2021年08月01日

ネガティブな感情に巻き込まれないために





From ヨッシー

毎日、暗いニュースばかりが流れてくると、ついつい悪い想像ばかりしてしまいます。

その日の反省をするために自分のことを振り返る時も、ついつい欠点ばかりに目がいってしまいがちになります。

私たちは、どうしてもネガティブな一面に目が向いて、それを気にしてしまいすぎる傾向があるかもしれません。

私たちの人生には、良いことも悪いことも含めて、いろいろな出来事が起こります。

自分の経験を、どのように受け止めて対処していくのかによって、それからの人生は大きく違っていくのかもしれません。

私たちは「挑戦者」になることもできるし「被害者」のままでいることもできます。

同じ出来事であっても「良い面」と「悪い面」の両面を持っています。

どうしても「悪い面」ばかりに目がいってしまいやすくなるのですが。「良い面」にもスポットライトを当てることによって、人生が変わってくるかもしれないのです。

オリンピック競技でアスリートのインタビューを聞いていると、良くも悪くも現実をしっかりと受け止めた上で、前向きに未来に向かっていく意思が現れているコメントが多いことに気付かされます。

彼らもいつもポジティブな心の状態を保っているわけではありません。

不安やプレッシャーに押しつぶされそうになってネガティブな感情でいっぱいになってしまうこともあると思います。

しかし、そのネガティブの深い沼にハマってしまわないように、意識的にポジティブな面に目を向けて、心の切り替えをしようとしているのだと思います。

「良い面」を見つけるの難しいことですが、意識して取り組むことによって心の切り替えがうまくできるようになるのです。

私たちもトップアスリートのように、意識的に「良い面」に目を向けて心を切り替えるための簡単に取り組める方法があります。

それが「3行日記」です。

「良い面」を見つけられる人になるために、恵まれていることに気づいて、それに感謝する習慣をつけていくのです。

3行日記に書く項目は次のようなものになります。


@今日、失敗したこと

その日にあった出来事の中から、失敗したことや嫌だったことを書き出します。

書き出すことで客観視ができるようになり、原因や対策を考えることができるようになります。

まずはストレスの原因になりそうなこととしっかり向き合うようにします。


A今日、感動したこと

どんなことでも構わないので、成功体験や嬉しかったこと、感動したことや感謝したいことを書き出します。

今日が嫌なことばかりがあった1日ではなかったことを自覚します。

いつも「小さな感謝」を見つけていく感性を磨いていきます。

B明日の目標

希望の未来に向けたビジョンを具体的にイメージします。

それを実現するための行動を目標として書き出します。

失敗を克服すための目標でも、些細な目標でも構いません。

気持ちを未来に向けて、ポジティブに前進しようとする気持ちを高めてくrます。

4262400_m.jpg

この@〜Bの項目を、1日の終わりに5分くらいの時間をかけて簡単に書き出していくだけです。

この作業によって、自分の心を見つめて自分を冷静に整理することができます。

さらに自分の未来に向けての行動が明確になるので、ストレスの軽減はもちろん、行動へのエネルギーも湧き上がってくるようになります。

人はどうしても不安や恐怖といった、ネガティブな感情に巻き込まれやすくなるものです。

だからこそ意識的にポジティブな一面にも目を向ける訓練をすることが大切になります。

トップアスリートのように自分の気持ちを前向きに変える「3行日記」の習慣をつけることで、自然と元気が出るので試してみてください。

3282846_m.jpg







2021年07月31日

思い込みの罠にハマらないように




From ヨッシー

コロナ感染拡大の勢いが止まる気配がありません。

東京で4058人、神奈川で1580人、埼玉で1036人、大阪で1040人の感染状況です。

全国では12248人で、4日連続で過去最多を更新したというニュースが流れました。

そして、オリンピックの柔道団体の決勝戦では、フランスを相手に1−4という大差をつけられて銀メダルという残念な結果になってしまいました。

そして、サッカー男子の準々決勝ではニュージーランド相手に120分フルタイムでのPK戦に突入しました。

それまでの悪いニュースが続いていたせいで、何となく嫌な予感もしたのですが、谷選手のファインセーブもあってPK戦を制して準決勝にコマを進めることができて一安心しました。

