<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2021年06月(5)
2021年05月(8)
2021年04月(3)
2021年03月(3)
2021年02月(2)
2021年01月(2)
2020年06月(9)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)

2011年06月13日

進む自然エネルギー協議会

やったね乾杯

首相、自然エネルギー拡大の懇談会開催 政権運営に意欲
2011年6月12日23時2分 asahi.com

菅直人首相は12日、太陽光や風力など自然エネルギーの利用拡大を語り合うため、首相官邸に著名人を集めて懇談会を開いた。首相への退陣圧力が強まるなか、自らこだわり国際公約に掲げたテーマで政権運営への意欲をアピールした。

 懇談会はソフトバンク社長の孫正義氏や元サッカー日本代表監督の岡田武史氏らのほか、ミュージシャンの坂本龍一氏もビデオメッセージで参加し、1時間半余にわたり開かれた。

 首相は電力事業に対する国民の関心を高める手法として「投票権と同じようにエネルギーに参加する権限を(国民に)与える。そういう輪が広がっていけばいい」と提案。自然エネルギー普及に向けては「自然エネルギー推進庁などをつくって専門家を集めれば、10年どころかもっと早い時期にやれる」などとアイデアを披露した。


阿部知事「自然エネの宝庫」 ソフトバンクと連携発表
2011年5月26日

 通信大手ソフトバンクと19道県が共同し、太陽光や風力などの自然エネルギーの普及を目指す「自然エネルギー協議会」に、長野県も参加することになった。25日、都内であった設立の記者発表で、阿部守一知事は「県内は自然エネルギーの宝庫。他の自治体と協力して普及、拡大に取り組みたい」と意欲を語った。

 協議会は、原発事故を契機に、エネルギー供給のあり方が問われる中で、孫正義社長が呼びかけた。

 孫社長からは、休耕田や耕作放棄地を活用した発電所の建設などの案が示された。阿部知事は「長野県は太陽光、水力、地熱などさまざまな可能性を持っている。地域の資源を最大限活用していきたい」と、県の特性をアピール。さらに各自治体内で必要な電力を賄う「エネルギーの地産地消」を目指したいとした。

 県はすでに、「省エネルギー・自然エネルギー推進本部」を設置し、自然エネルギーへの転換などの検討を始めている。これとは別に、県と市町村、市民、大学、企業などによる組織を6月に立ち上げて、7月に設立する協議会との連携や、県内での具体的な取り組みについて検討していく予定だ。(浅野有美)
posted by ケメ at 00:55 | Comment(0) | 自然エネルギー
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント