ファン
検索
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
カムナさんの画像
カムナ
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年08月29日

アプリ婚カツのススメ

アプリ婚カツは非常に活況となっている。
普通の女子がバンバン登録しているのが現状である。


これは男性にとって「喜ばしいことでは無い」


何故か?

アプリ婚カツは月々5000円以内で行える。
そして、一度登録すると女性はモテる。
人気の女子は倍率100倍以上となるのだ。

こうなると一回数千円のパーティに行くのは、
バカバカしくなる。
婚カツ女子はアプリだけで済ませて、
他の市場には出回ることがなくなってしまう。


男性に選択肢が無くなっていくのだ。


どうしてもアプリ婚カツに抵抗がある人は、
辛い時代になってしまう。

特に顔写真が載せらせない人は苦労する。
写真の有無で圧倒的な差が生まれるからだ。


逆に婚カツアプリに抵抗が無い人は、直ぐに行動しよう。
手間暇をかければ必ず会える。











posted by カムナ at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 出会い

2017年08月25日

オタクの第一印象

「第一印象が全て」
恋愛バイブルに必ず書かれている言葉である。


この言葉に異論がある人間は少ないと考えるが、
本当の理由を言える人間は少ない。


本当の理由は、
「印象が悪い人間は人脈も無い」
「印象が良い人間は、自分以上に魅力的な人がいる」


人間は無意識のうちに自分と同じレベルの友人を作る。
その本能を知ってる為、人を観る際には境界線を持つのだ。
レベル帯を判断された時点で、対応が決定する。


この為、第一印象が悪い場合、知り合いを作ることすら困難になる。


オタクがモテ無い理由も同じである。
オタクである時点で、背後の人間関係も見切られてしまう。

オタクをカミングアウトすることは、
背後にキモオタが控えていることを示唆する。


これらの作用が働いた結果、モテ無い男が量産されていくのだ。



では、どうすれば良いか?

「第一印象だけは良くする」
これだけで良いのである。


そうすれば良縁は必ず訪れる。










posted by カムナ at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | オタク

2017年08月16日

婚活アプリについて

出会い系のアプリはかなり熱い。


大手のサイトに登録しておけば、
高確率で出会うことが出来る。

かつては信用出来ない存在であったが、
現在は状況が変わっている。


ネットで出会うことに抵抗の無い世代が増えた。
その為、出会い系のサイトにも変化が訪れた。
信頼性の高いサイトが誕生したのである。


手間暇をかければ誰でも出会うことが可能である。


ただし、要点を抑えることが出来ればである。

@自撮り写真は全力を尽くす。
Aプロフィールはとにかく埋める。
B頻繁にログインして足あとを付ける。

これらを毎日行うことで、成果を上げられる。


コストパフォーマンスも良い為、是非オススメしたいツールである。














posted by カムナ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 出会い

2017年08月07日

「厨二病でも恋しよう!?」

「モテない男は、思春期に厨二病にかかっている」


様々な人間と関わって分かったのは、
オタクにはこの傾向が強い。


逆にリア充は思春期に部活や恋をバリバリやっている。
実にくだらない差であるが、この僅かな差が明暗を分けている。



中学生で差が付いた場合、高校でのスタートダッシュに失敗する。
コミュ力や自信が足りないからだ。

差が付けば更に引き離される。
自信がある奴はモテやすい。
この頃には比較されると外見で明瞭な差が出る。
表情などを比べると、リア充に及ばなくなる。

こうして、スクールカーストが作られる。
リア充はリア充、それ以外はそれ以外。


そして大学では進んで、陰のある場所へ行ってしまう。

大学で変わらなければ、社会人でも変わることは難しい。
会社は自己変革の場所ではないからだ。



これがモテない男の人生である。



逆に言えば、モテない理由はそんな些細な原因だったのだ。
変わることに年齢制限は無い。


前向きに突き進んで幸せを掴んで欲しい。













posted by カムナ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | オタク

2017年08月03日

思考を停止してはいけない

ネットで「恋愛」という単語を検索すると、
テンプレの様な単語が出てくる。



だが恋愛において大事なことは、「知ったか」を
してはならないことだ。

恋愛とはあらゆるイベントで最も「観察」されることになる。
その際に「知ったか」をしてしまうと、非常に印象が悪い。

何より相手から指摘されることはあり得ないので、
何が原因かが分からない。
問題点に気が付かないで時間を浪費することになる。


地方のお見合いイベントに参加すると、
この様な「知ったか」男性が多い。
誰も指摘しないから、本人が気がつくまで
同じ間違いを繰り返しているのだ。

そして大金を積んで結婚相談所に登録しても、
指摘されることは無い。

「成人男性に性格の矯正をさせる」
これはビジネスで行うにはハード過ぎる。
ビジネスとはお客様相手の仕事である。お客様の人格を否定することは出来ない。


自分の欠点は自分で治すしかない。
その為には、思考を停止せずに考えなければならない。
テンプレ行動は何故生まれたのか?
自分がテンプレ行動を笑えるのか?



逆に思慮深く前向きに生きれば、簡単に打ち解けることが出来る。














2017年07月31日

オタクはモテる!

オタクならではの長所が存在する。


婚活アプリ、出会いアプリを使う際には、
オタクの方が有利である。


大手の出会いアプリを使えば、真面目な子を見つけるのは難しくない。
出会いアプリには女子側の需要があるのだ。

この際にマメにメッセージが出来るかどうか、
これで成果は大きく違う。


この際に、オタクは有利となる。
いつも携帯やパソコンを使っているから、慣れたものだ。


ネット上のコミュニケーションが得意なことは、
かなりプラス要素である。



オタクにとっては、追い風が吹いている。
このことを忘れずに行動して欲しい。












posted by カムナ at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | オタク

2017年07月27日

マッチングの罠

婚活パーティーなどでは、カップリングを行う所が多い。


メリットとしては、お互い好意を持っているから話が早い。

当然、デメリットも存在している。

カップル成立時のみ連絡先交換をするところである。
この為、カップル成立とならなかった場合は何の収穫も無い。


高い参加料を払ってこれでは心が折れる。
初心者のうちは敬遠した方が無難であろう。


逆に街コンなどは、全員と連絡先交換が出来る。
とにかく場数を踏みたい場合は、街コンがオススメである。



マッチングの罠に騙されずに、上手く活動して欲しい。



















posted by カムナ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 出会い

2017年07月25日

コミュ障は改善できる

コミュ障が治る簡単な訓練がある。


それは「相手の言葉をとにかく否定をしない」


具体的には日常会話において、「いいえ」を言わない。
これだけでコミュ障は改善される様になる。

例えば、「ご飯食べた?」→「いいえ」

これを改めて

「ご飯食べた?」→「まだです。貴方は食べましたか?」

この様に否定で終わらせずに、話を続けるのだ。


否定形の言葉を使うと会話が途切れてしまう。
また、途切れた時の印象が悪くなる。


これらを改めて行くだけで、コミュ力を高めることが出来る。


この訓練は恋愛に限らず役に立つ。
是非ものにして欲しい。













posted by カムナ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編

2017年07月24日

恋愛最強の武器

恋愛において、最強の存在は友人である。
一緒に動いてくれる友人の存在は大きい。



恋愛ゲーム等にも、たいていは「相棒」の存在がある。
どれほどのイケメンでも、一人でいることは稀である。



これには理由がある。
女性は一人で行動することが稀だからである。


自然な形でアプローチをかけには、男性側も複数となる。
これはどの場面でも変わらない。



街コンや合コンでもグループを形成する。
これに一人で立ち向かうのは難しい。
余程の会話テクニック側なければ難しいだろう。



まずはグループを攻略することが、恋愛の秘訣である。



また、どうしても「相棒」が見つからない場合は、
完全一人参加の街コンや、
対面形式の婚活パーティーを選ぶ。



最近、完全一人参加の街コンが増えてきている。
一人参加の方がカップリング率が高いというデータもあり、
婚活パーティーにも変化がみられている。


これらの環境を上手く利用して、恋愛成就させて欲しい。


















2017年07月20日

本当の自分の姿を知る

モテる男は自分がどの様に見えてるかを、理解している。

モテない男の場合、他人からどう見えているかを理解しない。



この差はなかなか埋めることが出来ない。
しかし、心掛け次第で直ぐに効果が出る部分でもある。



例えば動画サイトの実況者は人気が出るに従って、
見掛けも変わっていく。
これは見られることを意識した結果である。
本人の意識が変化して、見掛けを変えていったのだだろう。



大人気の林修先生は大学生時代
「メガネ」「デブ」「暗い」
という今とは似ても似つかぬ姿だった。

彼も意識を変えることで、圧倒的な変化をしている。



他人の目を気にするなら、文句の出ない姿に変わる。
これが一番簡単で有益な行動なのである。





×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。