それにしても、ニュージーランドはいいチームだったですね。

予選リーグで韓国を破ったというニュースを聞いた時には番狂わせだと勝手に決めつけてしまっていましたが、その結果はまぐれではなく、しっかりとした実力を持ち合わせていたということがわかりました。

「コロナ感染者数はオリンピックの時期にはかなり減っているはずだ」
「柔道の日本チームは金メダリストを揃えているから優勝するはずだ」
「ニュージーランドが相手なら簡単に勝てるはずだ」

これらは、全部、自分の勝手な思い込みでした。

事実を全く確認することなく、先入観だけで決めつけてしまったからです。

思い込みが強いことで、精神的に強くなれるという利点はあるのですが、思い込みが強すぎてトラブルになってしまうケースも少なくないので、やはり気をつけないといけませんね。

人との付き合いでも「あの人はきっと〇〇に違いない」と決めつけて接してしまうことで、関係がうまくいかなくなるなんてこともよくあることです。

思い込みによるトラブルを減らすためには、「事実」と「意見」をしっかり分けることが大切になります。

自分や他人の意見を事実だと勘違いしてしまうことが、思い込みの正体です。

「もしかしたら嫌われているかもしれない」という意見が、いつの間にか自分の中で事実になってしまって、人間不信に陥ってしまい悩み込んでしまうなんてこともよくあります。

そんなネガティブな思い込みの罠にハマらないようにしないといけません。

たくさんの視点やいろいろな立場で物事を考えて見るのも、思い込みの対策になると思います。

ネガティブな方向に思い込みが作用してしまって、自分らしさが発揮できなくなるなんてこともよくあることなので、気をつけていきたいです。

思い込みの罠にハマってしまわないように、複眼的に自分を振り返ることも大切になりますね。

世の中の現状はとても不安定で予測がたてづらいですが、ネガティブな思い込みの罠にだけはハマらないように気をつけたいものです。

4895871_m.jpg








2021年07月30日

自然界の「ゆらぎ」によるリラックス効果




From ヨッシー

「1/f ゆらぎ」というワードを聞いたことがありますか?

自然界のあらゆるものは、時間の経過とともに変化していきます。

そこに不規則な動きを「ゆらぎ」と言いますが、川の水音や小鳥の鳴き声などは、一定のようでいて、予測できない不規則なゆらぎを持っています。

この規則的なものと不規則的なものが調和した状態を「1/f ゆらぎ」と呼んでいます。

小川のせせらぎ、波の音、キャンドルのゆらめきなど、私たちは五感を通して「1/f ゆらぎ」を感じたときに。安心感を抱いてリラックスできるようになります。


自然に囲まれた森の中をのんびり散策する「森林浴」は、日常のストレスを忘れさせてくれるほどリラックス効果があります。

木の葉の戦ぐ音や、小鳥のさえずり、木漏れ日や木目、川のせせらぎなど

これらが発している「1/f ゆらぎ」が、私たちの副交感神経を優位にして、リラックス効果を与えてくれることになります。

自然界の音だけでなく、ヒーリングミュージックやクラシック音楽にも「1/f ゆらぎ」を持つ曲は多くあります。

モーツァルトの曲や、ショパンの子守唄、バッハの「 G線上ノアリア」やドビュッシーの「月の光」なども、聞いた時にとても心を落ち着かせることができます。

これも「1/f ゆらぎ」の効果で心身をリラックスして、気持ちを落ち着かせることができるのです。

クラシック音楽を聴いていると何となく眠たくなってしまうのも、このゆらぎによる効果があるからです。

夏の暑さのせいでなかなか眠りにつけない時には、この「1/f ゆらぎ」によるリラックス効果を利用するのもいいかもしれません。

「自然音の入ったCD」「ヒーリングミュージック」「クラッシック音楽」を、静かに流しておくのです。

「1/f ゆらぎ」の効果で、あなたを快適な眠りに誘ってくれると思います。

1281742_m.jpg







2021年07月29日

仕事をする理由は?




From ヨッシー

生きていくためには、何か仕事をして報酬を得なくてはいけません。

自分の好きなことや得意なことがそのまま仕事になるといいのですが、現実的には、嫌な仕事でも我慢してやらなくてはいけないというケースも少なくありません。

仕事についての考え方は。大きく分けると次の3種類に分けられます。

それは「労働」「キャリア」「天職」といった呼び方になります。

「労働」のモチベーションになるのは賃金を得ることです。

給料をもらうことが目的になってしまうので、どちらかというとあまり楽しんで仕事をするというよりも、嫌々ながら仕事に従事するといった感じになってしまいます。

次の「キャリア」のモチベーションになるのは、お金や昇進、名誉、権力といったものになります。

自分の明確な目標に向かって努力することができます。

いつも勝つために競争しているので、ややストレスを抱えやすくなってしまうことがあります。

目標を達成したとしても、次の目標、また次の目標と、常に心を奮い立たせていく必要があります。

最後の「天職」は、自分らしさを存分に発揮できて、仕事をすること自体がとても楽しく感じることができます。

仕事をすること自体がワクワクできることなので、エネルギーも枯渇せずに努力することができます。

あなたにとって仕事は、「労働」「キャリア」「天職」のどれだと思いますか?

実は、それを決めるのは、自分の心次第になるということです。

どんな仕事であれ、その仕事に意義を見出して、楽しみながら取り組める人は「天職」と感じて働くことができます。

同じ仕事であっても、いやいや仕事をして雑務をしていると感じているのであれば、その仕事は苦しい「労働」になってしまうのです。

どんな仕事であれ、良い部分と悪い部分があると思います。

そのどちらをクローズアップして見るかによって、仕事の捉え方は全く違ったものになるのです。

大切なことは自分が選択した職業を、自分自身がどう見ているのかということになります。

もしも、今の仕事が嫌で嫌で仕方がない時には、転職という選択もあるかもしれませんが、どんな仕事であれ、実際に始めてみると大変で辛いことはやっぱりあります。

仕事を変えることを考える前に、仕事に対する自分の見方を変える努力が必要です。

今の嫌だと思っていた仕事に、自分なりの大きな意義を見いだせた時、「労働」は「天職」へと変わります。

どうせ働かないといけないのなら、「天職」として働けた方がいいに決まっています。

自分の仕事に誇りを持って「天職」として仕事をしてみると、いい方向に進んでいける気がします。

960398_m.jpg








2021年07月28日

土用の丑の日!うなぎを食べよう!




From ヨッシー

「土用の丑の日にはウナギを食べよう」というのは、日本人なら誰でも知っていることかもしれません。

たくさんの人が食べに行くうなぎ専門店、ファミレス、スーパーやデパートの鮮魚コーナ、コンビニでも、「土用の丑の日」と書かれた美味しそうなウナギのポスターに心が惹かれてしまいます。

本当はうなぎ専門店に行って美味しいうなぎを食べたいけど、なかなか簡単に手の出せるお値段じゃなくなってしまったので、とりあえず、吉野家のうなぎで満足することにしました。

さて、なんで土用の丑の日に、うなぎを食べるのでしょうか?

うなぎにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果な成分が多く含まれています。

だから夏バテの防止には、ピッタリの食材であることは間違いありません。

ただ土用の丑の日にうなぎを食べる習慣がついた理由は、宣伝広告によるものだと言われています。

江戸時代のことになりますが、蘭学者の平賀源内が考案したという説が有力です。

うなぎ屋の店主に「夏になるとうなぎの売り上げが落ちる」と相談を受けた平賀源内が、店先に看板を立てさせたそうです。

その看板には「本日、丑の日」と書かれていたそうです。

「土用の丑の日うなぎの日。食すれば夏負けすることなし」と宣伝しました。

この宣伝のおかげで店は大繁盛したそうです。

そして、これを他のうなぎ屋も真似をして、いつの間にか風習として根付いて行ったそうです。

これが日本初のコピーライティングと言われています。

今では、土用の丑の日にウナギを食べるのことが当たり前のことになっているので、どれだけ影響力のあったセールスコピーだったかが分かりますよね。

「元気に暑い夏を乗り切れますように」という願いを込めて、とても美味しい鰻を十分に楽しむのも良いかなと思います。

ちなみに、今年の土用の丑の日は7月28日(水)の1日だけです。

来年の2022年は、7月23日(土)と8月4日(木)と2回あるようです。

やっぱり土用の丑の日くらいは、うなぎを食べてみたくなりますね。

5171416_m.jpg









2021年07月26日

夏にマスクはやばいです




From ヨッシー

今日の暑さは一段とやばかったです。

車で外気温を確認すると37℃でした。

外にでるとムッとする暑さで、さらにマスクをつけているので大丈夫かなと心配になりました。

夏場にマスクはやばいのですが、コロナ感染者が激増している状況ではやはりマスクをなかなか外すことができません。

ただマスク熱中症には十分に木をつけるようにしないといけません。

マスク熱中症とは何かというと、人が疲労を感じる自律神経の中枢が鼻腔のすぐ上にあります。、

発熱した自律神経の中枢は、鼻から取り入れた空気で冷やされます。

ところがマスクをつけていて吸う空気が熱くなってしまうと、脳が冷えなくなってオーバーヒートを起こしてしまいます。

それがマスク熱中症です。

マスク熱中症にならない対策としては、やはりエアコンで部屋の温度を下げることです。

外気の温度が低くなれば、マスクの中の呼吸する空気の温度も下がるからです。

エアコンの設定温度は、25℃以下くらいがいいかもしれません。

あまり下げすぎると電気代が高くなるし、外出時に体にかかる負担も強くなるので、やはり適温での設定が大切になりますね。

ワイドショーで紹介されていたのですが、夏の暑さ対策のために、マスクの冷却スプレーやマスク専用のファンなどのアイデア商品が色々と開発されているようです。

熱くて少しヤバそうだなと思ったときは、決して無理せずに涼しい場所に逃げ込むようにしてくださいね。

まだまだ夏の厳しい暑さは、これからも続いていきます。

熱中症にも、コロナ感染にも気をつけて、厳しい夏を乗り切っていきましょう。

夏はかき氷やスイカなんかも最高ですよね。

しっかり冷やして、脳のオーバーヒートを防ぐようにしましょう。

1017484_m.jpg







「やってみよう」ではなくて…




From ヨッシー

「あれをやってみたい」
「あんなことをできるようしたい」
「自分が夢中になれるものを見つけたい」

「やってみたいな」と思うことはあっても、なかなか時間が取れなかったり踏ん切りがつかなくて行動を起こせないままでいることはたくさんあると思います。

数年前に流行した歌の歌詞じゃないけど、そんな人たちには「やってみよう」という言葉を贈りたいです。

何をするにしても、最初はみんな経験がないので、どんなことでも初めから完璧にうまくできることなんてありません。

「やってみて」何度も何度も繰り返すうちに、少しずつ上達していくことになります。

新しいことをやってみたあとに、次にあらわれる問題があります。

それは「つづかない」ということです。

自分が思っていたよりも、難しかったから、あきらめてしまったり投げ出してしまtたりすることはよくあることです。

ちょっとだけかじってみても、それ本来の楽しさや充実感を味わうことはできません。

だから「やってみよう」のその次のステップが大切になります。

それは「やり遂げる」ということです。

「やってみる」という言葉を使うのではなく「やり遂げる」という言葉を意識的に使ってみましょう。

例えば、他の誰かにお願いをした時に、その人から「頑張ってやってみます」と言われた時と、「頑張ってやり遂げます」と言われた時の印象はどうでしょうか。

「やり遂げます」と言われたら、その人の強い意志を感じ取ることができます。

やる気があることを誰かに示したい時は、「やってみます」ではなく「やり遂げます」と言った方が決意の艶さを表明できます。

さらに「有言実行」の効果もあがります。

一度、口に出して約束したことは、それを実行していくモチベーションになっていきます。

やり始めたことは自分の決めて期間内、もしくは、自分の定めた目標に達するまでやり遂げることができるようになれば、自分の可能性を大きくふろげることができるようになるはずです。

自分の人生を後悔しないためにも、もしも、やってみたい何かがあれば、やり遂げる」という強い意志を持って実際の行動に移していきましょう、

4381885_m.jpg









2021年07月25日

意外と知らない農業問題




From ヨッシー

日本の農業の問題といえば、農業従事者の高齢化、後継者不足、自給率の低下といったことをイメージする人が多いのではないでしょうか?

実は、もっと深刻で大きな農業問題が存在していたのです。

これは私も全く知らなかったことなのですが、私以外にも知らない方は多いのではないかと思います。

その深刻で大きな農業問題が何かというと「農薬問題」なのです。

農薬は、殺虫剤や殺菌剤、除草剤など、作物を綺麗な状態で出荷するために必要なものです。

でも、できればあまり農薬を使わずに育てた作物を食べたいと思うのではないでしょうか?

農薬をたくさん使っている作物は、やっぱり体にとって良くないと思ってしまいます。

私の勝手なイメージかもしれませんが、農作物に大量の農薬を散布しているのは中国やアメリカといった広い敷地面積で農業を行なっている国だと思っていました。

日本で作られた作物は、そんなに農薬が使われていないので安全だと思っていました。

でも、これが間違った認識だったのです。

実は、作付単位面積あたりの農薬使用量は、世界でもトップクラスだったのです。

ちなみに、中国の農薬使用量は、農地1haあたり13kgで世界のトップレベルです。

日本の農薬使用量は、中国とあまり変わらずに11.4kgなんだそうです。

アメリカはどうかというと、日本の5分の1しか使っていませんでした。

ヨーロッパ諸国は、EUの政策によって意図的に農薬を減らしているそうです。

イギリスが日本の4分の1、ドイツ、フランス、スペインは3分の1、オランダは5分の4、デンマークは10分の1。スウェーデンが20分の1だそうです。

私は日本の農作物は安全だと思い込んでいたのですが、資料から見ると、決して楽観できる数値ではないことがわかりました。

農薬や化学肥料を使った野菜は、体にとって害になるだけではなく、発癌性のリスクを高めたり、土壌を貧弱にして野菜の栄養価を下げたりする問題にもつながっています。

でも、そうした農薬問題と真剣に向き合って、体にとって害にならない野菜を作るのに努力している生産者もどんどん増えてきています。

オーガニックや自然栽培で、消費者が安心して食べられる食材をこだわって提供してくれています。

そうしたオーガニックや自然栽培の野菜をしっかりと見極めて選ぶことも、これから必要になるのかもしれないなと思いました。

できるだけ体にとってリスクの少ない食材を吟味することが必要になります。

そのためには、どんな生産者が、どんな思いを込めて、こだわりの野菜を生産しているのかといったことを知ることも大切です。

例えば、地元の道の駅にいくと、野菜を作った生産者を写真付きで紹介してくれている情報を一緒にのせてくれています。

生産者の顔や人となりが見えると、やはり安心して食材を使うことができます。

今はネットの発達に伴って、信頼できる生産者から直接、新鮮な食材を購入することもできるので、そうしたサービスを利用してみるのもおすすめです。

人生100年時代

いつまでも健康な体を維持するために、安全な食生活習慣を作るためにも、安心できる食材を使うようにしましょう。

1772614_m.jpg











2021年07月23日

眠りを妨げるものの正体って?




From ヨッシー

「他所に泊まりにいくとなかなか眠れない」
「いつもの枕と違うから寝つけない」
「いつもよりうるさかったから眠れない」

いつもと眠る環境が変わるだけで、なかなか眠れなくなることがあります。

これは環境の変化がストレスになって、脳の興奮状態が続いてしまうことが原因です。

寝る直前まで仕事をしていたりゲームをしていたりすると、やっぱり眠りにつく様だげになってしまいます。

他にも、暑くて眠れない、寒くて眠れない、明るくて眠れない、うるさくて眠れない…などなど

質の良い眠りを妨げる環境の要因はさまざまなものがあります。

何から強い刺激を受けてしまうのかは、人によって違うのですが、脳はちょっとした環境の変化や刺激に反応してしまいます。

眠る前には、できるだけ余計なことを考えないようにしたほうがいいです。

例えば、電車に乗っていてぼんやりと風景を見たり、なんとなくテレビをつけていたりすると、いつの間にか眠ってしまっている時があります。

これは、脳が単調なことに退屈して眠くなっているのです。

もちろん、その時に頭の中で余計なことjは考えていません。

退屈なことが眠りに入るスイッチになるのです。

眠る前のルーティーンがあると、考えることが減るので睡眠に入りやすくなると思います。

ルーティーンとは、決まった手順でやるお決まりの所作のことです。

顔を洗って、歯を磨いて、トイレに行って、単調な音楽を流して、決まった時間に、いつものパジャマで、いつものベッドとまくらで

いつもの習慣で眠りにつけると、脳があまり考えなくても良くなるので、脳を睡眠モードに切り替えやすくしてくれます。

質の良い睡眠は脳の疲れを癒してくれるので、すぐに眠りを誘ってくれる環境とルーティンを作ってみましょう。

3944957_m.jpg





自然治癒力と睡眠




From ヨッシー

「にゃーん。今、調子悪いから寝らせてくれ。」

ちょっと嫌そうな表情でこっちを見ながら不機嫌に訴えると、再び身体を丸め直して眠りはじめました。

家で飼っている猫の話です。

猫は、怪我をしたり体の調子が悪かったりした時には、ただひたすら眠ります。

私たちも含めて生き物の体は、何らかの損傷が発生すると「自然治癒力」という自己修復プロセスが自動的に活性化するようにできています。

怪我をしたり病原菌が体内に入ったりしても時間の経過とともに徐々に治っていくのです。

「自然治癒力」は、人や動物が生まれながら持っている自分で自分の体を治す力のことをいいます。

そして、その自然治癒力が最も強く発揮できるのが睡眠中なのです。

自然治癒力を発揮するために、睡眠の質をあげることが大切になります。

さて、これだけ新型コロナウィルスの感染が拡大していくと、誰でもどこかで知らない間に感染してしまうリスクがどんどん高まっていきます。

免疫力と睡眠は深く関係していることがわかっているので、しっかりと質の良い睡眠時間を確保することも大切になってくると思います。

これは、カリフォルニア大学で風邪ウィルスを投与し、睡眠時間別の発症率を調べた実験の結果です。

睡眠時間5時間未満の人たちは、7時間以上寝る人に比べて、発症率がおよそ3倍になったそうです。

つまり、睡眠には、細菌やウィルスに対する抵抗力を強くする効率があるといえるのです。

「風邪をひいたら寝て治す」というのは常識ですが、細菌やウィルスに感染してしまうと、獲得免疫が働き、発熱と睡眠を引き起こします。

寝ている間に、獲得免疫は働くことができるのです。

さらに、予防接種をしても睡眠不足によって抗体反応が弱くなり、効果があまり認められrなかったという報告もあるようです。

睡眠不足は、感染症にかかるリスクを高めることに加えて、感染からの回復を遅くさせてしまいます。

自然治癒力を最大限に発揮させるためには、質の高い睡眠で体を整えておくことが不可欠になりそうです。

夏になると暑さのせいで寝つきが悪くなったり睡眠不足になりがちなので、より注意する必要があるかもしれません。

睡眠に対する意識を高めることで、良質な睡眠習慣がついて自然治癒力を高めるサポートをしてくれることは間違いありません。

ぐっすり眠ることで、細菌やウィルスを退治する自然治癒力を高める努力をしておきましょう。

22028287_m.jpg






こちらもどうぞ!
" >最安値チケットをお探しの方はコチラ
" >九州グルメ大集合!
" >ご当地グルメ!いいとこどり
" >いつまでも美肌を保ちたいあなたに
プロフィール
ヨッシーさんの画像
ヨッシー
プロのコピーライターとして九州で活動しています。読者の皆さんが元気でポジティブになれる情報や、笑顔で過ごせるために役立てる情報をたくさん発信していきます。これからもよろしくお願いします。アニメを使ったプロモーション動画作成もやっています。宣伝広告作成が必要な方は遠慮なくご相談ください。
プロフィール
ファン
検索
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