<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2021年06月(3)
2021年05月(8)
2021年04月(3)
2021年03月(3)
2021年02月(2)
2021年01月(2)
2020年06月(9)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)

2020年03月27日

全世界規模の金融リセットそして量子金融システムへの移行

おかしなおかしなコロナパンデミック、
実際に何が起こっているかはわからないにしても、
アメリカでエリートやスター達の大量逮捕が始まっているのは確かなようです。



テロリストは人間が集まるところを好みます。
騒動の間は、なるべく静かに過ごしましょう。
人間たちが立ち止まった世界の静けさが、
何かを思い出させてくれています。

2019/04/10  一年前にアップされたものです。
全世界規模の金融リセットが差し迫っています。








世界は、人間だけのものではない。



posted by ケメ at 10:45 | Comment(0) | 革命

2020年03月23日

夢と想像力と少しのお金







夢と想像力と少しのお金ならある。



自然農法とは、
大地に戻さざるを得ない老廃物ならば、
その為に、最高の土壌を創りあげるための食事を
心掛けることに尽きる。

この調和と循環の下に平けく安らけく
あっけらかんとした
単純で分かりやすい、嘘をつく必要のない社会を
取り戻す時は到来した。

先に生まれて、上・かみさまなり
子孫を慈しむ親心に手を合わせて感謝する
それが道祖神であり、天を拝み日を見て
しらす親を祀る、
縄文神道の興りだろう。

この世には、
食事をとらなくても、平気で生きている聖者がいる。
生きるのは気合いだ!
空腹は健康だと喜んでいるものに餓死は来ないだろう。
餓死への恐怖が餓死を招く、
大禊として有難く現実を受け入れて、
破壊しつくしてきた大地と共に、
復活せよ!
世界中に散った緑成す民達
天津神の子孫よ・・・




今なら、夢と想像力と少しのお金で、

アナスタシアの世界を実現することが出来る。

取り合えず、自給自足の精神を
取り戻し、難局を乗り越える覚悟をしつつ、
果樹でも種でも植えてみよう。
極力雑草も抜かず、耕さず、
美味しく食べれそうな物を植えて置こう。

確かなものは、健康な大地
これさえあれば、子孫たちは生きられる

これ程迄空や大地を破壊し汚染しておいて、
この期に及んでもなお、他人や政治家のせいにして、
公園に除草剤を撒き、野菜に農薬を撒きながら、
自分の老後があると思うな、日本を駄目にした爺婆たち。

・・・と叫ぶのは、ここだけにしよう。
日々車を乗り回し、PCを使う、
私もその婆のひとりだ。



posted by ケメ at 09:08 | Comment(0) | 革命

2019年03月30日

まずは自分で、赤ちゃんを産んでみよう!

化学信仰を捨てて、
自分の体を信じよう。

誰よりも正確な答えを教えてくれる

神は各々の体に宿る
神に似せて、人は創られた
その事実を知り、体現する時が来たようだ。




赤ちゃんは、どんな状況下でも、
自然に生まれてくる。
菌を受け入れることで免疫力を付けていく
神経質にならないで、
周りの全てを愛する気持ちで、
用意するものは気持ちだけ

ママ・・・家で生まれて家で死ぬ

赤ちゃんは
産湯に浸けない方が、元気に育つんだから、
水の代わりに消毒なんかしたら、
無数の免疫機能を失いアレルギーになる。
高校生が、公園で産んで、
元気に病院に届けられて
ニュースになったくらい、
何にもいらない。
愛だけあれば、どこでも産める。

出産に化学薬品を持ち込まないで!
一番大切なのは、ママの愛の波動なんだから。
ばい菌より怖いのはママの心配・・・・。

さあ娘たち、
お家で赤ちゃんを、自分で生みましょう。

命の全責任を一人背負い、
創造の瞬間の爆発的な
神のエネルギーに満たされる
その瞬間を
忘れないために。

posted by ケメ at 21:38 | Comment(0) | 革命

2018年10月25日

”脱炭素革命”の衝撃を自治体レベルの変革で乗り越える






TPPを受け入れないで
種子法を守ってください
水道を民営化しないでください
無農薬農業を推進してください

県や市への条例制定の申し込みをしよう

坂の上零



この大地に、確かな価値を置いて、
誠意と正義の手を結び
かつてのキューバや、ロシアが乗り越えたように、
自給自足体制が早急に必要だ。

無農薬農業の推進、種子法の保持、
水の権利、

自治体から変革していけば、間に合うかもしれない。
若者よ!常会を変革すべし!

posted by ケメ at 10:48 | Comment(0) | 革命

2017年12月16日

貴乃花の決意文・・・相撲騒ぎと戦争騒ぎ



公益財団法人日本相撲協会は、

大相撲興行の幕内最高優勝者に対して
「摂政宮賜杯」(現在の天皇賜杯)を授与するために
1925年に財団法人として設立され、

2014年に公益財団法人に移行した法人である。

公益法人としての法人格の取得及び維持のため、
相撲競技の指導・普及、相撲に関する伝統文化の普及を目的としている。


おもいっきし、相撲騒ぎを見ているうちに、

北朝鮮から兵士たちが乗った船が日本の海岸に続々漂着しているという事態になっていた。
度重なる経済制裁の下で、北朝鮮の民間人は寒さと飢えで息も絶え絶えだろう。
もはや国内には兵士を養う糧さえ枯渇した結果の措置か・・・。
100隻以上の難波船が見つかっているという話もある。
韓国へ亡命する兵士もいるが・・・

ミサイルを打たれれば、迎撃ミサイル購入予算もすんなり通る。
作った兵器は莫大な燃料と共に使わなければならない。

民間人の命を懸けた茶番劇より、相撲協会の茶番を覆そうと、
腹をくくった貴乃花親方の方に興味をそそられるのは、
マスコミの操作に乗っかってしまってるだけなのかな・・・。








posted by ケメ at 11:17 | Comment(0) | 革命

2017年10月24日

プーチンが北朝鮮問題を解決する


プーチンが北朝鮮問題を解決する

2017年9月20日   田中 宇


プーチンの新提案とは、
9月6−7日にロシア極東のウラジオストクで開かれた
「東方経済フォーラム」で発せられた、
(日本や)韓国から北朝鮮を通ってロシア、中国に至る
鉄道やパイプラインを開通させる構想だ。

朝鮮半島を縦断する鉄道やパイプラインは、
ロシアのシベリア鉄道や西シベリアからのパイプライン、
中国が「一帯一路」計画で建設している中国経由で
西アジアや欧州まで伸びる鉄道やパイプラインにつながり、
日韓がユーラシアや欧州に製品を輸出したり、
シベリアから石油ガスを輸入する際に使える。
北朝鮮は、自国を通過する鉄道貨物やパイプラインの通行料を得られる。
この構想は、10年以上前からあったが、北と韓米の対立激化により頓挫していた。
(The Russia-China Plan For North Korea: Stability & Connectivity Pepe Escobar)

従来の体制と全く異なる新たな世界
米国抜きの(多極型)世界体制に、北をいざなっている。
プーチンは今回「5+1」の枠組みを提唱している。
北朝鮮、ロシア、中国、韓国、日本が当事者の「5」で、
米国が域外のオブザーバー的な「1」だ。

枠組みからして、米国が外されている。
米国が単独覇権国で、日韓を支配していることが無視されている
(それが終りつつあるからだ)。

米国が中国に押しつけて主導させていた従来の「6か国協議」が、
米朝露中韓日の対等な体制だったのと比べ、
新たな5+1は、
米国の覇権喪失を加速し、米覇権喪失後を見据えた枠組みだ。

「国際紛争は、同じ地域の諸国が関与して解決し、
域外の大国はできるだけ介入しない」という、
きたるべき多極型の世界秩序がすでに反映されている。
(Only regional states can protect security of region: Rouhani)
(結束して国際問題の解決に乗り出す中露)

そして・・・記事とは無関係な動画↓



posted by ケメ at 20:18 | Comment(0) | 革命

2017年04月07日

戦争・・・もうその手は食わない世界

t4.7.PNG

https://twitter.com/Mishimadou

(CNN) 米軍が6日、シリア政府軍の基地に対して行ったミサイル攻撃について、米国防当局者は、標的とした基地はロシアも使用していたことを明らかにした。米国はこの日、複数回にわたってロシアと連絡を取り、攻撃について事前に警告していたという。
シリア国営テレビも米軍による攻撃を確認した。
米当局者によると、米軍はトランプ大統領の命令を受け、巡航ミサイル「トマホーク」59発を、シリア政府軍の基地に向けて発射した。この基地は、民間人を化学兵器で攻撃した戦闘機の拠点だったとしている。


◆2017/04/07(金)  
米国の対シリア・ミサイル攻撃は
米軍の謀略

http://grnba.com/iiyama/
本日,米軍はシリアの空軍基地にミサイル攻撃を強行した.
シリアのイドリブで行われた化学兵器攻撃への報復だという.
しかし,露外務省は
2017年04月07日 16:46
「米国のシリア攻撃は,イドリブの一件より前に決定されていた!」と,
米国を激しく非難した.(記事)
一方,習近平との首脳会談の最中に
ミサイル攻撃の第一報を受けたトランプは狼狽気味だった,
という情報もあり…他の様々な情報中には,
今回のミサイル攻撃は『在中東米軍の"暴走"』 との有力な説もある.
トランプは先に「シリアの化学兵器使用は,度を越した」と発言した.
これは,真実情報が大統領に上がらず,
またトランプが今だに米軍を統制しきってないという現れだ.
いずれにせよ,今回のミサイル攻撃は,
跳ねっ返りの戦争屋軍人の無茶苦茶な無理筋だ.
ただし,最大の責任はトランプにあり,
また,次なる政治外交手段の選択と発動もトランプの責任である.
トランプが最善の選択するかどうか? 注目であるが…,
最悪の軍事的手段を発動してしまう可能性もある.
プーチンと習近平は,トランプを悠然と監視する立場にいる.
安倍晋三は,米国の同盟国の立場から,「米国政府の決意を支持」,
「トランプ大統領の関与を高く評価」,
「アサド政権は極めて非人道的」などとリップサービスを連発しているが…
内心は,「北朝鮮攻撃でなくて良かった…」,
「いや,北朝鮮へのミサイル攻撃もヤル…鴨」と,不安恐々だろう.
『スプートニク』は安倍晋三の「ジグザグ歩行」を心配したが,
しかし,プーチンともトランプとも緊密な連絡を取り合って…,
上手く(狡猾に)ヤッていくだろう.
安倍晋三の本質は,じつは,「バルカン政治家」なので…ww
飯山 一郎 (71)

posted by ケメ at 21:36 | Comment(0) | 革命

2017年02月17日

幸福のスイッチ



家出して、今は千葉に住む上の娘に、主人公があまりによく似ている。
こんな地元のお店屋さんが増えることこそが、革命だと思う。
ZGVzaWduYWxstns.jpg

ジュリー・・・。






posted by ケメ at 04:32 | Comment(2) | 革命

2017年01月31日

ドナルド・トランプとは何者だ!?






かつらじゃないと、彼は言った・・・・・。



日本の番組に出演したドナルド・トランプ(1988年)

posted by ケメ at 21:19 | Comment(0) | 革命

2017年01月23日

トランプ大統領の発言で、大損の製薬会社


やりました!
やりたい放題の製薬会社にメスが入りました。



2017/01/23 に公開
トランプ大統領は製薬業界の闇について十分承知しているようです。
以前もワクチンの問題点を指摘していました。
トランプ政権の製薬業界に対する新たな政策により、
米製薬業界が人々を騙して富を貪るようなことが
亡くなればよいのですが。。。
ch 政経


権限をワシントンからアメリカ国民に返す
2017-01-23


posted by ケメ at 22:07 | Comment(0) | 革命
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント