ファン
検索
プロフィール
chopin98さんの画像
chopin98
投資歴10年超。大勝ちも大負けも経験しながら何とか生き残っています。テクニカル、マクロ経済、需給バランスを組み合わせて日々投資をしています。
プロフィール
少しでもためになったら
下記のいずれかをクリックお願いします。 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
最新記事
最新コメント
悲観ムード、下落トレンド by fx-on寺崎 (10/02)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ

2018年05月04日

年金支給開始を68歳で検討しているようだが

年金支給開始を68歳で検討しているようだが、もうこれ以上後ろにずらしたら本当に誰も国民健康保険は原合92わなくなると思います。現在20歳から毎月16,340円を40年間積立て、金利は3%とします。(3%は長期で考えれば、ほぼ元本保証に近い形で運用できる利回りです)すると48年後には約1920万円ほどになります。一方、もらえる金額は月額65000円ほどです。単純に割り算から算出すると、約24年以上年金をもらい続けなければ元が取れません。68+24=92歳。ほとんどの人が生きることができない年齢です。ちなみに今の制度のままだったら22年以上もらわないと元が取れないので65+22=87歳となり、人の平均寿命より少し長いがまだ大義名分のもと制度が運用されているといえます。しかし、92歳開始となるとこの大義名分が亡くなり誰も保険料を払わない状況が発生し、年金制度が崩壊する可能性が出てきます。とはいえ、国の財政が持たなくなるといずれにしろ崩壊します。ただ、日本にはお金がないわけではありません。個人の預貯金は莫大な金額があり、そこから徴収すればいいのです。どうやって徴収するか、もちろん税金ですが私が提案したいのは、子供が自立している場合は、相続する資産はすべて国に納税するという制度。これだけで一瞬で財政問題は解決します。言い換えれば、生きている間は自分のお金だが、死んだら国のお金。国はあくまでもお金を貸しているだけで、いくら貯めても最後は返してもらえるというものです。そんなことしたら、誰もお金を貯めなくなるのでは?という懸念もありますが、日本人の保守的な性格からするとそれでもお金は貯めるでしょう。万が一、貯める人がいなくなったとしても、それだけ経済に還元されるわけですから、企業は儲かります。すると法人税や労働者の給与に対する所得税が大幅に増加するので、どちらに転がっても問題は解決します。
@私がアトピーを克服した ブログ
A私はスマホと自宅PCの通信費を とくとくBB に統一しコスト削減しています。
B私が使っている DMMのFX はスワップポイントが買い・売りが同じですので、戦略の変更に迷いが生じません。
Cハピタス経由で買い物すれば、ネットの買い物1%キャッシュバック。
D眉間のしわ。これ試す価値あると思います。 『ミケンディープパッチ』
EFXTF。MT4対応で国内FX業者の中では最もスプレッドが狭くていいと思います。私も使ってます
posted by chopin98 at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資・株
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7617957
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック