アフィリエイト広告を利用しています
<景品表示法に基づく表記> 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。
ファン
人気記事・読まれてます!
  1. 1. なんでも買ってくれるのは本当?テレビで話題のエコリングに行ってきました!
  2. 2. 【どうする?実家の片づけ】木彫りの熊を買取専門店「エコリング」で売ってみた!
  3. 3. セカスト沼にはまるおしゃれシニアがいっぱい!
  4. 4. 桜満開!湘南大磯ぶらり旅 
  5. 5. 「自分にご褒美」でカエル化が溶けた59歳女性のお話。
  6. 6. 天才詩人・北原白秋に出会いなおす 小田原文学館(登録有形文化財)
  7. 7. 「すぐやる人」
  8. 8. 『新装版 凍りの掌(こおりのて) シベリア抑留記』(おざわゆき/講談社)
  9. 9. 忍び寄る老化に気づくとき
  10. 10. 浅野忠信主演・映画『剱岳 点の記』に圧倒された!
  11. 11. 言葉の魔法使い
  12. 12. これはいい。時代小説と時代劇のおともに役立つ地図帳を見つけた!『旧国名でみる日本地図帳』(平凡社)
  13. 13. 【東京 お出かけスポット】名建築!自由学園 明日館
  14. 14. 「諏訪原城(牧野城)築城450年記念」展に行ってきた!【静岡県・島田市博物館】
  15. 15. 「送り仮名の付け方」、確かめる方法
  16. 16. ブログの言葉統一に役立つ「記者ハンドブック」
  17. 17. 売上高? 売り上げ高? 「経済関係複合語」の送り仮名
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2022年10月17日

【東京 お出かけスポット】名建築!自由学園 明日館

こんにちは。シニア女子、Umekoです。

今日は、シニア女子におススメの
アートなお出かけスポットをご紹介します。

先日、世界の巨匠建築家、フランク・ロイド・ライトが設計した
自由学園 明日館(じゆうがくえんみょうにちかん)に行ってきました。

JR池袋駅のメトロポリタン口から、
目白方面に少し歩くと
池袋駅近くとは思えない閑静な住宅街が広がります。

そこに静かに佇むのが、
自由学園 明日館(じゆうがくえんみょうにちかん)です。

自由学園明日館_正面.jpg


SixTONESMVロケで使われて、
話題になっているようですね!

SixTONES –「Everlasting ~ Good Times -Live with Choir ver.-」
(2ndアルバム「CITY」初回盤A限定特典映像) YouTube限定メイキング
https://youtu.be/xTobZJGteuY



自由学園は、羽仁(はに)もと子・吉一(よしかず)夫妻により、
大正10(1921)年に女学校として創立されました。
2021年には創立100周年を迎えました。

自ら学び、自分で考え、生きる力をつくる
「自主独創」のモットーで有名です。

自由学園 明日館(公式ウェブサイト)
https://jiyu.jp/

昭和9(1934)年に東京都東久留米市に移転し、
現在は、幼稚園、初等部、女子部・男子部(中学・高校)、大学があります。
2024年には、女子部、男子部の共学化を予定しているそうです。


自由学園 明日館が建築されたのは、
今から100年も前の1921年
だそうです。

太平洋戦争の末期、
池袋周辺も空襲で壊滅的被害を受けたそうですが、
明日館は被災を免れたそうです。

平成9(1997)年には国の重要文化財に指定され、
保存修理事業がおこなわれました。

自由学園明日館 入口 重要文化財.jpg


そのおかげで現在、
貴重なヴィンテージ建築を体験することができるのですね。


100年前の建築物とは思えない!美しく、どこか懐かしい温かみのある名建築


それでは早速、見学していきましょう。

まずは、受付を通り館内に入ります。

自由学園明日館_受付 1.jpg


受付すぐ近くにある部屋には、
羽仁もと子先生の著作、婦人之友社の本などが展示されています。

日本で女性初の新聞記者である羽仁もと子先生は、
家庭生活の合理化を唱え、
吉一さんとともに婦人の友社を設立しました。

羽仁もと子先生には多数の著書があります。

羽仁もと子著作集 第8巻 夫婦論【電子書籍】[ 羽仁もと子 ]

価格:1,320円
(2022/10/19 11:33時点)
感想(0件)



羽仁もと子著作集 第19巻 友への手紙【電子書籍】[ 羽仁もと子 ]

価格:1,320円
(2022/10/19 11:40時点)
感想(0件)




全21巻から成る『羽仁もと子著作集』をはじめ、
テーマごとの新書版なども本棚に陳列してあり、
見学者は自由に手に取って見ることができます。



この部屋で羽仁先生と婦人之友社の活動を見学したら、
メインの棟に入ります。

メインの棟とほかの棟は、
屋根のある通路でゆるやかにつながっています。
ファンタジーの世界の入口のような扉をあけます。

自由学園明日館_大教室につながる扉 .jpg


すると、大教室です。

自由学園明日館_大教室1.jpg


この部屋のみに「オリジナルの床材」が残っているそうです。
「ライト建築の特徴でもありますが、地面と床が同じ高さです」

という説明書きがありました。

次に、部屋と部屋をつなぐ廊下を通って、
ホールへと向かいます。

意匠を凝らした窓枠のある大きな窓からは
緑の木々が見えて自然光が入ります。
自然が感じられて温かみのある、気持ちのいい通路です。

自由学園明日館_ホールへとつながる廊下.jpg


「廊下の床は本物の大理石で、
旧帝国ホテルと同じような感じですよ」

女性のスタッフさんが教えてくれました。

扉を開けるとホールです。
ここは、女学校当時、毎朝の礼拝をしていた部屋だそうです。
前庭に臨む幾何学模様の意匠を凝らした大きな窓が印象的です。

自由学園明日館_ホール.jpg


ホールに置かれた椅子
子ども用の背の低いものですが、
工夫を凝らした特徴的なデザインが施されています。
座り心地もよく機能的でもあります。

自由学園明日館_ホール椅子.jpg


部屋の後方には暖炉が設えられています。

自由学園明日館_ホール暖炉.jpg


この暖炉の前にフランク・ロイド・ライトとその弟子たちが集い、
楽器演奏に耳を傾けながらくつろいでいる写真が飾られていました。

ライトは「火のあるところには人は集まり、団欒の場を共有するのだ」と考え、手掛けた住宅の多くに暖炉を設けています。明日館が学校建築でありながら、5カ所に暖炉があります。


このような説明書きが添えられています。
憧れのライフスタイルです。

ホールの隣の大教室タリアセンは、
大正10(1921)年に、
開校の入学式をおこなった教室だそうです。

自由学園明日館_大教室 タリアセン.jpg


建物には食堂もあります。
私が伺った日は、催しものがおこなわれていたので、
見学することができませんでした。

「食の学び」を教育の柱にしている自由学園では
非常に重要な場所だと思います。
見学可能日に、再度、行ってみたいと思っています。

設計したフランク・ロイド・ライトは、竣工に際して
「その名の自由学園にふさわしく自由なる心こそ、この小さき校舎の意匠の基調であります」

と書き寄せているそうです。

100年前に建築された自由学園 明日館は、
手入れがよく行き届き、
チリひとつない清潔さでした。
大切にされていることがよくわかります。

敷地の南側には講堂があります。

自由学園明日館_講堂.jpg


講堂はライトの弟子である
遠藤新(えんどう あらた)による設計だそうです。
本館同様、幾何学模様の枠のはまった大きな窓から
外光が射し込む落ち着く空間です。

自由学園明日館_講堂内部.jpg



すべてのリーダーにおススメしたい本、『おさなごを発見せよ』

羽仁もと子先生は多くの随筆を残され、
書籍化されています。

そのなかで、おススメさせていただきたい一冊があります。

おさなごを発見せよ羽仁もと子・著(新書版)

おさなごを発見せよ.jpg


おさなごを発見せよ (羽仁もと子選集) [ 羽仁もと子 ]

価格:935円
(2022/10/17 20:02時点)
感想(23件)




この本は、「子どもの人格を育てる教育書」という紹介がありますが、
すべての人にあてはまる「人育ての教育書」だと思います。
特に、組織リーダーの方には
おススメさせていただきたい
です。

本書に紹介されている随筆のひとつに、
「電車のなかで見た母と子」という印象的なエピソードがあります。

男の子が電車のなかで、「バナナおくれよおくれよ」と
母親にねだるお話です。

母親はうるさそうに「ないよないよ」と言うのですが、
繰り返し男の子がねだると、
それまで「ないよ」と言っていたのに、
何の説明もしないで手提げ袋の中からバナナを出して、
男の子にポンと渡したそうなのです。
それで、男の子は理由もたずねず、
そのバナナを食べたそうなんです。

相手が何歳の子どもであろうと、
事実を誠意をもって話すことを習慣にすべき理由を、
羽仁先生はこのエピソードを使って教えてくれます。

悪気はなくてもこの母親は決してまともに子供に接していないのです。袋のなかに持っていながら、のんきに雑作もなく、ないよないよというような日ごろの母の応対に、子供のほうも真面目にはっきりと母の言葉を、その心のなかにうけとめる気になれないのは当然です。
<中略>
言い流し聞き流しのなかで育った子供は、はじめて小学校に上がったときから、すでに必ず劣等生の仲間に入ります。気をつけて見たり聞いたりすることがないのですから、人なみにはゆかないはずです。
<中略>
このようにして母の子供に対する日々の取り扱いの調子は、じつに多くの子供たちの力強い家庭教育になっていることをご存知でしょうか。

『おさなごを発見せよ』羽仁もとこ著(婦人之友社)


それでは、どうすればよいのか?
その答えを「事実に即して取り扱う」と、羽仁先生は教えてくれています。

それでは子供をどう取り扱えばよいのか、という問に私はこう答えたいと思います。
のんき無責任な言い渡しとは反対に、子供にくどいう細かな説明や説法をする母もまた同じように、相手に聞き流しの習性をつくらせてしまいます。子供は事実と決心をもって真実に簡明に取り扱うべきだと思います。
バナナは今食べないでお家に帰って弟たちと一緒におやつに食べましょう。というように、正当な事実を母親がまずその心のなかにしっかりと決心して、簡単に子供に言ってやることです。

『おさなごを発見せよ』羽仁もとこ著(婦人之友社)


相手が大人でも、同じだと思います。
相手が自分でも、同じだと思うのです。

●一人ひとりが、この世界にたった一人しかいないかけがえのない存在
●ふたつとない「いのち」を使って自分らしく生きることの大切さ


羽仁もと子先生の言葉は、
一人ひとりの違いをていねいに見つめて、
価値を認める大切さを思い起こさせてくれます。


「自由学園 明日館」案内

自由学園 明日館は、平成9(1997)年に国の重要文化財に指定され、
国、東京都、豊島区の補助による保存修理事業がおこなわれたそうです。

使いながら文化財価値を保存する「動態保存」のモデルとして
運営されている
そうです。

重要文化財 説明書き.jpg



挙式・披露宴や各部屋の貸し出しもおこなれているということで、
施設の利用状況によっては
部分的あるいは全面的に見学できない日があるそうです。

自由学園明日館公式サイトの見学カレンダーで確認のうえ、
お出かけくださいませ。


自由学園明日館公式サイト・見学
https://jiyu.jp/tour/


通常見学 :10:00 ─ 16:00(15:30までの入館)
夜間見学日:毎月第3金曜日 18:00 ─ 21:00(20:30までの入館)
休日見学日:10:00 ─ 17:00(16:30までの入館)
*月1日程度 指定日のみ。週末は結婚式が多く、館内を見学できる日が限られてしまうので月に一度は全館を見学できる「休日見学日」を設けているそうです。
詳細は公式ウェブサイトをご参照ください。

休館日 :毎週月曜(月曜が祝日または振替休日の場合はその翌日)
年末年始 不定休あり(公式ウェブサイトでご確認ください)

見学料 
・見学のみ ¥500
・喫茶付見学 ¥800
・夜間見学・お酒付 ¥1200
*全て税込み
*中学生以下無料
・見学料は重要文化財建造物の維持・管理・保存のために活用されるそうです。

電   話:03-3971-7535
ファックス:03-3971-2570

住 所 :〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-31-3

<アクセス>
JR池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分
駐車場:なし

近くでお茶や食事をしたいときには、
徒歩5分程度の場所にある東武百貨店池袋店がおすすめです。
11階から15階まで和食から各国料理まで充実のレストラン街があります。
また、デパート内にはカフェもいろいろあります。

東武百貨店池袋店・レストラン&カフェガイド
https://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/detail/18

【UmekoおすすめPR】
たくさん歩いて楽しんだら、
ごはんもおいしく食べられますね!
Umekoおすすめ七福醸造さんの特選料亭白だし四季の彩(いろどり)」
どんなお料理もおいしくできる魔法のような万能お出汁です。
Umekoは友だちに「これいいよ」と教えてもらい、通販購入しました。
いや、ホントにそう思います。
素材にこだわった白醤油鰹節椎茸昆布天日塩三河本みりんを使っているそうなので
健康にもよさそうなのも気に入っています。
「四季の彩(いろどり)」があると、
いつもの肉じゃがや煮物などが短時間でおいしくできるのでとても重宝します。
公式ウェブサイトでは充実レシピも公開されています。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 複業・パラレルワークへ
にほんブログ村



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11638397
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
Umekoさんの画像
Umeko
シニア世代のUmekoです。 本好き、漫画好き、ゆるランニングが趣味です。 ブログ一年生のあれこれや、てくてく歴史散歩をゆる〜く紹介しています。

【経歴】新卒でアパレル営業職/業界新聞社勤務/出版社で書籍企画と編集/ただいまデジタル学習中。趣味はゆるマラソンと山歩き。

「【シニア副業】ブログ生活のすすめ|シニアがブログをやりながら「お金」も「幸せ」も増やす計画」運営してます♡ https://umekotokyo.com/

NHK『ニュースきん5時』の「シニアが主人公のマンガが人気」特集で紹介されました。
icon by iconpon.com
プロフィール
検索
最新コメント
タグクラウド