広告

posted by fanblog
2019年06月22日

所有ギターアンプ紹介その2 Ibanez Troubadour T10

 今年のゴールデンウィークにエレアコ用アンプのIbanez Troubadour T10(以下T10)を購入していました。僕はこのアンプを中古で税込1,000円という価格で購入しました。

IMG_0069.jpeg

 T10は家用の小型エレアコアンプで、出力はおそらく10Wだと思います。ライブで使うには厳しいですが、家で使う分には十分な音量がでます。所有しているエレキ用アンプのVOX AC4TV8(以下AC4TV8)と比べると音のレンジが広くてノイズも少ないです。そして、IbanezのサイトにT10のページが無かったため、生産が完了しているものと思われます(取扱説明書はこちらからダウンロードが可能)。また、購入したT10はアンプ上部の取っ手が壊れているため、持ち運びしにくいです(だから値段が安かった)。

IMG_0070.jpeg

 コントロールは、 MID SHAPE、HUE、VOLUME、CHORUSスイッチ、SPEEDです。MID SHAPEは中域の音質をコントロールします。HUEは他のアンプでのTONEで、僕は高温寄りにすることが多いです。これらのEQの効きは悪くないので、少しいじれば狙いに近い音が出せます。

 VOLUMEは音量を調整します。T10の音量はAC4TV8と比べると小さいです。これは、エレアコ用とエレキ用という違いや真空管アンプとトランジスタアンプという違いによるものだと思います。また、VOLUMEを全開にしても音が歪みません。エレキ用と違って、音が歪まないということはエレアコ用アンプとしては重要です。この点は良かったです。

 CHORUSスイッチをONにすることで、アンプのコーラスを使うことができます。そして、SPEEDでうねりのスピードをコントロールできます。うねりのスピードが速くするとエフェクト音も大きく感じます。しかし、コーラスに関してはうねりのスピードが遅い状態でエフェクト音大きめにするのが好きなため、うねりのスピードを保ったままエフェクト音を調整できないのが不満です。これならば、代わりにリバーブがついていてほしかったです。

 不満点はありますが、1,000円という値段でこれだけ使えれば大変満足です。T10を購入したおかげで家でもエレアコのセッティングが詰められるので購入して良かったです。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/8910480
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
プロフィール
日山コータさんの画像
日山コータ

趣味でギター(アコギ、エレキ)を弾いています。ライブ経験少ないけど弾き語りもやってます。

プロフィール


au PAY マーケット


日山コータのYouTubeチャンネル
日山コータのTwitter
日山コータのInstagram
モッピー!お金がたまるポイントサイト
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img アコギの弦をカスタムライトゲージに張り替えてみた
  2. 2. no img MarshallのSV20Hを試奏しました
  3. 3. no img YAMAHA FG3、FG5を試奏しました
  4. 4. no img Empress Effects Compressor MKII、Bass Compressor登場!ギター用とベース用のコンプ!
  5. 5. no img ペダル型パワーアンプPLAYTECH GPA-100登場
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。