<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2021年06月(3)
2021年05月(8)
2021年04月(3)
2021年03月(3)
2021年02月(2)
2021年01月(2)
2020年06月(9)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)

2011年04月07日

pray for japan jpの鶴田さんのこと




「prayforjapan.jp」は震災後、もっとも有名なサイトのひとつになった。

国内外から希望や励ましの“つぶやき”が時々刻々集まっている。

そのなかから、感動のメッセージをまとめたサイトを作ったのは慶応2年の鶴田さん(男性)。かれは優しいメッセージの代弁者として一躍有名になった。

***

3月11日、鶴田さんは自動車免許の合宿で那須高原に来ていた。教官が空き時間にドライブに連れて行ってくれ、ちょうど牧場に到着した瞬間に地震は起きた。

震度6弱の揺れによって車はバウンドし、信号は止まった。何とか合宿所にもどり着くと、停電のための暗がりと、断水が待っていた。

鶴田さんはノートパソコンを部屋から持ってくると、かろうじてつながったe-モバイルの電波を通じ、NHKのインターネット配信のテレビ映像を流した。津波に飲まれて流される車や家、横転した船舶、燃え盛るタンク、言葉を失い浅い眠りについた。

早朝、ツイッターを見ると、惨状はより確かなものとなって世界をめぐっていた。同時に世界中の人たちがツイッターに「#prayforjapan(日本への祈り)」というハッシュタグを付け、悼み、励ましのことばをつぶやいていた。その数は1分間に100件以上。

***

逡巡している間もなかった。「これは日本の財産になる。絶対に誰かがまとめて、まだ知らない人たちにも届けないと」。気づいたら、毛布に包まりながら、祈りと希望の呟きを一覧で見られるサイトを作っていた。

作業開始から2時間もあれば十分だった。夕方には日本人が励ましあう「心に残るツイート」をまとめたページも完成する。「半年、1年と、被災者の心の支えとなるような存在に慣れたらいいな」。

すぐにツイッターで評判になり、アクセスが急増、多くの返信があった。

「感動しました」 「涙が止まりません」 「日本人であることを誇りに思います」

このときを、鶴田さんは「鳥肌が出た。振るえが止まらなかった。驚きすぎて、更新作業ができないくらいだった」 と振り返る。
(2011年3月31日)ブログ「スキピオの部屋」よりhttp://www.k4.dion.ne.jp/~skipio/1.html

鶴田博之さんのブログ
http://www.mocchiblog.com

今夜10時より30分間、放射能を愛の波動に変容するための144000人の祈りに参加してみませんか?http://duluce.blogspot.com/2011/04/lightworker-httplightworkermike.html
posted by ケメ at 09:38 | Comment(0) | 震災
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント