生 改めて これからもよろしくお願い致します!」

 
 「大丈夫ですよ! 

  私はずっとニャンままさんの担当医としてそばにいますので!」



 O先生からの言葉に励まされ 帰路についた






  
               にほんブログ村 病気ブログ 肺腺がんへ

               にほんブログ村  




               

               肺がんランキング 








        








        




 




 
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9360799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
ニャンままさんの画像
ニャンまま
2011年12月に肺腺ガンの疑いと宣告される。 翌年2月に右肺上葉を切除。 その後、何度か部位を変えて転移するも現在はとても元気です。
プロフィール
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
最新コメント
2014年 9月  by ニャンまま (10/08)
2014年 9月  by ゆり (09/28)
昨日のMRI by ニャンまま (06/24)
昨日のMRI by ゆり (06/22)
すみません(汗) by キャサリン (06/06)
ファン
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村