広告

posted by fanblog

うつ嫁、入院する。

a1180_016597.jpg



ウチの嫁が、入院しました。
と言っても、メンタル疾患にかんしてではありませんが。


とにかく原因不明なのです。


先月あたりから、どうもあちこち不調だったウチの嫁。
ここにもちょいちょい書きましたが、まずは精神的な落ち込みから始まって、それから呼吸系、胃腸系と不調範囲がどんどん広がっていきました。

不調の要因全てにおいて、嫁は通院し各々診察を受けています。しかし、身体面の不調についてはさっぱり原因らしい原因がわからず。呼吸系では以前からお世話になっているクリニックで診察を受けています。が、ハッキリした要因がわからず、とりあえず薬を処方されて様子見。まあこちらについては、気が付いたら症状(咳など)が治まってきたのでいいとしましょう。問題は、胃腸系です。

今月に入ったあたりからかな。嫁が、「腹にガスがたまって苦しい」と訴えるようになりました。それは日に日に酷くなっていきました。嫁は食事習慣がおかしいので、たまにこうなることはありました。が、今回はなかなか治まる気配がありません。とうとう胃腸系の病院に通院しましたが、こちらもレントゲン検査の結果特に異常なし。やっぱり薬を処方されて様子見となりました。

しかし、嫁は回復することはありませんでした。しまいには、何か食べただけでもお腹が痛くなるという始末。食べられないので余計に動けなくなり、ここ数日は殆ど寝たきりでした。なお病院では、もっと詳細な検査を予定していましたが、それは病院の予約の都合でもうちょっと先なのです。けれど嫁は寝たきりでウンウン唸っています。お腹からは、ギュルギュルと変な音がします。

大変困った事態になりましたが、僕には何もできません。せいぜい、普段嫁がやっていたことを代行するくらいです。


そして入院することに


今日も嫁は相変わらず、起きてきては横になったまま苦しんでいます。話をするのも億劫なくらいのようです。一応眠れるらしいのでそこまで深刻ではないと思いたいですが、ウンウンいっている嫁を見るとさすがに心配になってきます。

僕は家事育児全般をこなすので忙しく、あまりじっくり嫁を見ていることができません。まあ、どちらにしても僕はただ見ているだけしかできないわけでありまして、どうしようかと考えながら家事を片付けていました。

今日は日曜日。診療機関はもちろんお休みです。救急車を呼ぼうと思いましたが、試しに嫁がかかっている病院に電話して相談してみたところ、「今すぐ来い」。こりゃ無駄に入院させられるな…とは思いましたが、自宅にいてもしょうがない。なので、嫁を病院に連れていくことにしました。

入院の理由は、特にありません。嫁は動けませんが、病院の方も日曜日だし時間外なので医師もおらず、碌な診察ができる状態ではないのです。なので、今晩とりあえず入院して点滴を打って過ごし、明日検査をするとのことでした。入院じたいに意味はそんなにありませんが、何しろ嫁はこれで栄養を摂ることができます。万が一何かあってもすぐに対応してもらえます。その点では、病院に行ったのは無駄ではなかったかと思います。

嫁はウンウン唸りながらも費用のことを気にしていました。が、そんな場合でもないでしょう。その割に個室がいいとか言い出すくらいですので、まあ大丈夫でしょう。僕はとりあえず、嫁に必要そうなものを調達してきました。

あんまり病院にいるわけにもいかないので、とりあえず帰宅しました。状況次第で僕は明日仕事を休んで待機しようと思いましたが、その必要はないらしいです。まあ仕事が終わったら顔は出しますが。

それより、今日日曜日は食材買い出しデーです。僕はこれからスーパーをハシゴして、最低限必要なものを買ってこなくてはなりません。我が家は週末にまとめて食材雑貨を仕入れる生活スタイルです。そしてこれは、普段嫁が担当しています。他の買い物は心配ですが、食材は毎回決まったものを買っているので、嫁も問題なくこなせるのです。しかし今回は僕がやらなくてはなりません。

なお、嫁は僕が買い出しに行っている間に嫁の父上に連絡したそうです。父上は、適当なときに顔を出してくれるそうです。父上からしたら、春前に母上を亡くしたばかりなので「心臓に悪い」と仰せでした。そりゃそうだ。僕からも連絡を入れて、今はまだ特に切羽詰った状態ではないことを説明しました。


どうやらしばらく(で済めばいいですけど)、男寡暮らしになりそうです。チラッと聞いた話ですと、今週終盤に予定されている嫁の検査当日まで入院するらしいので。今まで、一晩だけとかはありましたが、何日も続けてというのは初めてです。いや、出産があったか。あの時も大変でしたね。今はあの時と違い、子どもも大きくなっていますから。ともあれ、嫁に大事がないことを祈るばかりです。


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://fanblogs.jp/tb/3859294

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。