広告

posted by fanblog
美容 美肌 美スタイル専門街 >  エイジング > 目の周りの乾燥が引き起こすちりめんジワはエイジングケアで進行を抑制

2014年10月10日

目の周りの乾燥が引き起こすちりめんジワはエイジングケアで進行を抑制

目の周り乾燥

気温がぐっと下がり始める季節、目の周りの乾燥が気になる方も多いのではないでしょうか。

朝晩の急な冷え込みは、乾燥という肌トラブルを招いてしまいます。

肌は冷えることにより真皮層が弱くなり、肌の乾燥が進んでしまうので、特に目の周りのケアは重点的に取り入れましょう。

目の周りのケアの仕方で見た目年齢が左右してしまいます。



厳しい乾燥シーズンに入る前に目の周りのエイジングケア

肌の奥からわき上がるようなハリには肌の潤いが重要になってくるのです。

目の周りの乾燥が気になる年齢肌は、やがて口元のシワも気になりますので正しいエイジングケアを取り入れましょう。

目の周りの乾燥が進行しないようにエイジングケアで肌の保湿力を高め、シワを抑制しましょう。




肌のみずみすしさを取り戻すグロースファクター(GF)

グロースファクターの活躍には目を見張るものがあり、紫外線や加齢による肌の老化を遅らせてくれることでしょう。

細胞を増やしたり肌の再生能力にも優れているといわれ、肌を若くする作用をもたらしてくれることでしょう。

グロースファクターは20才を過ぎた頃から急激に減少しますので、ケアが不十分だったり、間違ったケアを取り入れていることで目の周りの乾燥が急に進む方も多いのです。

赤ちゃんの成長が早いのは、このグロースファクターの働きが活発なためなのです。

米国では手術時の結合痕が残りにくいようにグロースファクターを利用していますので、肌細胞の修復にも活躍することでしょう。


グロースファクター(細胞成長因子)は、若さを保つための源泉です。肌(皮膚)や頭皮には、元来、多くのグロースファクター(細胞成長因子)が存在します。そして、正常な細胞を 再生する機能、傷ついた皮膚を健康な皮膚に修復する機能、そして頭髪の正常な育毛サイクルの維持などに深く関わっています。 これらのグロースファクター(細胞成長因子)は、自然に起こる老化や、環境的な原因によって早まって起こる老化現象を、強く元に引き戻す力を持っています。


まとめ

20代以降、目の周りの乾燥が進行するのは保湿に関わりを持つグロースファクターが減少することが原因でしょう。

目元の乾燥を早めに食い止め、深いシワを作らないようにグロースファクターを取り入れたエイジングケアを取り入れましょう。









この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

最新記事
記事ランキング
  1. 1. ハイドロキノンが目の周りの色素沈着を効果的に改善!茶クマもケア
  2. 2. no img 美肌に生まれ変わらせるたんぱく質(プロテイン)
  3. 3. 正しい体の洗い方|ゴシゴシ洗いは禁物
  4. 4. 目の下の色素沈着をつくらない方法2つの基本
  5. 5. no img 美肌を保つための4つの毛穴解消食品
  6. 6. no img スペシャルケアにお勧めする厳選エッセンシャルオイル6種
  7. 7. 簡単に続けられるダイエットはシンプルが一番!お風呂上がりにお手軽ケア
  8. 8. アンチエイジングの絶対条件!プロテインは必須
  9. 9. no img だんだん濃くなる色素沈着の悩みにはハイドロキノンで美白ケア
  10. 10. no img 目の周りの色素沈着はハイドロキノン成分が効果的
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
神埼 優衣さんの画像
神埼 優衣
人間は約60兆個の細胞でできています。 その細胞を外面、内面の双方からサポートする・・・一番理想のケア方法です。永遠の美しさ、肌の命に着目したスキンケアを行い素肌を咲かせてみてはいかがですか。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。